SEARCH

検索詳細
Last Updated :2024/06/15

小柴 琢己

理学部
教授

研究者情報

■ 学位
  • 博士(理学), 北海道大学
■ 研究キーワード
  • Mitochondria
  • ミトコンドリア
  • Cell Biology
  • Innate immunity
  • RNA virus
  • Protein Science
  • 生物物理学
  • タンパク質科学
■ 研究分野
  • ライフサイエンス, 栄養学、健康科学
  • ナノテク・材料, 生体化学
  • ライフサイエンス, 医化学
  • ライフサイエンス, 細胞生物学
  • ライフサイエンス, 機能生物化学
  • ライフサイエンス, 生物物理学
  • ナノテク・材料, 生物分子化学

経歴

■ 経歴
  • 2019年04月 - 現在
    福岡大学, 理学部化学科, 教授
  • 2007年04月 - 2019年03月
    九州大学, 大学院理学研究院 生物科学部門, 准教授
  • 2005年04月 - 2007年03月
    九州大学, 大学院理学研究院 生物科学部門, 助教授
  • 2001年04月 - 2005年03月
    カリフォルニア工科大学, 生物学部門, 博士研究員
  • 2000年01月 - 2002年03月
    日本学術振興会特別研究員
■ 学歴
  • 2001年04月 - 2005年03月
    California Institute of Technology, Biology, Postdoctoral Scholar
  • 1996年04月 - 2001年03月
    北海道大学大学院, 理学研究科, 生物科学専攻
  • 1992年04月 - 1996年03月
    北海道大学, 水産学部, 水産化学科
■ 委員歴
  • 2024年 - 現在
    代議員, 日本生化学会
  • 2022年 - 現在
    Frontiers in Immunology Editorial Board
  • 2022年 - 現在
    評議員, 日本ミトコンドリア学会
  • 2022年 - 現在
    評議員, 日本生化学会
  • 2021年 - 現在
    Editorial Board, Mitochondrial Communications
  • 2018年 - 現在
    Advisory Board members, The Journal of Biochemistry
  • 2017年 - 現在
    分野別専門委員, 日本生物物理学会
  • 2013年
    役員等選挙実施委員, 日本生化学会

研究活動情報

■ 受賞
  • 2012年10月
    日本生化学会奨励賞
  • 2012年06月
    第14回 花王研究奨励賞
  • 2012年05月
    日本生化学会九州支部学術奨励賞
  • 2012年04月
    科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞
■ 論文
  • Mitochondrial reactive zones in antiviral innate immunity
    Yasukawa, K.; Koshiba, T.
    Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, 2021年, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • Mass spectrometry-based methods for analyzing the mitochondrial interactome in mammalian cells
    Koshiba, T; Kosako, H
    J. Biochem., 2020年, 査読有り
    筆頭著者
  • MAVS is energized by Mff which senses mitochondrial metabolism via AMPK for acute antiviral immunity
    Hanada, Y.; Ishihara, N.; Wang, L.; Otera, H.; Ishihara, T.; Koshiba, T.; Mihara, K.; Ogawa, Y.; Nomura, M.
    Nature Communications, 2020年, 査読有り
  • Mitochondria – in the crossfire of SARS-CoV-2 and immunity
    Burtscher, J.; Cappellano, G.; Omori, A.; Koshiba, T.; Millet, G.P.
    iScience, 2020年, 査読有り
  • Influenza Virus-Induced Oxidized DNA Activates Inflammasomes.
    Moriyama, M.; Nagai, M.; Maruzuru, Y.; Koshiba, T.; Kawaguchi, Y.; Ichinohe, T.
    iScience, 2020年, 査読有り
  • The microRNAs miR-302b and miR-372 regulate mitochondrial metabolism via the SLC25A12 transporter, which controls MAVS-mediated antiviral innate immunity
    Yasukawa, K; Kinoshita, D; Yaku, K; Nakagawa, T; Koshiba, T
    J. Biol. Chem., 2020年, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • Influenza A virus M2 protein triggers mitochondrial DNA-mediated antiviral immune responses
    Moriyama, M; Koshiba, T; Ichinohe, T
    Nat. Commun., 2019年, 査読有り
  • Structural Basis of Mitochondrial Scaffolds by Prohibitin Complexes: Insight into a Role of the Coiled-Coil Region.
    Yoshinaka T; Kosako H; Yoshizumi T; Furukawa R; Hirano Y; Kuge O; Tamada T; Koshiba T
    iScience, 2019年, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • Two Conserved Amino Acids within the NSs of Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome Phlebovirus Are Essential for Anti-interferon Activity.
    Moriyama M; Igarashi M; Koshiba T; Irie T; Takada A; Ichinohe T
    J Virol., 2018年09月, 査読有り
  • Herpes Simplex Virus 1 VP22 Inhibits AIM2-Dependent Inflammasome Activation to Enable Efficient Viral Replication
    Yuhei Maruzuru; Takeshi Ichinohe; Ryota Sato; Kensuke Miyake; Tokuju Okano; Toshihiko Suzuki; Takumi Koshiba; Naoto Koyanagi; Shumpei Tsuda; Mizuki Watanabe; Jun Arii; Akihisa Kato; Yasushi Kawaguchi
    Cell Host and Microbe, 2018年02月14日, 査読有り
  • RLR-mediated antiviral innate immunity requires oxidative phosphorylation activity
    Takuma Yoshizumi; Hiromi Imamura; Tomohiro Taku; Takahiro Kuroki; Atsushi Kawaguchi; Kaori Ishikawa; Kazuto Nakada; Takumi Koshiba
    SCIENTIFIC REPORTS, 2017年07月, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • The RNA- and TRIM25-Binding Domains of Influenza Virus NS1 Protein Are Essential for Suppression of NLRP3 Inflammasome-Mediated Interleukin-1β Secretion.
    Moriyama M; Chen IY; Kawaguchi A; Koshiba T; Nagata K; Takeyama H; Hasegawa H; Ichinohe T
    Journal of Virology, 2016年04月, 査読有り
  • Loss of Miro1-directed mitochondrial movement results in a novel murine model for neuron disease
    Tammy T. Nguyen; Sang S. Oh; David Weaver; Agnieszka Lewandowska; Dane Maxfield; Max-Hinderk Schuler; Nathan K. Smith; Jane Macfarlane; Gerald Saunders; Cheryl A. Palmer; Valentina Debattisti; Takumi Koshiba; Stefan Pulst; Eva L. Feldman; Gyoergy Hajnoczky; Janet M. Shaw
    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2014年09月, 査読有り
  • Influenza A virus protein PB1-F2 translocates into mitochondria via Tom40 channels and impairs innate immunity
    Takuma Yoshizumi; Takeshi Ichinohe; Osamu Sasaki; Hidenori Otera; Shun-ichiro Kawabata; Katsuyoshi Mihara; Takumi Koshiba
    NATURE COMMUNICATIONS, 2014年08月, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • Mitochondrial protein mitofusin 2 is required for NLRP3 inflammasome activation after RNA virus infection
    Takeshi Ichinohe; Tatsuya Yamazaki; Takumi Koshiba; Yusuke Yanagi
    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2013年10月, 査読有り
  • A structural perspective of the MAVS-regulatory mechanism on the mitochondrial outer membrane using bioluminescence resonance energy transfer
    Osamu Sasaki; Takuma Yoshizumi; Misa Kuboyama; Takeshi Ishihara; Emiko Suzuki; Shun-ichiro Kawabata; Takumi Koshiba
    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH, 2013年05月, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • Mitochondrial-mediated antiviral immunity
    Takumi Koshiba
    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-MOLECULAR CELL RESEARCH, 2013年01月, 査読有り
    筆頭著者
  • Fis1 acts as a mitochondrial recruitment factor for TBC1D15 that is involved in regulation of mitochondrial morphology
    Kenta Onoue; Akihiro Jofuku; Reiko Ban-Ishihara; Takaya Ishihara; Maki Maeda; Takumi Koshiba; Takashi Itoh; Mitsunori Fukuda; Hidenori Otera; Toshihiko Oka; Hiroyoshi Takano; Noboru Mizushima; Katsuyoshi Mihara; Naotada Ishihara
    Journal of Cell Science, 2013年01月01日, 査読有り
  • Mitochondrial Membrane Potential Is Required for MAVS-Mediated Antiviral Signaling
    Takumi Koshiba; Kai Yasukawa; Yusuke Yanagi; Shun-ichiro Kawabata
    SCIENCE SIGNALING, 2011年02月, 査読有り
    筆頭著者
  • Structure-Function Analysis of the Yeast Mitochondrial Rho GTPase, Gem1p
    Takumi Koshiba; Holly A. Holman; Kenji Kubara; Kai Yasukawa; Shun-ichiro Kawabata; Koji Okamoto; Jane Macfarlane; Janet M. Shaw
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2011年01月, 査読有り
    筆頭著者
  • Regulation of antiviral immunity on the mitochondrial outer membrane
    Takumi Koshiba
    Seikagaku, 2010年, 査読有り
  • Mitofusin 2 Inhibits Mitochondrial Antiviral Signaling
    Kai Yasukawa; Hiroyuki Oshiumi; Makoto Takeda; Naotada Ishihara; Yusuke Yanagi; Tsukasa Seya; Shun-ichiro Kawabata; Takumi Koshiba
    SCIENCE SIGNALING, 2009年08月, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • A structural perspective on the interaction between lipopolysaccharide and Factor C, a receptor involved in recognition of Gram-negative bacteria
    Takumi Koshiba; Tornoyuki Hashii; Shun-ichiro Kawabata
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2007年02月, 査読有り
    筆頭著者
  • Crystallization of a 2 : 2 complex of granulocyte-colony stimulating factor (GCSF) with the ligand-binding region of the GCSF receptor
    E Honjo; T Tamada; Y Maeda; T Koshiba; Y Matsukura; T Okamoto; M Ishibashi; M Tokunaga; R Kuroki
    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION F-STRUCTURAL BIOLOGY AND CRYSTALLIZATION COMMUNICATIONS, 2005年08月, 査読有り
  • Structural basis of mitochondrial tethering by mitofusin complexes
    T Koshiba; SA Detmer; JT Kaiser; HC Chen; JM McCaffery; DC Chan
    SCIENCE, 2004年08月, 査読有り
    筆頭著者
  • Thermodynamic analysis of the activation mechanism of the GCSF receptor induced by ligand binding
    S Mine; T Koshiba; E Honjo; T Okamoto; T Tamada; Y Maeda; Y Matsukura; A Horie; M Ishibashi; M Sato; M Azuma; M Tokunaga; K Nitta; R Kuroki
    BIOCHEMISTRY, 2004年03月, 査読有り
  • The prefusogenic intermediate of HIV-1 gp41 contains exposed C-peptide regions
    T Koshiba; DC Chan
    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 2003年02月, 査読有り
    筆頭著者
■ MISC
  • 炎症制御におけるミトコンドリアの新規機能の解明
    実験医学, 2023年
    ラスト(シニア)オーサー
  • ミトコンドリアの多面的な機能発現に関わるプロヒビチン複合体構造の解析
    錦織充広; 玉田太郎; 小柴琢己
    日本生化学会大会(Web), 2022年
  • 自然免疫応答におけるミトコンドリアの役割
    医学のあゆみ, 2022年
    ラスト(シニア)オーサー
  • ミトコンドリア機能の調節に関わるプロヒビチン複合体の解析
    ミトコンドリアダイナミクス ~機能研究から疾患・老化まで~, 2021年
    ラスト(シニア)オーサー
  • ミトコンドリアと免疫機能
    FOOD Style 21, 2021年
    ラスト(シニア)オーサー
  • 抗ウイルス自然免疫におけるミトコンドリアの応答ゾーン
    福岡医誌, 2020年, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • プロテオミクスによるミトコンドリアタンパク質複合体の解析
    生物物理, 2020年, 査読有り
    筆頭著者
  • ミトコンドリアと抗ウイルス自然免疫シグナル
    実験医学, 2019年
    責任著者
  • ミトコンドリアを介した自然免疫応答
    医学のあゆみ, 2018年
    責任著者
  • インフルエンザウイルス感染に伴うミトコンドリア形態への影響
    感染・炎症・免疫, 2017年
    責任著者
  • 蛍光ATPプローブによるミトコンドリア呼吸活性の評価
    小柴 琢己; 今村 博臣
    生物物理, 2017年, 査読有り
    筆頭著者
  • ミトコンドリア・ダイナミクスと抗ウイルス自然免疫
    細胞, 2016年
    責任著者
  • ウイルスタンパク質とミトコンドリアとの相互作用
    吉住 拓馬; 安川 開; 小柴 琢己
    福岡医誌, 2016年, 査読有り
    筆頭著者
  • A型インフルエンザウイルスタンパク質PB1-F2とミトコンドリアとの相互作用
    吉住 拓馬; 小柴 琢己
    生化学, 2015年, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • 抗ウイルス自然免疫におけるミトコンドリアの役割
    細胞工学, 2015年
    責任著者
  • ウイルス自然免疫におけるミトコンドリアの生理的意義の解析
    薬学研究の進歩, 2014年, 査読有り
    責任著者
  • 生体発光共鳴エネルギー転移を用いた生細胞内でのミトコンリアタンパク質間相互作用解析
    生物物理, 2014年, 査読有り
    ラスト(シニア)オーサー
  • ミトコンドリアと抗ウイルス免疫
    生化学, 2013年
    責任著者
  • ミトコンドリア膜電位と抗ウイルス自然免疫
    実験医学, 2011年
    責任著者
  • 細胞内におけるミトコンドリアの形態調節ならびに抗ウイルス免疫応答
    小柴 琢己; 久保山 美彩
    生物物理, 2011年, 査読有り
    筆頭著者
  • ミトコンドリア外膜タンパク質Mitofusin 2によるウイルス免疫制御機構
    実験医学, 2010年
    責任著者
  • ミトコンドリア外膜上でのウイルス免疫制御機構
    生化学, 2010年, 査読有り
    責任著者
■ 講演・口頭発表等
  • MicroRNAs target mitochondrial-mediated antiviral innate immunity by regulating mitochondrial dynamics and metabolic demand
    MitoClub Seminars 2024 at the Max-Planck-Institute for Biology of Ageing, 2024年02月
  • Mitochondrial-mediated antiviral innate immunity in mammals
    University of Ulsan - Fukuoka University International Joint Symposium, 2023年08月
  • 病原体と宿主ミトコンドリアとの相互作用
    第13回 トランスポーター研究会(九州部会), 2023年08月
  • Mitochondria and parasite interactions
    第45回 日本分子生物学会年会, 2022年12月
  • ノンコーディングRNAによるミトコンドリア動態・代謝の調節
    第20回 ミトコンドリア学会年会, 2021年12月
  • 質量分析法によるミトコンドリアタンパク質複合体の解析
    第59回 日本生物物理学会年会, 2021年11月
  • miRNAを介したミトコンドリアの機能制御
    第93回 日本生化学会大会, 2020年09月
  • ミトコンドリアを介した抗ウイルス自然免疫
    第42回 日本分子生物学会年会, 2019年12月
  • Structural basis of mitochondrial scaffolds by prohibitin complexes
    The 16th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine, 2019年10月
  • ミトコンドリアにおける自然免疫応答ゾーンの解析
    第92回 日本生化学会大会, 2019年09月
  • Structure-function analysis of the prohibitin complexes in mitochondria
    第71回 日本細胞生物学会大会, 2019年06月
  • Mitochondrial-mediated antiviral innate immunity in mammals
    The 15th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine, 2018年11月
  • Mitochondrial-mediated antiviral innate immunity in mammals
    The 3rd Asian Invertebrate Immunity Symposium 2018, 2018年09月
  • Mitochondrial respiration and MAVS-mediated antiviral innate immunity
    International Symposium on "Molecular Basis of Virus-Host Interactions", 2016年10月
  • Mitochondrial-mediated antiviral innate immunity and oxidative phosphorylation
    The 13th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine, 2016年10月
  • Influenza A viral protein PB1-F2 and mitochondria
    The 5th Annual World Congress of Molecular & Cell Biology, 2015年04月
  • Mitochondria and antiviral signaling
    The 4th International Symposium on Dynamics of Mitochondria, 2013年10月
  • MAVS signaling and its inhibition
    International Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting 2012, 2012年10月
  • Mitochondrial membrane potential is required for MAVS-mediated antiviral signaling
    Mitochondria Dynamics: from Mechanism to Disease, 2011年09月
■ 担当経験のある科目_授業
  • 生物物理化学
    福岡大学
  • 分子生物学
    九州大学
  • 生物物理学
    九州大学
  • 生物化学B
    福岡大学
  • 自然界と物質の化学
    福岡大学
  • 化学D
    福岡大学
  • 化学C
    福岡大学
■ 所属学協会
  • 日本ミトコンドリア学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本生化学会
  • 日本生物物理学会
■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • ミトコンドリア・ダイナミクスを介したストレス応答機構の解明
    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究(B)(一般)
    2023年 - 2027年
  • イムノコンドリア:自然免疫における中枢機能の解明
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 挑戦的研究(萌芽)
    福岡大学
    2021年 - 2024年
  • ミトコンドリア内における自然免疫応答ゾーンの探索的研究
    文部科学省, 科学研究費補助金, 新学術領域研究(公募研究)
    2020年 - 2022年
  • ミトコンドリアにおける自然免疫応答ゾーンの解析
    文部科学省, 科学研究費補助金, 新学術領域研究(公募研究)
    2018年 - 2020年
  • ミトコンドリア・ダイナミクスの分子機構の解明と高次生理機能の考察
    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究(B)(一般)
    2017年 - 2020年
  • ミトコンドリアの動的な構造特性の改変;抗ウイルス自然免疫への影響
    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 挑戦的研究(萌芽)
    2017年 - 2019年
  • ウイルスタンパク質とミトコンドリアとの相互作用解析
    文部科学省, 科学研究費補助金, 新学術領域研究(公募研究)
    2015年 - 2017年
  • 哺乳動物におけるミトコンドリア・ダイナミクスの分子基盤解析
    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 基盤研究(B)(一般)
    2014年 - 2017年
  • 細胞内でのミトコンドリアの動きには酵素活性が必要なのか?
    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 挑戦的萌芽研究
    2014年 - 2016年
  • ミトコンドリア・宿主間コミュニケーションによる抗ウイルス免疫機構の解析
    文部科学省, 科学研究費補助金, 新学術領域研究(公募研究)
    2013年 - 2015年
  • ミトコンドリアタンパク質を介した抗ウイルス自然免疫の構造生物学的研究
    日本学術振興会, 科学研究費補助金, 若手研究(B)
    2012年 - 2014年
  • ミトコンドリア蛋白質の生体防御反応における役割解明
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 若手研究(B)
    九州大学
    2008年 - 2009年
  • リポ多糖認識に伴う生体膜融合及び分泌機構の分子基盤解析
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 若手研究(B)
    九州大学
    2006年 - 2007年
  • カルシウム結合タンパク質の構造生物学的及びタンパク質工学的研究
    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 特別研究員奨励費
    北海道大学
    2000年 - 2000年
■ 社会貢献活動
  • ダイナミックに動く!「新・ミトコンドリア」の実像
    講師
    フロムページ, 夢ナビライブ, 2023年08月
■ メディア報道
  • インフルで免疫低下 解明
    西日本新聞, 2014年08月, 新聞・雑誌
  • インフル悪化の仕組み解明
    産経新聞, 2014年08月, 新聞・雑誌
  • インフル感染で免疫低下
    日本経済新聞, 2014年08月, 新聞・雑誌