SEARCH

検索詳細
Last Updated :2024/03/03

岩本 隆宏

医学科
教授

プロフィール研究テーマ:イオン輸送体の構造・機能および病態学的意義の解明と創薬応用

研究者情報

■ 学位
  • 博士(薬学), 大阪薬科大学
■ 研究キーワード
  • イオントランスポーター
  • Na+/Ca2+交換輸送体
  • 肺動脈性肺高血圧症
  • 食塩感受性高血圧
  • 虚血/再灌流障害
  • 循環器系疾患
  • 血管平滑筋
  • 心筋
  • 腎尿細管
  • 創薬
  • 分子薬理学
■ 研究分野
  • ライフサイエンス, 薬理学, 薬理学一般

経歴

■ 経歴
  • 2007年04月 ー 現在
    福岡大学医学部薬理学 教授
  • 2020年04月 ー 2023年03月
    福岡大学基盤研究機関, 研究所長(兼任)
  • 2004年11月 ー 2007年03月
    メリーランド大学医学部生理学, 客員准教授(兼任)
  • 2003年04月 ー 2007年03月
    福岡大学医学部薬理学 講師
  • 2001年04月 ー 2003年03月
    国立循環器病センター研究所循環分子生理部 室長
  • 1997年01月 ー 2001年03月
    国立循環器病センター研究所, 循環分子生理部, 室員
■ 委員歴
  • 顧問, トランスポーター研究会
  • 評議員, 国際心臓研究学会(ISHR)
  • 理事・編集委員・評議員, 日本心脈管作動物質学会
  • 評議員, 日本平滑筋学会
  • Associate Editor, Frontiers in Physiology
  • 編集委員・評議員, 日本マグネシウム学会
  • Section Editor, Journal of Pharmacological Sciences
  • 編集委員・財務委員・代議員・学術評議員, 日本薬理学会

研究活動情報

■ 論文
  • Perineural treatment with anti-TNF-α antibody ameliorates persistent allodynia and edema in novel mouse models with complex regional pain syndrome
    Shibata S, Tagashira H, Nemoto T, Kita S, Kita T, Shinoda Y, Akiyoshi K, Yamaura K, Iwamoto T.
    J. Pharmacol. Sci., 2023年, 査読有り, ラスト(シニア)オーサー
  • The sigma-1 receptor: Pathophysiological roles and therapeutic potential in neurodegenerative diseases.
    Shinoda Y; Nemoto T; Iwamoto T.
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2023年, 査読有り, 通常論文, ラスト(シニア)オーサー
  • Functional characteristics and therapeutic potential of SLC41 transporters
    Nemoto T; Tagashira H; Kita T; Kita S; Iwamoto T
    J. Pharmacol. Sci., 2023年, 査読有り, 招待有り, ラスト(シニア)オーサー
  • Acceptance of murine islet allografts without immunosuppression in inguinal subcutaneous white adipose tissue pretreated with bFGF.
    Nakafusa Y; Nitta N; Ishii K; Shirasu N; Iwamoto T; Nemoto T; Nakamura M; Goto M; Iwata H; Taniguchi M; Yasunami Y.
    Diabetes., 2022年, 査読有り
  • Na+/Mg2+交換輸送体CNNMの構造・機能の解明から創薬への応用
    根本 隆行; 喜多 知; 岩本 隆宏
    日薬理誌, 2022年, 査読有り, 責任著者
  • 医科薬理学教育における P-Drug 連動型ロールプレイ演習
    根本 隆行; 柳田 俊彦; 田頭 秀章; 喜多 知; 小松 知広; 岩本 隆宏
    福大医学紀要, 2022年, 査読有り, 責任著者
  • Na+/Ca2+ exchanger mediates cold Ca2+ signaling conserved for temperature-compensated circadian rhythms.
    Kon N; Wang HT; Kato YS; Uemoto K; Kawamoto N; Kawasaki K; Enoki R; Kurosawa G; Nakane T; Sugiyama Y; Tagashira H; Endo M; Iwasaki H; Iwamoto T; Kume K; Fukada Y.
    Sci. Adv., 2021年, 査読有り, 責任著者
  • Lymphangiogenesis and angiogenesis rescue murine ischemic hindlimb via transient receptor potential vanilloid 4.
    Yamada H; Sakata N; Tanaka T; Tagashira H; Yoshimatsu G; Kawakami R; Wada H; Iwamoto T; Kodama S.
    J. Pharmacol. Sci., 2021年, 査読有り
  • SLC41 Mg2+輸送体の最近の話題
    岩本 隆宏
    マグネシウム, 2020年, 査読無し, 招待有り, 筆頭著者
  • Pharmacological exercise using a computer simulation of isolated preparation of guinea-pig ileum.
    Nemoto T; Tagashira H; Kita T; Shibata S; Nakajima N; Gotoh Y; Kita S; Iwamoto T.
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2020年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • AGORA 一薬理学者の莫妄想
    岩本 隆宏
    日薬理誌, 2020年, 査読無し, 招待有り, 筆頭著者
  • Sodium–calcium exchanger 1 is the key molecule for urinary potassium excretion against acute hyperkalemia.
    Shoda W; Nomura N; Ando F; Tagashira H; Iwamoto T; Ohta A; Isobe K; Mori T; Susa K; Sohara E; Rai T; Uchida S.
    PLOS ONE, 2020年, 査読有り, 通常論文
  • Genetic knockout and pharmacologic inhibition of NCX1 attenuate hypoxia-induced pulmonary arterial hypertension.
    Nagata A; Tagashira H; Kita S; Kita T; Nakajima N; Abe K; Iwasaki A; Iwamoto T.
    Biochem. Biophys. Res. Commun., 2020年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Na+/Ca2+交換輸送体の構造・機能の解明から治療への応用
    岩本 隆宏; 田頭 秀章; 喜多 紗斗美
    医学のあゆみ, 2019年, 査読無し, 招待有り, 筆頭著者
  • Aberrant amygdala-dependent cued fear memory in Na+/Ca2+ exchanger 1 heterozygous mice.
    Moriguchi S; Kita S; Inagaki R; Yabuki Y; Sasaki Y; Ishikawa S; Sakagami H; Iwamoto T; Fukunaga K.
    Mol. Neurobiol., 2019年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Calcium signaling abnormality in pulmonary arterial hypertension.
    Tagashira H; Nagata A; Kita S; Suzuki S; Iwasaki A; Iwamoto T.
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2018年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Na+/Ca2+交換輸送体の認知機能制御機構とアルツハイマー病との関連性
    森口 茂樹; 喜多 紗斗美; 岩本 隆宏; 福永 浩司
    日薬理誌, 2018年, 査読有り, 通常論文
  • Reduced expression of Na+/Ca2+ exchangers is associated with cognitive deficits seen in Alzheimer's disease model mice.
    Moriguchi S; Kita S; Fukaya M; Osanai M; Inagaki R; Sasaki Y; Izumi H; Horie K; Takeda J; Saito T; Sakagami H; Saido TC; Iwamoto T; Fukunaga K.
    Neuropharmacology, 2018年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Endogenous hydrogen sulfide contributes to tone generation in porcine lower esophageal sphincter via Na+/Ca2+ exchanger.
    Bai X; Ihara E; Hirano K; Tanaka Y; Nakano K; Kita S; Iwamoto T; Ogino H; Hirano M; Oda Y; Nakamura K; Ogawa Y.
    Cell. Mol. Gastroenterol. Hepatol., 2018年, 査読有り, 通常論文
  • Reduced CaM kinase II and CaM kinase IV activities underlie cognitive deficits in NCKX2 heterozygous mice.
    Moriguchi S; Kita S; Yabuki Y; Inagaki R; Izumi H; Sasaki Y; Tagashira H; Horie K; Takeda J; Iwamoto T; Fukunaga K.
    Mol. Neurobiol., 2018年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Na+/Ca2+ exchanger contributes to stool transport in mice with experimental diarrhea.
    Nishiyama K; Tanioka K; Azuma YT; Hayashi S; Fujimoto Y; Yoshida N; Kita S; Suzuki S; Nakajima H; Iwamoto T; Takeuchi T.
    J. Vet. Med. Sci., 2017年, 査読有り, 通常論文
  • A subset of cerebrovascular pericytes originates from mature macrophages in the very early phase of vascular development in CNS.
    Yamamoto S; Muramatsu M; Azuma E; Ikutani M; Nagai Y; Sagara H; Koo BN; Kita S; O'Donnell E; Osawa T; Takahashi H; Takano K; Dohmoto M; Sugimori M; Usui I; Watanabe Y; Hatakeyama N; Iwamoto T; Komuro I; Takatsu K; Tobe K; Niida S; Matsuda N; Shibuya M; Sasahara M.
    Sci. Rep., 2017年, 査読有り, 通常論文
  • Suppressive effect of carvedilol on Na+/Ca2+ exchange current in isolated guinea-pig cardiac ventricular myocytes.
    Tashiro M; Watanabe Y; Yamakawa T; Yamashita K; Kita S; Iwamoto T; Kimura J.
    Pharmacology, 2017年, 査読有り, 通常論文
  • Overexpression of Na+/Ca2+ exchanger 1 display enhanced relaxation in the gastric fundus.
    Fujimoto Y; Hayashi S; Azuma YT; Mukai K; Nishiyama K; Kita S; Morioka A; Nakajima H; Iwamoto T; Takeuchi T.
    J. Pharmacol. Sci., 2016年, 査読有り, 通常論文
  • Inhibitory effect of YM-244769, a novel Na+/Ca2+ exchanger inhibitor on Na+/Ca2+ exchange current in guinea pig cardiac ventricular myocytes.
    Yamashita K; Watanabe Y; Kita S; Iwamoto T; Kimura J.
    Naunyn Schmiedebergs Arch. Pharmacol., 2016年, 査読有り, 通常論文
  • Roles of Na+/Ca2+ exchanger isoforms NCX1 and NCX2 in motility in mouse ileum.
    Nishiyama K; Azuma YT; Morioka A; Yoshida N; Teramoto M; Tanioka K; Kita S; Hayashi S; Nakajima H; Iwamoto T; Takeuchi T.
    Naunyn Schmiedebergs Arch. Pharmacol., 2016年, 査読有り, 通常論文
  • Na+/Ca2+ exchanger-heterozygote knockout mice display increased relaxation in gastric fundus and accelerated gastric transit in vivo.
    Azuma YT; Hayashi S; Nishiyama K; Kita S; Mukai K; Nakajima H; Iwamoto T; Takeuchi T.
    Neurogastroenterol. Motil., 2016年, 査読有り, 通常論文
  • Nicorandil stimulates a Na+/Ca2+ exchanger by activating guanylate cyclase in guinea pig cardiac myocytes.
    Wei J; Watanabe Y; Takeuchi K; Yamashita K; Tashiro M; Kita S; Iwamoto T; Watanabe H; Kimura J.
    Pflugers Arch., 2016年, 査読有り, 通常論文
  • 医学部薬理学教育におけるロールプレイ演習の導入
    後藤 雄輔; 柳田 俊彦; 喜多 紗斗美; 田頭 秀章; 岩本 隆宏
    福大医学紀要, 2015年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • 創薬応用を目指すチャネル・トランスポーター研究最前線
    安西 尚彦; 岩本 隆宏
    臨床薬理, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換体と循環器系疾患:創薬標的としての可能性
    岩本 隆宏
    臨床薬理, 2015年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Phosphoinositide analysis using the HPLC system equipped with a fraction collector and the TSKgel SAX column.
    Kita S; Tagashira H; Gotoh Y; Fujii M; Iwamoto T.
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2015年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Genetic knockout and pharmacologic inhibition of NCX2 cause natriuresis and hypercalciuria.
    Gotoh Y; Kita S; Fujii M; Tagashira H; Hone I; Arai Y; Uchida S; Iwamoto T.
    Biochem. Biophys. Res. Commun., 2015年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Conditional knockout of smooth muscle sodium calcium exchanger type-1 lowers blood pressure and attenuates angiotensin II-salt hypertension.
    Wang Y; Chen L; Li M; Cha H; Iwamoto T; Zhang J.
    Physiol. Rep., 2015年, 査読有り, 通常論文
  • Effects of Krill-derived phospholipid-enriched n-3 fatty acids on Ca2+ regulation system in cerebral arteries from ovariectomized rats.
    Sakai Y; Hashimoto M; Enkhjargal B; Mitsuishi H; Nobe H; Horie I; Iwamoto T; Yanagimoto K.
    Life Sci., 2014年, 査読有り, 通常論文
  • Na+/Ca2+ exchanger 1 transgenic mice display increased relaxation in the distal colon.
    Nishiyama K; Morioka A; Kita S; Nakajima H; Iwamoto T; Azuma YT; Takeuchi T.
    Pharmacology, 2014年, 査読有り, 通常論文
  • High sodium augments angiotensin II-induced vascular smooth muscle cell proliferation through the ERK1/2-dependent pathway.
    Liu G; Hitomi H; Rahman A; Nakano D; Mori H; Masaki T; Ma H; Iwamoto T; Kobori H; Nishiyama A.
    Hypertens. Res., 2014年, 査読有り, 通常論文
  • 真核生物CaCA結晶構造から哺乳類NCXの変異解析を検証する
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美
    日薬理誌, 2013年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Na+/Ca2+ exchanger 1/2 double-heterozygote knockout mice display increased nitric oxide component and altered colonic motility.
    Nishiyama K; Azuma YT; Kita S; Azuma N; Hayashi S; Nakajima H; Iwamoto T; Takeuchi T.
    J. Pharmacol. Sci., 2013年, 査読有り, 通常論文
  • Overactive bladder mediated by accelerated Ca2+ influx mode of Na+/Ca2+ exchanger in smooth muscle.
    Yamamura H; Cole WC; Kita S; Hotta S; Murata H; Suzuki Y; Ohya S; Iwamoto T; Imaizumi Y.
    Am. J. Physiol. Cell Physiol., 2013年, 査読有り, 通常論文
  • Ca2+トランスポーターと循環器疾患
    喜多 紗斗美; 藤井 誠; 岩本 隆宏
    医学のあゆみ, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 医学部薬理学教育におけるP-Drug実習の導入
    喜多 紗斗美; 後藤 雄輔; 堀江 一郎; 藤井 誠; 山下 知宏; 岩本 隆宏
    福大医学紀要, 2013年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • 脂質シグナル研究のためのHPLC分析技術: イノシトールリン脂質/イノシトールポリリン酸の分離と定量
    藤井 誠; 喜多 紗斗美; 平田 雅人; 岩本 隆宏
    日薬理誌, 2013年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Quantitative analysis and cell distribution imaging of phosphoinositides.
    Fujii M; Kita S; Gotoh Y; Horie I; Iwamoto T.
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2013年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Pretreatment of donor islets with the Na+/Ca2+ exchanger inhibitor improves the efficiency of islet transplantation.
    Mera T; Itoh T; Kita S; Kodama S; Kojima D; Nishinakamura H; Okamoto K; Ohkura M; Nakai J; Iyoda T; Iwamoto T; Matsuda T; Baba A; Omori K; Ono J; Watarai H; Taniguchi M; Yasunami Y.
    Am. J. Transplant., 2013年, 査読有り, 通常論文
  • Dietary salt intake regulates WNK3-SPAK-NKCC1 phosphorylation cascade in mouse aorta through angiotensin II.
    Zeniya M; Sohara E; Kita S; Iwamoto T; Susa K; Mori T; Oi K; Chiga M; Takahashi D; Yang SS; Lin SH; Rai T; Sasaki S; Uchida S.
    Hypertension, 2013年, 査読有り, 通常論文
  • Structural basis for the counter-transport mechanism of a H+/Ca2+ exchanger.
    Nishizawa T; Kita S; Maturana AD; Furuya N; Hirata K; Kasuya G; Ogasawara S; Dohmae N; Iwamoto T; Ishitani R; Nureki O.
    Science, 2013年, 査読有り, 通常論文
  • Effect of heterozygous deletion of WNK1 on the WNK-OSR1/SPAK-NCC/NKCC1/NKCC2 signal cascade in the kidney and blood vessels.
    Susa K; Kita S; Iwamoto T; Yang SS; Lin SH; Ohta A; Sohara E; Rai T; Sasaki S; Alessi DR; Uchida S.
    Clin. Exp. Nephrol., 2012年, 査読有り, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換輸送体をめぐるトランスポートソーム
    喜多 紗斗美; 岩本 隆宏
    日薬理誌, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • 結晶構造解析が解き明かすNa+/Ca2+交換輸送メカニズム
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美
    日薬理誌, 2012年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • The roles of aquaporins in inflammatory and ischemic diseases.
    Horie I; Gotoh Y; Kita S; Fujii M; Iwamoto T.
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2012年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Cellular functions of phosphoinositide - metabolizing enzymes.
    Fujii M; Kita S; Horie I; Gotoh Y; Iwamoto T.
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2012年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • なぜ服薬指導の場におけるコミュニケーション教育を重視するのか-医師の立場から
    柳田 俊彦; 安西 尚彦; 入江 徹美; 岩本 隆宏; 柳原 延章; 中野 重行; 村上 学
    薬局, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • Na+/Ca2+ exchanger 2-heterozygote knockout mice display decreased acetylcholine release and altered colonic motility in vivo.
    Azuma YT; Nishiyama K; Kita S; Komuro I; Nakajima H; Iwamoto T; Takeuchi T.
    Neurogastroenterol. Motil., 2012年, 査読有り, 通常論文
  • Preferential involvement of Na+/Ca2+ exchanger type-1 in the brain damage caused by transient focal cerebral ischemia in mice.
    Morimoto N; Kita S; Shimazawa M; Namimatsu H; Tsuruma K; Hayakawa K; Mishima K; Egashira N; Iyoda T; Horie I; Gotoh Y; Iwasaki K; Fujiwara M; Matsuda T; Baba A; Komuro I; Horie K; Takeda J; Iwamoto T; Hara H.
    Biochem. Biophys. Res. Commun., 2012年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Nitric oxide stimulates NCX1 and NCX2 but inhibits NCX3 isoform by three distinct molecular determinants.
    Secondo A; Molinaro P; Pannaccione A; Esposito A; Cantile M; Lippiello P; Sirabella R; Iwamoto T; Renzo GD; Annunziato L.
    Mol. Pharmacol., 2011年, 査読有り, 通常論文
  • Role of Na+/Ca2+ exchanger type 1 (NCX1) in the angiogenesis induced by Lipo-PGE1 in murine hindlimb ischemia model.
    Matsui Y; Kita S; Iyoda T; Katsuragi T; Komuro I; Iwamoto T; Ohjimi H.
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2011年, 査読有り, 通常論文
  • TRIC-A channels in vascular smooth muscle contribute to blood pressure maintenance.
    Yamazaki D; Tabara Y; Kita S; Hanada H; Komazaki S; Naitou D; Mishima A; Nishi M; Yamamura H; Yamamoto S; Kakizawa S; Miyachi H; Yamamoto S; Miyata T; Kawano Y; Kamide K; Ogihara T; Hata A; Umemura S; Soma M; Takahashi N; Imaizumi Y; Miki T; Iwamoto T; Takeshima H.
    Cell Metab., 2011年, 査読有り, 通常論文
  • New molecular mechanisms for cardiovascular disease: Cardiac hypertrophy and cell-volume regulation.
    Yamamoto S; Kita S; Iyoda T; Yamada T; Iwamoto T.
    J. Pharmacol. Sci., 2011年, 査読有り, 通常論文
  • New molecular mechanisms for cardiovascular disease: Preface.
    Iwamoto T; Kawasaki H.
    J. Pharmacol. Sci., 2011年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Cilostazol suppresses angiotensin II-induced vasoconstriction via protein kinase A-mediated phosphorylation of the transient receptor potential canonical 6 channel.
    Nishioka K; Nishida M; Ariyoshi M; Jian Z; Saiki S; Hirano M; Nakaya M; Sato Y; Kita S; Iwamoto T; Hirano K; Inoue R; Kurose H.
    Arterioscler. Thromb. Vasc. Biol., 2011年, 査読有り, 通常論文
  • マクロファージと食塩感受性高血圧の意外な関係
    伊豫田 拓也; 喜多 紗斗美; 岩本 隆宏
    日薬理誌, 2010年, 査読無し, 通常論文, 責任著者
  • Cellular Ca2+ dynamics in urinary bladder smooth muscle from transgenic mice overexpressing Na+-Ca2+ exchanger.
    Murata H; Hotta S; Sawada E; Yamamura H; Ohya S; Kita S; Iwamoto T; Imaizumi Y.
    J. Pharmacol. Sci., 2010年, 査読有り, 通常論文
  • Knockout of Na+/Ca2+ exchanger in smooth muscle attenuates vasoconstriction and L-type Ca2+ channel current and lowers blood pressure
    Zhang J; Ren C; Chen L; Navedo MF; Antos LK; Kinsey SP; Iwamoto T; Philipson KD; Kotlikoff MI; Santana LF; Wier WG; Matteson DR; Blaustein MP.
    Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol., 2010年, 査読有り, 通常論文
  • 心筋細胞を中心とした細胞の容積調節に関する評価法
    山本 信太郎; 塩谷 孝夫; 頴原 嗣尚; 岩本 隆宏
    日薬理誌, 2010年, 査読有り, 通常論文
  • 食塩負荷から血管トーヌス亢進へのメカニズム:Na+/Ca2+交換体共役系の役割
    喜多 紗斗美; 岩本 隆宏
    薬学雑誌, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • α1-Adrenoceptor-mediated PIP2 depletion inhibits activation of volume-regulated anion channels in mouse ventricular myocytes.
    Ichishma K; Yamamoto S; Iwamoto T; Ehara T.
    Br. J. Pharmcol., 2010年, 査読有り, 通常論文
  • OSU-03012, a novel celecoxib derivative, induces cell swelling and shortens action potential duration in mouse ventricular cells.
    Yamamoto S; Iyoda T; Kita S; Yamada T; Iwamoto T.
    Biomed. Res., 2010年, 査読有り, 通常論文
  • Lysophosphatidylcholine increases Na+/Ca2+ exchanger expression via RhoB-geranylgeranylation in H9c2 cells.
    Maeda S; Sakamoto K; Matsuoka I; Iwamoto T; Kimura J.
    J. Pharmacol. Sci., 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換体を分子標的とした新規Ca2+調節薬の開発
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美; 伊豫田 拓也
    遺伝子医学MOOK, 2009年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • 食塩負荷から血管トーヌス亢進へのシグナル伝達機構 ―Na+ポンプ・Na+/Ca2+交換輸送体の機能協関―
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美; 伊豫田 拓也; 山本 信太郎
    Transportsome, 2009年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • A Na+/Ca2+ exchanger isoform, NCX1, is involved in retinal cell death after N-methyl-D-aspartate injection and ischemia-reperfusion.
    Inokuchi Y; Shimazawa M; Nakajima Y; Komuro I; Matsuda T; Baba A; Araie M; Kita S; Iwamoto T; Hara H.
    J. Neurosci. Res., 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Effect of ABCG1 gene promoter -257T>G polymorphism on coronary artery disease severity in Japanese men.
    Furuyama S; Uehara Y; Zhang B; Baba Y; Abe S; Iwamoto T; Miura S; Saku K.
    J. Atheroscler. Thromb., 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Involvement of Na+/Ca2+ exchanger in pentylenetetrazol-induced convulsion by use of Na+/Ca2+ exchanger knockout mice.
    Saito R; Kaneko E; Tanaka Y; Honda K; Matsuda T; Baba A; Komuro I; Kita S; Iwamoto T; Takano Y.
    Biol. Pharm. Bull., 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Involvement of Na+/Ca2+exchanger in migration and contraction of rat cultured tendon fibroblasts.
    Sakamoto K; Owada Y; Shikama Y; Wada I; Waguri S; Iwamoto T; Kimura J.
    J. Physiol., 2009年, 査読有り, 通常論文
  • The role of sodium, calcium, and magnesium transport in the renal distal tubule.
    Yamada T; Kita S; Iyoda T; Yamamoto S; Iwamoto T.
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2009年, 査読有り, 通常論文, 責任著者
  • Role of Cl- channels and transporters in the cardiac cell volume homeostasis.
    Yamamoto S; Yamada T; Iyoda T; Kita S; Iwamoto T.
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2009年, 査読有り, 通常論文
  • アルドステロンが誘導する心臓リモデリングにおけるNa+/Ca2+交換輸送体(NCX1)の役割
    伊豫田 拓也; 喜多 紗斗美; 山本 信太郎; 小室 一成; 西山 成; 岩本 隆宏
    血管, 2009年, 査読無し, 通常論文, 責任著者
  • The pump, the exchanger, and endogenous ouabain signaling mechanisms that link salt retention to hypertension.
    Blaustein MP; Zhang J; Chen L; Song H; Raina H; Kinsey SP; Izuka M; Iwamoto T; Kotlikoff MI; Lingrel JB; Philipson KD; Wier WG; Hamlyn JM.
    Hypertension, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • ATP-binding cassette transporter G4 is highly expressed in microglia in Alzheimer's brain.
    Uehara Y; Yamada T; Baba Y; Miura SI; Abe S; Kitajima K; Higuchi MA; Iwamoto T; Saku K.
    Brain Res., 2008年, 査読有り, 通常論文
  • Crystallization and preliminary X-ray crystallographic analysis of Ca2+-free primary Ca2+-sensor of Na+/Ca2+ exchanger.
    Mima M; Kawai C; Paku K; Tomoo K; Ishida T; Sugiyama S; Matsumura H; Kitatani T; Yoshikawa HY; Maki S; Adachi H; Takano K; Murakami S; Inoue T; Mori Y; Kita S; Iwamoto T.
    Acta Crystallogr. Sect. F Struct. Biol. Cryst. Commun., 2008年, 査読有り, 通常論文
  • 平滑筋におけるcAMPシグナル伝達系の新展開-Na+/Ca2+交換体の関与-
    辛島 詠士; 平松 伸一; 小田代 敬太; 赤司 浩一; 丸山 徹; 山中 淳; 岩本 隆宏; 喜多 紗斗美; 平野 勝也; 平野 真弓; 金出 英夫; 犀川 哲典
    臨牀と研究, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • 心血管系Na+/Ca2+交換体の構造・機能・病態生理
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美; 伊豫田 拓也
    日臨生理会誌, 2008年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • 心筋Na+/Ca2+交換体(NCX1)の構造と機能 -最近の進歩-
    岩本隆宏
    Transportsome, 2007年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Characterization of SN-6, a novel Na+/Ca2+ exchange inhibitor in guinea pig cardiac ventricular myocytes.
    Niu CF; Watanabe Y; Ono K; Iwamoto T; Yamashita K; Satoh H; Urushida T; Hayashi H; Kimura J.
    Eur. J. Pharmacol., 2007年, 査読有り, 通常論文
  • Bradykinin-induced microglial migration mediated by B1-bradykinin receptors depends on Ca2+ influx via reverse-mode activity of the Na+/Ca2+ exchanger.
    Ifuku M; Faerber K; Okuno Y; Yamakawa Y; Miyamoto T; Nolte C; Merrino VF; Kita S; Iwamoto T; Komuro I; Wang B; Cheung G; Ishikawa E; Ooboshi H; Bader M; Wada K; Kettenmann H; Noda M.
    J. Neurosci., 2007年, 査読有り, 通常論文
  • Endoplasmic reticulum Is a key organella in bradykinin-triggered ATP release from cultured smooth muscle cells.
    Zhao Y; Migita K; Sato C; Usune S; Iwamoto T; Katsuragi T.
    J. Pharmacol. Sci., 2007年, 査読有り, 通常論文
  • Involvement of Na+-Ca2+ exchanger in cAMP-mediated relaxation in mice aorta: Evaluation using transgenic mice.
    Karashima E; Nishimura J; Iwamoto T; Hirano K; Hirano M; Kita S; Harada M; Kanaide H.
    Br. J. Pharmacol., 2007年, 査読有り, 通常論文
  • Na+/Ca2+ exchange as a drug target - Insights from molecular pharmacology and genetic engineering.
    Iwamoto T.
    Ann. N. Y. Acad. Sci., 2007年, 査読無し, 招待有り, 筆頭著者
  • Mechanism of Na+/Ca2+ exchanger activation by hydrogen peroxide in guinea-pig ventricular myocytes.
    Hinata M; Matsuoka I; Iwamoto T; Watanabe Y; Kimura J.
    J. Pharmacol. Sci., 2007年, 査読有り, 通常論文
  • 心血管病における1型Na+/Ca2+交換体(NCX1)の役割
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美
    日薬理誌, 2007年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Three Na+/Ca2+ exchanger (NCX) variants are expressed in mouse osteoclasts and mediate calcium transport during bone resorption.
    Li JP; Kajiya H; Okamoto F; Nakao A; Iwamoto T; Okabe K.
    Endocrinology, 2007年, 査読有り, 通常論文
  • Knock-in mouse model of dilated cardiomyopathy caused by troponin mutation.
    Du CK; Morimoto S; Nishii K; Minakami R; Ohta M; Tadano N; Lu QW; Wang YY; Zhan DY; Mochizuki M; Kita S; Miwa Y; Takahashi-Yanaga F; Iwamoto T; Ohtsuki I; Sasaguri T.
    Circ. Res., 2007年, 査読有り, 通常論文
  • Na+/Ca2+ exchange inhibitors: A new class of calcium regulators.
    Iwamoto T; Watanabe Y; Kita S; Blaustein MP.
    Cardiovasc. Hematol. Disord. Drug Targets, 2007年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • 食塩感受性高血圧におけるNCX1の役割
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美
    医学のあゆみ, 2007年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Na+/Ca2+ exchanger.
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美
    腎と透析, 2007年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Na+/Ca2+交換体(NCX1)と食塩感受性高血圧
    岩本 隆宏
    日本臨床, 2006年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Vascular Na+/Ca2+ exchanger: Implications for the pathogenesis and therapy of salt-dependent hypertension.
    Iwamoto T.
    Am. J. Physiol. Regul. Integr. Comp. Physiol., 2006年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • 食塩感受性高血圧とNa+/Ca2+交換体:食塩負荷から血管トーヌス亢進への古くて新しい機序
    岩本 隆宏
    日薬理誌, 2006年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Hypertension, Na+/Ca2+ exchanger, and Na+,K+-ATPase.
    Iwamoto T; Kita S.
    Kidney Int., 2006年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Topics on the Na+/Ca2+ exchanger: Role of vascular NCX1 in salt-dependent hypertension.
    Iwamoto T; Kita S.
    J. Pharmacol. Sci., 2006年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Na+/Ca2+交換体
    喜多 紗斗美; 岩本 隆宏
    日薬理誌, 2006年, 査読無し, 通常論文, 責任著者
  • YM-244769, a novel Na+/Ca2+ exchange inhibitor that preferentially inhibits NCX3, efficiently protects against hypoxia/reoxygenation-induced SH-SY5Y neuronal cell damage.
    Iwamoto T; Kita S.
    Mol. Pharmacol., 2006年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Different cation sensitivities and binding site domains of Na+-Ca2+-K+ and Na+-Ca2+ exchangers.
    Uehara A; Iwamoto T; Kita S; Shioya T; Yasukochi M; Nakamura Y; Imanaga I.
    J. Cell. Physiol., 2005年, 査読有り, 通常論文
  • Adenosine induces ATP release via an inositol 1,4,5-trisphosphate signaling pathway in MDCK cells.
    Migita K; Lu L; Zhao YM; Honda K; Iwamoto T; Kita S; Katsuragi T.
    Biochem. Biophys. Res. Commun., 2005年, 査読有り, 通常論文
  • Sodium-calcium exchange inhibitors: Therapeutic potential in cardiovascular diseases.
    Iwamoto T.
    Future Cardiol., 2005年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Down-regulation of Na+/Ca2+ exchanger by fluvastatin in rat cardiomyoblast H9c2 cells: Involvement of RhoB in Na+/Ca2+ exchanger mRNA stability.
    Maeda S; Matsuoka I; Iwamoto T; Kurose H; Kimura J.
    Mol. Pharmacol., 2005年, 査読有り, 通常論文
  • Functional differences of Na+/Ca2+ exchanger expression in Ca2+ transport system of smooth muscle of guinea pig stomach.
    Sakai Y; Kinoshita H; Saitou K; Homma I; Nobe K; Iwamoto T.
    Can. J. Physiol. Pharmacol., 2005年, 査読有り, 通常論文
  • Sodium pump alpha 2 subunits control myogenic tone and blood pressure in mice.
    Zhang J; Lee MY; Cavalli M; Chen L; Berra-Romani R; Balke CW; Bianchi G; Ferrari P; Hamlyn JM; Iwamoto T; Lingrel JB; Matteson DR; Wier WG; Blaustein MP.
    J. Physiol., 2005年, 査読有り, 通常論文
  • Salt-sensitive hypertension, Na+/Ca2+ exchanger, and vascular smooth muscle.
    Iwamoto T; Kita S; Katsuragi T.
    Trends Cardiovasc. Med., 2005年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Na+/Ca2+交換体を標的とした虚血治療の新展開 - NCX阻害薬の展望 -
    岩本 隆宏
    医学のあゆみ, 2004年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Molecular determinants of Na+/Ca2+ exchange (NCX1) inhibition by SEA0400.
    Iwamoto T; Kita S; Uehara A; Imanaga I; Matsuda T; Baba A; Katsuragi T.
    J. Biol. Chem., 2004年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Development and application of Na+/Ca2+ exchange inhibitors.
    Iwamoto T; Kita S.
    Mol. Cell. Biochem., 2004年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • The exchanger inhibitory peptide region-dependent inhibition of Na+/Ca2+ exchange by SN-6 [2-[4-(4-nitrobenzyloxy)benzyl]thiazolidine-4-carboxylic acid ethyl ester], a novel benzyloxyphenyl derivative.
    Iwamoto T; Inoue Y; Ito K; Sakaue T; Kita S; Katsuragi T.
    Mol. Pharmacol., 2004年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Effects of amiodarone on mutant Na+/Ca2+ exchangers expressed in CCL 39 cells.
    Watanabe Y; Iwamoto T; Matsuoka I; Ono T; Shigekawa M; Kimura J.
    Eur. J. Pharmacol., 2004年, 査読有り, 通常論文
  • Forefront of Na+/Ca+ exchanger studies: Preface.
    Iwamoto T.
    J. Pharmacol. Sci., 2004年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Forefront of Na+/Ca+ exchanger studies: Physiology and molecular biology of monovalent cation sensitivities in Na+/Ca2+ exchangers.
    Uehara A; Iwamoto T; Nakamura Y; Imanaga I.
    J. Pharmacol. Sci., 2004年, 査読有り, 通常論文
  • Forefront of Na+/Ca+ exchanger studies: Molecular pharmacology of Na+/Ca2+ exchange inhibitors.
    Iwamoto T.
    J. Pharmacol. Sci., 2004年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Salt-sensitive hypertension is triggered by Ca2+ entry via Na+/Ca2+ exchanger type-1 in vascular smooth muscle.
    Iwamoto T; Kita S; Zhang J; Blaustein MP; Arai Y; Yoshida S; Wakimoto K; Komuro I; Katsuragi T.
    Nat. Med., 2004年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Na+/Ca2+交換体と循環器疾患
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美; 桂木 猛
    臨床化学, 2004年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • A novel and selective Na+/Ca2+ exchange inhibitor, SEA0400, improves ischemia/reperfusion-induced renal injury.
    Ogata M; Iwamoto T; Tazawa N; Nishikawa M; Yamashita J; Takaoka M; Matsumura Y.
    Eur. J. Pharmacol., 2003年, 査読有り, 通常論文
  • Attenuation of ischemia/reperfusion-induced renal injury in mice deficient in Na+/Ca2+ exchanger.
    Yamashita J; Kita S; Iwamoto T; Ogata M; Takaoka M; Tazawa N; Nishikawa M; Wakimoto K; Shigekawa M; Komuro I; Matsumura Y.
    J. Pharmacol. Exp. Ther., 2003年, 査読有り, 通常論文
  • Na+/Ca2+ exchanger-deficient mice have disorganized myofibrils and swollen mitochondria in cardiomyocytes.
    Wakimoto K; Fujimura H; Iwamoto T; Oka T; Kobayashi K; Kita S; Kudoh S; Kuro-o M; Nabeshima YI; Shigekawa M; Imai Y; Komuro I.
    Comp. Biochem. Physiol. B-Biochem. Mol. Biol., 2003年, 査読有り, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換体と虚血再灌流障害
    岩本 隆宏
    Heart View, 2003年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Inhibitory effect of aprindine on Na+/Ca2+ exchange current in guinea-pig cardiac ventricular myocytes.
    Watanabe Y; Iwamoto T; Shigekawa M; Kimura J.
    Br. J. Pharmacol., 2002年, 査読有り, 通常論文
  • Probing ion binding sites in the Na+/Ca2+ exchanger.
    Shigekawa M; Iwamoto T; Uehara A; Kita S.
    Ann. N. Y. Acad. Sci., 2002年, 査読無し, 通常論文
  • 遺伝子改変マウスを用いたNa+/Ca2+交換輸送体の機能解析と創薬
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美; 重川 宗一
    日薬理誌, 2002年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Structural domains influencing sensitivity to isothiourea derivative inhibitor KB-R7943 in cardiac Na+/Ca2+ exchanger.
    Iwamoto T; Kita S; Uehara A; Inoue Y; Taniguchi Y; Imanaga I; Shigekawa M.
    Mol. Pharmacol., 2001年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Inhibitory effect of 2,3-butanedione monoxime (BDM) on Na+/Ca2+ exchange current in guinea-pig cardiac ventricular myocytes.
    Watanabe Y; Iwamoto T; Matsuoka I; Ohkubo S; Ono T; Watano T; Shigekawa M; Kimura J.
    Br. J. Pharmacol., 2001年, 査読有り, 通常論文
  • Cardiac Na+-Ca2+ exchange - Molecular and pharmacological aspects.
    Shigekawa M; Iwamoto T.
    Circ. Res., 2001年, 査読有り, 通常論文
  • 期待されるカルシウム治療薬 <Na+/Ca2+交換体阻害薬>
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美; 重川 宗一
    Clin. Calcium, 2001年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Na+/Ca2+交換輸送体の構造・機能とその病態
    岩本 隆宏
    血管, 2001年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • A mechanism of Ca2+ release from Ca2+ stores coupling to the Na+/Ca2+ exchanger in cultured smooth muscle cells.
    Hisamitsu T; Ohata H; Kawanishi T; Iwamoto T; Shigekawa M; Amano H; Yamada S; Momose K.
    Life Sci., 2001年, 査読有り, 通常論文
  • Lithium activates mammalian Na+/H+ exchangers: Isoform specificity and inhibition by genistein.
    Kobayashi Y; Pang TX; Iwamoto T; Wakabayashi S; Shigekawa M.
    Pflugers Arch., 2000年, 査読有り, 通常論文
  • Transport of magnesium by two isoforms of the Na+-Ca2+ exchanger expressed in CCL39 fibroblasts.
    Tashiro M; Konishi M; Iwamoto T; Shigekawa M; Kurihara S.
    Pflugers Arch., 2000年, 査読有り, 通常論文
  • Physiological functions of the regulatory domains of the cardiac Na+/Ca2+ exchanger NCX1.
    Pan Y; Iwamoto T; Uehara A; Nakamura TY; Imanaga I; Shigekawa M.
    Am. J. Physiol. Cell Physiol., 2000年, 査読有り, 通常論文
  • Targeted disruption of Na+/Ca2+ exchanger gene leads to cardiomyocyte apoptosis and defects in heartbeat.
    Wakimoto K; Kobayashi K; Kuro-o M; Yao A; Iwamoto T; Yanaka N; Kita S; Nishida A; Azuma S; Toyoda Y; Omori K; Imahie H; Oka T; Kudoh S; Kohmoto O; Yazaki Y; Shigekawa M; Imai Y; Nabeshima Y; Komuro I.
    J. Biol. Chem., 2000年, 査読有り, 通常論文
  • The Na+/Ca2+ exchanger NCX1 has oppositely oriented reentrant loop domains that contain conserved aspartic acids whose mutation alters its apparent Ca2+ affinity.
    Iwamoto T; Uehara A; Imanaga I; Shigekawa M.
    J. Biol. Chem., 2000年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Unique topology of the internal repeats in the cardiac Na+/Ca2+ exchanger.
    Iwamoto T; Nakamura TY; Pan Y; Uehara A; Imanaga I; Shigekawa M.
    FEBS Lett., 1999年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Chimeric analysis of Na+/Ca2+ exchangers NCX1 and NCX3 reveals structural domains important for differential sensitivity to external Ni2+ or Li+.
    Iwamoto T; Uehara A; Nakamura TY; Imanaga I; Shigekawa M.
    J. Biol. Chem., 1999年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Na+/Ca2+ exchanger overexpression impairs calcium signaling in fibroblasts: Inhibition of the [Ca2+] increase at the cell periphery and retardation of cell adhesion.
    Iwamoto T; Wakabayashi S; Imagawa T; Shigekawa M.
    Eur. J. Cell Biol., 1998年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Regulation of the Na+/H+ exchanger in fibroblasts overexpressing the Na+/Ca2+ exchanger.
    Ikeda T; Iwamoto T; Wakabayashi S; Shigekawa M.
    Am. J. Physiol. Cell Physiol., 1998年, 査読有り, 通常論文
  • Na+駆動性アンチポーターの構造・機能とその病態
    若林 繁夫; 岩本 隆宏; 重川 宗一
    Mebio, 1998年, 査読無し, 通常論文
  • Differential inhibition of Na+/Ca2+ exchanger isoforms by divalent cations and isothiourea derivative.
    Iwamoto T; Shigekawa M.
    Am. J. Physiol. Cell Physiol., 1998年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Protein kinase C-dependent regulation of Na+/Ca2+ exchanger isoforms NCX1 and NCX3 does not require their direct phosphorylation.
    Iwamoto T; Pan Y; Nakamura TY; Wakabayashi S; Shigekawa M.
    Biochemistry, 1998年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Whole-cell currents from the cloned canine cardiac Na+/Ca2+ exchanger NCX1 overexpressed in a fibroblast cell CCL39.
    Uehara A; Iwamoto T; Shigekawa M; Imanaga I.
    Pflugers Arch., 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Calmodulin-binding autoinhibitory domain controls “pH-sensing” in the Na+/H+ exchanger NHE1 through sequence-specific interaction.
    Wakabayashi S; Ikeda T; Iwamoto T; Pouyssegur J; Shigekawa M.
    Biochemistry, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Phosphorylation and modulation of the Na+-Ca2+ exchanger in vascular smooth muscle cells.
    Shigekawa M; Iwamoto T; Wakabayashi S.
    Ann. N. Y. Acad. Sci., 1996年, 査読無し, 通常論文
  • Phosphorylation-dependent regulation of cardiac Na+/Ca2+ exchanger via protein kinase C.
    Iwamoto T; Pan Y; Wakabayashi S; Imagawa T; Yamanaka HI; Shigekawa M.
    J. Biol. Chem., 1996年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • A novel isothiourea derivative selectively inhibits the reverse mode of Na+/Ca2+ exchange in cells expressing NCX1.
    Iwamoto T; Watano T; Shigekawa M.
    J. Biol. Chem., 1996年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Growth factor-induced phosphorylation and activation of aortic smooth muscle Na+/Ca2+ exchanger.
    Iwamoto T; Wakabayashi S; Shigekawa M.
    J. Biol. Chem., 1995年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Ca2+および電解質代謝
    岩本 隆宏; 重川 宗一
    現代医療, 1995年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • Na+/H+およびNa+/Ca2+ exchangerの活性調節の分子機構:その心血管系イオン代謝における役割
    若林 繁夫; 岩本 隆宏; 池田 俊太郎; 重川 宗一
    循環器病研究の進歩, 1995年, 査読無し, 通常論文
  • cGMPと細胞内カルシウム調節
    重川 宗一; 岩本 隆宏
    Clin. Calcium, 1994年, 査読無し, 通常論文
  • Regulation of Ca2+ entry in rat aortic smooth muscle cells in primary culture.
    Ohshima N; Iwamoto T; Shigekawa M.
    J. Biochem., 1994年, 査読有り, 通常論文
  • ラット大動脈平滑筋Na+/Ca2+交換輸送担体のクローニングとそのアイソフォームの組織特異的発現
    中崎 育明; 岩本 隆宏; 花田 裕典; 今川 敏明; 重川 宗一
    心筋の構造と代謝, 1994年, 査読無し, 通常論文
  • 心筋細胞小胞体Caポンプの構造と機能
    重川 宗一; 岩本 隆宏; 池田 俊太郎
    日本臨床, 1993年06月, 査読無し, 通常論文
  • Differential vasorelaxant effects of K+-channel openers and Ca2+-channel blockers on canine isolated arteries.
    Iwamoto T; Nishimura N; Morita T; Sukamoto T.
    J. Pharm. Pharmacol., 1993年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • 1-[Bis(4-fluorophenyl)methyl]-4-(2,3,4-trimethoxybenzyl)piperazine dihydrochloride (KB-2796)の脳循環に及ぼす影響
    森田 富範; 岩本 隆宏; 原田 研吾; 原 英彰; 洲加本 孝幸; 伊藤 敬三; 塗本 精一
    応用薬理, 1993年, 査読有り, 通常論文
  • Cloning of the rat aortic smooth muscle Na+/Ca2+ exchanger and tissue-specific expression of isoforms.
    Nakasaki Y; Iwamoto T; Hanada H; Imagawa T; Shigekawa M.
    J. Biochem., 1993年, 査読有り, 通常論文
  • カルシウムポンプ活性測定法
    岩本 隆宏; 古川 賢一; 重川 宗一
    実験医学, 1993年, 査読無し, 通常論文, 筆頭著者
  • 新規降圧薬Naftopidil (KT-611)および主要代謝物の一般薬理作用
    山本 浩二; 西村 宣泰; 吉富 幹雄; 原 英彰; 原田 研吾; 岩本 隆宏; 原田 喜充; 尾形 辰彦; 洲加本 孝幸
    基礎と臨床, 1992年, 査読無し, 通常論文
  • Effects of KB-2796, a new diphenylpiperazine calcium antagonist, on renal hemodynamics and urine formation in anesthetized dogs.
    Iwamoto T; Morita T; Sukamoto T; Ito K.
    Jpn. J. Pharmacol., 1992年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Effects of ouabain on muscle tension and intracellular Ca2+ level in guinea-pig aorta.
    Iwamoto T; Harada K; Nakajima F; Sukamoto T.
    Eur. J. Pharmacol., 1992年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Calcium antagonism by KB-2796, a new diphenylpiperazine analogue, in dog vascular smooth muscle.
    Iwamoto T; Morita T; Sukamoto T.
    J. Pharm. Pharmacol., 1991年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • 無麻酔・無拘束実験高血圧動物における、新規α1-アドレナリン受容体遮断薬、Naftopidil (KT-611)の抗高血圧作用
    川崎 博己; 中村 茂; 高崎 浩一朗; 岩本 隆宏; 大慈弥 裕之; 櫛来 和司; 古川 達雄
    日薬理誌, 1990年, 査読有り, 通常論文
  • Selective effect of KB-2796, a new calcium entry blocker, on cerebral circulation: a comparative study of the effects of calcium entry blockers on cerebral and peripheral arterial blood flows.
    Kanazawa T; Morita T; Harada K; Iwamoto T; Ohtaka H; Sukamoto T; Ito K; Nurimoto S.
    J. Cardiovasc. Pharmacol., 1990年, 査読有り, 通常論文
  • Effect of sodium intake on urinary renin excretion in rats.
    Iwamoto T; Ihara K; Takaoka M; Morimoto S.
    J. Pharmacobiodyn., 1988年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Effects of KB-2796, a new calcium antagonist, and other diphenylpiperazines on [3H]nitrendipine binding.
    Iwamoto T; Morita T; Kanazawa T; Ohtaka H; Ito K.
    Jpn. J. Pharmacol., 1988年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Renin granules isolated from rat kidney cortex by continuous colloidal silica (Percoll) density gradient centrifugation.
    Matsumura Y; Takeshita M; Miyawaki N; Iwamoto T; Morimoto S.
    Ren. Physiol., 1986年, 査読有り, 通常論文
  • Purification of inactive kallikrein from rat urine.
    Takaoka M; Okamura H; Iwamoto T; Morimoto S.
    Adv. Exp. Med. Biol., 1986年, 査読有り, 通常論文
  • Renal inactive kallikrein as the possible origin of urinary inactive kallikrein in the rat.
    Okamura H; Takaoka M; Iwamoto T; Morimoto S.
    J. Pharmacobiodyn., 1985年, 査読有り, 通常論文
  • Purification and characterization of rat urinary renin.
    Iwamoto T; Takaoka M; Ohyama M; Morimoto S.
    Biochem. Int., 1985年, 査読有り, 通常論文, 筆頭著者
  • Purification to apparent homogeneity of inactive kallikrein from rat urine.
    Takaoka M; Okamura H; Iwamoto T; Ikemoto C; Mimura Y; Morimoto S.
    Biochem. Biophys. Res. Commun., 1984年, 査読有り, 通常論文
  • Conversion of low molecular weight renin into the high molecular weight form by Cu2+ in the rat kidney.
    Morimoto S; Ito K; Iwamoto T; Koseda Y; Takaoka M.
    J. Pharmacobiodyn., 1984年, 査読有り, 通常論文
■ 書籍等出版物
  • エース薬理学
    岩本 隆宏, 分担執筆, 心不全治療薬(135-141)
    南山堂(東京), 2020年
  • リッピンコットシリーズ イラストレイテッド薬理学(原著6版)
    喜多 紗斗美; 岩本 隆宏, 共訳, 利尿薬(265-280)
    丸善出版(東京), 2016年, 査読無し
  • 図解薬理学
    岩本 隆宏, 分担執筆, 薬物標的となるイオントランスポーター(48-54)
    南山堂(東京), 2015年, 査読無し
  • リッピンコットシリーズ イラストレイテッド薬理学(原著5版)
    岩本 隆宏, 共訳, 利尿薬(331-346)
    丸善出版(東京), 2012年, 査読無し
  • 実践治療薬
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美, 共著, 食塩感受性高血圧とNa+/Ca2+交換体:食塩負荷から血管トーヌス亢進へのイオン機序(171-181)
    金芳堂(京都), 2012年, 査読無し
  • トランスポートソームの世界
    岩本 隆宏; 喜多 紗斗美, 共著, 心血管系Ca2+トランスポートソーム:Na+/Ca2+交換体(326-335)
    京都廣川書店(京都), 2011年, 査読無し
  • リッピンコットシリーズ イラストレイテッド薬理学(原著4版)
    岩本 隆宏, 共訳, 利尿薬(306-321)
    丸善出版(東京), 2009年, 査読無し
    9784621081815
■ 講演・口頭発表等
  • ネフローゼ症候群創製研究:ポドサイト特異的TRPC6変異体高発現マウスを用いた検討
    根本隆行; 田頭秀章; 喜多知; 喜多紗斗美; 沼田朋大; 井上隆司; 岩本隆宏
    第52回日本心脈管作動物質学会, 2023年02月11日, 通常論文
  • NCX輸送体を標的とした肺高血圧症治療戦略
    岩本隆宏
    第52回日本心脈管作動物質学会 (シンポジウム), 2023年02月11日, 通常論文
  • 阻害薬非感受性NCX1変異体ノックインマウスを用いた薬効評価系の構築
    篠田康晴; 喜多知; 根本隆行; 小松知広; 上原吉就; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第52回日本心脈管作動物質学会, 2023年02月10日, 通常論文
  • 褐色脂肪細胞熱産生のCa2+シグナル機序におけるNCX1の関与
    喜多知; 根本隆行; 篠田康晴; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第52回日本心脈管作動物質学会, 2023年02月10日, 通常論文
  • 肺高血圧発症における血管平滑筋NCX1/2の役割
    根本隆行; 小松知広; 喜多知; 田頭秀章; 上原吉就; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第96回日本薬理学会年会, 2022年12月01日, 通常論文
  • マクロファージ特異的NCX1遺伝子改変マウスにおける血管・リンパ管形成
    篠田康晴; 根本隆行; 喜多知; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第75回日本薬理学会西南部会, 2022年10月01日, 通常論文
  • 血管平滑筋特異的NCX2遺伝子改変マウスを用いた肺高血圧症モデル実験
    小松知広; 根本隆行; 喜多知; 田頭秀章; 上原吉就; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第75回日本薬理学会西南部会, 2022年10月01日, 通常論文
  • 阻害薬非感受性NCX1変異体ノックインマウスを用いた薬効評価系の確立
    喜多知; 篠田康晴; 根本隆行; 小松知広; 上原吉就; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第75回日本薬理学会西南部会, 2022年10月01日, 通常論文
  • ポドサイト特異的TRPC6変異体高発現マウスを用いたネフローゼ症候群創製研究
    根本隆行; 田頭秀章; 喜多知; 喜多紗斗美; 沼田朋大; 井上隆司; 岩本隆宏
    第75回日本薬理学会西南部会, 2022年10月01日, 通常論文
  • 血管平滑筋NCX1を介する肺高血圧発症機序
    喜多紗斗美; 田頭秀章; 岩本隆宏
    生体機能と創薬シンポジウム2022 (シンポジウム), 2022年08月26日, 通常論文
  • 遠位尿細管特異的NCX1欠損/高発現マウスを用いた急性腎障害機序の解析
    根本隆行; 若崎るみ枝; 田頭秀章; 喜多知; 中嶋尚子; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第51回日本心脈管作動物質学会, 2022年07月31日, 通常論文
  • 虚血性急性腎不全発症における遠位尿細管Caオーバーロードの重要性
    根本隆行; 若崎るみ枝; 喜多知; 中嶋尚子; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第6回日本臨床薬理学会 九州・沖縄地方会 (優秀発表賞受賞), 2022年07月30日, 通常論文
  • TRPM7/CNNM2遺伝子改変マウスを用いたMg代謝異常による心血管病態解析
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    日本薬学会第142年会(シンポジウム), 2022年03月27日, 通常論文
  • NCX1を標的とした肺高血圧症の治療戦略
    喜多紗斗美; 田頭秀章; 岩本隆宏
    第95回日本薬理学会年会(シンポジウム), 2022年03月09日, 通常論文
  • 体内時計におけるNa+/Ca2+交換輸送体の役割とその創薬応用
    金尚宏; 岩本隆宏; 深田吉孝
    第95回日本薬理学会年会(シンポジウム), 2022年03月09日, 通常論文
  • CNNM2欠損マウスのカテコラミン誘導性不整脈の感受性亢進
    田頭秀章; 根本隆行; 喜多知; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第95回 日本薬理学会年会, 2022年03月09日, 通常論文
  • 遠位尿細管NCX1は虚血性急性腎障害に主要な役割を果たす
    根本隆行; 若崎るみ枝; 田頭秀章; 喜多知; 中嶋尚子; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第95回 日本薬理学会年会, 2022年03月07日, 通常論文
  • 医学部薬理学教育におけるP-Drug連携型ロールプレイ演習の有用性
    根本隆行; 柳田俊彦; 田頭秀章; 喜多知; 小松知広; 岩本隆宏
    第42回 臨床薬理学会学術総会, 2021年12月10日, 通常論文
  • Mild hypomagnesemia and increased vulnerability to catecholamine-induced arrhythmias in CNNM2-deficient mice.
    Tagashira H; Nemoto T; Kita T; Tsujita Y; Kita S; Iwamoto T
    The 40th The Japanese Society for Magnesium and Calcium Research Meeting, 2021年11月20日, 通常論文
  • マウス回腸運動調節における1型Na+/Ca2+交換輸送体の役割
    桑原正裕; 田頭秀章; 根本隆行; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第74回日本薬理学会西南部会 (YIA受賞), 2021年11月20日, 通常論文
  • 褐色脂肪細胞熱産生におけるNa+/Ca2+交換輸送体の役割
    喜多知; 田頭秀章; 根本隆行; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第74回日本薬理学会西南部会, 2021年11月20日, 通常論文
  • 遠位尿細管特異的NCX1遺伝子改変マウスを用いた虚血性急性腎障害機序の解析
    根本隆行; 若崎るみ枝; 田頭秀章; 喜多知; 中嶋尚子; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第74回日本薬理学会西南部会, 2021年11月20日, 通常論文
  • Mg代謝異常を示すCNNM2欠損マウスの不整脈誘発性亢進
    田頭秀章; 根本隆行; 喜多知; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第74回日本薬理学会西南部会, 2021年11月20日, 通常論文
  • TRPM6/7機能抑制マウスを用いた血管収縮機能のMg2+制御機構の解析
    田頭秀章; 喜多知; 沼田朋大; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第63回日本平滑筋学会総会 (優秀演題賞受賞), 2021年08月07日, 通常論文
  • Vascular smooth muscle NCX1 as a potential drug target for pulmonary arterial hypertension.
    Tagashira H; Nagata A; Kita S; Abe K; Iwamoto T
    第85回日本循環器学会学術総会(シンポジウム), 2021年03月27日
  • 各種NCKX2-NCLXキメラの細胞膜/ミトコンドリア内膜局在解析
    根本隆行; 喜多知; 田頭秀章; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第94回日本薬理学会年会, 2021年03月10日
  • 心筋特異的NCX1ノックアウトマウスの突然死の特性
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第94回日本薬理学会年会, 2021年03月10日
  • 褐色脂肪細胞熱産生におけるNCX1の機能的役割
    喜多知; 田頭秀章; 根本隆行; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第94回日本薬理学会年会, 2021年03月09日, 通常論文
  • Cardiovascular characterization of transgenic mice overexpressing dominant negative TRPM7 mutant.
    Nemoto T; Tagashira H; Kita T; Kita S; Iwamoto T
    The 65th Biophysical Society Annual Meeting, 2021年02月26日, 通常論文
  • The pathophysiological role of vascular smooth muscle NCX1 for pulmonary arterial hypertension.
    Tagashira H; Nagata A; Kita T; Kita S; Iwamoto T
    The 65th Biophysical Society Annual Meeting, 2021年02月24日
  • Mg2+輸送体SLC41の腎機能維持およびネフローゼ腎症への関与
    田頭秀章; 根本隆行; 喜多知; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第41回日本臨床薬理学会学術総会, 2020年12月03日, 通常論文
  • 遠位尿細管特異的NCX1/NCX2高発現マウスの腎虚血再灌流障害の解析
    根本隆行; 若崎るみ枝; 田頭秀章; 喜多知; 中嶋尚子; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第73回日本薬理学会西南部会, 2020年11月21日, 通常論文
  • 心筋特異的NCX1欠損マウスにおける突然死の機序
    田頭秀章; 喜多知; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第73回日本薬理学会西南部会, 2020年11月21日, 通常論文
  • 血管平滑筋NCX1を介したCa2+シグナル異常は低酸素誘発性肺高血圧の発症に関与する
    田頭秀章; 永田旭; 喜多知; 阿部弘太郎; 岩本隆宏
    第49回日本心脈管作動物質学会年会, 2020年02月08日, 通常論文
  • 薬物反応シミュレーションソフトを活用したアクティブ・ラーニング型医学演習
    根本隆行; 田頭秀章; 喜多知; 柴田志保; 後藤雄輔; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    大学ICT推進協議会 2019年度年次大会, 2019年12月12日, 通常論文
  • Wingnetシステムを利用したP-Drug適正薬剤選択演習
    田頭秀章; 根本隆行; 柴田志保; 喜多知; 後藤雄輔; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    大学ICT推進協議会 2019年度年次大会, 2019年12月12日, 通常論文
  • Cardiovascular functions of tissue-specific transgenic mice expressing dominant negative TRPM7 mutant
    Nemoto T; Tagashira H; Kita T; Numata T; Kita S; Iwamoto T
    The 50th NIPS International Symposium, 2019年12月06日, 通常論文
  • Vascular smooth muscle NCX1 is involved in the development of hypoxia-induced pulmonary arterial hypertension
    Tagashira H; Nagata A; Kita S; Kit T; Iwasaki A; Abe K; Iwamoto T
    The 50th NIPS International Symposium, 2019年12月06日, 通常論文
  • 腎・血管特異的TRPM7機能抑制マウスの心血管機能比較
    喜多知; 田頭秀章; 根本隆行; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第39回日本マグネシウム学会, 2019年11月30日, 通常論文
  • SLC41A2遺伝子欠損マウスにおけるアドリアマイシン腎症重篤化
    岩本隆宏; 田頭秀章; 喜多知; 根本隆行; 喜多紗斗美
    第39回日本マグネシウム学会, 2019年11月30日, 通常論文
  • 褐色脂肪細胞の熱産生におけるNa+/Ca2+交換輸送体の関与について
    喜多知; 田頭秀章; 根本隆行; 柴田志保; 岩本隆宏
    第72回日本薬理学会西南部会, 2019年11月16日, 通常論文
  • 臓器特異的TRPM6/7機能抑制モデルマウスを用いた血管機能解析
    田頭秀章; 喜多知; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第72回日本薬理学会西南部会, 2019年11月16日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換輸送体の構造と機能:NCX1変異解析とCaCA結晶構造の整合性
    岩本隆宏
    第4回黒潮カンファレンス, 2019年11月15日, 通常論文
  • 複合性局所疼痛症候群に対するTNF-α中和抗体局所投与の治療応用への可能性
    田頭秀章; 柴田志保; 喜多知; 喜多紗斗美; 山浦健; 岩本隆宏
    第4回日本臨床薬理学会 九州・沖縄地方会 (最優秀発表賞受賞), 2019年07月06日, 通常論文
  • Characterization of transgenic mice overexpressing dominant negative TRPM7 mutant
    Kita T; Tagashira H; Numata T; Kita S; Iwamoto T
    The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Science, 2019年03月30日, 通常論文
  • Perineural expression of TNF-α contributes to long-term mechanical allodynia in CRPS model mice
    Shibata S; Tagashira H; Kita S; Kita T; Suzuki S; Yamaura K; Iwamoto T
    The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Science, 2019年03月29日, 通常論文
  • The role of vascular smooth muscle NCX1 in the pathogenesis of pulmonary arterial hypertension
    Tagashira H; Nagata A; Kita S; KIta T; Suzuki S; Abe K; Iwasaki A; Iwamoto T
    The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Science, 2019年03月29日, 通常論文
  • NCX1を標的とした肺高血圧治療薬開発の可能性
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    日本薬学会139年会(シンポジウム), 2019年03月22日, 通常論文
  • TRPM7ドミナントネガティブ変異体導入マウスの心血管機能特性
    喜多知; 田頭秀章; 沼田朋大; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第92回日本薬理学会年会, 2019年03月14日, 通常論文
  • 各種遺伝子改変マウスを用いたマグネシウム輸送体の機能解析
    田頭秀章; 喜多知; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第92回日本薬理学会年会, 2019年03月14日, 通常論文
  • 複合性局所疼痛症候群モデルマウスに対するTNF-α中和抗体局所投与の治療効果
    柴田志保; 田頭秀章; 鈴木沙理; 喜多知; 喜多紗斗美; 山浦健; 岩本隆宏
    第71回日本薬理学会西南部会, 2018年11月17日, 通常論文
  • 遺伝子改変マウスを駆使したMg2+輸送体候補遺伝子のin vivo機能解析
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 喜多知; 鈴木沙理; 岩本隆宏
    第71回日本薬理学会西南部会, 2018年11月17日, 通常論文
  • 血管平滑筋1型Na+/Ca2+交換体(NCX1)を介した肺高血圧発症機序の解明
    田頭秀章; 永田旭; 喜多紗斗美; 鈴木沙理; 阿部弘太郎; 岩崎昭憲; 岩本隆宏
    生体機能と創薬シンポジウム2018, 2018年08月23日, 通常論文
  • 遺伝子改変マウスを用いたMg2+輸送体候補分子のin vivo機能解析
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第13回トランスポーター研究会年会(シンポジウム), 2018年07月22日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換輸送体のマニアックな研究法
    岩本隆宏
    第13回トランスポーター研究会年会(教育講演), 2018年07月21日, 通常論文
  • Therapeutic efficacy of TNF-α neutralizing antibody in CRPS model mice.
    Shibata S; Tagashira H; Kita S; Suzuki S; Yamaura K; Iwamoto T
    WCP2018(第18回国際薬理学・臨床薬理学会議), 2018年07月04日, 通常論文
  • Vascular smooth muscle NCX1 is involved in the pathogenesis of pulmonary arterial hypertension.
    Tagashira H; Nagata A; Kita S; Suzuki S; Abe K; Iwasaki A; Iwamoto T
    WCP2018(第18回国際薬理学・臨床薬理学会議), 2018年07月04日, 通常論文
  • 組織特異的遺伝子改変マウスを用いたSLC8輸送体の血管機能解析
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 鈴木沙理; 荒井勇二; 岩本隆宏
    2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月06日, 通常論文
  • 各種遺伝子改変マウスを用いたMg2+輸送蛋白質の機能解析
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 鈴木沙理; 荒井勇二; 岩本隆宏
    2017年度生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月06日, 通常論文
  • 複合性局所疼痛症候群モデルマウスの構築と治療法確立への応用
    柴田志保; 田頭秀章; 鈴木沙理; 喜多紗斗美; 山浦健; 岩本隆宏
    第70回日本薬理学会西南部会, 2017年11月18日, 通常論文
  • 臓器特異的遺伝子改変マウスを用いた心血管Na+/Ca2+交換体の機能解析
    田頭秀章; 鈴木沙理; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第70回日本薬理学会西南部会, 2017年11月18日, 通常論文
  • 新規マグネシウム代謝異常モデルマウスの開発とその研究応用の可能性
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第10回トランスポーター研究会九州部会(シンポジウム), 2017年09月02日, 通常論文
  • TRPM7抑制型変異体高発現マウスはマグネシウム代謝異常症の有用なツールとなる
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 荒井勇二; 岩本隆宏
    第90回日本薬理学会年会, 2017年03月16日, 通常論文
  • Physiological roles of NCX1 and NCX2 isoforms in urine formation and electrolyte excretion.
    Tagashira H; Kita S; Gotoh Y; Iwamoto T
    Biophysical Society 61st Annual Meeting, 2017年02月12日, 通常論文
  • 医学部3年生の薬理学教育におけるP-Drug演習:過去9年間の成果
    喜多紗斗美; 田頭秀章; 柴田志保; 奥田裕子; 永田旭; 岩本隆宏
    第37回日本臨床薬理学会学術総会, 2016年12月03日, 通常論文
  • 肺高血圧発症における1型Na+/Ca2+交換輸送体(NCX1)の役割
    永田旭; 喜多紗斗美; 田頭秀章; 阿部弘太郎; 岩崎昭憲; 岩本隆宏
    第69回日本薬理学会西南部会 (優秀発表賞受賞), 2016年11月26日, 通常論文
  • 新規マグネシウム代謝異常症モデルマウスの開発とその病態解析
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 奥田裕子; 岩本隆宏
    第69回日本薬理学会西南部会, 2016年11月26日, 通常論文
  • マグネシウム代謝異常モデルマウスの開発とその研究応用の可能性
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 奥田裕子; 岩本隆宏
    第1回日本臨床薬理学会九州沖縄地方会, 2016年07月02日, 通常論文
  • 遺伝子改変マウスを用いた血管NCLXの機能解析
    喜多紗斗美; 田頭秀章; 荒井勇二; 岩本隆宏
    第89回日本薬理学会年会, 2016年03月11日, 通常論文
  • 各種遺伝子改変マウスを用いた腎Na+/Ca2+交換輸送体の機能解析
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 荒井勇二; 岩本隆宏
    第89回日本薬理学会年会, 2016年03月10日, 通常論文
  • 遺伝子改変マウスを用いたミトコンドリアNa+/Ca2+交換体の心血管機能解析
    喜多紗斗美; 田頭秀章; 岩本隆宏
    第68回日本薬理学会西南部会, 2015年11月21日, 通常論文
  • Mg2+輸送体SLC41の腎臓・血管機能調節における役割
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第68回日本薬理学会西南部会, 2015年11月21日, 通常論文
  • 遺伝子改変マウスを用いたNCLXの心血管機能解析
    喜多紗斗美; 田頭秀章; 岩本隆宏
    生理研研究会2015「心臓・血管系の包括的な機能統合研究」, 2015年10月29日, 通常論文
  • 医学部3年生の薬理学教育におけるP-Drug演習の導入
    岩本隆宏
    第34回臨床薬理阿蘇九重カンファレンス(シンポジウム), 2015年10月03日, 通常論文
  • NCXの構造・機能解析における最近の進歩
    喜多紗斗美; 岩本隆宏
    日本薬学会第135年会(シンポジウム), 2015年03月28日, 通常論文
  • ビタミンD誘発高カルシウム血症に対するNCX阻害薬の保護作用
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 後藤雄輔; 永田旭; 岩本隆宏
    第88回日本薬理学会年会, 2015年03月19日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換体と循環器疾患:創薬標的としての可能性
    岩本隆宏
    第35回日本臨床薬理学会学術総会(シンポジウム), 2014年12月04日, 通常論文
  • 高カルシウム血症時におけるNa+/Ca2+交換輸送体の機能的役割の検討
    後藤雄輔; 喜多紗斗美; 田頭秀章; 岩本隆宏
    第67回日本薬理学会西南部会, 2014年11月23日, 通常論文
  • マグネシウム代謝異常症の新規モデルマウスの開発
    田頭秀章; 喜多紗斗美; 後藤雄輔; 岩本隆宏
    第67回日本薬理学会西南部会, 2014年11月23日, 通常論文
  • 腎臓におけるNCX1・NCX2アイソフォームの機能的役割
    後藤雄輔; 喜多紗斗美; 藤井誠; 田頭秀章; 堀江一郎; 荒井勇二; 内田信一; 岩本隆宏
    心血管膜輸送研究会2014「心血管膜輸送分子の構造・機構・病態の統合的研究戦略」, 2014年09月04日, 通常論文
  • NCX阻害薬の膵島保護作用の治療応用
    喜多紗斗美; 米良利之; 伊東威; 小玉正太; 安波洋一; 岩本隆宏
    心血管膜輸送研究会2014「心血管膜輸送分子の構造・機構・病態の統合的研究戦略」, 2014年09月04日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換輸送体の活性制御と血管トーヌス調節
    喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第56回日本平滑筋学会総会(シンポジウム), 2014年08月08日, 通常論文
  • NCX2の機能抑制はナトリウム利尿および高カルシウム尿を引き起こす
    後藤雄輔; 喜多紗斗美; 藤井誠; 堀江一郎; 荒井勇二; 内田信一; 岩本隆宏
    第87回日本薬理学会年会, 2014年03月21日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換体阻害薬の移植膵臓細胞障害に対する改善効果
    喜多紗斗美; 米良利之; 伊東威; 小玉正太; 安波洋一; 岩本隆宏
    第87回日本薬理学会年会, 2014年03月20日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換体の構造・機能解析における最近の進歩
    岩本隆宏
    第23回細胞電気薬理研究会(第87回日本薬理学会年会サテライト), 2014年03月18日, 通常論文
  • Involvement of Na+/Ca2+ exchange in Ca2+ regulation of pancreatic β cells.
    喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第91回日本生理学会大会(シンポジウム), 2014年03月16日, 通常論文
  • 尿生成におけるCa2+排泄におけるNa+/Ca2+交換輸送体の役割
    後藤雄輔; 喜多紗斗美; 藤井誠; 堀江一郎; 荒井勇二; 内田信一; 岩本隆宏
    第66回日本薬理学会西南部会, 2013年11月16日, 通常論文
  • 血管平滑筋Na+/Ca2+交換体の機能制御と病態生理学的役割
    喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第55回日本平滑筋学会総会(シンポジウム), 2013年07月12日, 通常論文
  • カルシウム・プロトン交換輸送体の分子機構の構造基盤
    濡木理; 西澤知宏; 石谷隆一郎; 岩本隆宏
    第86回日本薬理学会年会(シンポジウム), 2013年03月22日, 通常論文
  • ミトコンドリアNa+/Ca2+ 交換輸送体(NCLX)の特性解析
    藤井誠; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第86回日本薬理学会年会, 2013年03月22日, 通常論文
  • 血管トーヌス制御におけるTRPCSおよびNCX1を介するCa2+動員機構
    喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第86回日本薬理学会年会, 2013年03月22日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換輸送体のCa2+依存性構造変化と膜局在化機構
    岩本隆宏
    第86回日本薬理学会年会(シンポジウム), 2013年03月22日, 通常論文
  • Preferential involvement of NCX1 in the brain damage caused by transient focal cerebral ischemia in mice.
    Kita S; Morimoto N; Shimazawa M; Hara H; Iwamoto T
    Biophysical Society 57th Annual Meeting, 2013年02月04日, 通常論文
  • Augmentation of renal reperfusion injury in NCX2-heterozygote knockout mice.
    Kita S; Gotoh Y; Ogata M; Iwamoto T
    Biophysical Society 57th Annual Meeting, 2013年02月04日, 通常論文
  • マウス腸間膜細動脈の筋原性収縮およびα1アゴニスト収縮におけるTRPC3/6の役割
    喜多紗斗美; 堀江一郎; 岩本隆宏
    第65回日本薬理学会西南部会, 2012年11月23日, 通常論文
  • マウス腸間膜細動脈の筋原性収縮および血圧調節おけるTRPC3の役割
    喜多紗斗美; 堀江一郎; 岩本隆宏
    平成24年度生理研研究会「心血管イオンチャネル・トランスポーター研究の新展開 -基礎研究と臨床研究の融合-」, 2012年11月21日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換輸送体の細胞内Na+依存性活性制御異常と心不全
    喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第7回トランスポーター研究会年会(シンポジウム), 2012年06月10日, 通常論文
  • Electrophysiological properties of YM-244769,a new and selective NCX blocker,in heart.
    Watanabe Y; Kita S; Iwamoto T
    Experimental Biology, 2012年04月25日, 通常論文
  • Vascular NCX1 contributes to hypertension in psedo-hypoaldosteronism type II and cushing's syndrome models.
    喜多紗斗美; 後藤雄輔; 内田信一; 小室一成; 岩本隆宏
    第85回日本薬理学会年会, 2012年03月15日, 通常論文
  • 選択的NCX阻害薬YM-244769の心筋細胞における薬理学的特性
    喜多紗斗美; 渡邊泰秀; 山下寛奈; 山田敏樹; 山川知美; 山本信太郎; 木村純子; 岩本隆宏
    第85回日本薬理学会年会, 2012年03月14日, 通常論文
  • Interleukin-1β decreases aquaporin-3 expression via trans-repression by CCAAT enhancer binding protein.
    Horie I; Hisatsune A; Katsuki H; Iwamoto T; Isohama Y
    Biophysical society 56th Annual Meeting, 2012年02月25日, 通常論文
  • Pharmacological properties of YM-244769, a specific Na+/Ca2+ exchange inhibitor, in cardiac myocytes.
    Kita S; Watanabe Y; Yamashita K; Yamada T; Yamamoto S; Kimura J; Iwamoto T
    Biophysical society 56th Annual Meeting, 2012年02月25日, 通常論文
  • Vascular Na+/Ca2+ exchanger type-1 contributes to hypertension in pseudohypoaldosteronism type II and cushing's syndrome models.
    Kita S; Uchida S; Komuro I; Iwamoto T
    Biophysical society 56th Annual Meeting, 2012年02月25日, 通常論文
  • YM-244769, a novel Na+/Ca2+ exchange inhibitor, efficiently improves ischemia/reperfusion-induced renal injury.
    Gotoh Y; Ogata M; Kita S; Iwamoto T
    Biophysical society 56th Annual Meeting, 2012年02月25日, 通常論文
  • Cardiac-specific overexpression of NCX1.1 mutant induces dilated cardiomyopathy in mice.
    Kita S; Akahane S; Nakaya H; Morimoto S; Arai Y; Iwamoto T
    第1回HDP国際シンポジウム, 2012年01月20日, 通常論文
  • Pharmacological profile of YM-244769, a specific NCX inhibitor, in cardiac myocytes.
    Kita S; Watanabe Y; Yamashita K; Yamada T; Yamamoto S; Kimura J; Iwamoto T
    第1回HDP国際シンポジウム, 2012年01月20日, 通常論文
  • NCX1輸送体の膜局在化シグナルとCa2+輸送制御
    岩本 隆宏
    日光シンポジウム, 2011年12月17日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換輸送体の膜局在化シグナルとCa2+輸送制御
    岩本 隆宏
    第21回日本循環薬理学会, 2011年12月02日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換輸送体をめぐるトランスポートソーム
    喜多紗斗美; 岩本 隆宏
    第84回日本薬理学会年会(シンポジウム), 2011年03月22日, 通常論文
  • Caveloin-3 regulatesu the volume-regulated anion channel in mousu ventricular cells.
    Yamamoto S; Kita S; Iyoda T; Yamada T; Iwamoto T
    55th Annual Meeting of the Biophysical Society, 2011年03月05日, 通常論文
  • アルドステロン誘発心臓リモデリングにおけるNCX1輸送体の役割
    伊豫田拓也; 喜多紗斗美; 山本信太郎; 小室 一成; 西山 成; 岩本 隆宏
    第38回薬物活性シンポジウム, 2010年11月11日, 通常論文
  • Na+/Ca2+ exchanger and oxidative stress in aldosterone-induced cardiac remodeling.
    Iyoda T; Kita S; Yamamoto S; Komuro I; Nishiyama A; Iwamoto T
    XX world congress of the ISHR, 2010年05月13日, 通常論文
  • 心肥大と心筋細胞容積調節
    山本 信太郎; 喜多 紗斗美; 岩本 隆宏
    第83回日本薬理学会年会, 2010年03月16日, 通常論文
  • カベオリン3欠損により心筋細胞の容積調節性アニオンチャネルは減弱する
    山本 信太郎; 喜多 紗斗美; 伊豫田 拓也; 岩本 隆宏
    第83回日本薬理学会年会, 2010年03月16日, 通常論文
  • Cardiac hypertrophy and cell-volume regulation.
    山本 信太郎; 喜多 紗斗美; 岩本 隆宏
    第83回日本薬理学会年会, 2010年03月16日, 通常論文
  • Role of Na+/Ca2+ exchanger (NCX1) in Aldosterone-induced Cardiac Remodeling.
    Iyoda T; Kita S; Komuro I; Nishiyama A; Iwamoto T
    Biophysical Society 54th Annual Meeting, 2010年02月20日, 通常論文
  • PI3Kは細胞容積感受性アニオンチャネルを介して心筋細胞容積を制御する
    山本信太郎; 喜多紗斗美; 伊豫田拓也; 市島久仁彦; 頴原嗣尚; 岩本隆宏
    第39回日本心脈管作働物質学会, 2010年02月05日, 通常論文
  • イノシトールリン脂質シグナル伝達による心筋細胞の容積調節
    山本 信太郎; 喜多 紗斗美; 岩本 隆宏
    トランスポーター研究会第3回九州支部会, 2009年11月21日, 通常論文
  • Expression of Na+/Ca2+ exchanger in human atherosclerotic lesions: The role for vascular remodeling.
    Sakata N; Hirata Y; Nabeshima K; Iwasaki H; Iwamoto T; Inoue T
    Asian Chapter Meeting of the International Union of Angiology, 2009年10月29日, 通常論文
  • Na+/Ca2+交換体の循環器系創薬標的としての可能性
    岩本 隆宏
    創薬薬理フォーラム 第17回シンポジウム, 2009年09月10日, 通常論文
  • Regulation of arterial tone by TRPC3/NCX1 coupling.
    Kita S; Iyoda T; Arai Y; Komuro I; Inoue R; Kato K; Kiyonaka S; Mori Y; Iwamoto T
    XXXVI International Congress of Phisiological Sciences, 2009年07月27日, 通常論文
  • Role of NCX1 in aldosterone-induced cardiac remodeling.
    Iyoda T; Kita S; Komuro I; Nishiyama A; Iwamoto T
    XXXVI International Congress of Phisiological Sciences, 2009年07月27日, 通常論文
  • Na+/Ca2+ exchanger is involved in migration and contraction of rat tenocytes.
    Sakamoto K; Owada Y; Shikama Y; Wada I; Waguri S; Iwamoto T; Kimura J
    XXXVI International Congress of Phisiological Sciences, 2009年07月27日, 通常論文
  • Functional roles of Na+/Ca2+ exchanger (NCX) in spontaneous contractions in mouse urinary bladder smooth muscle.
    Murata H; Hotta S; Yamamura H; Ohya S; Iwamoto T; Imaizumi Y
    XXXVI International Congress of Phisiological Sciences, 2009年07月27日, 通常論文
  • Na+/Ca2+ 交換体の循環器系創薬標的としての可能性
    第2回 Bimonthly Symposium トランスポーターシンポジウム, 2009年06月02日, 通常論文
■ 所属学協会
  • 2017年04月, 現在
    日本マグネシウム学会
  • 2016年04月, 現在
    日本臨床薬理学会
  • 2004年04月, 現在
    日本平滑筋学会
  • 1995年04月, 現在
    国際心臓研究学会(ISHR)
  • 1994年04月, 現在
    日本心脈管作動物質学会
  • 1984年04月, 現在
    日本薬理学会