SEARCH

Search Details
Last Updated :2024/03/03

Tsutomu Ishimatsu

Institute for Legal Practice
Professor

Profile1991-1995 Okayama-Shoka University, Assistant Professor 1995-2001 Okayama-Shoka University, Associate Professor

Researcher information

■ Degree
  • 法学修士
■ Research Keyword
  • 心理的瑕疵
  • 権利濫用
  • 除斥期間
  • 消費者取引
  • 信義則
  • 消滅時効
■ Field Of Study
  • Humanities & social sciences, Civil law, Civil Law

Research activity information

■ Paper
  • Zur Amwendungsbeschtraenkung der 20-jaehrigen Ausschlussfristen in Klagen einer Staatshaftungsanspruch nach dem früheren Eugenikschutzgesetz.
    TSUTOMU ISHIMATSU
    福岡大学法学論叢, Dec. 2023, Not refereed, Not invited
  • Ehescheidungsanspruch von der Seite des verantwortlichen Ehegatten und Grundsatz von Treu und Glauben(5)
    Tsutomu Ishimatsu
    福岡大学法学論叢, Jun. 2023, Not refereed
  • Das Problem der Ausschlussfristen in Klagen einer Staatshaftungsanspruch nach dem früheren Eugenikschutzgesetz
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, Mar. 2023
  • 消滅時効が完成した後に債務の一部を弁済した債務者による消滅時効の援用が認められた事案ー時効援用権喪失理論における信義則の権利剥奪的機能に関する若干の疑問ー
    石松 勉
    福岡大学法学論叢, Mar. 2022, Not refereed, Not invited
  • 「有責配偶者からの離婚請求」事件における信義誠実の原則について(四)
    石松 勉
    福岡大学法学論叢, Mar. 2021, Not refereed, Not invited
  • 債権執行における差押えによる請求債権の消滅時効の中断に関して民法155条の通知を要しないとされた事例
    TSUTOMU ISHIMATSU
    福岡大学法学論叢, Sep. 2020, Not refereed, Not invited
  • 「有責配偶者からの離婚請求」事件における信義誠実の原則について(三)
    Tsutomu Ishimatsu
    福岡大学法学論叢, Mar. 2020, Not refereed, Not invited
  • 夫婦の一方が他方配偶者の不貞行為の相手方に対しておこなった離婚に伴う慰謝料の請求が認められないとされた事例―最高裁平成31年2月19日第三小法廷・民集73巻2号187頁、判例タイムズ1461号28頁、裁判所時報1718号3頁―
    石松 勉
    福岡大学法学論叢, 20 Dec. 2019, Not refereed, Not invited
  • 夫婦の一方による他方配偶者の不貞行為の相手方に対する離婚慰謝料の請求の可否(最判平成31年2月19日)
    石松勉
    法学セミナー増刊『速報判例解説vol.25=新・判例解説Watch【2019年10月】』, 25 Oct. 2019, Not refereed, Invited
  • 夫婦の一方による他方配偶者の不貞行為の相手方に対する離婚慰謝料の請求の可否(最判平成31年2月19日)
    Tsutomu Ishimatsu
    TKCローライブラリーWeb版=新・判例解説Watch◇民法(財産法), 14 Jun. 2019, Refereed, Invited
  • Ehescheidungsanspruch von der Seite des verantwortlichen Ehegatten und Grundsatz von Treu und Glauben(2)
    Tsutomu Ishimatsu
    FUKUOKA UNIVERSITY REVIEW OF LAW, Jun. 2019, Not refereed, Not invited
  • 受信料債権に対する民法168条1項前段の20年の消滅時効の適用の可否(最判平成30年7月17日)
    石松勉
    法学セミナー増刊『速報判例解説vol.24=新・判例解説Watch【2019年4月】』, 25 Apr. 2019, Not refereed, Invited
  • NHKの受信料債権に対して民法168条1項前段所定の20年の消滅時効が適用されないとされた事例ー最高裁平成30年7月17日第三小法廷・民集72巻3号297頁、判タ1453号68頁、裁時1704号3頁―
    石松勉
    福岡大学法学論叢, Mar. 2019, Not refereed, Not invited
  • 根抵当権それ自体が民法167条2項の20年の消滅時効にかかる場合(最判平成30年2月23日)
    石松勉
    法学セミナー増刊『速報判例解説vol.23=新・判例解説Watch【2018年10月】』, 25 Oct. 2018, Not refereed, Invited
  • 受信料債権に対する民法168条1項前段の20年の消滅時効の適用の可否(最判平成30年7月17日)
    石松勉
    TKCローライブラリーWeb版=新・判例解説Watch◇民法(財産法), 28 Sep. 2018, Not refereed, Invited
  • 「有責配偶者からの離婚請求」事件における信義誠実の原則について(一)
    石松 勉
    福岡大学法学論叢, 20 Sep. 2018, Not refereed, Not invited
  • 根抵当権それ自体が民法167条2項の20年の消滅時効にかかる場合(最判平成30年2月23日)
    石松勉
    TKCローライブラリーWeb版=新・判例解説Watch◇民法(財産法), 25 May 2018, Not refereed, Invited
  • 症状固定時期が異なる後遺障害がある場合の損害賠償請求権の消滅時効の起算点(京都地判平成27年9月16日)
    石松勉
    交通事故民事裁判例集, 05 Apr. 2018, Not refereed, Invited
  • 消滅時効の起算点(2)―政府の保障事業に対する請求権(最判平成8年3月5日)
    石松 勉
    実務精選100 交通事故判例解説, Dec. 2017, Refereed, Invited
  • 債権者が差押債権の範囲を超える金額を請求債権として債権差押命令の申立てをし、債権差押命令がされた場合には、これによる消滅時効の中断の効力は、差押債権の範囲ではなく、請求債権として表示された債権の全部について生じ、遅延損害金についてはその請求債権として表示された元本から生ずるものの全てについて中断の効力が及ぶと判断した事例(東京地判平成28年4月4日)
    石松 勉
    判例時報, 01 Apr. 2017, Refereed, Invited
  • 時効の停止に関する民法158条2項の類推適用問題 ー最高裁平成26年3月14日第二小法廷判決・民集68巻3号229頁ー
    TsutomuIshimatsu
    福岡大学法学論叢, Sep. 2016, Not refereed, Not invited
  • 継続的な金銭消費貸借取引における債務者からの貸金業者に対する消滅時効の援用と信義則
    Tsutomu Ishimatsu
    福岡大学法学論叢, Sep. 2016, Not refereed, Not invited
  • 権利濫用・信義則の機能論
    石松 勉
    『日本民法学史・続編』, 27 Oct. 2015, Not refereed, Not invited
  • 新生児の取り違えと民法166条-東京地判平成25年11月26日判例時報2221号62頁-
    石松 勉
    福岡大学法学論叢, Sep. 2015, Not refereed, Not invited
  • Die psychologische Maengeln und Schadensersatzhaftung wegen unerlaubter Handlungen des Facmanns
    ISHIMATSU Tsutomu
    FUKUOKA UNIVERSITY REVIEW OF LAW, Jun. 2015, Not refereed, Not invited
  • Die Kanemi Reisoel Yusho-Entscheidung und Artikel 724 des japanischen Buergerlichen Gesetzbuchs
    Ishimatsu Tsutomu
    Fukuoka university review of law, Dec. 2014, Not refereed, Not invited
  • Zum Begriff psychologischen Maengeln(2)
    Ishimatsu Tsutomu
    Fukuoka University Review of Law, Dec. 2013, Not refereed, Not invited
  • 「心理的瑕疵」概念の一考察(一)
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, Jun. 2013, Not refereed, Not invited
  • 過払金返還請求における消滅時効をめぐる若干の問題-近時の裁判例を素材として-
    石松勉
    『財産法の新動向(平井一雄先生喜寿記念論文集)』, 30 Mar. 2012, Not refereed, Not invited
  • 民法(債権法)改正論議における不法行為損害賠償債権の期間制限に関する一試論(2・完)
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, Mar. 2012, Not refereed, Not invited
  • 民法(債権法)改正論議における不法行為損害賠償債権の期間制限に関する一試論(1)
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, Dec. 2011, Not refereed, Not invited
  • (再論)民法724条後段の20年の除斥期間に関する一考察(2・完)-近時の裁判例を素材として-
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, Mar. 2011, Not refereed, Not invited
  • 近隣住民による葬儀場の営業を理由とする目隠し増設請求等の当否-最高裁平成2年6月29日第三小法廷判決-
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, Mar. 2011, Not refereed, Not invited
  • (再論)民法724条後段の20年の除斥期間の適用制限に関する一考察(1)-近時の裁判例を素材として-
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, Jun. 2010, Not refereed, Not invited
  • 貸金業者による期限の利益喪失約款の主張と信義則(①事件-最判平成21年9月11日(平成21年(受)第1128号、②事件-最判平成21年9月11日(平成21年(受)第138号))
    福岡大学法学論叢, Jun. 2010, Not refereed, Not invited
  • 時効援用権者の意義(1)-抵当不動産の第三取得者(否定)[大審院明治43年1月25日第一民事部判決]
    石松勉
    『判例プラクティス 民法Ⅰ総則・物権』, 25 Mar. 2010, Refereed, Invited
  • 時効援用権者の意義(2)-抵当不動産の第三取得者(肯定)[最高裁昭和48年12月14日第二小法廷判決]
    石松勉
    『判例プラクティス 民法Ⅰ総則・物権』, 25 Mar. 2010, Refereed, Invited
  • 時効援用の可否(2)-保証人[大審院昭和8年10月13日第二民事部判決]
    石松勉
    『判例プラクティス 民法Ⅰ総則・物権』, 25 Mar. 2010, Refereed, Invited
  • 時効援用の可否(4)-建物賃借人[最高裁昭和44年7月15日第三小法廷判決]
    石松勉
    『判例プラクティス 民法Ⅰ総則・物権』, 25 Mar. 2010, Refereed, Invited
  • 民法724条の「法定代理人が損害及び加害者を知った時」について-名古屋高判平成19年9月26日(判例時報2008号101頁)-
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, Jun. 2009, Not refereed, Not invited
  • 過払金返還請求権の消滅時効の起算点について-最高裁平成21年1月22日第一小法廷判決(裁判所時報1476号2頁、金融・商事判例1310号54頁)-
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, Jun. 2009, Not refereed, Not invited
  • 時効の効果についての改正をどう考えるか-消滅時効を中心に
    椿寿夫; 新美育文; 平野裕之; 河野玄逸編
    『民法改正を考える』, 2008, Not refereed, Not invited
  • 除斥期間の規定は必要か
    椿寿夫; 新美育文; 平野裕之; 河野玄逸編
    『民法改正を考える』, 2008, Not refereed, Not invited
  • 自殺・殺人を原因とする心理的欠陥に対する売主の瑕疵担保責任について
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, 2008, Not refereed, Not invited
  • 民法724条後段の20年を除斥期間と解する説でなぜいけないのか ー東京地判平成18年9月26日判例時報1945号61頁を機縁としてー
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, 2007, Not refereed, Not invited
  • 産院における新生児取り違え事故における期間制限論をめぐって-東京地判平成17年5月27日判例時報1917号70頁-
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, 2007, Not refereed, Not invited
  • 催告後6か月以内・本来の時効期間経過後になされた承認の時効中断効 ー大阪高判平成18年5月30日判例タイムズ1229号264頁ー
    Ishimatsu Tsutomu
    福岡大学法学論叢, 2007, Not refereed, Not invited
  • 第一部 除斥期間「3 ドイツの除斥期間論とわが民法」
    石松勉
    『権利燒消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Refereed, Invited
  • 第二部 権利消滅期間の長さ「5 短期消滅時効Ⅰー1(民法170条)」
    石松勉
    『権利消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Not refereed, Not invited
  • 第二部 権利消滅期間の長さ「6 短期消滅時効Ⅰー2(民法171条)」
    石松勉
    『権利消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Refereed, Invited
  • 第二部 権利消滅期間の長さ「7 短期消滅時効Ⅱ-1(民法172条)」
    石松勉
    『権利消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Not refereed, Not invited
  • 第二部 権利消滅期間の長さ「8 短期消滅時効Ⅱ-2(民法173条)」
    石松勉
    『権利消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Refereed, Invited
  • 第二部 権利消滅期間の長さ「9 短期燒結時効Ⅲ(民法174条)」
    石松勉
    『権利消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Refereed, Invited
  • 第三部 権利消滅期間の起算点「5 短期消滅時効Ⅰ-1(民法170条)」
    石松勉
    『権利消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Refereed, Invited
  • 第三部 権利消滅期間の起算点「6 短期消滅時効Ⅰ-2(民法171条)」
    石松勉
    『権利消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Refereed, Invited
  • 第三部 権利消滅期間の起算点「7 短期消滅時効Ⅱ-1(民法172条)」
    石松勉
    『権利消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Refereed, Invited
  • 第三部 権利消滅期間の起算点「8 短期消滅時効Ⅱ-2(民法173条)」
    石松勉
    『権利消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Refereed, Invited
  • 第三部 権利消滅期間の起算点「9 短期消滅時効Ⅲ(民法174条)」
    石松勉
    『権利消滅期間の研究』, 31 Mar. 2006, Refereed, Invited
  • 民法七二四条後段における二〇年の除斥期間の起算点に関する一考察 -ハンセン病訴訟熊本地裁判決および筑豊じん肺訴訟最高裁判決を機縁として-
    Ishimatsu Tsutomu
    香川法学(香川大学), 2005, Not refereed, Not invited
  • 雇用者の安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求権の消滅時効の起算点 -筑豊じん肺訴訟上告審判決(日鉄鉱業関係)-
    銀行法務21, 2005, Not refereed, Not invited
  • 雇用者の安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求権の消滅時効の起算点について -筑豊じん肺訴訟上告審判決(日鉄鉱業関係)-
    Ishimatsu Tsutomu
    香川法学(香川大学), 2005, Not refereed, Not invited
  • 旧住宅・都市整備公団が分譲住宅を値下げ販売した場合に先行購入者による損害賠償の請求が認められた事例
    Tsutsumi Hidenori
    香川法学(香川大学), 2004, Not refereed, Not invited
  • Das Schicksal der Ausschlussfristslehre
    Hougaku-Shinpo, 2003, Not refereed, Not invited
  • Das Schicksal der AusschluḆfristslehre
    Hougaku-Shinpo, 2003, Not refereed, Not invited
  • 消滅時効完成後に一部弁済を行った債務者につき、時効援用権を喪失していないとされた事例
    石松 勉
    銀行法務21, 2003, Not refereed, Not invited
  • 物上保証人所有の不動産を目的とする競売の開始決定の債務者への送達が債務者の所在が不明であるため公示送達によりされた場合における被担保債権の消滅時効の中断
    石松 勉
    判例評論, 2003, Not refereed, Not invited
  • Die historische Entwicklung des Begrifles der AusschluḆfristen im deutschen Recht(4)
    石松 勉
    THE OKAYAMA-SHOKA LAW REVIEW, 2001, Not refereed, Not invited
  • 債権者から受益者を相手方とする詐害行為取消権に基づく処分禁止の仮処分訴訟の審理の状況により債務者に対する債権の消滅時効が中断するとされた事例
    石松 勉
    判例評論, 2001, Not refereed, Not invited
  • 一 民法566条3項にいう一年の期間の性質 二 瑕疵担保による損害賠償請求権の除斥期間と裁判上の権利行使の要否
    岡山商大社会総合研究所報, 2001, Not refereed, Not invited
  • Die historische Entwicklung des Begriffes der AusschluḆfristen in deutschen Recht(3)
    石松 勉
    JOURNAL OF OKAYAMA SHOKA UNIVERSITY, 2000, Not refereed, Not invited
  • Die AusschluḆfristslehre im Deutschland und japanischen b(]E88DB[)rgerlichen Recht.
    石松 勉
    HOURITSU JIHOU, 2000, Not refereed, Not invited
  • Current Issues of Investment Transactions-based on a study of stock investment trusts-
    内海淳一
    BULLETIN INSTITUTE FOR SOCIAL RESEARCH OKAYAMA SHOKA UNIVERSITY, 2000, Not refereed, Not invited
  • Das Verh(]E88D2[)ltnis der Berufung auf die Verj(]E88D2[)hrung zur Schuldanerkenntnis nach der Vollendung der Verj(]E88D2[)hrung
    石松 勉
    THE OKAYAMA-SHOKA LAW REVIEW, 1999, Not refereed, Not invited
  • Die historische Entwicklung des Begriffes der AusschluḆfristen in deutschen Recht(2)
    石松 勉
    JOURNAL OF OKAYAMA SHOKA UNIVERSITY, 1999, Not refereed, Not invited
  • Regal Problems of Remedies for Damages of Multi-level Marking Plan
    石松 勉
    岡山商大社会総合研究所報, 1999, Not refereed, Not invited
  • 不法行為を原因として心神喪失の常況にある被害者の損害賠償請求権と民法724条後段の除斥期間
    岡山商大論叢, 1999, Not refereed, Not invited
  • Die historische Entwicklung des Begriffes der AusschluB fristen im deutschen Recht (1)
    THE OKAYAMA-SHOKA LAW REVIEW, 1998, Not refereed, Not invited
  • Zum Beginn der Befristung beim Pflichtteilsrecht
    THE OKAYAMA-SHOKA LAW REVIEW, 1998, Not refereed, Not invited
  • 消滅時効期間経過後の債務の一部弁済が債権者による欺瞞的な方法による場合には債務者の時効援用権は失われないとされた事例
    石松 勉
    岡山商大論叢, 1998, Not refereed, Not invited
  • Das Bedeutung des "von unerlaubten Handlung an" im§. 724 des japanischen b(]J1168[)rgerlichen Gesetzbuches.
    THE OKAYAMA-SHOKA LAW REVIEW, 1997, Not refereed, Not invited
  • ある者が交通事故の加害自動車の保有者であるか否かをめぐって争いがある場合における自動車損害賠償保障法72条1項前段による請求権の消滅時効の起算点
    石松 勉
    岡山商大論叢, 1997, Not refereed, Not invited
  • Die Behandlung von der Rechtsprechungen (]J1168[)ber der Befristung von Schadensersatzanspr(]J1168[)che aus unerlaubten Handlungen
    THE OKAYAMA-SHOKA LAW REVIEW, 1996, Not refereed, Not invited
  • (]J1168[)ber den Beginn der Verj(]J1103[)hrung
    THE OKAYAMA-SHOKA LAW REVIEW, 1996, Not refereed, Not invited
  • 不貞配偶者の相手方に対する他方配偶者の慰謝料請求権の消滅時効の起算点
    石松 勉
    岡山商大論叢, 1996, Not refereed, Not invited
  • Die Behandlung von der Rechtsprechungen (]E88DB[)ber der Befristung von Schadensersatzanspr(]E88DB[)che aus unerlaubten Handlungen
    THE OKAYAMA-SHOKA LAW REVIEW, 1995, Not refereed, Not invited
  • Die Behandlung von der Rechtsprechungen (]J1168[)ber der Befristung von Schadensersatzanspr(]J1168[)che aus unerlaubten Handlungen
    THE OKAYAMA-SHOKA LAW REVIEW, 1994, Not refereed, Not invited
  • Eine Betrachtung (]J1168[)ber Ablauf der AusschluḆ frist und Grundsatz von Treu und Glauben
    THE OKAYAMA-SHOKA LAW REVIEW, 1993, Not refereed, Not invited
  • Unzul(]J1103[)ssizigkeit der Berufung auf eine AusschluḆ frist in deutschen Recht
    石松 勉
    現代法学の諸相(法律文化社), 1992, Not refereed, Not invited
  • Some consideration on the maintenance of extinctive prescription and good faith
    Journal of the graduate school of Fukuoka University, 1990, Not refereed, Not invited
  • On the theory of impermissible execution of right in Germany
    Journal of the graduate school of Fukuoka University, 1989, Not refereed, Not invited
  • Some consideration on the principle of forfeiture in Japan
    Journal of the graduate school of Fukuoka University, 1988, Not refereed, Not invited
  • On the principle of forfeiture
    Journal of the graduate school of Fukuoka University, 1985, Not refereed, Not invited
■ MISC
  • Zur Geltendmachung von Vereinbarung uber Verlust der Termininteresse und Grundsatz von Treu und Glauben
    Ishimatsu Tsutomu
    Fukuoka University review of law, Jun. 2010
■ Books and other publications
  • 『判例プラクティス・民法Ⅰ総則・物権[第2版]』(共著)
    松本恒雄; 潮見佳男; 下村信江編, Joint work, 時効援用の可否(1)
    信山社, 31 Mar. 2022
  • 『日本民法学史・続編』(共著)
    平井一雄; 清水元編, Joint work, 権利濫用・信義則の機能論
    信山社, 27 Oct. 2015, Not refereed
  • 『判例プラクティス・民法Ⅰ総則・物権』(共著)
    松本恒雄; 潮見佳男編
    信山社, 2010, Not refereed
  • 『権利消滅期間の研究』(共著)
    椿寿夫; 三林宏編著
    信山社, 2006, Not refereed
  • Bürgerliches Gesetzbuch Band 1(Allgemeiner Teil)
    平井一雄編, 時効の章
    青林書院, 2002, Not refereed
■ Lectures, oral presentations, etc.
  • Zur Anwendungsbeschraenkung der 20-jaehrigen Ausschlussfristen im sweiten Satz von des japanischen Buerberlichen Gesetzbuches in Klagen einer Staatshaftungsanspruch nach dem frueheren Eugenikschutzgesetz.
    TSUTOMU ISHIMATSU
    日本土地法学会中国支部研究会, 23 Dec. 2023, Invited
  • 受信料債権に対する民法168条1項前段の20年の消滅時効の適用の可否
    日本土地法学会中国支部研究会, 22 Sep. 2018, Not invited
  • 新生児の取り違えと民法166条
    石松勉
    日本土地法学会中国支部研究会, 25 Jun. 2016, Not invited
  • 民法(債権法)改正論議における不法行為損害賠償債権の期間制限に関する一試論
    石松勉
    日本土地法学会中国支部研究会, 17 Dec. 2011, 日本土地法学会中国支部研究会, Invited
  • 民法724条後段をめぐる法的諸問題-東京地判平成18年9月26日判時1945号61頁を機縁として-
    石松勉
    日本土地法学会中国支部研究会, 29 Sep. 2007, 日本土地法学会中国支部研究会, Invited
  • 消費者基本法についてー消費者団体の今後の役割-
    石松勉
    高松市消費者団体連絡協議会学習会, 11 Jan. 2006, 高松市役所(市民部 市民生活課), Invited
  • 雇用者の安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求権の消滅時効の起算点について-筑豊じん肺訴訟上告審判決(日鉄鉱業関係)-
    石松勉
    民法判例研究会, 19 Mar. 2005, 民法判例研究会, Invited
  • 悪質商法の現状と対応策について
    石松 勉
    総務省 四国行政評価支局 研修会, 07 Dec. 2004, 総務省 四国行政評価支局, Invited
  • 公団マンションの値下げ販売問題
    石松勉
    日本土地法学会中国支部研究会, 27 Mar. 2004, 日本土地法学会中国支部研究会, Invited
  • 消滅時効完成後に一部弁済を行った債務者につき、時効援用権を喪失していないとされた事例
    石松勉
    民法判例研究会, 25 Jan. 2003, 民法判例研究会, Invited
  • 消費者契約法と自己責任
    石松勉
    岡山県消費生活センター 研修会, 24 Aug. 2000, 岡山県消費生活センター, Invited
  • 成年後見制度
    石松勉
    岡山長寿学園, 18 Aug. 2000, 岡山商科大学社会総合研究所, Invited
  • 生活者と契約-特殊販売を中心として-
    石松勉
    岡山長寿学園, 09 Aug. 1999, 岡山商科大学社会総合研究所, Invited
■ Affiliated academic society
  • 日本私法学会
  • 九州法学会
  • 比較法学会
  • 日本土地法学会中国支部研究会