SEARCH

検索詳細
Last Updated :2024/03/03

喜多 知

医学科
講師

研究者情報

■ 学位
  • 博士(農学), 鳥取大学
■ 研究キーワード
  • 熱産生
  • イオン輸送体
■ 研究分野
  • ライフサイエンス, 薬理学, 薬理学一般

研究活動情報

■ 論文
  • Involvement of pore helix in voltage-dependent inactivation of TRPM5 channel
    Heliyon, 2021年01月, 査読有り, 通常論文
  • Genetic knockout and pharmacologic inhibition of NCX1 attenuate hypoxia-induced pulmonary arterial hypertension
    Biochem Biophys Res Commun, 2020年08月, 査読有り, 通常論文
  • Pharmacological exercise using a computer simulation of isolated preparation of guinea-pig ileum
    根本 隆行; 田頭 秀章; 喜多 知; 柴田 志保; 岩本 隆宏
    福岡大学医学紀要, 2020年03月, 査読無し, 通常論文
  • Spatiotemporally different expression of alternatively spliced GABA receptor subunit transcripts in the housefly Musca domestica
    Arch Insect Biochem Physiol, 2019年05月, 査読有り, 通常論文
  • FK506 (tacrolimus) causes pain sensation through the activation of transient receptor potential ankyrin 1 (TRPA1) channels
    J Physiol Sci, 2019年03月, 査読有り, 通常論文
  • Peptidylarginine deiminase is involved in maintaining the cornified oral mucosa of rats
    Arita S; Hatta M; Uchida K; Kita T; Okamura K; Ryu T; Murakami H; Sakagami R; Yamazaki J
    J Periodontal Res., 2018年10月, 査読有り, 通常論文
  • TRPV2 channel inhibitors attenuate fibroblast differentiation and contraction mediated by keratinocyte-derived TGF-β1 in an in vitro wound healing model of rats
    Ishii T; Uchida K; Hata S; Hatta M; Kita T; Miyake Y; Okamura K; Tamaoki S; Ishikawa H; Yamazaki J
    J Dermatol Sci, 2018年, 査読有り, 通常論文
  • Amitraz and its metabolite differentially activate α- and β-adrenergic-like octopamine receptors
    Kita T; Hayashi T; Ohtani T; Takao H; Takasu H; Liu G; Ohta H; Ozoe F; Ozoe Y
    Pest Manag Sci, 2017年05月, 査読有り, 通常論文
  • Pharmacological characterization of histamine-gated chloride channels from the housefly Musca domestica
    Tomo Kita; Takahiro Irie; Kazuki Nomura; Fumiyo Ozoe; Yoshihisa Ozoe
    NEUROTOXICOLOGY, 2017年05月, 査読有り, 通常論文
  • Electrophysiological characterization of ivermectin triple actions on Musca chloride channels gated by l-glutamic acid and γ-aminobutyric acid
    Fuse T; Kita T; Nakata Y; Ozoe F; Ozoe Y
    Insect Biochem Mol Biol, 2016年10月, 査読有り, 通常論文
  • Multiple sites of insecticidal action in ionotropic GABA receptors
    Ozoe Y; Ozoe F; Kita T; Rahman MM; Liu G; Hisano K; Takashima M; Nakata Y
    ACS Symposium Series, 2015年11月04日, 査読有り, 通常論文
  • Synthesis of photoreactive ivermectin B-1a derivatives and their actions on Haemonchus and Bombyx glutamate-gated chloride channels
    Toshinori Fuse; Izumi Ikeda; Tomo Kita; Shogo Furutani; Hiromitsu Nakajima; Kazuhiko Matsuda; Fumiyo Ozoe; Yoshihisa Ozoe
    PESTICIDE BIOCHEMISTRY AND PHYSIOLOGY, 2015年05月, 査読有り, 通常論文
  • Expression pattern and function of alternative splice variants of glutamate-gated chloride channel in the housefly Musca domestica
    Tomo Kita; Fumiyo Ozoe; Yoshihisa Ozoe
    INSECT BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY, 2014年02月, 査読有り, 通常論文
  • Insecticidal 3-benzamido-N-phenylbenzamides specifically bind with high affinity to a novel allosteric site in housefly GABA receptors
    Yoshihisa Ozoe; Tomo Kita; Fumiyo Ozoe; Toshifumi Nakao; Kazuyuki Sato; Kangetsu Hirase
    Pesticide Biochemistry and Physiology, 2013年11月, 査読有り, 通常論文
  • Differential distribution of glutamate- and GABA-gated chloride channels in the housefly Musca domestica
    Tomo Kita; Fumiyo Ozoe; Masaaki Azuma; Yoshihisa Ozoe
    Journal of Insect Physiology, 2013年09月, 査読無し, 通常論文
  • Molecular cloning and pharmacological characterization of a Bombyx mori tyramine receptor selectively coupled to intracellular calcium mobilization
    Jia Huang; Hiroto Ohta; Noriko Inoue; Haruka Takao; Tomo Kita; Fumiyo Ozoe; Yoshihisa Ozoe
    INSECT BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY, 2009年11月, 査読無し, 通常論文
■ 講演・口頭発表等
  • 褐色脂肪熱産生におけるNCX1制御機構
    喜多知; 田頭秀章; 根本隆行; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第12回トランスポーター研究会九州部会, 2021年09月18日, 通常論文
  • Functional role of NCX1 in brown adipose tissue thermogenesis
    Tomo Kita; Hideaki Tagashira; Takayuki Nemoto; Satomi Kita; Takahiro Iwamoto
    第94回日本薬理学会年会, 2021年03月09日, 通常論文
  • Functional involvement of Na+/Ca2+ exchanger type 1 in brown adipose tissue thermogenesis
    Tomo Kita; Hideaki Tagashira; Takayuki Nemoto; Satomi Kita; Takahiro Iwamoto
    第93回日本薬理学会年会, 2020年03月16日, 通常論文
  • 組織特異的TRPM6/7機能抑制マウスの血管機能特性
    喜多知; 田頭秀章; 沼田朋大; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第49回日本心脈管作動物質学会年会, 2020年02月07日, 通常論文
  • 組織特異的TRPM7DN変異体高発現マウスの特性解析
    喜多 知; 田頭 秀章; 喜多 紗斗美; 岩本 隆宏
    第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月04日, 通常論文
  • 腎・血管特異的TRPM7機能抑制マウスの心血管機能比較
    喜多知; 田頭秀章; 根本隆行; 喜多紗斗美; 岩本隆宏
    第39回日本マグネシウム学会, 2019年11月30日, 通常論文
  • 褐色脂肪細胞の熱産生におけるNa+/Ca2+交換輸送体の関与について
    喜多知; 田頭秀章; 根本隆行; 柴田志保; 岩本隆宏
    第72回日本薬理学会西南部会, 2019年11月16日, 通常論文
  • TRPM7DN変異体高発現マウスを用いた血管機能解析
    喜多 知; 田頭 秀章; 喜多 紗斗美; 岩本 隆宏
    第4回黒潮カンファレンス, 2019年11月15日, 通常論文
  • 炎症性サイトカインの複合性局所疼痛症候群病態形成における役割
    柴田 志保; 田頭 秀章; 喜多 知; 冨永 健二; 山浦 健; 岩本 隆宏
    日本ペインクリニック学会第53回大会, 2019年07月20日, 通常論文
  • 複合性局所疼痛症候群に対するTNF-α中和抗体局所投与の治療応用への可能性
    田頭 秀章; 柴田 志保; 喜多 知; 喜多 紗斗美; 山浦 健; 岩本 隆宏
    第4回日本臨床薬理学会九州・沖縄地方会, 2019年07月06日, 通常論文
  • Perineural expression of TNF-α contributes to long-term mechanical allodynia in CRPS model mice
    柴田 志保; 田頭 秀章; 喜多 知; 岩本 隆宏
    9th Federation of Asian and Oceanian Physiological Societies, 2019年03月29日, 通常論文
  • 複合性局所疼痛症候群モデルマウスに対するTNF-α中和抗体局所投与の治療効果
    柴田 志保; 田頭 秀章; 鈴木 沙理; 喜多 知; 喜多 紗斗美; 山浦 健; 岩本 隆宏
    第71回日本薬理学会西南部会, 2018年11月17日, 通常論文
  • TRPM7ドミナントネガティブ変異体導入マウスの特性解析
    喜多 知; 田頭 秀章; 沼田 朋大; 喜多 紗斗美; 岩本 隆宏
    生理研研究会 心血管膜輸送研究会2018, 2018年11月01日, 通常論文
  • イエバエグルタミン酸作動性クロライドチャネルの機能解析
    喜多知; 尾添富美代; 尾添嘉久
    第13回トランスポーター研究会年会, 2018年07月21日, 通常論文
  • 温度感受性チャネルTRPM5の機能解析
    喜多知; 内田邦敏; 笠孝成; 山﨑純
    第70回日本薬理学会西南部会, 2017年11月, 通常論文
  • イエバエグルタミン酸作動性クロルイオンチャネルのアンタゴニスト感受性
    喜多知; 尾添富美代; 尾添嘉久
    日本農薬学会第39回大会, 2014年03月, 通常論文
  • Differential localization of splice variants of a glutamate-gated chloride channel subunit in the housefly
    Kita T; Ozoe F; Azuma M; Ozoe Y
    International Congress of Entomology 2012, 2012年08月, 通常論文
  • スプライスバリアントによって異なるイエバエ成虫グルタミン酸作動性クロルイオンチャネルの局在と機能
    喜多知; 尾添富美代; 東政明; 尾添嘉久
    日本農薬学会第37回大会, 2012年03月, 通常論文
  • グルタミン酸作動性クロルイオンチャネルのイエバエ胸部神経系における局在解析
    喜多知; 尾添富美代; 東政明; 尾添嘉久
    日本農芸化学会2011年度大会, 2011年03月, 通常論文
  • イエバエのグルタミン酸作動性クロルイオンチャネルの遺伝子および免疫組織化学的解析
    喜多知; 尾添富美代; 東政明; 尾添嘉久
    日本農薬学会第35回大会, 2010年05月, 通常論文
  • イエバエ由来グルタミン酸依存性クロルイオンチャネル (MdGluCl) の遺伝子及び免疫細胞化学的解析
    喜多知; 尾添富美代; 三宅誠司; 東政明; 尾添嘉久
    日本農薬学会第34回大会, 2009年03月, 通常論文
  • イエバエ由来グルタミン酸依存性クロルイオンチャネル遺伝子及びGABA依存性クロルイオンチャネル遺伝子の発現解析
    喜多知; 尾添富美代; 尾添嘉久
    日本農薬学会第33回大会, 2008年03月, 通常論文
■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • 褐色脂肪熱産生機構を標的とした新規肥満症治療戦略
    総合科学研究Ⅳ
    2021年04月01日 - 2023年03月31日
  • NCX1分子複合体による褐色脂肪熱産生機構の解明
    研究助成
    2020年04月01日 - 2022年03月31日
  • 褐色脂肪熱産生におけるTRPV/NCX機能連関の生理学的役割の解明
    若手研究
    2019年04月01日 - 2022年03月31日