SEARCH

検索詳細
Last Updated :2024/03/03

岩永 和代

看護学科
准教授

研究者情報

■ 学位
  • 保健医療学修士
■ 研究キーワード
  • 周手術期看護
  • がん看護
■ 研究分野
  • ライフサイエンス, 臨床看護学, 臨床看護学

経歴

■ 学歴
  • 2004年04月 ー 2007年03月
    福岡大学, 人文科学研究科, 教育・臨床心理専攻博士課程後期 満期退学
  • 2002年04月 ー 2004年03月
    国際医療f福祉大学大学院, 医療福祉学研究科看護学専攻 修了

研究活動情報

■ 論文
  • Relationship between abdominal circumference and the incidence of hyperuricemia in the general Japanese population
    Kazumi Kawano; Tamami Ueno; Toshiki Maeda; Chihiro Nohara; Kaori Maki; Kazuyo Iwanaga; Akiko Morinaga; Shunsuke Funakoshi; Makiko Abe; Atsushi Satoh; Miki Kawazoe; Chikara Yoshimura; Koji Takahashi; Kazuhiro Tada; Kenji Ito; Tetsuhiko Yasuno; Shigeaki Mukobara; Daiji Kawanami; Kosuke Masutani; Hisatomi Arima
    Scientific Reports, 2024年02月25日
  • Two-year evolution of quality of life following radiotherapy and/or chemotherapy in patients with head and neck cancer.
    Kazuyo Iwanaga; Yoko Ishibashi; Kaori Maki; Ayako Ura; Kumiko Kotake; Kaori Haba; Toshifumi Sakata; Takashi Nakagawa; Hisatomi Arima
    Asia-Pacific journal of oncology nursing, 2023年11月, 査読有り
  • Association between serum ALT levels and incidence of new-onset diabetes in general population of Japanese: a longitudinal observational study (ISSA-CKD).
    Akiko Morinaga; Kazuyo Iwanaga; Kaori Maki; Tamami Ueno; Kazumi Kawano; Shunsuke Funakoshi; Toshitaka Yamanokuchi; Masayoshi Tsuji; Makiko Abe; Atsushi Satoh; Miki Kawazoe; Toshiki Maeda; Chikara Yoshimura; Koji Takahashi; Kazuhiro Tada; Kenji Ito; Tetsuhiko Yasuno; Daiji Kawanami; Kosuke Masutani; Hisatomi Arima
    BMJ open, 2023年08月07日, 査読有り
  • 日本人一般住民における適度なアルコール摂取と高尿酸血症との関連 ISSA-CKD研究
    上野 珠未; 河野 和美; 牧 香里; 森永 朗子; 岩永 和代; 有馬 久富
    日本痛風・尿酸核酸学会総会プログラム・抄録集, 2023年01月
  • 日本人一般住民における腹囲と高尿酸血症発症率の関連 ISSA-CKD研究
    河野 和美; 上野 珠未; 牧 香里; 岩永 和代; 森永 朗子; 有馬 久富
    日本痛風・尿酸核酸学会総会プログラム・抄録集, 2023年01月
  • Association between pulse pressure and progression of chronic kidney disease.
    Toshiki Maeda; Soichiro Yokota; Takumi Nishi; Shunsuke Funakoshi; Masayoshi Tsuji; Atsushi Satoh; Makiko Abe; Miki Kawazoe; Chikara Yoshimura; Kazuhiro Tada; Koji Takahashi; Kenji Ito; Tetsuhiko Yasuno; Toshitaka Yamanokuchi; Kazuyo Iwanaga; Akiko Morinaga; Kaori Maki; Tamami Ueno; Kousuke Masutani; Shigeaki Mukoubara; Hisatomi Arima
    Scientific reports, 2021年12月02日, 査読有り
  • 喉頭全摘出者が患者会に参加していない理由
    羽場 香織; 小竹 久実子; 岩永 和代; 甲斐 一郎; 鈴鴨 よしみ; 高橋 綾
    奈良県立医科大学看護研究ジャーナル, 2021年09月01日, 査読有り, 通常論文
  • 産学官連携事業からみえてきた地域高齢住民が考える災害発生時の気がかりと備え
    大村 由紀美; 宗正 みゆき; 吉川 千鶴子; 牧 香里; 上野 珠未; 隈本 寛子; 岩永 和代; 浦 綾子; 馬場 みちえ
    日本看護研究学会雑誌, 2021年08月
  • 救急看護における知の探究-看護師による急変・救急場面の語りの分析-
    紙谷恵子; 宮林郁子; 岩永和代; 浦綾子
    日本健康医学会誌, 2021年07月27日, 査読有り, 通常論文
  • がん化学療法を受ける患者の睡眠の特徴と影響要因
    浦綾子; 牧香織; 石橋曜子; 岩永和代; 小田真由美; 内田京華; 井上雅史; 宮林郁子
    日本がん看護学会誌, 2021年04月09日, 査読有り, 通常論文
  • 医療的ケア児の在宅移行期における家族ケアの現状と看護師の在宅移行支援の課題
    隈本寛子; 馬場みちえ; 山本八千代; 宗正みゆき; 岩永和代
    子どもと女性の虐待看護学研究, 2020年11月01日, 査読有り, 通常論文
  • 手術室看護師の専門性獲得プロセス
    乾 美由紀; 宮林 郁子; 浦 綾子; 岩永 和代
    福岡大学 医学紀要, 2020年03月01日, 査読有り, 通常論文
  • 訪問看護師による人工呼吸器装着児の在宅移行支援
    隈本 寛子; 馬場 みちえ; 山本 八千代; 宗正 みゆき; 岩永 和代
    健康支援, 2020年02月
  • Characterristics and Challenges in Critical Care Nursing Practice: A Review
    紙谷 恵子; 岩永 和代; 浦 綾子; 宮林 郁子
    福岡大学医学紀要, 2019年09月01日, 査読有り, 通常論文
  • がん化学療法を受ける患者の倦怠感と健康関連QOLとの関連
    浦 綾子; 牧 香里; 上野 珠未; 石橋 曜子; 岩永 和代; 宮林 郁子
    健康支援学会誌, 2019年05月11日, 査読有り, 通常論文
  • Effects of occupational status on social adjustment after laryngectomy in patients with laryngeal and hypopharyngeal cancer
    Kumiko Kotake K; Ichiro Kai; Kazuyo Iwanaga; Yoshimi Suzukamo; Aya Takahashi
    European Archives of Oto-Rhino-Laryngology and Head & Neck, 2019年05月01日, 査読有り, 通常論文
  • 退院前における喉頭摘出者のQOLとフォーマルサポートの関係
    高橋 綾; 小竹 久実子; 岩永 和代; 鈴鴨 よしみ; 甲斐 一郎; 羽場 香織; 石橋 曜子
    日本看護科学学会学術集会講演集, 2018年12月
  • 肝がんサバイバーの健康関連QOLと影響要因
    浦 綾子; 石橋 曜子; 岩永 和代; 上野 珠未; 大城 知子; 牧 香里; 宮林 郁子
    健康支援, 2018年02月01日, 査読有り, 通常論文
  • Social support and substitute voice acquisition on psychological adjustment among patients after laryngectomy
    Kumiko Kotake; Yoshimi Suzukamo; Ichiro Kai; Kazuyo Iwanaga; Aya Takahashi
    EUROPEAN ARCHIVES OF OTO-RHINO-LARYNGOLOGY, 2017年03月, 査読有り, 通常論文
  • がんにより口腔機能を喪失した患者に関わる看護師のセルフエフィカシーの実態
    高橋 綾; 小竹 久実子; 山田 雅子; 岩永 和代; 鈴鴨 よしみ; 甲斐 一郎; 羽場 香織; 石橋 曜子
    日本看護科学学会学術集会講演集, 2016年11月
  • 口腔内機能喪失状態にある患者へのケアにおける在宅の視点 実態調査から
    小竹 久実子; 羽場 香織; 岩永 和代
    医療看護研究, 2016年10月
  • 下咽頭がんによる喉頭全摘出者の退院後1年間の生活のしづらさの実態
    小竹久実子; 山田雅子; 鈴鴨よしみ; 岩永和代; 羽場香織; 高橋綾
    聖路加看護学会誌, 2016年07月, 査読有り, 通常論文
  • 喉頭部周囲がん患者の術前から退院1年後までの社会的適応と職業との関連とその変化
    小竹久実子; 岩永和代; 羽場香織; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 高橋綾
    順天堂精神医学研究所紀要, 2015年05月, 査読有り, 通常論文
  • 喉頭摘出者のQOLに関する文献レビュー
    岩永和代; 小竹久実子; 羽場香織; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 高橋綾
    医療看護研究、Vol11(1), 2014年10月, 査読有り, 通常論文
  • 周手術期看護学実習における看護学生の学び
    岩永 和代
    国際医療福祉大学大学院修士論文集, 2004年07月01日, 査読無し, 通常論文
  • 「抑制」の単元での看護倫理の学び
    岩永和代; 中嶋恵美子
    日本看護学校協議会雑誌, 2003年03月01日, 査読有り, 通常論文
  • 「抑制」を題材にした看護倫理教育ーディベートを用いた授業展開の一考察ー
    岩永和代; 中嶋恵美子
    ナースエデュケーション, 2002年12月01日, 査読有り, 通常論文
  • 臨地実習指導者の関りと学生の学習意欲の形成
    吉川千鶴子; 小林昭代; 岩永和代; 中嶋恵美子
    第32回日本看護協会論文集ー看護教育ー, 2001年12月01日, 査読有り, 通常論文
  • 臨地実習でコミュニケーションにつまづきをを感じた場面の一考察ー効果的コミュニケーションと効果的でないコミュニケーション技術の分析ー
    吉川千鶴子; 小林昭代; 岩永和代; 中嶋恵美子
    日本看護学校協議会雑誌, 2001年12月01日, 査読有り, 通常論文
  • 高齢者の術後ケアと自己管理指導ー高齢のストーマ造設患者の事例を通してー
    藤垣静江; 岩永和代; 嶋田照子
    看護技術, 1986年07月01日, 査読有り, 通常論文
■ MISC
  • 看護学生の死生観を育む教育プログラムの構築
    岩永 和代; 浦 綾子; 大城 知子; 石橋 曜子; 緒方 久美子; 高橋 博美; 奥園 夏美; 藤野 明子
    2013年03月, 査読無し, 通常論文
  • 喉頭摘出者の心理的・社会的適応の経時的変化とソーシャルサポートの因果関係に関する研究
    小竹久実子; 岩永和代
    2012年03月, 査読無し, 通常論文
  • 先行研究による喉頭摘出者の心理的適応およびソーシャルサポートの分析―2002〜2008年―
    2009年03月, 査読無し, 通常論文
  • 臨地実習における教授活動と学生の学びの関係--ECTBスケールを用いた学生の教員・指導者への評価から
    浦 綾子; 岩永 和代; 中嶋 恵美子
    日本看護学会論文集 看護教育, 2002年
■ 書籍等出版物
  • 急性期看護実習ガイド
    岩永 和代; 石橋 曜子, 共著, 172-185,236-248
    医学出版, 2011年09月, 査読無し
    9784287121009
  • 対象喪失の看護「原発性悪性腫瘍により四肢切断を受けた人へのケア」
    共著, p160-173
    中央法規出版, 2010年04月, 査読無し
■ 講演・口頭発表等
  • Long-term time course of quality of life evaluated SF36v2® among head and neck cancer patients who received chemoradiotherapy
    Kazuyo Iwanaga; Hisatomi Arima; Yoko Ishibashi; Kaori Maki; Ayako Ura; Kumiko Kotake; Kaori Haba
    25th East Asian Forum of Nursing Scholars Conference, 2022年04月21日, 通常論文
  • Long-term time course of quality of life evaluated EORTC-QLQ-C30 and H&N35 among head and neck cancer patients who received chemoradiotherapy
    Iwanaga K; Arima H; Ishibashi Y; Maki K; Ura A; Kotake K; Haba K
    International Conference on Cancer Nursing 2022, 2022年02月23日, 通常論文
  • The Preoperative Life Process of Pharyngeal and Laryngeal Cancer Patients Undergoing Total Laryngectomy
    Kotake K; Iwanaga K; Haba K; Mami Kurita; Suzukamo Y; Kai I; Takahashi A; Ishibashi Y; Hara Y; Taniguchi H; Uemura H; Kitahara T
    32th Sigma Theta Tau International Research Congress, 2021年07月21日, 通常論文
  • Employment Status and the QOL of Patients with Head and Heck Cancer Receiving Chemoradiotherapy
    Yoko Ishibashi; Kazuyo Iwanaga; Kumiko Kotake; Ikuko Miyabayashi; Kaori Haba
    31th Sigma Theta Tau International Research Congress, 2020年07月23日, 通常論文
  • Employment status and QOL with laryngectomized patients
    Kazuyo Iwanaga; Kumiko Kotake; Yoshimi Suzukamo; Ichiro Kai; Aya Takahashi; Kaori Haba; Yoko Ishibashi; Yuki Nagamatsu; Mami Miyazono
    31th Sigma Theta Tau International Research Congress, 2020年07月23日, 通常論文
  • The Study of Quality of Life Evaluation by using SF36 for Head and Neck Cancer Patients who Received Chemoradiation Therapy
    岩永 和代; 浦 綾子
    The 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science, 2020年02月29日, 通常論文
  • The Study of Quality of Life Evaluation by using EORTC QLQ C-30 for Head and Neck Cancer Patients who Received Chemoradiation Therapy
    岩永 和代; 浦 綾子
    23st East Asian Forum of Nursing Scholars, 2020年02月10日, 通常論文
  • Participation of Laryngectomized Patients in Self Help Groups in Japan -Relationship with Subject Characteristics-
    羽場 香織; 小竹 久実子; 岩永 和代; 甲斐 一郎; 鈴鴨 よしみ; 高橋 綾; 石橋 曜子; 宮園 真美; 栗田 麻美
    30th Sigma Theta Tau International Research Congress, 2019年07月27日, 通常論文
  • The Effect of Continuous Nursing Intervention by a Randomized Controlled Trial on LaryngectomizedPatients' QOL
    小竹 久実子; 岩永 和代; 鈴鴨 よしみ; 甲斐 一郎; 高橋 綾; 羽場 香織; 石橋 曜子; 宮園 真美; 栗田 麻美
    30th Sigma Theta Tau International Research Congress, 2019年07月25日, 通常論文
  • Participation of Laryngectomized Patients in Self Help Groups in Japan —Relationship with Subject Characteristics—
    羽場 香織; 小竹 久実子; 岩永 和代; 甲斐 一郎; 鈴鴨 よしみ; 高橋 綾; 石橋 曜子
    29th Sigma Theta Tau International Nursing Research Congress, 2018年07月21日, 通常論文
  • Causal Relationship Between Six Factors of Psychological Adjustment of LaryngectomizedPatients: Its Chronological Changes from Before Discharge from Hospital to Twelve Months After It
    小竹 久実子; 岩永 和代; 鈴鴨 よしみ; 甲斐 一郎; 高橋 綾; 羽場 香織; 石橋 曜子
    29th Sigma Theta Tau International Nursing Research Congress, 2018年07月20日, Sigma Theta Tau International Nursing, 通常論文
  • The QOL of Patients Receiving Chemoradiation Therapy for Head and Neck Cancer and Its Comparison with the National Standard Value
    岩永 和代; 石橋 曜子; 浦 綾子; 宮林 郁子
    21st East Asian Forum of Nursing Scholars &11stInternational Nursing Conference, 2018年01月11日, 通常論文
  • Chronological Changes of SubjevtiveSymptoms of Patients Who Received ChemoradiationTherapy for Head and Neck Cancer-Using EORTC QOL H&N 35 -
    Ishibashi Y; Iwanaga K; Kotake K; Haba K; Ura A; Miyabayashi I
    21st East Asian Forum of Nursing Scholars &11stInternational Nursing Conference, 2018年01月11日, 通常論文
  • The Association Between Social Adjustment and Formal Surpport Among laryngophalynx Cancer Patients and Its Changes
    Kumiko Kotake; KazuyoIwanaga; Yoshimi Suzukamo; Ichiro Kai; Kaori Haba; AyaTakahashi
    International Conference on Cancer Nursing(ICCN), 2017年07月09日, 通常論文
  • The State of Self-Help Group Participation by Laryngectomized Patients in Japan
    岩永 和代; 石橋 曜子
    International Conference on Cancer Nursing (ICCN), 2017年07月09日, 通常論文
  • QOL of Patients who Received Chemoradiation Therapy for Head and Neck Cancer: SF-36
    岩永和代; 宮林郁子; 石橋 曜子
    The 3rd International Society of Caring and Peace Conference, 2017年03月26日, 通常論文
  • Factor influence on Benefit-Finding for the postoperative cancer patients
    石橋 曜子; 岩永 和代; 浦 綾子; 大城 知子; 宮林 郁子
    The 23rd International Conference of Nursing, 2016年11月09日, 通常論文
  • The Relationship Between the Means of Communication and a self-help group for laryngectomized Patients
    石橋曜子; 小竹久実子; 岩永和代; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 羽場香織; 高橋綾
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 27th International Nursing Research Congress, 2016年07月, 通常論文
  • The employment status of total laryngectomized patients in japan and its association with their QOL
    岩永和代; 小竹久実子; 羽場香織; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 石橋曜子; 高橋綾
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 27th International Nursing Research Congress, 2016年07月, 通常論文
  • Nursing Practice for Patients With Lost the Oral Cavity Function: The Perspective of Home Nursing
    小竹久実子; 山田雅子; 岩永和代; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 羽場香織; 高橋綾; 石橋曜子
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 27th International Nursing Research Congress, 2016年07月, 通常論文
  • The Relationship Between the Means of Communication and a self-help group for laryngectomized Patients
    石橋曜子; 小竹久実子; 岩永和代; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 羽場香織; 高橋綾
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 27th International Nursing Research Congress, 2016年07月, 通常論文
  • Changes in the participation status of laryngectomized patients in a self-help group after hospital discharge
    羽場香織; 小竹久実子; 岩永和代; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 高橋綾; 石橋曜子
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 27th International Nursing Research Congress, 2016年07月, 通常論文
  • The Change of Benefit-Finding Among Cancer Survivors After Surgery and Associated Factors
    Yoko Ishibashi; Ayako Ura; Kazuyo Iwanaga; Ikuko Miyabayashi
    19th EAFONS, 2016年03月14日, East Asian Forum of Nursing Schoolars, 通常論文
  • The Change of Head and Neck Cancer Patients' QOL Before and After Radiation Therapy
    岩永 和代; 小竹久実子; 石橋 曜子; 羽場香織; 宮林 郁子
    19th East Asian Forum of Nursing Scholars, 2016年03月, 通常論文
  • Healthy-Related Qol and influence Factors in Liver Cancer Survivors Who Completed Treatment Discharge from Hospital
    浦 綾子; 石橋 曜子; 岩永 和代; 宮林 郁子
    AONS 2015 CONFERENCE, 2015年11月20日, Asian Oncology Nursing Society, 通常論文
  • A study of the quality of life (QOL) of Chronic obstructive pulmonary disease (COPD) Outpatients seen from the disease stage
    大城知子; 藤田昌樹; 田中景子; 金子靖子; 竹田悟志; 平野涼介; 馬渡加夜子; 木下幸子; Dion Clingwall; 緒方久美子; 石橋曜子; 浦綾子; 岩永和代; 宮林郁子
    The 22nd Keimyung International Nursing Conferenca, 2015年11月19日, Research Institute of Nursing Science and College of Nursing, keimyung University, 通常論文
  • What Head and Neck Cancer Patients Thought About Before Initiation of Treatment
    岩永和代; 小竹久実子; 石橋曜子; 羽場香織; 宮林郁子
    Asian Oncology Nursing Society 2015 Conference, 2015年10月, 通常論文
  • Relationship between Psychological Adjustment and Occupation in Laryngectomized Patients in Japan
    小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 岩永和代; 高橋綾; 永松有紀; 羽場香織; 川本利恵子
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 26th International Nursing Research Congress, 2015年07月, 通常論文
  • Changes in the participation status of laryngectomized patients in a self-help group during the first year after hospital discharge
    羽場香織; 小竹久実子; 岩永和代; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 高橋綾; 川本利恵子
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 26th International Nursing Research, 2015年07月, 通常論文
  • 慢性疾患患者の看護介入の動向―日本における過去10年間の文献検討―
    浦綾子; 緒方久美子; 岩永和代; 大城知子; 小森あき奈; 宮林郁子
    第8回日本慢性看護学会学術集会, 2014年07月05日, 通常論文
  • The Association between Laryngectomized Patients' Quality of Life and Their Medical Treatment
    岩永和代; 小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 高橋綾; 羽場香織; 永松有紀; 川本利恵子
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 25th International Nursing Research Congress, 2014年07月, 通常論文
  • Related factors that the social support and communication methods to the structure of psychological and social adjustment in Japanese Laryngectomized people: In the Case of Self-Help Group Members
    小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 岩永和代; 高橋綾; 永松有紀; 羽場香織; 川本利恵子
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 25th International Nursing Research Congress, 2014年07月, 通常論文
  • The Influence of Participation in Self-Help Groups on Laryngectomized Patients
    羽場香織; 小竹久実子; 岩永和代; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 高橋綾; 永松有紀; 川本利恵子
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 25th International Nursing Research Congress, 2014年07月, 通常論文
  • The Association between Laryngectomized Patients' Psychological Adjustment and Their Medical Treatment
    Iwanaga K; Kotake K; Suzukamo Y; Kai I; Haba K; Takahashi A; Nagamatsu Y; Kawamoto R
    17th East Asian Forum of Nursing Scholars, 2014年02月21日, 通常論文
  • The Reasons Why Laryngectomized Patients Fail to Participate in a Self Help Group
    Haba K; KotakeK; Iwanaga K; Suzukamo Y; Kai I; Takahashi A; Nagamathu Y; Kawamoto R
    17th East Asian Forum of Nursing Scholars, 2014年02月21日, 通常論文
  • Factors Affecting the Acceptance of Disability among Patients Who Underwent Total Laryngectomy in Japan: In the Case of Self-Help Group Members
    Kotake K; Iwanaga K; Suzukamo Y; Kai I; Haba K; Takahashi A; Nagamatsu Y; Kawamoto R
    17th East Asian Forum of Nursing Scholars, 2014年02月21日, 通常論文
  • Research on the Odor of a Sickbed Environment in a Clinical Care Center in Japan
    石橋 曜子; 岩永 和代
    17th East Asian Forum of Nursing Scholars, 2014年02月21日, 通常論文
  • 看護学生の死生観を育む教育プログラムの効果と課題
    大城 知子; 緒方久美子; 岩永和代; 浦綾子; 石橋曜子; 奥園夏美; 藤野明子; 高橋博美
    第33回 日本看護科学学会学術集会, 2013年12月07日, 通常論文
  • 看護学生の死生観を育む教育プログラムの効果と課題
    大城 知子; 緒方久美子; 岩永和代; 浦綾子; 石橋曜子; 奥園夏美; 藤野明子; 高橋博美
    第33回 日本看護科学学会学術集会, 2013年12月07日, 通常論文
  • 喉頭摘出者のソーシャルサポートの経時的変化
    高橋綾; 小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 岩永和代; 永松有紀; 羽場香織
    第33回日本看護科学学会学術集会, 2013年12月06日, 通常論文
  • 喉頭摘出者の術後会話手段の特徴-国外文献との比較から-
    羽場香織; 小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 岩永和代; 永松有紀; 高橋綾
    第33回日本看護科学学会学術集会, 2013年12月06日, 通常論文
  • 看護学生の死生観を育む教育プログラムの効果と課題―学生の主観的評価を通して―
    大城知子; 緒方久美子; 岩永和代; 浦綾子; 奥園夏美; 石橋曜子; 藤野明子; 高橋博美
    第33回日本看護科学学会学術集会, 2013年12月06日, 通常論文
  • Relationships among time elapsed since hospital discharge, conversation method, and QOL in laryngectomized patients
    Iwanaga K; Kotake K; Suzukamo Y; Kai I; Takahashi A; Nagamatsu Y; Haba K; Kawamoto R
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 24th International Nursing Research Congress, 2013年07月24日, 通常論文
  • The causal relationship among elements comprising laryngectomized patients’ psychological adjustment at 3 and 6 months after discharge
    Kotake K; Suzukamo Y; Kai I; Iwanaga K; Takahashi A; Nagamatsu Y; Haba K; Kwamoto R
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 24th International Nursing Research Congress, 2013年07月24日, 通常論文
  • The role of employment status in changes in quality of life of laryngectomized patients before surgery and 3 months after discharge
    Nagamatsu Y; Kotake K; Iwanaga K; Suzukamo Y; Kai I; Takahashi A; Haba K; Kwamoto R
    Honor Society of Nursing,Sigma Theta Tau International 24th International Nursing Research Congress, 2013年07月24日, 通常論文
  • 喉頭摘出術を受けた患者の術前から退院1年後の職業の変化
    高橋綾; 小竹久実子; 岩永和代; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 永松有紀; 羽場香織
    第32回日本看護科学学会学術集会, 2012年12月01日, 通常論文
  • 喉頭摘出者の身体機能と術前から退院後のQOLの変化
    羽場香織; 小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 岩永和代; 高橋綾; 甲斐一郎; 永松有紀
    第32回日本看護科学学会学術集会, 2012年12月01日, 通常論文
  • 喉頭摘出者の退院3ヶ月後のQOLに影響するSocial support
    小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 岩永和代; 甲斐一郎; 高橋綾; 永松有紀; 羽場香織
    第32回日本看護科学学会学術集会, 2012年12月01日, 通常論文
  • 喉頭摘出者の術前のQOLの実態
    永松有紀; 小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 岩永和代; 高橋綾; 羽場香織; 甲斐一郎
    第32回日本看護科学学会学術集会, 2012年12月01日, 通常論文
  • 喉頭摘出術を受けた患者の退院後経過月数による会話手段の変化―東京・九州の実態―
    岩永和代; 小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 高橋綾; 羽場香織; 永松有紀
    第32回日本看護科学学会学術集会, 2012年12月01日, 通常論文
  • 高校生および看護学生の死生観の比較
    岩永和代; 浦綾子; 奥園夏美; 石橋曜子; 松永明子; 大城知子; 緒方久美子; 高橋博美
    第38回日本看護研究学会学術集会, 2012年07月08日, 通常論文
  • 九州地域における喉頭摘出者の心理的適応・QOL・Social supportの術前・退院前の経時的変化と患者会会員との比較
    小竹久実子; 岩永和代; 羽場香織
    第26回日本がん看護学会学術集会, 2012年02月12日, 通常論文
  • 喉頭摘出後の代用音声:電気喉頭の機能・音声の改善
    岩永 和代
    第1回医工連携推進研究会, 2011年12月15日, 通常論文
  • 喉頭摘出者のQOLの影響要因
    岩永和代; 小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 高橋綾; 寺?明美
    第31回日本看護科学学会学術集会, 2011年12月03日, 通常論文
  • 喉頭摘出者の心理的適応の経時的変化―術前から退院1年後まで―
    小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 岩永和代; 甲斐一郎; 高橋綾; 永松有紀; 寺?明美
    第31回日本看護科学学会学術集会, 2011年12月03日, 通常論文
  • 喉頭摘出者の会話手段に関する実態
    高橋綾; 小竹久実子; 岩永和代; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 寺?明美
    第31回日本看護科学学会学術集会, 2011年12月03日, 通常論文
  • 看護学生の死生観の実態
    松永明子; 岩永和代; 奥園夏美; 石橋曜子; 浦綾子; 大城知子; 高橋博美
    第21回日本看護教育学会学術集会, 2011年08月30日, 通常論文
  • 学生の看護研究における倫理審査と学習到達度の関連
    野尻和美; 原田広枝; 黒髪恵; 馬場みちえ; 岩永和代; 大倉美鶴; 佐久間良子; 福田和美; 須崎しのぶ; 塚原ひとみ
    第37回日本看護研究学会学術集会, 2011年08月07日, 通常論文
  • 看護基礎教育における看護研究指導の方法と学習到達度の関連
    黒髪恵; 原田広枝; 野尻和美; 岩永和代; 草野ひとみ; 有田久美; 嶋松陽子
    第37回日本看護研究学会学術集会, 2011年08月07日, 通常論文
  • 喉頭摘出者のQOLとSocial supportの関連―東京と九州地域の比較検討―
    小竹 久実子; 鈴鴨 よしみ; 岩永 和代; 甲斐 一郎; 高橋 綾; 寺崎 明美
    第30回日本看護科学学会学術集会, 2010年12月04日, 通常論文
  • 喉頭摘出者の会話手段とQOLの関連―東京と九州地域の実態―
    岩永和代; 小竹久実子; 鈴鴨よしみ; 甲斐一郎; 高橋綾; 寺崎明美
    第30回日本看護科学学会学術集会, 2010年12月04日, 通常論文
  • 喉頭摘出者のQOLに関する研究―東京と九州の差異―
    小竹 久実子; 岩永 和代; 高橋 綾
    第36回日本看護研究学会学術集会, 2010年08月21日, 通常論文
  • 炭・焼成カルシウムの消臭効果
    岩永 和代; 石橋 曜子
    第36回日本看護研究学会学術集会, 2010年08月21日, 通常論文
  • 喉頭摘出者の心理的適応構造と会話手段の関係
    小竹久実子; 鈴鴨 よしみ; 甲斐 一郎; 岩永 和代; 高橋 綾; 寺崎 明美
    第29回日本看護科学学会学術集会, 2009年11月27日, 通常論文
  • 喉頭摘出者の会話手段の実態―東京と九州・沖縄地区の比較―
    岩永 和代; 小竹 久実子; 鈴鴨 よしみ; 甲斐 一郎; 高橋 綾; 寺崎 明美
    第29回日本看護科学学会学術集会, 2009年11月27日, 通常論文
  • 成人看護学におけるPBLチュートリアル学習に対する学生の評価
    OKUZONO Natsumi; ISHIBASHI Yoko; IWANAGA Kazuyo
    第14回日本看護研究学会九州・沖縄地方会学術集会, 2009年11月07日, 通常論文
  • 喉頭摘出者の心理的適応構造モデル
    小竹 久実子; 鈴鴨 よしみ; 甲斐 一郎; 岩永 和代; 高橋 綾; 寺崎 明美
    第28回日本看護科学学会学術集会, 2008年12月13日, 通常論文
  • 周手術期における継続看護に関する国内文献の検討
    岩永 和代; 奥園 夏美; 石橋 曜子
    第34回日本看護研究学会学術集会, 2008年08月20日, 通常論文
  • 成人期にある人の「人生史」の聴き取り体験からの学び
    浦綾子; 有田久美; 黒髪恵; 岩永和代
    第27回日本看護科学学会学術集会, 2007年12月07日, 通常論文
■ 担当経験のある科目_授業
  • がん看護
    2022年04月99日
  • 現代を生きる(災害から自分や家族を守る)
    現在, 福岡大学
  • 回復期・リハビリテーションと看護
    現在, 福岡大学医学部看護学科
  • 看護研究
    現在, 福岡大学医学部看護学科
  • 災害看護
    現在, 福岡大学医学部看護学科
  • 生命・健康と医療(医療の視点から見た生命倫理)
    2024年03月, 福岡大学
  • 終末期の成人看護
    福岡大学医学部看護学科
  • クリティカルケア看護学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅳ
    福岡大学大学院医学研究科修士課程看護学専攻
  • 成人療養支援特論A・B
    福岡大学大学院医学研究科修士課程看護学専攻
  • 成人療養支援論演習
    福岡大学大学院医学研究科修士課程看護学専攻
  • フィジカルアセスメント
    福岡大学大学院医学研究科修士課程看護学専攻
  • クリティカルケア看護学実習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
    福岡大学大学院医学系研究科修士課程看護学専攻
  • 成人看護学実習Ⅱ(慢性期看護学実習)
    福岡大学医学部看護学科
  • 成人看護学実習Ⅰ(急性期看護学実習)
    福岡大学医学部看護学科
  • リハビリテーション看護
    福岡大学医学部看護学科
  • 成人看護学概論
    福岡大学医学部看護学科
  • 慢性期の成人看護
    福岡大学医学部看護学科
  • 急性期の成人看護
    福岡大学医学部看護学科
■ 所属学協会
  • 日本公衆衛生学会
  • Asian Oncology Nursing Society
  • 日本災害看護学会
  • 日本がん看護学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本看護科学学会
  • The Honor Society of Nursing, Sigma Theta Tau International
■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • 発達障害傾向看護学生のコミュニケーション力育成プログラムの試行
    基盤研究(C)基金分
    2022年04月01日 - 2025年03月31日
  • 喉頭全摘出者の家族の術後生活への移行を促進する外来での生活支援プログラムの開発
    基盤研究(C)基金分
    2020年04月01日 - 2024年03月31日
  • 喉頭全摘出者のQOL向上へつなげる看護体制の構築ーRCTによる縦断的介入ー
    基盤研究(B)
    2019年04月01日 - 2023年03月31日
  • 頭頸部がんで化学放射線療法を受ける患者の栄養状態改善のための介入プログラムの開発
    基盤研究(C)
    2017年04月01日 - 2023年03月31日
  • 生活環境における香りの感性工学
    2018年04月01日 - 2021年03月31日
  • 全喉頭摘出者の心理的適応促進のためのRCT看護介入効果検証
    基盤研究(B)
    2015年04月01日 - 2019年03月31日
  • 頭頸部がんで化学放射線療法を受ける患者のQOLと関連要員
    基盤研究(C)
    2013年04月01日 - 2017年03月31日
  • ソーシャルサポートによる喉頭摘出者の心理的・社会的適応の経時的変化と介入効果検証
    基盤研究(C)
    2012年04月01日 - 2015年03月31日
  • クリティカルな患者の病床環境におけるにおいの実態と対策に関する研究
    挑戦的萌芽研究
    2011年04月01日 - 2014年03月31日
  • 喉頭摘出者の心理的・社会的適応の経時的変化とソーシャルサポートの因果関係に関する研究
    基盤研究(C)
    2009年04月01日 - 2012年03月31日
  • ソーシャルサポートによる喉頭摘出者の心理的適応とQOLへの影響に関する研究
    基盤研究(C)
    2007年04月01日 - 2010年03月31日
■ 社会貢献活動
  • 災害から命を守る
    講師
    鹿児島県立伊集院高等学校, 2019年09月25日 - 2019年09月25日
  • 「防災士養成研修プログラム」
    講師
    福岡大学, 2018年10月27日