SEARCH

Search Details
Last Updated :2024/03/03

Kohei Oyabu

Department of Phatmaceutics
Assistant Lecturer/Assistant professor

Researcher information

■ Degree
  • Ph.D, Fukuoka University
■ Research Keyword
  • 電気生理学 グリア細胞 シナプス
■ Field Of Study
  • Life sciences, Neuroscience - general, 神経生理学
  • Life sciences, Clinical pharmacy
  • Life sciences, Neuroscience - general, 神経化学・神経薬理学

Career

■ Career
  • Apr. 2023 - Present
    福岡大学 薬学部 助教
  • Jun. 2020 - Mar. 2023
    福岡大学病院 薬剤部 薬剤師
  • Apr. 2020 - May 2020
    福岡大学院特別選抜研究員
■ Educational Background
  • Apr. 2016 - Mar. 2020
    福岡大学 大学院 薬学研究科 薬学専攻 博士課程
  • Apr. 2010 - Mar. 2016
    Fukuoka University, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Department of Pharmaceutics
■ Member History
  • Jul. 2023 - Present
    研修委員(専門薬剤師認定部門 精神領域), 福岡県病院薬剤師会

Research activity information

■ Paper
  • Location analysis of presynaptically active and silent synapses in single-cultured hippocampal neurons
    Otoya Kitaoka; Kohei Oyabu; Kaori Kubota; Takuya Watanabe; Satoru Kondo; Teppei Matsui; Shutaro Katsurabayashi; Katsunori Iwasaki
    13 Dec. 2023
  • Rectification of ATP-gated current of rat P2X2 and P2X7 receptors depends on the cytoplasmic N-terminus.
    Keisuke Migita; Kohei Oyabu; Kazuki Terada
    Biochemical and biophysical research communications, 07 Nov. 2023, Refereed
  • 薬剤管理サマリーの有用性とQRコードによる調査表返送率の改善効果
    釜田充浩; 佐々木史香; 萩原大樹; 大藪康平; 上田裕; 柿本秀樹; 久澄礼子; 池内忠宏; 兼重晋; 神村英利
    日本病院薬剤師会雑誌, Nov. 2023, Refereed
  • Liver toxicity of intravenous heparin treatment in patients with acute ischemic stroke
    Yuki Yasutaka; Shinsuke Fujioka; Yoshio Tsuboi; Kohei Oyabu; Hirotomo Shibaguchi; Hidetoshi Kamimura
    Clinical Neurology and Neurosurgery, Mar. 2023, Refereed
  • The novel mitochondria activator, 10-ethyl-3-methylpyrimido[4,5-b]quinoline-2,4(3H,10H)-dione (TND1128), promotes the development of hippocampal neuronal morphology
    Shutaro Katsurabayashi; Kohei Oyabu; Kaori Kubota; Takuya Watanabe; Tomohisa Nagamatsu; Norio Akaike; Katsunori Iwasaki
    Biochemical and Biophysical Research Communications, Jun. 2021, Refereed
  • Valproic acid-exposed astrocytes impair inhibitory synapse formation and function.
    Kotomi Takeda; Takuya Watanabe; Kohei Oyabu; Shuntaro Tsukamoto; Yuki Oba; Takafumi Nakano; Kaori Kubota; Shutaro Katsurabayashi; Katsunori Iwasaki
    Scientific reports, 08 Jan. 2021, Refereed
  • Presynaptically silent synapses are modulated by the density of surrounding astrocytes.
    Kohei Oyabu; Kotomi Takeda; Hiroyuki Kawano; Kaori Kubota; Takuya Watanabe; N Charles Harata; Shutaro Katsurabayashi; Katsunori Iwasaki
    Journal of pharmacological sciences, Oct. 2020, Refereed, Invited
  • Hippocampal neurons in direct contact with astrocytes exposed to amyloid β25-35 exhibit reduced excitatory synaptic transmission.
    Kohei Oyabu; Hiroki Kiyota; Kaori Kubota; Takuya Watanabe; Shutaro Katsurabayashi; Katsunori Iwasaki
    IBRO reports, Dec. 2019, Refereed
  • ミルタザピン錠「ニプロ」のラット強制水泳法を用いた抗うつ効果の検討
    長尾昌紀; 射場日佳里; 弟子丸眞実; 武田琴水; 野沢遊快; 吉田将; 大藪康平; 岩崎克典
    Nov. 2018, Refereed
  • Astrocytes with previous chronic exposure to amyloid β-peptide fragment 1-40 suppress excitatory synaptic transmission.
    Hiroyuki Kawano; Kohei Oyabu; Hideaki Yamamoto; Kei Eto; Yuna Adaniya; Kaori Kubota; Takuya Watanabe; Ayumi Hirano-Iwata; Junichi Nabekura; Shutaro Katsurabayashi; Katsunori Iwasaki
    Journal of neurochemistry, Dec. 2017, Refereed
  • アリピプラゾール錠・OD錠・散・内用液「ニプロ」のマウスを用いた抗精神病効果の検討
    長尾 昌紀; 森山 博史; 大藪 康平; 安谷屋 友菜; 胸元 芳; 渡辺 拓也; 岩崎 克典
    新薬と臨牀, May 2017, Refereed
  • アルツハイマー病新規治療戦略を指向した異常老化アストロサイトに関する研究
    河野 洋幸; 大藪 康平; 桂林 秀太郎; 高崎 浩太郎; 窪田 香織; 三島 健一; 藤原 道弘; 岩崎 克典
    臨牀と研究, Nov. 2014, Refereed
■ Lectures, oral presentations, etc.
  • 精神科領域に必要なポリファーマシー対策
    大藪康平
    第13回 九州山口薬学会 ファーマシューティカルケアシンポジウム, 07 Jan. 2024, Invited
  • 脳梗塞および一過性脳虚血発作の急性期における肝毒性の要因解析
    安高勇気; 藤岡伸助; 坪井義夫; 大藪康平; 芝口浩智; 神村英利
    第33回日本医療薬学会年会, 03 Nov. 2023
  • 海馬のプレサイレントシナプスの局在はニューロンの発達で変化する
    北岡 音哉; 高岡 優; 大藪 康平; 渡辺 拓也; 窪田 香織; 右田 啓介; 桂林 秀太郎; 岩崎 克典
    第76回 日本薬理学会西南部会, 07 Oct. 2023
  • せん妄の予防と対応
    大藪康平
    福岡市薬剤師会在宅介護委員会研修会, 26 Aug. 2023, Invited
  • 静かなるシナプスがトランスポートして目覚める場所
    高岡 優; 北岡音哉; 大藪康平; 渡辺拓也; 窪田香織; 桂林秀太郎; 岩崎克典
    第13回トランスポーター研究会部会, 05 Aug. 2023
  • Aβ暴露アストロサイトによるシナプス病態の発現とヒトiPS細胞の活用
    桂林秀太郎; 大藪康平; 内野鉱也; 田中泰圭; 窪田香織; 渡辺拓也; 廣瀨伸一; 岩崎克典
    第64回日本神経病理学会総会学術研究会/ 第66回日本神経化学会大会 合同大会
  • 高齢者糖尿病におけるポリファーマシーの実態と低血糖発現リスクに関する検討
    田渕知佳; 白川真悠乃; 田原雅子; 兼重晋; 川原義弘; 大塚誠; 大藪康平; 井上亜紗美; 濱走優人; 宇都誠志; 神崎愛; 神村英利
    第7回日本老年薬学会学術大会, May 2023
  • 高齢者・非高齢者別にみた睡眠薬使用患者に対するレンボレキサント導入に関する後方視的調査
    大藪康平; 安高勇気; 兼重晋; 神村英利
    第7回日本老年薬学会学術大会, May 2023
  • 高齢者・非高齢者別にみたパーキンソン病患者におけるロチゴチン貼付剤の安全性評価
    安高勇気; 藤岡伸助; 坪井義夫; 大藪康平; 神村英利
    第7回日本老年薬学会学術大会, May 2023
  • 薬剤管理サマリー作成による効果とQRコードを用いた返書の有用性の検討
    釜田充浩; 佐々木史香; 萩原大樹; 上田裕; 柿本秀樹; 大藪康平; 久澄礼子; 池内 忠宏; 兼重晋; 神村英利
    第7回日本老年薬学会学術大会, May 2023
  • 入退院支援センター業務から見た高齢者ポリファーマシー対策の検討
    白川 真悠乃; 田渕知佳; 田原雅子; 川原義弘; 大藪康平; 大塚誠; 池内忠宏; 兼重晋; 神村英利
    第7回日本老年薬学会学術大会, May 2023
  • うつ病の基礎知識
    大藪康平
    福岡市うつ病対応力向上研修会, 19 Mar. 2023, Invited
  • バルプロ酸の胎内曝露がアストロサイトを介したシナプス伝達調節に与える影響の基礎的検討
    渡辺 拓也; 武田 琴水; 大藪 康平; 内野 鉱也; 窪田 香織; 桂林 秀太郎; 岩崎 克典
    日本薬学会 第143回年会, Mar. 2023
  • 福岡大学病院における高齢者のポリファーマシーの実態調査
    白川 真悠乃; 田渕 知佳; 兼重 晋; 田原 雅子; 川原 義弘; 大塚 誠; 濱走 優人; 大藪 康平; 神村 英利
    日本薬学会 第143回年会, Mar. 2023
  • 福岡大学病院におけるレンボレキサント導入に関する処方実態調査
    大藪康平; 安高勇気; 舌間清晃; 神村英利
    BPCNPNPPP4学会合同年会2022(第6回日本精神薬学会学術集会), 05 Nov. 2022
  • パーキンソン病患者に対するロピニロール塩酸塩経皮吸収型製剤の使用調査
    安高勇気; 藤岡伸助; 大藪康平; 坪井義夫; 神村英利
    第32回日本医療薬学会年会, Sep. 2022
  • バルプロ酸暴露アストロサイトのシナプス形成・伝達に対する影響
    渡辺 拓也; 武田 琴水; 大藪 康平; 内野 鉱也; 窪田 香織; 桂林 秀太郎; 岩崎 克典
    日本薬学会第142年会, Mar. 2022
  • Glial assembly for the fine tuning of synaptic transmission
    Shutaro Katsurabayashi; Kohei Oyabu; Kotomi Takeda; Kaori Kubota; Takuya Watanabe; Katsunori Iwasaki
    10th RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer, 18 Feb. 2022
  • β-amyloid処置アストロサイトの神経細胞への接触による興奮性シナプス伝達の低下
    大藪康平; 渡辺拓也; 窪田香織; 桂林秀太郎; 神村英利; 岩崎克典
    第5回日本精神薬学会総会・学術集会, Aug. 2021
  • アストロサイトにAβ25-35を前処置すると非活動的興奮性シナプスの割合は増加する
    大藪康平; 渡辺拓也; 窪田香織; 桂林秀太郎; 神村英利; 岩崎克典
    七隈アルツハイマー病・パーキンソン病研究会, Dec. 2020
  • Glial assembly for regenerative medicine and brain transplant
    Shutaro Katsurabayashi; Kohei Oyabu; Kotomi Takeda; Kaori Kubota; Takuya Watanabe; Katsunori Iwasaki
    2nd Mini-Symposium on The Blood-Brain Barrier from Basic to Clinical Research, Mar. 2020
  • Excitatory synaptic transmission in hippocampal neurons is reduced by direct contact with astrocytes exposed to amyloid β25-35
    Oyabu K; Kiyota H; Kubota K; Watanabe T; Katsurabayashi S; Iwasaki K
    The 6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology, Oct. 2019
  • The direct contact of astrocytes to neuron is critical for lowering excitatory synaptic transmission after the exposure of amyloid β-protein 25-35 onto astrocytes
    Oyabu K; Kiyota H; Kubota K; Watanabe T; Katsurabayashi S; Iwasaki K
    Society for Neuroscience meeting, Oct. 2019
  • 神経変性モデル細胞を用いた人参養栄湯の神経突起障害に対する改善効果
    大野佳美; 樋口紗世; 栗山桃子; 大藪康平; 渡辺拓也; 窪田香織; 桂林秀太郎; 岩崎克典
    第36回和漢医薬学会学術大会, Aug. 2019
  • 海馬由来神経細胞に対する抑肝散の神経突起障害改善効果の検討
    栗山桃子; 大野佳美; 樋口紗世; 松田拓也; 大藪康平; 渡辺拓也; 窪田香織; 桂林秀太郎; 岩崎克典
    第36回和漢医薬学会学術大会, Aug. 2019
  • Excitatory synaptic transmission is reduced by astrocytes previously chronically exposed to amyloid β peptide fragment 1-40
    Oyabu K; Kawano H; Yamamoto H; Eto K; Adaniya Y; Kubota K; Watanabe T; Hirano-Iwata A; Nabekura J; Katsurabayashi S; Iwasaki K
    The 9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies Congress, Mar. 2019
  • Excitatory synaptic transmission is modulated by the density of surrounding astrocytes
    Oyabu K; Katsurabayashi S; Iwasaki K
    The 7th RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer, Feb. 2019
  • ニューロン/アストロサイト混成比とシナプス伝達
    桂林 秀太郎; 大藪 康平; 武田 琴水; 渡辺 拓也; 窪田 香織; 岩崎 克典
    第27回神経行動薬理若手研究者の集い, Jun. 2018
  • アストロサイトと単一ニューンの比率変化が及ぼすシナプス伝達変化
    大藪康平; 武田琴水; 渡辺拓也; 窪田香織; 桂林秀太郎; 岩崎克典
    第19回ブレインサイエンス研究会, Jun. 2018
  • アストロサイトのAβ1-40慢性暴露による興奮性シナプス伝達の低下
    大藪康平; 河野洋幸; 渡辺拓也; 窪田香織; 桂林秀太郎; 岩崎克典
    第20回七隈ADPD, Apr. 2018
  • Immature excitatory synaptic transmission caused by astrocytes with previous chronic exposure to amyloid β-peptide fragment 1-40
    Oyabu K; Kawano H; Yamamoto H; Eto K; Adaniya Y; Kubota K; Watanabe T; Hirano-Iwata A; Nabekura J; Katsurabayashi S; Iwasaki K
    The 6th RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer, Feb. 2018
  • Astrocytes that exposed amyloid β-peptide fragment 1-40 decrease excitatory synaptic transmission.
    Kohei Oyabu; Kaori Kubota; Takuya Watanabe; Shutaro Katsurabayashi; Katsunori Iwasaki
    The 5th international symposium & Exhibition on “Aqua Science and Water Resources, Oct. 2017
  • 単一ニューロン培養標本を用いた神経変性モデルの作製と抑肝散の効果検討
    平島沙希; 山口純生; 井上良馬; 植木哲; 大藪康平; 渡辺拓也; 窪田香織; 桂林秀太郎; 岩崎克典
    第34回和漢医薬学術大会, Aug. 2017
  • アストロサイトの密度変化によるプレサイレントシナプスの調節
    桂林 秀太郎; 大藪 康平; 武田 琴水; 窪田 香織; 渡辺 拓也; 岩崎 克典
    第94回日本薬理学会年会
■ Affiliated academic society
  • Jan. 2024, Present
    日本神経科学学会
  • Jan. 2024, Present
    INTERNATIONAL ASSOCIATION FOR THE STUDY OF PAIN
  • Nov. 2022, Present
    日本薬学会
  • Feb. 2022, Present
    日本老年薬学会
  • Aug. 2021, Present
    日本精神薬学会
  • Oct. 2020, Present
    日本医療薬学会
  • Jun. 2020, Present
    日本病院薬剤師会
■ Research Themes
  • Elucidation of self-recovery mechanism for chronic pain in the anterior cingulate cortex and development of the medical treatment method
    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
    Fukuoka University
    01 Apr. 2023 - 31 Mar. 2027
  • 運動による慢性疼痛抑制の前帯状回におけるシナプス可塑性の解明とArcadlinの関与
    研究活動スタート支援
    福岡大学
    31 Aug. 2023 - 31 Mar. 2025
■ Others
  • 日本病院薬剤師会認定薬剤師
    Jul. 2023 - Present
  • 公認スポーツファーマシスト
    Apr. 2018 - Present