SEARCH

検索詳細
Last Updated :2024/06/15

古賀 恵介

人文学部
教授

研究者情報

■ 学位
  • 文学修士, 九州大学
  • Master of Arts, Kyushu University
■ 研究キーワード
  • 認知言語学
■ 研究分野
  • 人文・社会, 英語学, 英語学
  • 人文・社会, 日本語学, 日本語学
  • 人文・社会, 言語学, 言語学

経歴

■ 経歴
  • 2010年10月01日
    福岡大学人文学部教授
  • 2007年04月01日 - 2010年09月30日
    福岡大学人文学部准教授
  • 1995年10月01日 - 2007年03月31日
    福岡大学人文学部助教授
  • 1993年04月01日 - 1995年09月30日
    福岡大学人文学部講師
  • 1991年04月01日 - 1993年03月31日
    山口大学教養部講師
  • 1989年10月01日 - 1991年03月31日
    山口大学教養部助手
■ 学歴
  • 1986年04月 - 1988年03月
    九州大学, 文学研究科, 英語学英文学
  • 1986年
    九州大学, 文学部, 英語学英文学
■ 委員歴
  • 2013年04月01日
    会長, 福岡言語学会
  • 2002年12月01日 - 2004年11月30日
    大会運営委員, 日本英語学会

研究活動情報

■ 論文
  • 対象指示の2つの機能―指向と描写―
    古賀恵介
    日本認知言語学会論文集18, 2018年04月27日, 査読有り
  • 間投表現の意味構造
    古賀 恵介
    福岡大学人文論叢, 2015年12月
  • 言語における対象指示の構造
    古賀 恵介
    福岡大学人文論叢, 2014年12月
  • 副詞節の修飾構造
    古賀 恵介
    福岡大学人文論叢, 2010年06月
  • 認知文法における副詞の意味構造
    古賀 恵介
    福岡大學人文論叢, 2009年12月
  • 挿入節について
    古賀 恵介
    福岡大学人文論叢, 2006年12月
  • 【書評】 Grounding: The Epistemic Footing of Deixis and Reference (Frank Brisard (ed.), Mouton de Gruyter)
    英文学研究(英語号), 2006年03月, 査読有り
  • 意味の三層構造仮説
    古賀 恵介
    福岡大学人文論叢, 2004年06月
  • 【書評】 Grammatical Constructions: Their Form and Meaning (Masayoshi Shibatani & Sandra A. Thompson (eds.), Oxford University Press)
    英文学研究, 1998年, 査読有り
  • モノ名詞句のコト的解釈をめぐって
    古賀 恵介
    福岡大学人文論叢, 1998年
  • Whenの意味論
    古賀 恵介
    福岡大学人文論叢, 1998年
  • 英語における命題概念のイメージモデル
    福岡大学総合研究所報, 1997年
  • 認知文法における構文と意味: 不定詞付き目的語構文
    古賀 恵介
    福岡大学人文論叢, 1997年
  • 英語強調再帰代名詞の意味について
    Koga Keisuke
    福岡大学人文論叢, 1995年
  • 認知文法における英語再帰代名詞 (I)
    福岡大学人文論叢, 1994年
  • 否定の含意を持つsince節中の現在完了形について
    九州英文学研究, 1992年, 査読有り
  • 定冠詞への認知的アプローチ
    English Linguistics, 1992年, 査読有り
  • 冠詞と関係節の意味的相互関係
    九州英文学研究, 1990年
■ 書籍等出版物
  • 認知言語学研究の広がり
    大橋 浩; 川瀬義清; 古賀恵介; 長加奈子; 村尾治彦, 共著, 指示詞は何を表すか
    開拓社, 2018年09月25日
  • ことばのパースペクティブ
    中村芳久教授退職記念論文集刊行会, 共著, 人称転移現象について
    開拓社, 2018年03月20日
    9784758922548
  • ことばとこころの探求
    大庭幸男; 山梨正明; 今西典子ほか, 共著, 306-319
    開拓社, 2012年03月
    9784758921718
  • ことばの標
    西岡宣明; 大津隆広; 松瀬憲司ほか, 共著, 71-84
    九州大学出版会, 2005年11月
    9784873788869
  • 言語研究の潮流
    稲田俊明; 大庭幸男; 水光雅則ほか, 共著, 97-126
    開拓社, 1999年12月
    4758921067
■ 講演・口頭発表等
  • 対象指示の進化モデルと意味の三層構造
    古賀恵介
    第39回福岡認知言語学会, 2018年09月16日, 福岡認知言語学会
  • 指示詞の対象指示構造
    古賀恵介
    日本英文学会九州支部第70回大会, 2017年10月22日, 日本英文学会九州支部
  • 対象指示の2つの機能―指向と描写―
    日本認知言語学会第18回全国大会, 2017年09月17日, 日本認知言語学会
  • 認知文法から見た人称概念
    日本英語学会第34回大会, 2016年11月13日, 日本英語学会
  • 対象指示の進化の道筋を探る
    福岡言語学会 2016年度第1回例会, 2016年04月16日, 福岡言語学会
  • Force の起源
    古賀 恵介
    福岡言語学会 2015年度第1回例会, 2015年04月25日, 福岡言語学会
  • 間投表現の意味論
    古賀 恵介
    第32回福岡認知言語学会, 2015年03月26日, 福岡認知言語学会
  • 接続法の世界
    福岡言語学会 2013年12月例会, 2013年12月14日
  • 副詞節の意味構造
    福岡認知言語学会 第22回大会, 2010年03月26日
  • 認知文法における副詞の意味構造について
    福岡認知言語学会 第20回大会, 2009年03月30日
  • 認知文法と意味の主観性領域
    福岡言語学会2008年12月例会, 2008年12月13日
  • 挿入節について
    福岡認知言語学会 第15回大会, 2006年03月30日
  • 意味の三層構造仮説
    福岡認知言語学会 第11回大会, 2004年03月26日
  • 非定形動詞の認知的成立根拠を探る
    日本認知言語学会 第1回大会(設立記念大会), 2000年09月09日
  • 非対格性と使役性の交差点
    村尾治彦; 二枝美津子; 古賀恵介
    日本英語学会 第17回大会, 1999年11月13日
  • 認知文法における非対格性について
    福岡認知言語学会 第2回大会, 1999年03月26日
  • 強調の再帰形について
    日本英文学会 第46回九州支部大会大会, 1993年10月23日
  • A Cognitive Approach to the English Reflexive
    川瀬義清; 後藤万里子; 村尾治彦; 古賀恵介
    日本英文学会 第45回九州支部大会, 1992年10月24日
  • 定冠詞の総称用法について
    日本英語学会 第8回大会, 1990年11月17日
  • 否定の含意を持つsince節中の現在完了形について
    日本英文学会 第62回全国大会, 1990年05月19日
  • 冠詞と関係節
    日本英文学会 第41回九州支部大会, 1989年10月28日
■ 所属学協会
  • 福岡言語学会
  • 福岡認知言語学会
  • 日本英文学会九州支部
  • 日本認知言語学会
  • 日本英語学会