SEARCH

検索詳細
Last Updated :2024/03/03

岸根 敏幸

人文学部
教授

研究者情報

■ 学位
  • 博士 (文学), 東京大学, 1998年
■ 研究キーワード
  • 古事記神話
  • 日本の神話
  • 日本の宗教
  • 宗教多元主義
  • チャンドラキールティ
  • 中観思想
■ 研究分野
  • 人文・社会, 宗教学

経歴

■ 経歴
  • 2005年 ー 現在
    福岡大学, 教授
  • 2000年 ー 2005年
    福岡大学, 助教授
  • 1995年 ー 1998年
    日本学術振興会特別研究員
■ 学歴
  • 1988年 ー 1995年
    東京大学大学院
  • 1984年 ー 1988年
    早稲田大学

研究活動情報

■ 論文
  • 古事記神話におけるコトシロヌシと託宣
    福岡大学人文論叢, 2023年
  • 古事記神話における八柱のヤマツミ誕生
    福岡大学人文論叢, 2023年
  • 古事記神話におけるアマテラス誕生の原動力(後編)
    福岡大学人文論叢, 2022年
  • 古事記神話におけるアマテラス誕生の原動力(前編)
    福岡大学人文論叢, 2022年
  • 古事記神話におけるアヂスキタカヒコネの位置づけ
    福岡大学人文論叢, 2021年
  • 古事記神話における「大御神」という呼称をめぐって
    福岡大学人文論叢, 2021年
  • 古事記神話における「隠身」の意味と関連する問題点
    福岡大学人文論叢, 2020年
  • 古事記神話における「隠身」の訓読をめぐって
    福岡大学人文論叢, 2020年
  • 古事記神話におけるアマノワカヒコと弓矢
    福岡大学人文論叢, 2020年
  • 古事記神話における佐度嶋をめぐって
    福岡大学人文論叢, 2019年
  • 古事記神話におけるオホクニヌシとウツシクニタマ ー スサノヲの発言をめぐって ー
    福岡大学人文論叢, 2019年
  • 古事記神話における天の石屋籠もりの意味づけ
    福岡大学人文論叢, 2018年
  • 古事記神話における淡道之穂之狭別嶋をめぐって
    福岡大学人文論叢, 2018年
  • 古事記神話と言霊信仰 (後編) ー 他者に幸禍をもたらす発言、および、「言挙げ」 ー
    福岡大学人文論叢, 2017年
  • 古事記神話と言霊信仰 (前編) ー 「詔り別き」と「詔り直し」、および、ウケヒ ー
    福岡大学人文論叢, 2017年
  • 古事記神話と日本書紀神話の比較研究 ー 特にホノニニギとホヲリの軌跡をめぐって ー
    福岡大学人文論叢, 2015年
  • 古事記神話と日本書紀神話の比較研究 ー 特に天降りの経緯と使者の派遣をめぐって ー
    福岡大学人文論叢, 2015年
  • 古事記神話と日本書紀神話の比較研究 ー 特にヤマタノヲロチ退治とオホナムヂへの言及をめぐって ー
    福岡大学人文論叢, 2015年
  • 古事記神話と日本書紀神話の比較研究 ー 特にスサノヲのウケヒと天の石屋篭もりをめぐって ー
    福岡大学人文論叢, 2014年
  • 古事記神話と日本書紀神話の比較研究 ー 特に神生み、黄泉つ国往還、統治する神をめぐって ー
    福岡大学人文論叢, 2013年
  • 『古事記』 神話と 『日本書紀』 神話の比較研究 ー 特に別天つ神、神世七代、および、国生みをめぐって ー
    福岡大学人文論叢, 2013年
  • 日本神話におけるアメノミナカヌシ(II)
    福岡大学人文論叢, 2009年
  • 日本神話におけるアメノミナカヌシ(I)
    福岡大学人文論叢, 2009年
  • 清沢満之の宗教哲学 ー 『宗教哲学骸骨』 を中心に ー (一)
    福岡大学人文論叢, 2004年
  • 宗教多元主義が提起するもの ー グローバル化の時代に向けて ー
    西日本宗教学雑誌, 2003年
  • 西田幾多郎の宗教理解 ー 『善の研究』 に焦点をしぼって ー (一)
    福岡大学人文論叢, 2002年
  • 宗教多元主義の諸様相
    福岡大学総合研究所報, 2001年
  • チャンドラキールティの二真理説 ー 世俗真理を中心に ー
    福岡大学人文論叢, 2001年
  • チャンドラキールティにおける空性論述の方法(2)
    福岡大学人文論叢, 2000年
  • ナーガールジュナとチャンドラキールティ ー 大乗と空思想の接点をめぐって ー
    印度学仏教学研究, 2000年
  • チャンドラキールティの自己認識説批判
    江島恵教博士追悼論集 『空と実在』 (春秋社), 2000年
  • チャンドラキールティにおける空性論述の方法(1)
    福岡大学人文論叢, 2000年
  • 他宗教理解と三位一体論
    人文研究, 1999年
  • 宗教多元主義における三位一体論・キリスト論
    法華学報, 1999年
  • 宗教多元主義の諸形態
    相模女子大学紀要, 1999年
  • チャンドラキールティの中観思想
    東京大学博士論文, 1998年
  • 宗教多元主義理論について ー ジョン・ヒックの 「実在者」 の概念を中心に ー
    法華学報, 1997年
  • チャンドラキールティの経典解釈 ー 「唯心」 記述との関連で ー
    東方学, 1997年
  • チャンドラキールティにおける論証
    印度学仏教学研究, 1996年
  • チャンドラキールティの唯識学説批判 ー 特にアーラヤ識・唯識無境を巡って ー
    仏教学, 1995年
  • チャンドラキールティにおける中観思想と実践理論 ー 中観論書と菩薩行理論の関係を巡って ー
    宗教研究, 1995年
  • Saṃvṛtisatyaとvyavahārasatya ー Candrakīrtiの所説を巡って ー
    印度学仏教学研究, 1993年
  • 『入中論』における中観学説の提示 ー 『十地経』の引用を巡って ー
    インド哲学仏教学研究, 1993年
  • Candrakīrtiにおける“世俗諦ならざるもの”
    印度学仏教学研究, 1992年
  • Candrakīrtiの二諦説 ー 自性の関連で ー
    印度学仏教学研究, 1991年
■ 書籍等出版物
  • 仏典解題事典〔第三版〕
    分担執筆
    春秋社, 2020年
  • 古事記神話と日本書紀神話
    単著
    晃洋書房, 2016年
  • シリーズ大乗仏教6 空と中観
    共著
    春秋社, 2012年
  • 宗教多元主義を学ぶ人のために
    共著
    世界思想社, 2008年
  • 日本の神話 ー その諸様相 ー
    単著
    晃洋書房, 2007年
  • ジョン・ヒック自伝 宗教多元主義の実践と創造
    共訳
    トランスビュー, 2006年
  • エリアーデ仏教事典
    共訳
    法蔵館, 2005年
  • 日本の宗教 ー その諸様相 ー
    単著
    晃洋書房, 2004年
  • 宗教多元主義とは何か ー 宗教理解への探求 ー
    単著
    晃洋書房, 2001年
  • チャンドラキールティの中観思想
    単著
    大東出版社, 2001年