SEARCH

検索詳細
Last Updated :2024/04/14

山田 英二

人文学部
教授

研究者情報

■ 学位
  • 文学修士, 熊本大学
  • MA, Kumamoto University
  • 博士(言語学), 筑波大学
  • Ph.D. in Linguistics, University of Tsukuba
■ 研究キーワード
  • ストレス
  • 位置関数理論
  • 普遍文法
  • 生成文法
  • イントネーション
  • プロソディー
  • 韻律
  • 音調
  • ピッチ
  • アクセント
  • 強勢
  • 音声学
  • 音韻論
  • 言語学
  • 英語学
■ 研究分野
  • 人文・社会, 言語学, 言語学
  • 人文・社会, 英語学, 英語学

経歴

■ 学歴
  • 1980年04月 - 1982年03月
    熊本大学, 文学研究科, 英文学専攻
  • 1975年04月 - 1979年03月
    熊本大学, 教育学部, 英語

研究活動情報

■ 受賞
  • 2011年11月12日
    日本英語学会, 2011年度日本英語学会賞 2011 The ELSJ Prize
    日本英語学会賞, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
■ 論文
  • Plato's Problem and Recursiveness in English Word Stress Theory: The Case of _SPE_
    Eiji Yamada
    ことばを編む, 2018年02月26日
  • 位置関数理論における計算と表示について
    山田英二
    現代音韻論の動向:日本音韻論学会20周年記念論文集, 2016年09月10日
  • Main Stress Assignment in English Words
    Eiji Yamada
    JELS, 2013年03月, 査読有り
  • A New Account of Subsidiary Stresses in English Words
    Eiji Yamada
    Phonological Studies 2011, 2011年07月, 査読有り
  • Optionality in English Subsidiary Stress Assignment
    Eiji Yamada
    Studies in English Literature, Regional Branch Combined Issue (Kyushu Studies in English Literature), 2011年01月, 査読有り
  • レキシコンにおける範疇選択と副次強勢配置について
    山田 英二
    日本英語学会第26回大会研究発表論文集(JELS), 2009年, 査読有り
  • Subsidiary Stresses in English
    Eiji Yamada
    Doctoral Dissertation(The University of Tsukuba), 2009年, 査読有り
  • Problems with the Treatment of Subsidiary Stresses of English in Halle and Vergnaud (1987)
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 2002年
  • On the Treatment of Subsidiary Stresses in Halle and Kenstowicz (1991)
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 2002年
  • On the English Stress Treatment of Idsardi (1992)
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 2002年
  • On Data Reliability of Subsidiary Stress in English
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 2001年
  • Problems with Stress Checking by Well-Formedness Conditions
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 1998年
  • On Secondary Stress Treatment in English : A Widget-Based Approach
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 1998年
  • On the Stress Erasure Convention and Cyclic/Noncyclic Domain
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 1997年
  • Interplay between Parameterized Rules in Old English Stress Assignment (2) : Environment-Setting Relation
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 1996年
  • Interplay between Parameterized Rules in Old English Stress Assignment (1) : Contact Relations
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 1995年
  • Syllable-Based Edge Parameter Analysis of Old English Stress
    Eiji Yamada
    Studies in English Literature, 1995年, 査読有り
  • On the Edge Parameter
    Eiji Yamada
    Kumamoto Studies in English Language and Literature, 1993年, 査読有り
  • Another Type of Mismatch between Morphosyntactic and Phonological Structures : A Solution
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 1993年
  • Stress Assignment of Tokyo Japanese (1) : Parameter Settings and Compound Words
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 1990年
  • Stress Assignment in Tokyo Japanese (2) : Stress Shift, and Stress in Suffixation
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 1990年
  • Stressed Syllable Rule Revisited
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 1985年
  • Stress Rules for English Compound Adjectives Consisting of a Noun + an Adjective
    Eiji Yamada
    Fukuoka University Review of Literature & Humanities, 1984年
  • Stress Rules for Compound Words in English
    Eiji Yamada
    Unpublished MA thesis, 1982年01月, 査読有り
  • Stress Rules for Compound Adjectives in English
    Eiji Yamada
    Kurokami Review, 1981年
■ MISC
  • 「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2018年4月〜2019年3月)」
    山田英二
    『英語年鑑2020』(研究社), 2020年01月31日
  • 「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2017年4月〜2018年3月)」
    山田英二
    『英語年鑑2019』(研究社), 2019年01月31日
  • 英語多音節語句のプロソディック分析
    山田英二
    日本学術振興会、科学研究費(基金分)研究成果報告書, 2018年05月31日
  • 「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2016年4月〜2017年3月)」
    山田英二
    『英語年鑑2018』(研究社), 2018年01月25日
  • 音の世界の不思議:こどもの脳内スイッチの話
    山田英二
    中島平三教授退職記念刊行物:<不思議>に満ちたことばの世界, 2017年03月31日
  • 「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2015年4月〜2016年3月)」
    山田英二
    『英語年鑑2017』(研究社), 2017年01月31日
  • 「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2014年4月〜2015年3月)」
    山田英二
    『英語年鑑2016』(研究社), 2016年01月31日
  • 「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2013年4月〜2014年3月)」
    『英語年鑑2015』(研究社), 2015年01月
  • Treatment of Extrametricality in Positional Function Theory
    Eiji Yamada
    2014 Proceedings of the 5th International Conference on Phonology and Morphology (Gwangju, Korea), 2014年07月, 査読有り
  • 英語を中心とする多音節語句・表現の音声・音韻的研究
    山田英二; 村田忠男
    日本学術振興会、科学研究費(基金分)研究成果報告書, 2014年05月, 査読有り
  • 「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2012年4月〜2013年3月)」
    『英語年鑑2014』(研究社), 2014年01月
  • A New Account of Stress Assignment in English Words: Positional Function Theory
    Eiji Yamada
    Proceedings of the 2013 International Conference on English Linguistics: English Linguistics: Past, Present & Future (Seoul, Korea), 2013年07月, 査読有り
  • 「音声学・音韻論の研究ー英語学・英米文学・英語教育各界の回顧と展望(2011年4月〜2012年3月)」
    『英語年鑑2013』(研究社), 2013年01月
  • モダン・ディベート---その理論と戦略---(III):「should」の意味、論理的定義の獲得、誤った定義への対処法、両義性
    山田英二
    福岡大学研究部論集 A:人文科学編 Vol. 12 No. 4, 2013年01月
  • モダン・ディベート---その論理と戦略---(II): 命題用語の定義と解釈
    山田英二
    福岡大学研究部論集 A: 人文科学編, 2009年12月
  • モダン・ディベート---その論理と戦略---(I): 第一原理、ディベートの命題
    山田英二
    福岡大学研究部論集 A:人文科学編, 2006年12月
  • 派生
    山田英二
    英語青年 研究社, 1995年02月
  • 素性
    山田英二
    英語青年, 1994年11月
  • 音節
    山田英二
    英語青年, 1994年08月
  • 強勢
    山田英二
    英語青年, 1994年05月
  • 文科系のコンピュータ(I): データベース及びコンピュータネットワーク
    山田英二
    福岡大学総合研究所報, 1988年
■ 書籍等出版物
  • Subsidiary Stresses in English
    Eiji Yamada, 単著, xiv+330pp
    Kaitakusha, 2010年03月19日
    9784758921510
  • 「英語の副次強勢をめぐって:最適性理論 vs. 韻律理論」『現代音韻論の論点』
    山田英二, 単著, 59ー78
    晃学出版, 2007年09月30日
    9784903742045
  • Tertiary Stress and Opacity in English 『言葉の絆:藤原保明博士還暦記念論文集』
    編集者; 卯城祐司; 太田一昭; 太田聡; 滝沢直宏; 田中伸一; 西田光一; 山田英二, 単著, 362-375
    開拓社, 2006年10月07日
    4758921296
  • The Problem of Lexical Treatment in Optimality Theory 『言語学からの眺望 2003』
    編集者; 稲田俊明; 志水俊広; 西岡宣明; 山田英二, 単著, 301-313
    九州大学出版会, 2003年11月
  • "Problems with Optimality Theory Analysis of English Subsidiary Stresses," A New Century of Phonology and Phonological Theory: A Festschrift for Professor Shosuke Haraguchi on the Occasion of His Sixtieth Birthday
    Eiji Yamada; Shin-ichi Tanaka; Takeru Homma; Masao Okazaki; Toshiyuki Tabata, 単著, 434-447
    Kaitakusha, 2003年
  • On the Treatment of Secondary Stress Data in English Words 『言語文化論叢ー縄田鉄男教授退官記念論文集』
    山田英二; 登田龍彦; その他, 単著, 261-281
    縄田鉄男教授退官記念論文集刊行会, 2000年03月
  • 『英語学文献解題』第6巻「音声学・音韻論」(項目執筆)
    原口庄輔; 枡矢好弘; 島岡丘; 山田英二; 他十数名, その他
    研究社, 1999年12月
  • 韻律理論における古英語強勢配置の分析『音韻研究』
    山田英二; その他, 単著, 15-16
    開拓社, 1996年
  • Demotion/Promotion in Dakota, Diyari, and Turkish『言語学からの眺望』
    山田英二; その他, 単著, 347-358
    九州大学出版会, 1993年
  • "Parameter Setting for Abstract Stress in Tokyo Japanese," Proceedings of the 1992 International Conference on Spoken Language Processing
    Eiji Yamada, 単著, 1267-1270
    University of Alberta Press, 1992年
■ 講演・口頭発表等
  • Assessment of a Subsidiary Stress Rule for English Words Based on a Linguistic Corpus
    Eiji Yamada; Sachio Hirokawa; Chao Zeng
    PAC 2021- SPOKEN ENGLISH VARIETIES: REDEFINING AND REPRESENTING REALITIES, COMMUNITIES AND NORMS, 2021年09月03日, PAC (Phonologie de l’Anglais Contemporain – Phonology of Contempary English)
  • Theoretical Shortcomings: Counterexamples to Word Stress Treatments in English
    Eiji Yamada
    ELSJ 11th International Spring Forum 2018, 2018年05月12日, English Linguistic Society of Japan
  • Covert Stress Preservation of Derived Words in English
    Eiji Yamada
    PAC 2016 International Conference: English Melodies (Marseille, France), 2016年10月01日, Aix-Marseille University
  • An Overview of the Approach to Word Stress in English in the Generative Tradition: from SPE to Current Optimality Treatments
    Eiji Yamada
    PAC 2015 International Conference: Advances in the Phonology and Phonetics of Contemporary English (Toulouse, France), 2015年04月10日, Université Toulouse - Jean Jaurès, Mouvelle Maison de la Recherche
  • Optimality Theory and Beyond: An Analysis of English Word Stress Using a New Concept of "Positional Function"
    Eiji Yamada
    PAC 2015 International Conference: Advances in the Phonology and Phonetics of Contemporary English (Toulouse, France), 2015年04月10日, Université Toulouse - Jean Jaurès, Mouvelle Maison de la Recherche
  • Treatment of Extrametricality in Positional Function Theory
    Eiji Yamada
    5th International Conference on Phonology and Morphology 2014 (Gwangju, Korea), 2014年07月04日, Phonological and Morphological Circle in Korea
  • A Preliminary Study on Stress Assignment in English Words: Positional Function Theory
    Eiji Yamada
    音声学・音韻論特別公開講演会・研究発表会(英語を中心とする多音節語句・表現の音声・音韻的研究), 2014年02月14日, Eiji Yamada
  • A New Account of Stress Assignment in English Words: Positional Function Theory
    Eiji Yamada
    The 2013 International Conference on English Linguistics (Invited Guest Presentation) (Seoul, Korea), 2013年07月05日, The Linguistic Society of Korea
  • Stress Assignment in English Words: A Preliminary Analysis
    Eiji Yamada
    The Meeting of the Tokyo Circle of Phonologists(招待講演・発表)(東京大学), 2012年12月15日, Tokyo University
  • Main Stress Assignment in English Words
    Eiji Yamada
    日本英語学会第30回全国大会(招聘発表)(慶応義塾大学), 2012年11月11日, The English Linguistic Society of Japan
  • ことばの仕組み---子どもはなぜ短期間にことばを獲得できるのか---
    山田英二
    福岡大学大学院人文科学研究科英語学英米文学専攻創立30周年記念式典(講演)(福岡大学), 2012年05月12日, 福岡大学大学院人文科学研究科英語学英米文学専攻
  • Subsidiary Stresses in English
    Eiji Yamada
    Phonology Forum 2010(学会招待講演、日本音論学会)(静岡県立大学), 2010年08月, The Phonological Society of Japan
  • 位置関数理論における選択性と関数の適用順序について
    山田英二
    福岡言語学会(九州大学), 2010年04月, 福岡言語学会
  • レキシコンにおける範疇選択と副次強勢配置について
    山田英二
    日本英語学会第26回大会(筑波大学), 2008年11月, 日本英語学会
  • 第三強勢消失の謎
    山田英二
    福岡言語学会(九州大学), 2001年07月
  • エッジ・パラメターと投射エッジ条件について
    山田英二
    福岡言語学研究会(福岡大学), 1999年06月, 福岡言語学会
  • 英語の第二強勢配置メカニズ ムについて
    山田英二
    第15回日本英語学会全国大会ワークショップ『韻律理論と音韻理論』(東京都立大学), 1997年11月, 日本英語学会
  • 英語における主強勢位置左方の第二強勢について
    山田英二
    福岡言語学会(福岡大学), 1996年09月, 福岡言語学会
  • 古英語における強勢配置規則群の相互関係について
    山田英二
    第48回日本英文学会九州支部大会(宮崎大学), 1995年10月, 日本英文学会九州支部
  • 古英語における強勢配置規則 群の相互関係について
    第48回日本英文学会九州支部大会(宮崎大学), 1995年10月
  • 古英語強勢のエッジ・パラメターについて
    山田英二
    福岡言語学研究会(福岡大学), 1995年03月, 福岡言語学研究会
  • 「投射エッジ」条件について
    山田英二
    第46回日本英文学会九州支部シンポジウム『音韻理論の現在―強勢理論をめぐって―』(福岡女学院短期大学), 1993年10月, 日本英文学会九州支部
  • 音韻構造と統語・形態構造とミスマッチについて
    山田英二
    第10回日本英語学会全国大会ワークショップ『日英音韻論からみた普遍性と個別性』(東京外国語大学), 1992年11月, 日本英語学会
  • Parameter Setting for Abstract Stress in Tokyo Japanese
    Eiji Yamada
    The 1992 International Conference on Spoken Language Processing (1992年音声言語処理国際会議)(アルバータ州バンフ国際会議場、カナダ), 1992年10月, International Conference on Spoken Language Processing
  • Demotion / Promotion について
    山田英二
    福岡言語学研究会(福岡大学), 1992年03月, 福岡言語学研究会
  • 強勢削除規約と循環規則領域について
    山田英二
    第44回日本英文学会九州支部大会(福岡大学), 1991年10月, 日本英文学会九州支部
  • Stress Erasure Convention について
    山田英二
    福岡言語学研究会(福岡大学), 1990年12月, 福岡言語学研究会
  • 強勢とアクセントの理論
    山田英二
    第62回日本英文学会全国大会シンポジウム『音韻理論の新しい展望』(岡山大学), 1990年05月, 日本英文学会
  • 日本語のパラメターと複合語について
    山田英二
    第9回英語音韻論研究会全国大会(神戸大学), 1989年11月, 英語音韻論研究会
  • Computer と Network について
    山田英二
    コンピュータネットワーク研究会(福岡女学院短期大学), 1989年11月, コンピュータネットワーク研究会(福岡女学院短期大学)
  • Parametric Phonology について
    山田英二
    福岡言語学研究会(福岡大学), 1989年09月, 福岡言語学研究会
  • 複合語規則再考
    山田英二
    福岡言語学研究会(都久志会館、福岡), 1988年06月, 福岡言語学研究会
  • 虚のフットについて
    山田英二
    福岡言語学研究会(都久志会館、福岡市), 1987年03月, 福岡言語学研究会(福岡)
  • ウェスパシアヌス詩篇における高母音削除の例外について
    山田英二
    熊本言語学研究会(熊本大学), 1985年11月, 熊本言語学研究会(熊本大学)
  • DTE理論について
    山田英二
    福岡言語学研究会(都久志会館、福岡市), 1985年04月
  • 韻律的複雑度と限界について
    山田英二
    第37回日本英文学会九州支部大会(活水女子大学), 1984年11月, 日本英文学会九州支部
  • 樹形構造対グッリド構造
    山田英二
    福岡言語学研究会(都久志会館、福岡市), 1984年03月, 福岡言語学研究会
  • 複合語の語彙構造理論について
    山田英二
    第36回日本英文学会九州支部大会(九州大学), 1983年11月, 日本英文学会九州支部
  • [名詞+形容詞]構造を持つ形容詞の強勢配置について
    山田英二
    第35回日本英文学会九州支部大会(筑紫女学園短期大学), 1982年11月, 日本英文学会九州支部
  • 複合形容詞の強勢型について
    山田英二
    第34回日本英文学会九州支部大会(宮崎大学), 1981年11月, 日本英文学会九州支部
■ 所属学協会
  • 日本音韻論学会
  • 日本英文学会
  • 日本英文学会九州支部
  • 熊本大学英文学会
  • 福岡言語学会
  • 近代英語協会
  • 日本音声学会
  • 日本音韻論学会
  • 日本言語学会
  • 日本英語学会
  • アメリカ言語学会 (Linguistic Society of America)
■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • 英語における語強勢理論のコンピュータプログラム実装と検証
    2019年04月01日 - 2022年03月31日
  • 英語多音節語句のプロソディック分析
    2015年04月01日 - 2018年03月31日
  • 英語を中心とする多音節語句・表現の音声・音韻的研究
    2011年04月01日 - 2014年03月31日
  • 数理科学と情報科学の応用(機械翻訳を中心に)
    1995年04月01日 - 1996年03月31日
■ 社会貢献活動
  • 日本英語学会
    その他
    2012年04月01日, 2021年03月31日
  • 日本音韻論学会
    編集長
    2019年01月27日, 2019年08月31日
  • 日本英文学会
    その他
    2017年04月11日, 2019年03月31日
  • 日本音韻論学会
    その他
    2017年04月01日, 2019年03月31日
  • 日本英文学会九州支部
    その他
    2017年04月01日, 2019年03月31日
  • 日本英文学会
    編集
    2012年04月01日, 2015年03月31日
  • 日本英語学会第31回大会
    その他
    2012年11月, 2013年11月
  • 日本英文学会九州支部
    その他
    2013年04月01日
  • 日本音韻論学会
    編集長
    2011年04月01日, 2012年03月31日
  • 日本音韻論学会
    その他
    2003年04月01日, 2007年03月31日
  • Phonology Forum 2005
    その他
    2005年08月, 2005年08月
  • 福岡言語学会
    その他
    2001年04月01日, 2003年03月31日
■ メディア報道
  • 日本音韻論学会
    2019年01月27日