SEARCH

検索詳細
Last Updated :2024/03/03

安永 晋一郎

医学科
教授

研究者情報

■ 学位
  • 医学博士, 九州大学
  • Ph.D., Kyushu University
■ 研究キーワード
  • 分子腫瘍学
  • 再生医学
  • 幹細胞生物学
■ 研究分野
  • ライフサイエンス, 血液、腫瘍内科学, 血液内科学
  • ライフサイエンス, 病態医化学, 病態医化学
  • ライフサイエンス, 医化学, 医化学一般

経歴

■ 経歴
  • 2015年04月01日
    Faculty of Medicine, Fukuoka University, Department of Biochemistry, Professor & Chairman
  • 2015年04月01日
    福岡大学 医学部, 生化学講座, 主任教授
  • 2011年08月01日 ー 2015年03月31日
    広島大学 原爆放射線医科学研究所 放射線災害医療研究センター, 幹細胞機能学研究分野, 准教授
  • 2003年04月 ー 2015年03月
    - Department of Stem Cell Biology, Division of Radiation and Regeneration Control, Research Institute for Radiation and Medicine, Hiroshima University, Research Associate
  • 2007年04月 ー 2011年07月
    広島大学 原爆放射線医科学研究所 放射線再生医学研究部門, 幹細胞機能学研究分野, 助教
  • 2003年04月01日 ー 2007年03月31日
    - 広島大学 原爆放射線医科学研究所 放射線再生医学研究部門, 幹細胞機能学研究分野, 助手
  • 2001年 ー 2003年
    Division of Medical Biochemistry, Department of Biomolecular Science, Saga Medical School,
  • 2001年 ー 2003年
    佐賀医科大学 医学部 分子生命科学講座 分子医科学分野、助手
  • 1999年 ー 2001年
    Department of Internal Medicine, Kokura National Hospital, medical doctor
  • 1999年 ー 2001年
    国立小倉病院、内科、医師
  • 1997年 ー 1999年
    Unite de Genetique Deficits Sensoriels, Institut Pasteur, Postdoctral Fellow
  • 1997年 ー 1999年
    パスツール研究所 感覚欠損の遺伝学部門, 博士研究員
  • 1996年 ー 1997年
    社会福祉法人恩賜財団済生会唐津病院、内科、医師
  • 1991年 ー 1992年
    北九州市立医療センター、研修医
  • 1990年 ー 1991年
    九州大学医学部附属病院、研修医
■ 学歴
  • 1992年04月 ー 1996年03月
    九州大学大学院, 医学系研究科, 内科系専攻
  • 1984年04月 ー 1990年03月
    九州大学, 医学部, 医学科

研究活動情報

■ 論文
  • An idea to explore: Determination of single nucleotide polymorphisms in alcohol metabolism-related genes using PCR-based assays to understand the link between an individual's genotype and phenotype
    Naoto Shirasu; Shin'ichiro Yasunaga
    Biochem Mol Biol Educ., 2023年10月10日, 査読有り, 通常論文
  • Trophic and immunomodulatory effects of adipose tissue derived stem cells in a preclinical murine model of endometriosis.
    Toyofumi Hirakawa; Fusanori Yotsumoto; Naoto Shirasu; Chihiro Kiyoshima; Daichi Urushiyama; Kenichi Yoshikawa; Kohei Miyata; Masamitsu Kurakazu; Kaori Azuma Koga; Mikiko Aoki; Kazuki Nabeshima; Kaori S Koga; Yutaka Osuga; Hiroaki Komatsu; Fuminori Taniguchi; Tasuku Harada; Shin'ichiro Yasunaga; Shingo Miyamoto
    Scientific reports, 2022年05月16日, 査読有り
  • Diagnostic predictability of miR-4535 and miR-1915-5p expression in amniotic fluid for foetal morbidity of infection.
    Kenichi Yoshikawa; Chihiro Kiyoshima; Toyofumi Hirakawa; Daichi Urushiyama; Satoshi Fukagawa; Daisuke Izuchi; Ayako Sanui; Masamitsu Kurakazu; Kohei Miyata; Makoto Nomiyama; Takashi Setoue; Shinichiro Nagamitsu; Kazuki Nabeshima; Kenichiro Hata; Shin'ichiro Yasunaga; Shingo Miyamoto
    Placenta, 2021年10月
  • Establishment of human induced pluripotent stem cells derived from skin cells of a patient with Dravet syndrome.
    Yuichi Kimura; Yasuyoshi Tanaka; Naoto Shirasu; Shin'ichiro Yasunaga; Norimichi Higurashi; Shinichi Hirose
    Stem cell research, 2020年06月15日, 査読有り
  • Highly versatile cancer photoimmunotherapy using photosensitizer-conjugated avidin and biotin-conjugated targeting antibodies.
    白須 直人; 芝口 浩智; 山田 博美; 黒木 政秀; 安永 晋一郎
    Cancer Cell Int., 2019年11月15日, 査読有り, 通常論文
  • Citizen bystander-patient relationship and 1-month outcomes after out-of-hospital cardiac arrest of cardiac origin from the All-Japan Utstein Registry: a prospective, nationwide, population-based, observational study.
    Suematsu Y; Zhang B; Kuwano T; Sako H; Ogawa M; Yonemoto N; Nonogi H; Kimura T; Nagao K; Yasunaga S; Saku K; Miura SI; Japanese Circulation; Society with Resuscitation Science Study; JCS-ReSS) Group
    BMJ open, 2019年07月, 査読有り, 通常論文
  • Association between discordance of LDL-C and non-HDL-C and clinical outcomes in patients with stent implantation: from the FU-Registry (vol 33, pg 102, 2018)
    Shiiba, Michiyo; Zhang, Bo; Miura, Shin-ichiro; Ike, Amane; Nose, Daisuke; Kuwano, Takashi; Imaizumi, Satoshi; Sugihara, Makoto; Iwata, Atushi; Nishikawa, Hiroaki; Kawamura, Akira; Shirai, Kazuyuki; Yasunaga, Shin'ichiro; Saku, Keijiro
    Heart and Vessels, 2019年
  • Establishment of a human induced stem cell line (FUi002-A) from Dravet syndrome patient carrying heterozygous R1525X mutation in SCN1A gene.
    Tanaka Y; Higurashi N; Shirasu N; Yasunaga S; Moreira KM; Okano H; Hirose S
    Stem Cell Res., 2018年06月19日, 査読有り, 通常論文
  • Impact of the triglyceride level on coronary plaque components in female patients with coronary artery disease treated with statins.
    Yamashita, M; Iwata, A; Kato, Y; Futami, M; Imaizumi, S; Kuwano, T; Ike, A; Sugihara, M; Nishikawa, H; Zhang, B; Yasunaga, S; Saku, K; Miura, S.I
    Heart Vessels, 2018年04月25日, 査読有り, 通常論文
  • 低線量放射線被ばくに対する造血システムの分子応答
    大野 芳典; 竹立 恭子; 山藤 幹茂子; 郭 芸; 菅野 雅元; 白須 直人; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏
    広島医学, 2018年04月, 査読有り, 通常論文
  • Impact of von Willebrand factor on coronary plaque burden in coronary artery disease patients treated with statins
    Yuta Kato; Atsushi Iwata; Makito Futami; Motoki Yamashita; Satoshi Imaizumi; Takashi Kuwano; Amane Ike; Makoto Sugihara; Hiroaki Nishikawa; Bo Zhang; Shin'ichiro Yasunaga; Keijiro Saku; Shin-Ichiro Miura
    Medicine (United States), 2018年04月01日, 査読有り, 通常論文
  • Association between discordance of LDL-C and non-HDL-C and clinical outcomes in patients with stent implantation: from the FU-Registry
    Michiyo Shiiba; Bo Zhang; Shin-ichiro Miura; Amane Ike; Daisuke Nose; Takashi Kuwano; Satoshi Imaizumi; Makoto Sugihara; Atushi Iwata; Hiroaki Nishikawa; Akira Kawamura; Kazuyuki Shirai; Shin’ichiro Yasunaga; Keijiro Saku
    Heart and Vessels, 2018年02月01日, 査読有り, 通常論文
  • 【放射線生物学と放射線防護を繋ぐ組織反応研究】骨髄の組織反応
    大野 芳典; 竹立 恭子; 白須 直人; 安永 晋一郎; 瀧原 義宏
    放射線生物研究, 2017年12月, 査読有り, 通常論文
  • Microbiome profile of the amniotic fluid as a predictive biomarker of perinatal outcome
    Daichi Urushiyama; Wataru Suda; Eriko Ohnishi; Ryota Araki; Chihiro Kiyoshima; Masamitsu Kurakazu; Ayako Sanui; Fusanori Yotsumoto; Masaharu Murata; Kazuki Nabeshima; Shin'ichiro Yasunaga; Shigeru Saito; Makoto Nomiyama; Masahira Hattori; Shingo Miyamoto; Kenichiro Hata
    SCIENTIFIC REPORTS, 2017年09月, 査読有り, 通常論文
  • HB-EGF Is a Promising Therapeutic Target for Lung Cancer with Secondary Mutation of EGFR(T790M)
    Fusanori Yotsumoto; Satoshi Fukagawa; Kohei Miyata; Sung Ouk Nam; Takahiro Katsuda; Daisuke Miyahara; Takashi Odawara; Sadao Manabe; Toyokazu Ishikawa; Shin'ichiro Yasunaga; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2017年07月, 査読有り, 通常論文
  • Serum Heparin-binding Epidermal Growth Factor-like Growth Factor (HB-EGF) as a Biomarker for Primary Ovarian Cancer
    Kohei Miyata; Fusanori Yotsumoto; Satoshi Fukagawa; Chihiro Kiyoshima; Nam Sung Ouk; Daichi Urushiyama; Tomohiro Ito; Takahiro Katsuda; Masamitsu Kurakazu; Ryota Araki; Ayako Sanui; Daisuke Miyahara; Masaharu Murata; Kyoko Shirota; Hiroshi Yagi; Tadao Takono; Kiyoko Kato; Nobuo Yaegashi; Kohei Akazawa; Masahide Kuroki; ShiN'Ichiro Yasunaga; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2017年07月, 査読有り, 通常論文
  • Antitumour Effects of Intravenous Administration of BK-UM, a Novel Inhibitor of HB-EGF, in Ovarian Cancer Therapy
    Satoshi Fukagawa; Fusanori Yotsumoto; Takashi Odawara; Sadao Manabe; Toyokazu Ishikawa; Shin'Ichiro Yasunaga; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2017年07月, 査読有り, 通常論文
  • MicroRNA-135a-3p as a promising biomarker and nucleic acid therapeutic agent for ovarian cancer.
    Satoshi Fukagawa; Kohei Miyata; Fusanori Yotsumoto; Chihiro Kiyoshima; Sung Ouk Nam; Haruchika Anan; Takahiro Katsuda; Daisuke Miyahara; Masaharu Murata; Hiroshi Yagi; Kyoko Shirota; Shin'ichiro Yasunaga; Kiyoko Kato; Shingo Miyamoto
    Cancer science, 2017年05月
  • Is a bare-metal stent still useful for improving the outcome of percutaneous coronary intervention? From the FU-Registry
    Kouki Gondo; Amane Ike; Masahiro Ogawa; Kazuyuki Shirai; Makoto Sugihara; Hiroaki Nishikawa; Atsushi Iwata; Akira Kawamura; Ken Mori; Bo Zhang; Shin'ichiro Miura; Shin'ichiro Yasunaga; Keijiro Saku
    JOURNAL OF CARDIOLOGY, 2017年03月, 査読有り, 通常論文
  • Duplex PCR-RFLP for the Simultaneous Genotyping of Single Nucleotide Polymorphisms in ADH1B and ALDH2 Genes
    Naoto Shirasu; Shin'ichiro Yasunaga
    ANALYTICAL SCIENCES, 2016年12月, 査読有り, 通常論文
  • HB-EGFに関連した卵巣癌予後予測因子としてのmicroRNAの検索
    清島 千尋; 深川 怜史; 宮田 康平; 四元 房典; 安永 晋一郎; 宮本 新吾
    日本癌学会総会記事, 2016年10月
  • Role of Geminin in cell fate determination of hematopoietic stem cells (HSCs).
    Yasunaga S; Ohno Y; Shirasu N; Zhang B; Suzuki-Takedachi K; Ohtsubo M; Takihara Y
    Int. J. Hematol., 2016年07月15日, 査読有り, 招待有り
  • Anti-tumor Effect of Intravenous Administration of CRM197 for Triple-negative Breast Cancer Therapy
    Sung Ouk Nam; Fusanori Yotsumoto; Kohei Miyata; Satoshi Fukagawa; Takashi Odawara; Sadao Manabe; Toyokazu Ishikawa; Masahide Kuroki; ShiN'Ichiro Yasunaga; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2016年07月, 査読有り, 通常論文
  • Manipulation of Cell Cycle and Chromatin Configuration by Means of Cell-Penetrating Geminin
    Yoshinori Ohno; Kyoko Suzuki-Takedachi; Shin'ichiro Yasunaga; Toshiaki Kurogi; Mimoko Santo; Yoshikazu Masuhiro; Shigemasa Hanazawa; Motoaki Ohtsubo; Kazuhito Naka; Yoshihiro Takihara
    PLOS ONE, 2016年05月, 査読有り, 通常論文
  • Significance of ACADM mutations identified through newborn screening of MCAD deficiency in Japan
    Keiichi Hara; Go Tajima; Satoshi Okada; Miyuki Tsumura; Reiko Kagawa; Kenichiro Shirao; Yoshinori Ohno; Shin'ichiro Yasunaga; Motoaki Ohtsubo; Ikue Hata; Nobuo Sakura; Yosuke Shigematsu; Yoshihiro Takihara; Masao Kobayashi
    MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM, 2016年05月, 査読有り, 通常論文
  • 食の多様性を追求する
    朔啓二郎; 三浦伸一郎; 小川正浩; 瀬川波子; 野田慶太; 中嶋恵美子; 安永晋一郎; 柳瀬敏彦; 西尾美登里
    日本機能性食品医用学会誌, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • 食の多様性を追求する
    朔啓二郎; 三浦伸一郎; 小川正浩; 瀬川波子; 野田慶太; 中嶋恵美子; 安永晋一郎; 柳瀬敏彦; 西尾美登里
    日本機能性食品医用学会誌, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • Mosaicism of an ELANE Mutation in an Asymptomatic Mother in a Familial Case of Cyclic Neutropenia
    Osamu Hirata; Satoshi Okada; Miyuki Tsumura; Shuhei Karakawa; Itaru Matsumura; Yujiro Kimura; Toshiro Maihara; Shin'ichiro Yasunaga; Yoshihiro Takihara; Osamu Ohara; Masao Kobayashi
    JOURNAL OF CLINICAL IMMUNOLOGY, 2015年07月, 査読有り, 通常論文
  • Gemininによる白血病幹細胞の制御
    安永晋一郎; 大野芳典; 瀧原義宏
    日本臨床, 2015年05月01日, 査読無し, 招待有り
  • Transcription of the Geminin gene is regulated by a negative-feedback loop
    Yoshinori Ohno; Keita Saeki; Shin'ichiro Yasunaga; Toshiaki Kurogi; Kyoko Suzuki-Takedachi; Manabu Shirai; Keichiro Mihara; Kenichi Yoshida; J. Willem Voncken; Motoaki Ohtsubo; Yoshihiro Takihara
    MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL, 2014年04月, 査読有り, 通常論文
  • Simple diagnosis of STAT1 gain-of-function alleles in patients with chronic mucocutaneous candidiasis
    Yoko Mizoguchi; Miyuki Tsumura; Satoshi Okada; Osamu Hirata; Shizuko Minegishi; Kohsuke Imai; Nobuyuki Hyakuna; Hideki Muramatsu; Seiji Kojima; Yusuke Ozaki; Takehide Imai; Sachiyo Takeda; Tetsuya Okazaki; Tsuyoshi Ito; Shin'ichiro Yasunaga; Yoshihiro Takihara; Vanessa L. Bryant; Xiao-Fei Kong; Sophie Cypowyj; Stephanie Boisson-Dupuis; Anne Puel; Jean-Laurent Casanova; Tomohiro Morio; Masao Kobayashi
    JOURNAL OF LEUKOCYTE BIOLOGY, 2014年04月, 査読有り, 通常論文
  • Scmh1 Has E3 Ubiquitin Ligase Activity for Geminin and Histone H2A and Regulates Geminin Stability Directly or Indirectly via Transcriptional Repression of Hoxa9 and Hoxb4
    Shin'ichiro Yasunaga; Motoaki Ohtsubo; Yoshinori Ohno; Keita Saeki; Toshiaki Kurogi; Miki Tanaka-Okamoto; Hiroyoshi Ishizaki; Manabu Shirai; Keichiro Mihara; Hugh W. Brock; Jun Miyoshi; Yoshihiro Takihara
    MOLECULAR AND CELLULAR BIOLOGY, 2013年02月, 査読有り, 通常論文
  • Hoxa9 Transduction Induces Hematopoietic Stem and Progenitor Cell Activity through Direct Down-Regulation of Geminin Protein
    Yoshinori Ohno; Shin'ichiro Yasunaga; Salima Janmohamed; Motoaki Ohtsubo; Keita Saeki; Toshiaki Kurogi; Keichiro Mihara; Norman N. Iscove; Yoshihiro Takihara
    PLOS ONE, 2013年01月, 査読有り, 通常論文
  • Dominant-negative STAT1 SH2 domain mutations in unrelated patients with mendelian susceptibility to mycobacterial disease
    Miyuki Tsumura; Satoshi Okada; Hidemasa Sakai; Shin'ichiro Yasunaga; Motoaki Ohtsubo; Takuji Murata; Hideto Obata; Takahiro Yasumi; Xiao-Fei Kong; Avinash Abhyankar; Toshio Heike; Tatsutoshi Nakahata; Ryuta Nishikomori; Saleh Al-Muhsen; Stephanie Boisson-Dupuis; Jean-Laurent Casanova; Mofareh AlZahrani; Mohammed Al Shehri; Geyhad ElGhazali; Yoshihiro Takihara; Masao Kobayashi
    HUMAN MUTATION, 2012年09月, 査読有り, 通常論文
  • Poly-ADP Ribosylation of Miki by tankyrase-1 Promotes Centrosome Maturation
    Yuko Ozaki; Hirotaka Matsui; Hiroya Asou; Akiko Nagamachi; Daisuke Aki; Hiroaki Honda; Shin'ichiro Yasunaga; Yoshihiro Takihara; Tadashi Yamamoto; Shunsuke Izumi; Miho Ohsugi; Toshiya Inaba
    MOLECULAR CELL, 2012年09月, 査読有り, 通常論文
  • Overexpression of BMI-1 correlates with drug resistance in B-cell lymphoma cells through the stabilization of survivin expression
    Joyeeta Bhattacharyya; Keichiro Mihara; Motoaki Ohtsubo; Shin'ichiro Yasunaga; Yoshifumi Takei; Kazuyoshi Yanagihara; Akira Sakai; Masaharu Hoshi; Yoshihiro Takihara; Akiro Kimura
    Cancer Science, 2012年01月, 査読有り, 通常論文
  • Decreased expression in nuclear factor-κB essential modulator due to a novel splice-site mutation causes X-linked ectodermal dysplasia with immunodeficiency.
    Karakawa S; Okada S; Tsumura M; Mizoguchi Y; Ohno N; Yasunaga S; Ohtsubo M; Kawai T; Nishikomori R; Sakaguchi T; Takihara Y; Kobayashi M
    Journal of clinical immunology, 2011年10月, 査読有り, 通常論文
  • Hoxb4 transduction down-regulates Geminin protein, providing hematopoietic stem and progenitor cells with proliferation potential
    Yoshinori Ohno; Shin'ichiro Yasunaga; Motoaki Ohtsubo; Sayaka Mori; Miyuki Tsumura; Satoshi Okada; Tomohiko Ohta; Kiyoshi Ohtani; Masao Kobayashi; Yoshihiro Takihara
    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
  • Synergistic and persistent effect of T-cell immunotherapy with anti-CD19 or anti-CD38 chimeric receptor in conjunction with rituximab on B-cell non-Hodgkin lymphoma
    Keichiro Mihara; Kazuyoshi Yanagihara; Misato Takigahira; Akira Kitanaka; Chihaya Imai; Joyeeta Bhattacharyya; Takanori Kubo; Yoshifumi Takei; Shin'ichiro Yasunaga; Yoshihiro Takihara; Akiro Kimura
    BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 2010年10月, 査読有り, 通常論文
  • Molecular pathogenesis of a novel mutation, G108D, in short-chain acyl-CoA dehydrogenase identified in subjects with short-chain acyl-CoA dehydrogenase deficiency
    Kenichiro Shirao; Satoshi Okada; Go Tajima; Miyuki Tsumura; Keiichi Hara; Shin'ichiro Yasunaga; Motoaki Ohtsubo; Ikue Hata; Nobuo Sakura; Yosuke Shigematsu; Yoshihiro Takihara; Masao Kobayashi
    HUMAN GENETICS, 2010年06月, 査読有り, 通常論文
  • Decreased Expression In NF-kappa B Essential Modulator Due to a Novel Splice-Site Mutation Causes Ectodermal Dysplasia with Immunodeficiency
    Karakawa Shuhei; Okada Satoshi; Tsumura Miyuki; Mizoguchi Yoko; Ohno Norioki; Yasunaga Shin'ichiro; Ohtsubo Motoaki; Kawai Tomolci; Nishikomori Ryuta; Takihara Yoshihiro; Kobayashi Masao
    Blood, 2010年, 査読有り, 通常論文
  • A Novel Heterozygous Mutation, K673R, in SH2 Domain of Stat Identified in A Patient With MSMD
    Okada S; Tsumura M; Sakai H; Nishikomori R; Yasunaga S; Ohtsubo M; Murata T; Obata H; Yasumi T; Heike T; Nakahata T; Takihara Y; Casanova J; Kobayashi M
    Clinical Immunology, 2010年, 査読有り, 通常論文
  • Cardiac infiltration in early-onset sarcoidosis associated with a novel heterozygous mutation, G481D, in CARD15
    Satoshi Okada; Nakao Konishi; Miyuki Tsumura; Kenichiro Shirao; Shin'ichiro Yasunaga; Hidemasa Sakai; Ryuta Nishikomori; Yoshihiro Takihara; Masao Kobayashi
    RHEUMATOLOGY, 2009年06月, 査読有り, 通常論文
  • BMI-1 expression is enhanced through transcriptional and posttranscriptional regulation during the progression of chronic myeloid leukemia
    Joyeeta Bhattacharyya; Keichiro Mihara; Shin'ichiro Yasunaga; Hideo Tanaka; Masaharu Hoshi; Yoshihiro Takihara; Akiro Kimura
    ANNALS OF HEMATOLOGY, 2009年04月, 査読有り, 通常論文
  • A Novel Splicing Mutation in NEMO Gene in a Patient with X-Linked Ectodermal Dysplasia with Immunodeficiency
    Karakawa Syuhei; Okada Satoshi; Tsumura Miyuki; Mizoguchi Yoko; Kawai Tomoki; Nishikomori Ryota; Yasunaga Shin'ichiro; Takihara Yoshihiro; Kobayashi Masao
    Blood, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Neurodevelopmental abnormalities associated with severe congenital neutropenia due to the R86X mutation in the HAX1 gene
    N. Ishikawa; S. Okada; M. Miki; K. Shirao; H. Kihara; M. Tsumura; K. Nakamura; H. Kawaguchi; M. Ohtsubo; S. Yasunaga; K. Matsubara; M. Sako; J. Hara; M. Shiohara; S. Kojima; T. Sato; Y. Takihara; M. Kobayashi
    JOURNAL OF MEDICAL GENETICS, 2008年12月, 査読有り, 通常論文
  • Polycomb-group complex 1 acts as an E3 ubiquitin ligase for Geminin to sustain hematopoietic stem cell activity
    Motoaki Ohtsubo; Shin'ichiro Yasunaga; Yoshinori Ohno; Miyuki Tsumura; Satoshi Okada; Nobutsune Ishikawa; Kenichiro Shirao; Akira Kikuchi; Hideo Nishitani; Masao Kobayashi; Yoshihiro Takihara
    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 2008年07月, 査読有り, 通常論文
  • Novel Heterozygous Mutation 572insA in TACI Identified in a Patient with Selective IgA Deficiency
    Okada Satoshi; Kajiume Teruyuki; Tsumura Miyuki; Shirao Kenichiro; Ohno Yoshinori; Yasunaga Shin'ichiro; Ohtsubo Motoaki; Sira Mostalla Mofamed; Kanegane Hirokazu; Miyawaki Toshio; Takihara Yoshihiro; Kobayashi Masao
    Blood, 2008年, 査読有り, 通常論文
  • 7q欠失より単離されたMIKI遺伝子はMDS/AMLにみられる異型性の原因遺伝子である(Haploinsufficiency of Miki on 7q encoding a PARsylated protein induces mitotic disturbance characteristic to MDS/AML)
    麻生 博也; 松井 啓隆; 本田 浩章; 尾崎 佑子; 長町 安希子; 安藝 大輔; 安永 晋一郎; 瀧原 義宏; 大杉 美穂; 稲葉 俊哉
    日本癌学会総会記事, 2007年08月
  • The novel IFNGR1 mutation 774del4 produces a truncated form of interferon-gamma receptor 1 and has a dominant-negative effect on interferon-gamma signal transduction
    Satoshi Okada; Nobutsune Ishikawa; Ken'ichiro Shirao; Hiroshi Kawaguchi; Miyuki Tsumura; Yoshinori Ohno; Shin'ichiro Yasunaga; Motoaki Ohtsubo; Yoshihiro Takihara; Masao Kobayashi
    JOURNAL OF MEDICAL GENETICS, 2007年08月, 査読有り, 通常論文
  • A novel mutation (Gln433Glu) in exon 12 combined with the G insertion in exon 13 causes severe factor XI deficiency in Japanese patients
    Nobutsune Ishikawa; Satoshi Okada; Takashi Sato; Shin'ichiro Yasunaga; Motoaki Ohtsubo; Yoshihiro Takihara; Masao Kobayashi
    BLOOD COAGULATION & FIBRINOLYSIS, 2007年07月, 査読有り, 通常論文
  • Expression of Polycomb-group (PcG) protein BMI-1 predicts prognosis in patients with acute myeloid leukemia
    M. Chowdhury; K. Mihara; S. Yasunaga; M. Ohtaki; Y. Takihara; A. Kimura
    LEUKEMIA, 2007年05月, 査読有り, 通常論文
  • Association of neurodevelopmental abnormalities is a common clinical character in Japanese patients with severe congenital neutropenia due to HAX1 deficiency
    Okada Satoshi; Ishikawa Nobutsune; Shirao Kenichiro; Tsumura Miyuki; Satoh Takashi; Ohno Yoshinori; Yasunaga Shin'ichiro; Ohtsubo Motoaki; Takihara Yoshihiro; Kobayashi Masao
    Blood, 2007年, 査読有り, 通常論文
  • A novel mutation 774del4 in IFNGR1, which produces truncated form of interferon gamma receptor 1, causes a dominant-negative effect on interferon gamma signal transduction.
    Okada Satoshi; Ishikawa Nobutsune; Shirao Kenichirou; Kawaguchi Hiroshi; Tsumura Miyuki; Ohno Yoshinori; Yasunaga Shin'ichiro; Ohtsubo Motoaki; Takihara Yoshihiro; Kobayashi Masao
    Blood, 2006年, 査読有り, 通常論文
  • Bmi-1 is useful as a novel molecular marker for predicting progression of myelodysplastic syndrome and patient prognosis
    K Mihara; M Chowdhury; N Nakaju; S Hidani; A Ihara; H Hyodo; S Yasunaga; Y Takihara; A Kimura
    BLOOD, 2006年01月, 査読有り, 通常論文
  • Induction and activation of the aryl hydrocarbon receptor by IL-4 in B cells
    G Tanaka; S Kanaji; A Hirano; K Arima; A Shinagawa; C Goda; S Yasunaga; K Ikizawa; Y Yanagihara; M Kubo; Y Kuriyama-Fujii; Y Sugita; A Inokuchi; K Izuhara
    INTERNATIONAL IMMUNOLOGY, 2005年06月, 査読有り, 通常論文
  • The negative-feedback regulation of the IL-13 signal by the IL-13 receptor alpha 2 chain in bronchial epithelial cells
    S Yasunaga; N Yuyama; K Arima; H Tanaka; S Toda; M Maeda; K Matsui; C Goda; Q Yang; Y Sugita; H Nagai; K Izuhara
    CYTOKINE, 2003年12月, 査読有り, 通常論文
  • アレルギー疾患における遺伝因子の機能解析とその臨床応用
    出原 賢治; 有馬 和彦; 安永 晋一郎
    日本炎症・再生医学会誌, 2003年, 査読無し, 招待有り
  • IL-4 and IL-13: Their pathological roles in allergic diseases and their potential in developing new therapies.
    安永 晋一郎
    Current Drug Targets, Inflammation & Allergy, 2002年, 査読無し, 通常論文
  • アレルギー病態における遺伝子発現変化.
    安永 晋一郎
    臨床検査, 2002年, 査読無し, 通常論文
  • The importance of interleukin-13 in the pathogenesis of bronchial asthma.
    安永 晋一郎
    Recent Res. Biochem.,, 2002年, 査読有り, 通常論文
  • OTOF encodes multiple long and short isoforms: Genetic evidence that the long ones underlie recessive deafness DFNB9.
    安永 晋一郎
    Am. J. Hum. Genet., 2001年, 査読有り, 通常論文
  • OTOF encodes multiple long and short isoforms: Genetic evidence that the long ones underlie recessive deafness DFNB9
    S Yasunaga; M Grati; S Chardenoux; TN Smith; TB Friedman; AK Lalwani; ER Wilcox; C Petit
    AMERICAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 2000年09月, 査読有り, 通常論文
  • Physical map of the region surrounding the OTOFERLIN locus on chromosome 2p22-p23
    S Yasunaga; C Petit
    GENOMICS, 2000年05月, 査読有り, 通常論文
  • Physical map of the region surrounding the OTOFERLIN locus on chromosome 2p22-p23
    S Yasunaga; C Petit
    GENOMICS, 2000年05月, 査読無し, 通常論文
  • Physical map of the region surrounding the OTOFERLIN locus on chromosome 2p22-p23.
    Yasunaga S; Petit C
    Tissue antigens, 2000年01月, 査読有り, 通常論文
  • A new predictive model for insulin-dependent diabetes mellitus susceptibility based on combinations of molecular HLA-DRB1 and HLA-DQB1 pockets
    S Djoulah; M Busson; T Sasazuki; B Maillere; S Yasunaga; A Kimura; D Charron; J Hors
    TISSUE ANTIGENS, 1999年10月, 査読有り, 通常論文
  • DNA typing of HLA class II genes (HLA-DR, -DQ and -DP) in Japanese patients with histiocytic necrotizing lymphadenitis (Kikuchi's disease)
    T Tanaka; M Ohmori; S Yasunaga; K Ohshima; M Kikuchi; T Sasazuki
    TISSUE ANTIGENS, 1999年09月, 査読有り, 通常論文
  • Association of Fas/APO-1 gene polymorphism with systemic lupus erythematosus in Japanese
    T Horiuchi; H Nishizaka; S Yasunaga; M Higuchi; H Tsukamoto; K Hayashi; K Nagasawa
    RHEUMATOLOGY, 1999年06月, 査読有り, 通常論文
  • A mutation in OTOF, encoding otoferlin, a FER-1-like protein, causes DFNB9, a nonsyndromic form of deafness
    S Yasunaga; M Grati; M Cohen-Salmon; A El-Amraoui; M Mustapha; N Salem; E El-Zir; J Loiselet; C Petit
    NATURE GENETICS, 1999年04月, 査読有り, 通常論文
  • The coexistence of systemic sclerosis and rheumatoid arthritis in five patients: comment on the article by Horiki et. al.
    Yasunaga S; Higuchi M; Nishizaka H; Yoshizawa S; Horiuchi T
    Arthritis & rheumatism, 1998年04月, 査読有り, 通常論文
  • DNAタイピングの実際,PCR-SSO法.
    安永 晋一郎
    MHC, 1998年, 査読有り, 通常論文
  • DNA typing of HLA class I (HLA-A) and class II genes (HLA-DR, -DQ and -DP) in Japanese patients with gastric cancer
    M Ohmori; S Yasunaga; Y Maehara; K Sugimachi; T Sasazuki
    TISSUE ANTIGENS, 1997年09月, 査読有り, 通常論文
  • Extensive HLA class II studies in 58 non-DRB1*15 (DR2) narcoleptic patients with cataplexy
    E Mignot; A Kimura; A Lattermann; Lin, X; S Yasunaga; G MuellerEckhardt; C Rattazzi; L Lin; C Guilleminault; WC Dement; P Underhill
    TISSUE ANTIGENS, 1997年04月, 査読有り, 通常論文
  • Comprehensive sequence analysis of HLA-DQA1 and -DQB1 alleles and characterization of DRB1-QAP-DQA1-DQB1 haplotypes
    S Yasunaga; A Kimura; T Sasazuki
    HLA - GENETIC DIVERSITY OF HLA FUNCTIONAL AND MEDICAL IMPLICATION, PROCEEDINGS OF THE TWELFTH INTERNATIONAL HISTOCOMPATIBILITY WORKSHOP AND CONFERENCE (12TH IHWC), VOL II: CONFERENCE, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Molecular bases for inherited human complement component C6 deficiency in two unrelated individuals
    H Nishizaka; T Horiuchi; ZB Zhu; Y Fukumori; K Nagasawa; K Hayashi; R Krumdieck; CG Cobbs; M Higuchi; S Yasunaga; Y Niho; JE Volanakis
    JOURNAL OF IMMUNOLOGY, 1996年03月, 査読有り, 通常論文
  • Different contribution of HLA-DR and -DQ genes in susceptibility and resistance to insulin-dependent diabetes mellitus (IDDM)
    S Yasunaga; A Kimura; K Hamaguchi; KS Ronningen; T Sasazuki
    TISSUE ANTIGENS, 1996年01月, 査読有り, 通常論文
  • PCRによる一塩基置換の検出 PCR−SSOP法 .
    安永 晋一郎
    PCR法最前線−基礎技術から応用まで(関谷剛男、藤永恵編). 蛋白・核酸・酵素, 1996年, 査読無し, 通常論文
  • DQCAR MICROSATELLITE POLYMORPHISMS IN 3 SELECTED HLA CLASS II-ASSOCIATED DISEASES
    E MIGNOT; A KIMURA; M ABBAL; E THORSBY; LIN, X; A VOROS; C MACAUBAS; F BOUISSOU; LM SOLLID; A CAMBONTHOMSEN; S YASUNAGA; FC GRUMET
    TISSUE ANTIGENS, 1995年10月, 査読有り, 通常論文
  • EXTENSIVE POLYMORPHISM OF A (CA)(N) MICROSATELLITE LOCATED IN THE HLA-DQA1/DQB1 CLASS-II REGION
    C MACAUBAS; J HALLMAYER; J KALIL; A KIMURA; S YASUNAGA; FC GRUMET; E MIGNOT
    HUMAN IMMUNOLOGY, 1995年03月, 査読有り, 通常論文
■ MISC
  • MiR-4535 and MiR-1915-5p in Amniotic Fluid as Predictive Biomarkers for Chorioamnionitis
    漆山 大知; 深川 怜史; 平川 豊文; 吉川 賢一; 井槌 大介; 宮田 康平; 倉員 正光; 四元 房典; 廣松 賢治; 太田 栄治; 廣瀬 伸一; 安永 晋一郎; 宮本 新吾
    Future Science OA, 2021年, 査読有り, 通常論文
  • 低線量率放射線被ばくの造血システムに対する放射線障害の解析
    大野 芳典; 竹立 恭子; 郭 芸; 菅野 雅元; 白須 直人; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏
    長崎医学会雑誌, 2018年12月, 査読有り, 通常論文
  • 低線量率放射線による造血幹細胞の機能低下とその分子機序
    大野 芳典; 竹立 恭子; 郭 芸; 菅野 雅元; 白須 直人; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏
    日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2018年11月, 査読有り, 通常論文
  • 低線量率放射線の造血幹細胞に対する影響(Effect of low dose-rate irradiation on the hematopoietic stem cells)
    大野 芳典; 竹立 恭子; 郭 芸; 菅野 雅元; 白須 直人; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2018年09月, 査読有り, 通常論文
  • Association of Serum HB-EGF Value and Response to Chemotherapy in Patients with Recurrent Ovarian Cancer
    宮本 新吾; 井槌 大介; 深川 怜史; 四元 房典; 吉川 賢一; 清島 千尋; 南 星旭; 宮田 康平; 伊東 智宏; 倉員 正光; 荒木 陵多; 讃井 絢子; 宮原 大輔; 村田 将春
    Anticancer Res, 2018年07月01日, 査読有り, 通常論文
  • 低線量率放射線が造血に与える影響
    大野 芳典; 竹立 恭子; 山藤 幹茂子; 郭 芸; 菅野 雅元; 白須 直人; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏
    生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 査読有り, 通常論文
  • 造血幹細胞の細胞周期と分化の制御におけるGemininの分子機能
    竹立 恭子; 大野 芳典; 山藤 幹茂子; 白須 直人; 大坪 素秋; 安永 晋一郎; 瀧原 義宏
    生命科学系学会合同年次大会, 2017年12月, 査読有り, 通常論文
  • 低線量率放射線照射環境下における造血システムへの影響とその分子応答
    大野 芳典; 竹立 恭子; 山藤 幹茂子; 郭 芸; 菅野 雅元; 白須 直人; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏
    日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2017年10月, 査読有り, 通常論文
  • 卵巣癌の予後を予測するmicroRNAの同定
    深川 怜史; 宮田 康平; 清島 千尋; 四元 房典; 安永 晋一郎; 宮本 新吾
    日本癌学会総会記事, 2016年10月
  • 低線量率被ばくに対する造血幹細胞の分子応答の解析
    大野 芳典; 竹立 恭子; 山藤 幹茂子; 郭 芸; 菅野 雅元; 白須 直人; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 仲 一仁; 瀧原 義宏
    日本放射線影響学会大会講演要旨集, 2016年10月, 査読有り, 通常論文
  • LOW DOSE -RATE IRRADIATION SPECIFICALLY AFFECTS HEMATOPOIETIC STEM CELLS
    Yoshihiro Takihara; Yoshinori Ohno; Kyoko Suzuki-Takedachi; Mimoko Santo; Shin'ichiro Yasunaga; Motoaki Ohtsubo; Kazuhito Naka
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 2016年09月, 査読無し, 通常論文
  • A NEW STRATEGY FOR MANIPULATING EXPRESSION AND ACTIVITY OF GEMININ COULD MAKE IT POSSIBLE TO REGULATE CELL FATES OF HSCS
    Yoshihiro Takihara; Yoshinori Ohno; Kyoko Suzuki-Takedachi; Toshiaki Kurogi; Mimoko Santo; Kazuhito Naka; Shin'ichiro Yasunaga
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 2015年09月, 査読無し, 通常論文
  • DIRECT TRANSDUCTION OF A CELL-PENETRATING FORM OF GEMININ, A MOLECULE REGULATING DNA REPLICATION AND CHROMATIN REMODELING
    Yoshihiro Takihara; Shin'ichiro Yasunaga; Yoshinori Ohno; Toshiaki Kurogi; Kyoko Suzuki-Takedachi; Mimoko Santo; Motoaki Ohtsubo
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 2014年08月, 査読無し, 通常論文
  • VISUALIZATION AND FUNCTIONAL DISSECTION OF GEMININ, A MOLECULE GOVERNING CELLULAR PROLIFERATION AND DIFFERENTIATION IN HEMATOPOIETIC STEM CELLS
    Yoshihiro Takihara; Shin'ichiro Yasunaga; Yoshinori Ohno; Toshiaki Kurogi; Kyoko Suzuki-Takedachi; Yoshie Nakashima; Motoaki Ohtsubo
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 2013年08月, 査読無し, 通常論文
  • NOVEL MOLECULAR REGULATORY NETWORK GOVERNING GEMININ MAINTAINS HEMATOPOIETIC HOMEOSTASIS
    Yoshihiro Takihara; Shin'ichiro Yasunaga; Yoshinori Ohno; Keita Saeki; Yoshie Nakashima; Motoaki Ohtsubo
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 2012年08月, 査読無し, 通常論文
  • 【がん幹細胞研究の新たな展開】幹細胞における細胞周期制御
    瀧原 義宏; 安永 晋一郎; 大野 芳典; 大坪 素秋
    血液フロンティア, 2011年12月, 査読有り, 通常論文
  • Identification of a novel type of AD-STAT1 deficiency with mutation in the SH2 domain.
    Miyuki Tsumura; Satoshi Okada; Hideroshi Sakai; Ryuta Nishikomori; Shinichiro Yasunaga; Motoaki Ohtsubo; Toshio Heike; Tatsutoshi Nakahata; Yoshihiro Takihara; Masao Kobayashi
    The 73nd Annual Metting of the Japanese Society of Hematology, 2011年10月, 査読無し, 通常論文
  • ポリコーム複合体1のメンバーであるScmh1はGemininユビキチン化またはHox遺伝子抑制により造血を制御する(Scmh1, a member of Polycomb complex 1, regulates hematopoiesis either through Geminin ubiquitination or through repression of Hox genes)
    安永 晋一郎; 大坪 素秋; 大野 芳典; 森 彩華; 古谷 拓磨; 川島 あい; 鐵口 博貴; 中島 由恵; 瀧原 義宏
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
  • HOX遺伝子産物はゲミニン蛋白質分解を介して造血および白血病発生を制御する(HOX gene products regulate hematopoiesis and leukemogenesis through the Geminin protein degradation)
    大野 芳典; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 森 彩華; 古谷 拓磨; 川島 愛; 鐵口 博貴; 中島 由恵; 瀧原 義宏
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
  • STAT1の新規変異はドミナントネガティブにSTAT1シグナル伝達を障害する(A novel mutation in STAT1 impaired the STAT1 signal transduction in a dominant-negative manner)
    津村 弥来; 岡田 賢; 酒井 秀政; 溝口 洋子; 西小森 隆太; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 中畑 龍俊; 瀧原 義宏; 小林 正夫
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2010年12月, 査読無し, 通常論文
  • Indentification of novel mutation in STAT1 and molecular pathogenesis of MSMD.
    Miyuki Tsumura; Satoshi Okada; Hidemasa Sakai; Ryuta Nishikomori; Yoko Mizoguchi; Shinichiro Yasunaga; Motoaki Ohtsubo; Toshio Heike; Tatsutoshi Nakahata; Yoshihiro Takihara; Masao Kobayashi
    The 72nd Annual Metting of the Japanese Society of Hematology, 2010年09月, 査読無し, 通常論文
  • HSCの活性維持に必須なポリコーム複合体1の構成因子Scmh1の機能ドメインの解析
    大坪 素秋; 安永 晋一郎; 津村 弥来; 大野 芳典; 影山 由佳; 森 彩華; 時元 利恵; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2009年09月, 査読無し, 通常論文
  • Scmh1による造血幹細胞制御機構の解析
    安永 晋一郎; 大坪 素秋; 大野 芳典; 津村 弥来; 影山 由佳; 森 彩華; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2009年09月, 査読有り, 通常論文
  • HOX遺伝子群による造血幹細胞の活性制御と白血病発症の分子基盤
    大野 芳典; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 影山 由佳; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2009年09月, 査読有り, 通常論文
  • MSMD(Mendelian susceptibility to mycobacterial diseases)の分子生物学的解析
    岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 津村 弥来; 川口 浩史; 大野 芳典; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏; 小林 正夫
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2008年11月, 査読無し, 通常論文
  • PcGによるDNA複製ライセンス化制御機構の解析
    大坪 素秋; 安永 晋一郎; 大野 芳典; 津村 弥来; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2008年11月, 査読有り, 通常論文
  • Gemininによる造血幹細胞制御の分子基盤の解析
    安永 晋一郎; 大野 芳典; 大坪 素秋; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2008年11月, 査読有り, 通常論文
  • Hoxによる造血幹細胞制御の分子基盤の解析
    大野 芳典; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 津村 弥来; 岡田 賢; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2008年11月, 査読有り, 通常論文
  • 白血病幹細胞の活性を支持する分子基盤の解析
    安永 晋一郎; 三原 圭一朗; 大野 芳典; 大坪 素秋; 津村 弥来; 石川 暢恒; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2008年11月, 査読有り, 通常論文
  • HOXB4によるGeminin分解制御を介する新たな造血幹細胞制御機構
    大野 芳典; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 影山 由佳; 津村 弥来; 岡田 賢; 時元 利恵; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2008年11月, 査読有り, 通常論文
  • HOXB4によるGemininの分解制御を介した造血幹細胞活性化機構の解析
    大野 芳典; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 影山 由佳; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 時元 利恵; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2008年09月, 査読有り, 通常論文
  • 造血幹細胞制御におけるGemininの役割
    安永 晋一郎; 大坪 素秋; 大野 芳典; 影山 由佳; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 時元 利恵; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2008年09月, 査読有り, 通常論文
  • ポリコーム複合体1の構成因子Scmh1の細胞内局在と安定性制御の解析
    大坪 素秋; 安永 晋一郎; 大野 芳典; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 時元 利恵; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2008年09月, 査読有り, 通常論文
  • HOXB4によるGeminin-Cdt1システムを介した造血幹細胞誘導
    大野 芳典; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 時元 利恵; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2007年11月, 査読有り, 通常論文
  • 造血システムの制御におけるGemininの役割
    安永 晋一郎; 大坪 素秋; 大野 芳典; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 時元 利恵; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 2007年11月, 査読有り, 通常論文
  • 選択的IgA欠損症におけるTACI遺伝子異常の分子生物的意義の解析
    岡田 賢; 白尾 謙一郎; 石川 暢恒; 梶梅 輝之; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏; 小林 正夫
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月
  • 選択的IgA欠損症におけるTACI遺伝子異常の分子生物的意義の解析
    岡田 賢; 白尾 謙一郎; 石川 暢恒; 梶梅 輝之; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏; 小林 正夫
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月
  • ポリコーム複合体1はGemininに対するE3ユビキチンリガーゼとして働き造血幹細胞の活性を支持する
    大坪 素秋; 安永 晋一郎; 津村 弥来; 大野 芳典; 岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 時元 利恵; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • DNA複製ライセンス化制御因子Gemininによる造血幹細胞の活性制御
    安永 晋一郎; 大坪 素秋; 大野 芳典; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 時元 利恵; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • HOXB4による造血幹細胞誘導はGeminin-Cdt1システムを介する
    大野 芳典; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 時元 利恵; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • PcGによるDNA複製ライセンス化制御機構の解析
    大坪 素秋; 安永 晋一郎; 津村 弥来; 大野 芳典; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • PcGによる造血幹細胞制御の分子基盤の解析
    安永 晋一郎; 大野 芳典; 大坪 素秋; 津村 弥来; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • Hoxによる造血幹細胞制御の分子基盤の解析
    大野 芳典; 安永 晋一郎; 津村 弥来; 大坪 素秋; 岡田 賢; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • 白血病幹細胞の活性を支持する分子基盤の解析
    安永 晋一郎; 大野 芳典; 津村 弥来; 大坪 素秋; 石川 暢恒; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • 先天性細胞性免疫不全症の分子レベルでの病因解析
    岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 津村 弥来; 大野 芳典; 川口 浩史; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏; 小林 正夫
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • PcGによるDNA複製ライセンス化制御機構の解析
    大坪 素秋; 安永 晋一郎; 津村 弥来; 大野 芳典; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • PcGによる造血幹細胞制御の分子基盤の解析
    安永 晋一郎; 大野 芳典; 大坪 素秋; 津村 弥来; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • Hoxによる造血幹細胞制御の分子基盤の解析
    大野 芳典; 安永 晋一郎; 津村 弥来; 大坪 素秋; 岡田 賢; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • 白血病幹細胞の活性を支持する分子基盤の解析
    安永 晋一郎; 大野 芳典; 津村 弥来; 大坪 素秋; 石川 暢恒; 時元 利恵; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • 先天性細胞性免疫不全症の分子レベルでの病因解析
    岡田 賢; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 津村 弥来; 大野 芳典; 川口 浩史; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏; 小林 正夫
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2007年09月, 査読有り, 通常論文
  • PcGによるDNA複製ライセンス化制御機構の解析
    大坪 素秋; 津村 弥来; 安永 晋一郎; 大野 芳典; 石川 暢恒; 岡田 賢; 宮地 里佳[畠迫]; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2006年10月, 査読有り, 通常論文
  • PcGによる造血幹細胞制御の分子基盤の解析
    安永 晋一郎; 大野 芳典; 大坪 素秋; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢恒; 宮地 里佳[畠迫]; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2006年10月, 査読有り, 通常論文
  • Hoxによる造血幹細胞制御の分子基盤の解析
    安永 晋一郎; 大野 芳典; 大坪 素秋; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢恒; 宮地 里佳[畠迫]; 瀧原 義宏
    広島大学原爆放射線医科学研究所年報, 2006年10月, 査読有り, 通常論文
  • TACIに変異を認めたIgA欠損症
    岡田 賢; 梶梅 輝之; 石川 暢恒; 白尾 謙一郎; 津村 弥来; 大野 芳典; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 瀧原 義宏; 小林 正夫
    臨床血液, 2006年09月, 査読有り, 通常論文
  • ポリコーム遺伝子群によるGeminin-Cdt1システムを介した造血幹細胞制御機構の解析
    大野 芳典; 安永 晋一郎; 大坪 素秋; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢恒; 宮地 里佳[畠迫]; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2006年09月, 査読有り, 通常論文
  • ポリコーム遺伝子欠損造血幹細胞の活性低下に対するHOXB4による遺伝学的相補
    安永 晋一郎; 大坪 素秋; 大野 芳典; 津村 弥来; 岡田 賢; 石川 暢常; 宮地 里佳[畠迫]; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2006年09月, 査読有り, 通常論文
  • ポリコーム複合体によるDNA複製制御因子Gemininのユビキチン化と安定性制御
    大坪 素秋; 安永 晋一郎; 津村 弥来; 大野 芳典; 岡田 賢; 石川 暢恒; 宮地-畠迫 里佳; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    臨床血液, 2006年09月, 査読有り, 通常論文
  • 複製ライセンス化制御因子gemininの安定性制御におけるポリコーム遺伝子群の役割
    大坪 素秋; 安永 晋一郎; 岡田 賢; 石川 暢恒; 津村 弥来; 大野 芳典; 宮地-畠迫 里佳; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 2005年09月, 査読無し, 通常論文
  • ポリコーム遺伝子群による造血幹細胞制御におけるGeminin-Cdt1システムの役割
    安永 晋一郎; 大坪 素秋; 石川 暢恒; 岡田 賢; 大野 芳典; 津村 弥来; 宮地-畠迫 里佳; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 2005年09月, 査読有り, 通常論文
  • ポリコーム遺伝子群によるDNA複製ライセンス化制御因子Gemininの安定性制御
    大坪 素秋; 安永 晋一郎; 岡田 賢; 石川 暢恒; 津村 弥来; 大野 芳典; 宮地-畠迫 里佳; 小林 正夫; 瀧原 義宏
    日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 2005年09月, 査読有り, 通常論文
■ 書籍等出版物
  • モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2018年版
    安永 晋一郎; 黒木 政秀; 黒木 求; 瀬川 波子; 衣笠 哲史; 芝口 浩智; 白須 直人; 四元 房典, 編者(編著者), 編著
    福岡大学医学部生化学講座, 2018年03月31日, 査読無し
    9784990942618
  • モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2017年版
    安永 晋一郎; 黒木 政秀; 黒木 求; 瀬川 波子; 衣笠 哲史; 芝口 浩智; 白須 直人; 四元 房典, 編者(編著者), 編著
    福岡大学医学部生化学講座, 2017年03月31日, 査読無し
    9784990942601
  • モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2016年版
    安永 晋一郎; 黒木 政秀; 黒木 求; 瀬川 波子; 衣笠 哲史; 芝口 浩智; 白須 直人; 四元 房典, 編者(編著者), 編著
    福岡大学医学部生化学講座, 2016年03月31日, 査読無し
    9784990314699
  • モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2015年版
    安永 晋一郎; 黒木 政秀; 黒木 求; 瀬川 波子; 衣笠 哲史; 芝口 浩智; 白須 直人; 四元 房典, 共著, 編著
    福岡大学医学部生化学講座, 2015年03月31日, 査読無し
    9784990314682
  • DFNB9 and DFNB12.
    安永 晋一郎, 共著
    Adv. Otorhinolaryngol., 2000年, 査読無し
  • DNAタイピング、他14項目.
    安永 晋一郎, 共著
    生化学辞典(第3版)、東京化学同人, 1998年, 査読無し
  • Comprehensive sequence analysis of HLA-DQA1 and -DQB1 alleles and characterization of DRB1-QAP-DQA1-DQB1 haplotypes.
    安永 晋一郎, 共著
    In: Charon, D. ed. Proceedings of the Twelfth International Histocompatibility Workshop and Conference, Sevres-France: EDK publishers, 1997年, 査読無し
  • 主要組織適合性遺伝子複合体クラス I, II.
    安永 晋一郎, 共著
    KEY WORD1995,96 癌(赤沢修吾、塚越茂、新津洋司郎編). 先端医学社, 1995年, 査読無し
■ 講演・口頭発表等
  • 幹細胞の運命制御-Gemininによる自己複製と分化のスイッチング機構
    安永 晋一郎
    第20回バイオ治療法研究会学術集会, 2016年12月10日, バイオ治療法研究会, 招待有り
  • 幹細胞研究と再生医療の未来
    安永 晋一郎
    福岡大学附属大濠中学校・高等学校「アカデミアシリーズ②」, 2016年07月02日, 招待有り
  • 放射線と幹細胞研究
    安永 晋一郎
    第73回福岡大学医学会例会, 2016年02月23日, 通常論文
  • DNA複製とクロマチンリモデリングを制御するCell-penetrating (CP-)Gemininの開発
    竹立(鈴木)恭子; 大野芳典; 黒木利知; 安永晋一郎; 山藤幹茂子; 舛廣善和; 花澤重正; 大坪素秋; 仲一仁; 瀧原義宏
    第38回日本分子生物学会・第88回日本生化学会合同年会(BMB2015), 2015年12月01日, 通常論文
  • A new strategy for manipulating expression and activety of Geminin, a cell-fate determinant for HSCs.
    Ohno Y; Suzuki-Takedachi K; Kurogi T; Santo M; Yasunaga S; Ohtsubo M; Naka K; Takihara Y
    The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2015年10月16日, 通常論文
  • Analysis of molecular role for Geminin in self-renewal and differentiation of HSCs.
    Suzuki-Takedachi K; Ohno Y; Kurogi T; Santo M; Yasunaga S; Ohtsubo M; Naka K; Takihara Y
    The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2015年10月16日, 通常論文
  • Effects of low-dose irradiation on the hematopoietic system.
    Yasunaga S; Ohno Y; Suzuki-Takedachi K; Kurogi T; Santo M; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 5th International Symposium of RIRBM, Hiroshima University, 2015年03月02日, Hiroshima University, 通常論文
  • Cell-penetrating Geminin is exerted to provide a new strategy for manipulating the activity and number of HSCs.
    Kurogi T; Ohno Y; Yasunaga S; Suzuki-Takedachi K; Santo M; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 5th International Symposium of RIRBM, Hiroshima University, 2015年03月02日, Hiroshima University, 通常論文
  • Analysis of molecular rele for Geminin in self-renewal and differentiation of HSCs.
    Suzuki-Takedachi K; Yasunaga S; Ohno Y; Kurogi T; Santo M; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 5th International Symposium of RIRBM, Hiroshima University, 2015年03月02日, Hiroshima University, 通常論文
  • Geminin-EYFP ノックインマウスは造血幹細胞の自己複製と分化を掛け分ける分子機構を解析する強力なツールを提供する.
    竹立恭子; 安永晋一郎; 大野芳典; 黒木利知; 大坪素秋; 瀧原義宏
    第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月25日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • 膜貫通性リコンビナントGemininタンパク質は、造血幹細胞の自己複製と細胞分化を制御する新たなストラテジーを提供するだろう.
    黒木利知; 大野芳典; 安永晋一郎; 竹立恭子; 山藤幹茂子; 舛廣善和; 花澤重正; 大坪素秋; 瀧原義宏
    第37回日本分子生物学会年会, 2014年11月25日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • Gemininの発現と機能の操作による造血幹細胞・白血病幹細胞の活性操作の試み.
    安永晋一郎
    新学術領域「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」第9回総括班会議, 2014年11月20日, 新学術領域「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」, 通常論文
  • Geminin visualization aids detailed molecular analysis of self-renewing hematopoietic stem cells.
    Yasunaga S; Ohno Y; Suzuki-Takedachi K; Kurogi T; Santo M; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2014年10月31日, The Japanese Society of Hematology, 通常論文
  • Direct transmission of a cell-penetrating form of Geminin, a regulator for hematopoietic stem cells.
    Ohno Y; Yasunaga S; Kurogi T; Suzuki-Takedachi K; Santo M; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2014年10月31日, The Japanese Society of Hematology, 通常論文
  • Direct transduction of a cell-penetrating form of Geminin, a molecule regulating DNA replication and chromatin remodeling.
    Takihara Y; Yasunaga S; Ohno Y; Kurogi T; Suzuki-Takedachi K; Santo M; Ohtsubo M
    ISEH (International Society for Experimental Hematology) 43rd Annual Scientific Meeting, 2014年08月21日, ISEH (International Society for Experimental Hematology), 通常論文
  • Identification and functional analysis of self-renewing hematopoietic stem cells by using Geminin-EYFP knock-in mice.
    Yasunaga S; Ohno Y; Suzuki-Takedachi K; Kurogi T; Santo M; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 12th Stem Cell Research Symposium, 2014年05月30日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • Geminin regulates transcription via chromatin remodeling to govern cellular proliferation and Differentiation.
    Ohno Y; Yasunaga S; Kurogi T; Suzuki-Takedachi K; Santo M; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 12th Stem Cell Research Symposium, 2014年05月30日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • 造血幹細胞と白血病幹細胞の増殖と分化を制御するGemininの役割.
    安永晋一郎
    新学術領域「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」第8回総括班会議, 2014年05月29日, 新学術領域「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築, 通常論文
  • Analysis of the molecular role of Geminin in switching proliferation and differentiation of hematopoietic stem cells by visualizing Geminin.
    Ohno Y; Suzuki-Takedachi K; Yasunaga S; Kurogi T; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 4th International Symposium of RIRBM, Hiroshima University, 2014年02月13日, Hiroshima University, 通常論文
  • Geminin発現の可視化による造血幹細胞と前駆細胞の増殖と分化を制御するGemininの分子機能の解析.
    竹立恭子; 安永晋一郎; 大野芳典; 黒木利知; 大坪素秋; 瀧原義宏
    第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月03日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • E2Fを介したGeminin発現誘導を制御するネガティブフィードバックループ.
    黒木利知; 大野芳典; 安永晋一郎; 竹立恭子; 白井学; 大坪素秋; 瀧原義宏
    第36回日本分子生物学会年会, 2013年12月03日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • 造血幹細胞と白血病幹細胞の増殖と分化を制御するGemininの役割.
    安永晋一郎
    新学術領域「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」第7回総括班会, 2013年11月14日, 新学術領域「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」, 通常論文
  • Molecular role for Geminin in switching self-renewal and differentiation of hematopoietic cells.
    Yasunaga S; Ohno Y; Kurogi T; Suzuki-Takedachi K; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 75th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2013年10月11日, The Japanese Society of Hematology, 通常論文
  • Negative feed-back loop regulates transcription of the Geminin gene, which governs HSC activity.
    Ohno Y; Yasunaga S; Kurogi T; Suzuki-Takedachi K; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 75th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2013年10月11日, The Japanese Society of Hematology, 通常論文
  • Expression and molecular function of Geminin, which governs hematopoietic stem cell activity. (International session "Molecular role for Geminin in switching self-renewal and differentiation of hematopoietic stem cells.")
    Takihara Y; Yasunaga S; Ohno Y; Kurogi T; Suzuki-Takedachi K; Nakashima Y; Ohtsubo M
    第86回日本生化学会大会, 2013年09月11日, 日本生化学会, 通常論文
  • Visualization and functional dissection of Geminin, a molecule governing cellular proliferation in hematopoietic stem cells.
    Takihara Y; Yasunaga S; Ohno Y; Kurogi T; Suzuki-Takedachi K; Nakashima Y; Ohtsubo M
    The 42nd annual scientific meeting of the international society for hematology and stem cells, 2013年08月22日, The international society for hematology and stem cells, 通常論文
  • 造血幹細胞の自己複製と分化のスウィチングを制御するGemininの役割.
    安永晋一郎
    第139回原医研セミナー, 2013年07月18日, 広島大学原爆放射線医科学研究所, 通常論文
  • Geminin発現量を標的とした白血病幹細胞制御法の開発への基盤研究.
    安永晋一郎
    新学術領域「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」第6回総括班会議, 2013年06月07日, 新学術領域「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」, 通常論文
  • Visualization and functional analysis of Geminin, a candidate molecule governing self-renewal and cellular differentiation of hematopoietic stem cells.
    Yasunaga S; Ohno Y; Kurogi T; Saeki K; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 11th Stem Cell Research Symposium, 2013年05月17日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • E2F-mediated transcriptional activation of the Geminin gene is under the regulation of a negative-feedback loop.
    Ohno Y; Saeki K; Yasunaga S; Shirai M; Kurogi T; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 11th Stem Cell Research Symposium, 2013年05月17日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • 保存さい帯血の体外増幅システムの開発
    安永晋一郎
    第38回(平成24年度)冲中記念成人病研究所 研究報告会, 2013年03月02日, 冲中記念成人病研究所, 通常論文
  • Polycomb group complex 1 and its downstream target genes, Hox, constitutes a homeostatic hematopoietic regulatory system through the regulation of Geminin protein.
    Ohno Y; Yasunaga S; Saeki K; Nakashima Y; Kurogi T; Ohtsubo M; Nakashima Y; Takihara Y
    The 3rd International Symposium of RIRBM, Hiroshima University, 2013年02月12日, Hiroshima University, 通常論文
  • Geminin, an essential factor for sustaining hematopoietic stem cell activity, regulates E2F-mediated transcription activation.
    Saeki K; Ohno Y; Yasunaga S; Kurogi T; Nakashima Y; Takihara Y
    The 3rd International Symposium Phoenix Leader Education Program (Hiroshima Initiative) for Renaissance from Radiation Disaster, 2013年02月10日, Phoenix Leader Education Program (Hiroshima Initiative) for Renaissance from Radiation Disaster, 通常論文
  • Scmh1によるGeminin発現制御の分子ネットワークを介した造血ホメオスタシスの維持機構.
    大野芳典; 安永晋一郎; 佐伯慧太; 大坪素秋; 黒木利知; 中島由恵; 瀧原義宏
    第35回日本分子生物学会年会, 2012年12月11日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • E2Fを介した転写制御におけるGemininの分子機能.
    佐伯慧太; 大野芳典; 安永晋一郎; 大坪素秋; 黒木利知; 中島由恵; 瀧原義宏
    第35回日本分子生物学会年会, 2012年12月11日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • 乳児白血病に対する分子標的療法の開発のための基盤研究.
    安永晋一郎
    第17回公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウム, 2012年11月30日, 公益財団法人がんの子どもを守る会, 通常論文
  • Scmh1 regulates Geminin through the ubiquitin-proteasome systems to govern hematopoietic homeostasis.
    Yasunaga S; Ohno Y; Saeki K; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2012年10月19日, The Japanese Society of Hematology, 通常論文
  • Repression of Geminin plays an important role in hoxa9-induced hematopoiesis and leukemogenesis.
    Ohno Y; Yasunaga S; Saeki K; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2012年10月19日, The Japanese Society of Hematology, 通常論文
  • Polycomb-group complex 1 and Hoxa9/Hoxb4 sustain the hematopoietic stem and progenitor cell activities through the direct regulation of protein stability of Geminin, which determines cellular proliferation and differentiation.
    Yasunaga S
    Liaison Laboratory Regular Seminar, Kumamoto University, 2012年08月01日, Kumamoto University, 招待有り
  • A new approach for activating mouse hematopoietic stem and progenitor cells by manipulating Geminin expression.
    Yasunaga S; Ohno Y; Ohtsubo M; Saeki K; Nakashima Y; Takihara Y
    The 10th Annual Meeting of International Society for Stem Cell Research (ISSCR), 2012年06月13日, International Society for Stem Cell Research (ISSCR), 通常論文
  • A novel molecular function for Hoxa9 in hematopoiesis and leukemogenesis.
    Yasunaga S
    The 10th Stem Cell Research Symposium, 2012年05月31日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • Scmh1 composes a molecular network regulating Geminin protein to govern hematopoiesis.
    Ohno Y; Yasunaga S; Ohtsubo M; Saeki K; Nakashima Y; Takihara Y
    The 10th Stem Cell Research Symposium, 2012年05月31日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • Role for an Scmh1-mediated molecular network governing Geminin expression in hematopoiesis.
    Ohtsubo M; Yasunaga S; Ohno Y; Kawashima A; Furutani T; Tetsuguchi H; Nakashima, Y; Takihara Y
    International Symposium 50th Anniversary of RIRBM, Hiroshima University, 2012年02月20日, Hiroshima University, 通常論文
  • Knock-down of Geminin induces the hematopoietic stem cell and progenitor activity.
    Furutani T; Yasunaga S; Ohno Y; Tetsuguchi H; Kawashima A; Saeki K; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    International Symposium 50th Anniversary of RIRBM, Hiroshima University, 2012年02月20日, Hiroshima University, 通常論文
  • HOXA9 transduction induced hematopoietic stem and progenitor activities; the role of direct regulation of Geminin.
    Tetsuguchi H; Ohno Y; Yasunaga S; Furutani T; Kawashima A; Saeki K; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    International Symposium 50th Anniversary of RIRBM, Hiroshima University, 2012年02月20日, Hiroshima University, 通常論文
  • 東日本大震災被災地への支援 −霞地区教職員の取り組み− 警戒区域住民の一時帰宅事業
    安永晋一郎
    広島大学 第3回医歯薬FD, 2012年01月30日, 広島大学, 通常論文
  • Visualization and modulation of Geminin expression for inducing the hematopoietic stem cell activity.
    Furutani T; Yasunaga S; Ohno Y; Kawashima A; Tetsuguchi H; Saeki K; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology of Japan, 2011年12月13日, The Molecular Biology of Japan, 通常論文
  • HOXA9 directly regulates Geminin by composing the E3 ubiquitin ligase that plays an important role in HOXA9-mediated induction of hematopoiesis and leukemogenesis.
    Tetsuguchi H; Ohno Y; Yasunaga S; Furutani T; Kawashima A; Saeki K; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology of Japan, 2011年12月13日, The Molecular Biology of Japan, 通常論文
  • Molecular roles for Scmh1, substoichiometric component of Polycomb-group complex 1.
    Kawashima A; Yasunaga S; Ohno Y; Furutani T; Tetsuguchi H; Saeki K; Nakashima Y; Ohtsubo M; Takihara Y
    The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology of Japan, 2011年12月13日, The Molecular Biology of Japan, 通常論文
  • 放射線障害と造血幹細胞移植〜福島派遣を経験して〜
    安永晋一郎
    第15回ワイル研集談会, 2011年10月29日, 九州大学第一内科学講座, 通常論文
  • A new strategy for manipulating HSC activity through the modulation of Geminin expression.
    Yasunaga S; Ohno Y; Ohtsubo M; Furutani T; Kawashima A; Tetsuguchi H; Saeki K; Nakashima Y; Takihara Y
    The 73rd Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2011年10月14日, The Japanese Society of Hematology, 通常論文
  • HOXA9 provides hematopoietic cells with proliferation potential through the degradation of Geminin.
    Ohno Y; Yasunaga S; Ohtsubo M; Tetsuguchi H; Furutani T; Kawashima A; Saeki K; Nakashima Y; Takihara Y
    The 73rd Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2011年10月14日, The Japanese Society of Hematology, 通常論文
  • 造血幹細胞をex vivoで増幅させるための新たなストラテジー.
    安永晋一郎
    第109回原医研セミナー, 2011年10月09日, 広島大学原爆放射線医科学研究所, 通常論文
  • Gemininの発現制御による白血病幹細胞の活性制御機構.
    安永晋一郎
    新学術領域「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」 第3回総括班会議, 2011年09月10日, 新学術領域「癌幹細胞を標的とする腫瘍根絶技術の新構築」, 通常論文
  • Gemininの発現調節による造血前駆細胞および造血幹細胞の活性操作 〜Accell siRNAを用いた未分化造血細胞におけるGemininの発現抑制〜
    安永晋一郎
    サーモフィッシャー ライフサイエンスセミナー「第3回RNAi研究の最前線」, 2011年07月22日, サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社, 通常論文
  • Scmh1 deficiency up-regulates transcription of Hox genes to maintain the expression level of Geminin, that may play a crucial role for sustaining hematopoiesis.
    Yasunaga S; Ohtsubo M; Ohno Y; Mori S; Furutani T; Kawashima A; Tetsuguchi H; Nakashima Y; Takihara Y
    The First RIRBM International Symposium : Genome damage and non-cancerous diseases, 2011年03月03日, Hiroshima University RIRBM (Research Institute for Radiation Biology and Medicine), 通常論文
  • Molecular role for HOX gene derivatives in hematopoiesis and leukemogenesis.
    Ohno Y; Yasunaga S; Ohtsubo M; Mori S; Tetsuguchi H; Furutani T; Kawashima A; Nakashima Y; Takihara Y
    The First RIRBM International Synposium : Genome damage and non-cancerous diseases, 2011年03月03日, Hiroshima University RIRBM (Research Institute for Radiation Biology and Medicine), 通常論文
  • HOX gene products rregulate hematopoiesis and leukemogenesis through the Geminin protein degradation.
    Ohno Y; Yasunaga S; Ohtsubo M; Mori S; Furutani T; Kawashima A; Tetsuguchi H; Nakashima Y; Takihara Y
    The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology of Japan And the 82nd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, 2010年12月07日, 日本分子生物学会、日本生化学会, 通常論文
  • Scmh1, a member of Polycomb complex 1, regulates hematopoiesis either through Geminin Ubiquitination or through repression of Hox genes.
    Yasunaga S; Ohtsubo M; Ohno Y; Mori S; Furutani T; Kawashima A; Tetsuguchi H; Nakashima Y; Takihara Y
    The 34th Annual Meeting of the Molecular Biology of Japan And the 82nd Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society, 2010年10月07日, 日本分子生物学会、日本生化学会, 通常論文
  • A role for Geminin in sustaining activity of haemopoietic stem and progenitor cells.
    Yasunaga S; Ohno Y; Ohtsubo M; Tsumura, M; Mori S; Nakashima Y; Kobayashi M; Takihara Y
    The 72nd Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, 2010年09月24日, 日本血液学会, 通常論文
  • Role for Geminin in hematopoietic stem cell regulation.
    Yasunaga S; Ohno Y; Ohtsubo M; Tsumura, M; Kageyama Y; Mori S; Nakashima Y; Takihara Y
    The 8th Stem Cell Research Symposium, 2010年03月13日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • HOXA9 acts as an E3 ubiquitin ligase for Geminin to provide hematopoietic cells with cellular proliferation.
    Ohno Y; Yasunaga S; Ohtsubo M; Tetsuguchi H; Furutani T; Kawashima A; Nakashima Y; Takihara Y
    The 9th Stem Cell Research Symposium, 2010年03月13日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • Study of the stabilization signal for Scmh1, a member of Polycomb complex 1.
    Ohtsubo M; Yasunaga S; Ohno Y; Tsumura M; Kageyama Y; Mori S; Takihara Y
    The 32nd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, 2009年12月09日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • Novel molecular role for HOX gene products in hematopoiesis and leukemogenesis.
    Ohno Y; Yasunaga S; Ohtsubo M; Mori S; Kageyama Y; Takihara Y
    The 32nd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, 2009年12月09日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • Molecular role of Scmh1, a member of Polycomb complex 1, which plays a crucial role for governing the hematopoietic stem cell activity.
    Yasunaga S; Ohtsubo M; Ohno Y; Tsumura, M; Kageyama Y; Mori S; Nakashima Y; Takihara Y
    The 32nd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, 2009年11月09日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • Scmh1による造血幹細胞制御機構の解析.
    安永晋一郎; 大坪素秋; 大野芳典; 津村弥来; 影山由佳; 森彩華; 小林正夫; 瀧原義宏
    第71回日本血液学会総会, 2009年10月23日, 日本血液学会, 通常論文
  • HOX遺伝子群による造血幹細胞の活性制御と白血病発症の分子機構.
    大野芳典; 安永晋一郎; 大坪素秋; 影山由佳; 時元利恵; 瀧原義宏
    第71回日本血液学会総会, 2009年10月23日, 日本血液学会, 通常論文
  • HSCの活性維持に必須なポリコーム複合体1の構成因子Scmh1の機能ドメインの解析.
    大坪素秋; 安永晋一郎; 津村弥来; 大野芳典; 影山由佳; 森彩華; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第71回日本血液学会総会, 2009年10月23日, 日本血液学会, 通常論文
  • Molecular role of Scmh1, a member of Polycomb complex 1. Which plays a crucial role for governing the hematopoietic stem cell activity.
    Yasunaga S; Ohno Y; Ohtsubo M; Tsumura, M; Kageyama Y; Tokimoto R; Takihara Y
    The 7th Stem Cell Research Symposium, 2009年05月15日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • Roles of Scmh1 in the regulation of Polycomb group complex 1, which acts as the E3 ubiquitin ligase for histone H2A and Geminin.
    Ohtsubo M; Yasunaga S; Tsumura M; Ohno Y; Kageyama Y; Kimura S; Tokimoto R; Takihara Y
    The 7th Stem Cell Research Symposium, 2009年05月15日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • Molecular roles for HOX gene products and the fusion with NUP98 in hematopoiesis and Leukemogenesis.
    Ohno Y; Yasunaga S; Ohtsubo M; Kageyama Y; Tokimoto R; Takihara Y
    The 7th Stem Cell Research Symposium, 2009年05月15日, Stem Cell Research Symposium, 通常論文
  • Gemininによる造血幹細胞制御の分子基盤.
    安永晋一郎; 大坪素秋; 大野芳典; 影山由佳; 津村弥来; 岡田賢; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会・合同大会, 2008年12月09日, 日本分子生物学会、日本生化学会, 通常論文
  • HOXB4によるGeminin分解制御を介する新たな造血幹細胞制御機構.
    大野芳典; 安永晋一郎; 大坪素秋; 影山由佳; 津村弥来; 岡田賢; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会・合同大会, 2008年12月09日, 日本分子生物学会、日本生化学会, 通常論文
  • ポリコーム複合体1の構成因子Scmh1の細胞内局在と安定性制御の解析.
    大坪素秋; 安永晋一郎; 津村弥来; 大野芳典; 岡田賢; 影山由佳; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会・合同大会, 2008年12月09日, 日本分子生物学会、日本生化学会, 通常論文
  • 造血幹細胞制御におけるGemininの役割.
    安永晋一郎; 大坪素秋; 大野芳典; 影山由佳; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 白尾謙一郎; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第70回日本血液学会総会, 2008年10月10日, 日本血液学会, 通常論文
  • HOXB4によるGeminin分解制御を介した造血幹細胞活性化制御の解析.
    大野芳典; 安永晋一郎; 大坪素秋; 影山由佳; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 白尾謙一郎; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第70回日本血液学会総会, 2008年10月10日, 日本血液学会, 通常論文
  • ポリコーム複合体1の構成因子Scmh1の細胞内局在と安定性制御の解析.
    大坪素秋; 安永晋一郎; 大野芳典; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 白尾謙一郎; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第70回日本血液学会総会, 2008年10月10日, 日本血液学会, 通常論文
  • HOXB4によるGemininの分解制御を介した造血幹細胞活性化機構の解析.
    大野芳典; 安永晋一郎; 大坪素秋; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 白尾謙一郎; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第6回幹細胞シンポジウム, 2008年05月16日, 幹細胞シンポジウム, 通常論文
  • HOXB4 acts as an E3 ubiquitin ligase for Geminin to sustain hematopoietic stem cell activity.
    Ohno Y; Yasunaga S; Ohtsubo M; Tsumura, M; Okada S; Ishikawa N; Rie Tokimoto; Kobayashi M; Takihara Y
    5th International Symposium Genome Damage and Regenerative Medicine, Hiroshima University 21st Century COE program -Radiation Casuality Medical Reserch Center-, 2008年01月23日, Hiroshima University 21st Century COE program, 通常論文
  • Polycomb-group complex 1 acts as an E3 ubiquitin ligase for to upholod hematopoietic stem cell activity.
    Ohtsubo M; Yasunaga S; Tsumura M; Ohno Y; Okada S; Ishikawa N; Shirao K; Rie Tokimoto; Kobayashi M; Takihara Y
    5th International Symposium Genome Damage and Regenerative Medicine, Hiroshima University 21st Century COE program -Radiation Casuality Medical Reserch Center-, 2008年01月23日, Hiroshima University 21st Century COE program, 通常論文
  • 造血システム制御におけるGemininの役割.
    安永晋一郎; 大坪素秋; 大野芳典; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 白尾謙一郎; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会・合同大会, 2007年12月11日, 日本分子生物学会、日本生化学会, 通常論文
  • HOXB4によるGeminin-Cdt1システムを介した造血幹細胞誘導.
    大野芳典; 安永晋一郎; 大坪素秋; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 白尾謙一郎; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会・合同大会, 2007年12月11日, 日本分子生物学会、日本生化学会, 通常論文
  • ポリコーム複合体1はGemininに対するE3ユビキチンリガーゼとして働き造血幹細胞の活性維持に必須である.
    大坪素秋; 安永晋一郎; 津村弥来; 大野芳典; 岡田賢; 石川暢恒; 白尾謙一郎; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会・合同大会, 2007年12月11日, 日本分子生物学会、日本生化学会, 通常論文
  • DNA複製ライセンス化制御因子Gemininによる造血幹細胞の活性制御.
    安永晋一郎; 大坪素秋; 大野芳典; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 白尾謙一郎; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第69回日本血液学会総会, 2007年10月11日, 日本血液学会, 通常論文
  • HOXB4による造血幹細胞誘導はGeminin-Cdt1システムを介する.
    大野芳典; 安永晋一郎; 大坪素秋; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 白尾謙一郎; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第69回日本血液学会総会, 2007年10月11日, 日本血液学会, 通常論文
  • ポリコーム複合体1はGemininに対するE3ユビキチンリガーゼとして働き造血幹細胞の活性を支持する.
    大坪素秋; 安永晋一郎; 津村弥来; 大野芳典; 岡田賢; 石川暢恒; 宮地-畠迫里佳; 小林正夫; 瀧原義宏
    第69回日本血液学会総会, 2007年10月11日, 日本血液学会, 通常論文
  • イマチニブ投与による慢性骨髄性白血病におけるBMI-1の発現の変化.
    三原圭一朗; 安永晋一郎; 中十奈苗; 松本涼子; 福本祥子; 田中英夫; 瀧原義宏; 木村昭郎
    第69回日本血液学会総会, 2007年10月11日, 日本血液学会, 通常論文
  • Geminin-Cdt1システムはDNA複製ライセンス化制御を介して造血幹細胞の活性を制御している.
    安永晋一郎; 大坪素秋; 大野芳典; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 時元利恵; 小林正夫; 瀧原義宏
    第5回幹細胞シンポジウム, 2007年05月17日, 幹細胞シンポジウム, 通常論文
  • HOXB4-overexpression complements the impaired hematopoietic stem cell activity in Polycomb-deficient fetal liver cells.
    Yasunaga S; Ohtsubo M; Ohno Y; Tsumura M; Okada S; Ishikawa N; Rie Tokimoto; Kobayashi M; Takihara Y
    4th International Symposium Genome Damage and Regenerative Medicine, Hiroshima University 21st Century COE program -Radiation Casuality Medical Reserch Center-, 2007年01月06日, Hiroshima University 21st Century COE program, 通常論文
  • Polycomb-group complex 1 as an E3 ubiquitin ligase for Geminin, a negative regulator of DNA replication licencing.
    Ohtsubo M; Yasunaga S; Tsumura M; Ohno Y; Okada S; Ishikawa N; Shirao K; Rie Tokimoto; Kobayashi M; Takihara Y
    4th International Symposium Genome Damage and Regenerative Medicine, Hiroshima University 21st Century COE program -Radiation Casuality Medical Reserch Center-, 2007年01月06日, Hiroshima University 21st Century COE program, 通常論文
  • 造血幹細胞制御の分子基盤の解析 I.ポリコーム群およびその関連遺伝子の造血制御における役割.
    安永晋一郎
    第16回月例COE若手研究者成果発表会, 2006年11月28日, 広島大学原爆放射線医科学研究所, 通常論文
  • ポリコーム遺伝子欠損造血幹細胞の活性低下に対するHOXB4による遺伝学的相補.
    安永晋一郎; 大坪素秋; 大野芳典; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 宮地-畠迫里佳; 小林正夫; 瀧原義宏
    第68回日本血液学会総会, 2006年10月06日, 日本血液学会, 通常論文
  • ポリコーム遺伝子群によるGeminin-Cdt1システムを介した造血幹細胞制御機構の解析.
    大野芳典; 安永晋一郎; 大坪素秋; 津村弥来; 岡田賢; 石川暢恒; 宮地-畠迫里佳; 小林正夫; 瀧原義宏
    第68回日本血液学会総会, 2006年10月06日, 日本血液学会, 通常論文
  • 複製ライセンス化制御因子Gemininの安定性制御におけるポリコーム遺伝子群の役割.
    大坪素秋; 安永晋一郎; 津村弥来; 大野芳典; 岡田賢; 石川暢恒; 宮地-畠迫里佳; 小林正夫; 瀧原義宏
    第68回日本血液学会総会, 2006年10月06日, 日本血液学会, 通常論文
  • 細胞種に依存した細胞の放射線応答:アポトーシス誘発と分裂期異常.
    秋元志美; 安永晋一郎; 大坪素秋; 藤原好恒; 山本卓; 瀧原義宏; 谷本能文; 鈴木文男
    第49回日本放射線影響学会大会, 2006年09月06日, 日本放射線影響学会, 通常論文
  • Transduction of HOXB4 into rae28-deficient fetal liver cells recovered the impaired hematopoietic stem cell activity and B cell development.
    Yasunaga S; Ohtsubo M; Ohno Y; Okada S; Ishikawa N; Tsumura M; Miyachi-Hatasako R; Kobayashi M; Takihara Y
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006年06月18日, IUBMB & FAOBMB, 通常論文
  • Role of Polycomb-group genes in the regulation of DNA replication licensing.
    Ohtsubo M; Yasunaga S; Tsumura M; Ohno Y; Okada S; Ishikawa N; Miyachi-Hatasako R; Kobayashi M; Takihara Y
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, 2006年06月18日, IUBMB & FAOBMB, 通常論文
  • ポリコーム遺伝子rae28欠損胎仔肝細胞へのHOXB4遺伝子導入による造血幹細胞増幅能の回復.
    安永晋一郎; 大坪素秋; 大野芳典; 岡田賢; 石川暢恒; 津村弥来; 宮地-畠迫里佳; 小林正夫; 瀧原義宏
    第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月07日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • ポリコーム遺伝子群によるDNA複製ライセンス化制御因子Gemininの安定性制御.
    大坪素秋; 安永晋一郎; 岡田賢; 石川暢恒; 津村弥来; 大野芳典; 宮地-畠迫里佳; 小林正夫; 瀧原義宏
    第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月07日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • ポリコーム遺伝子群による造血幹細胞制御におけるGeminin-Cdt1システムの役割.
    安永晋一郎; 大坪素秋; 石川暢恒; 岡田賢; 大野芳典; 津村弥来; 宮地-畠迫里佳; 小林正夫; 瀧原義宏
    第67回日本血液学会総会, 2005年09月17日, 日本血液学会, 通常論文
  • 複製ライセンス化制御因子Gemininの安定性制御におけるポリコーム遺伝子群の役割.
    大坪素秋; 安永晋一郎; 岡田賢; 石川暢恒; 津村弥来; 大野芳典; 宮地-畠迫里佳; 小林正夫; 瀧原義宏
    第67回日本血液学会総会, 2005年09月17日, 日本血液学会, 通常論文
  • 発生及び幹細胞制御における細胞周期制御の新しい側面
    瀧原義宏; 大坪素秋; 安永晋一郎; 宮地; 畠迫里佳
    第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月08日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • ポリコーム遺伝子群による造血幹細胞増幅制御におけるCdt1の役割.
    安永晋一郎; 大坪素秋; 石川暢恒; 岡田賢; 宮地; 畠迫里佳; 小林正夫; 瀧原義宏
    第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月08日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • 幹細胞のDNA複製制御におけるポリコーム遺伝子群の役割.
    大坪素秋; 安永晋一郎; 岡田賢; 石川暢恒; 宮地-畠迫里佳; 小林正夫; 瀧原義宏
    第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月08日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • 造血幹細胞制御におけるポリコーム遺伝子群の分子機能の新しい側面
    瀧原義宏; 大坪素秋; 安永晋一郎; 宮地; 畠迫里佳
    第66回日本血液学会総会, 2004年09月17日, 日本血液学会, 通常論文
  • 遺伝性難聴DFNB9の原因遺伝子Otoferlinのクローニング
    安永晋一郎
    第70回原医研セミナー, 2004年02月05日, 広島大学原爆放射線医科学研究所, 通常論文
  • 造血幹細胞制御におけるポリコーム遺伝子群の役割
    瀧原義宏; 大坪素秋; 安永晋一郎; 宮地里佳
    第26回日本分子生物学会年会, 2003年12月10日, 日本分子生物学会, 通常論文
  • The role of chemokines and certain cytokines, for example IL-1 & IL-18 in respiratory inflammation --- The effect of cytokine-induced dioxin receptor expression on bronchial epithelial cells.
    Yasunaga S
    AstraZeneca Research Grant Symposium, 2003年10月14日, AstraZeneca, 通常論文
  • IL-4、IL-13による気管支上皮細胞におけるIL-13シグナルの調節機構
    湯山則子; 安永晋一郎; 有馬和彦; 田中宏幸; 戸田修二; 合田千穂; 平野愛弓; 前田都; 杉田雄二; 永井博弌; 出原賢治
    第32回日本免疫学会総会, 2002年12月04日, 日本免疫学会, 通常論文
  • IL-4、IL-13による気管支上皮細胞におけるIL-13シグナルの調節機構.
    安永晋一郎; 湯山則子; 有馬和彦; 田中宏幸; 戸田修二; 合田千穂; 前田都; 杉田雄二; 永井博弌; 出原賢治
    Airway Club in Sendai 第11回研究会, 2002年09月20日, Airway Club in Sendai, 通常論文
  • The second member of FER-1 like gene family, OTOF (encoding otoferlin), causes a nonsyndromic deafness, DFNB9.
    安永晋一郎
    平成13年度 厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費「筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態解明と治療法開発に関する研究」清水班 Dysferlinopathy に関する small group workshop, 2001年12月14日, 平成13年度厚生労働省 精神・神経疾患研究委託費「筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態解明と治療法開発に関する研究」清水班, 通常論文
  • 遺伝性難聴(DFNB9)の原因遺伝子 otoferlin の分子遺伝学.
    安永晋一郎; Grati M; etit C
    日本耳鼻咽喉科学会第102回総会, 2001年05月17日, 日本耳鼻咽喉科学会, 通常論文
  • 聴覚障害の分子遺伝学 DFNB9 の 原因遺伝子 Otoferlin を中心に.
    安永晋一郎
    第45回佐賀医科大学分子遺伝学セミナー, 2001年02月19日, 佐賀医科大学, 通常論文
  • 遺伝性難聴(DFNB9)の原因遺伝子 otoferlin の multiple cDNA isoform.
    安永晋一郎; Grati M; etit C
    日本人類遺伝学会第45回大会, 2000年10月25日, 日本人類遺伝学会, 通常論文
  • Wegener 肉芽腫の治療中に合併したガンシクロビル抵抗性サイトメガロウイルス感染症にファスカーネットが著効した一例.
    国吉政美; 安永晋一郎; 重松秀明; 吉澤滋; 堀内孝彦; 浅野嘉延; 権藤久司; 仁保喜之
    第24回日本臨床免疫学会総会, 1996年09月25日, 日本臨床免疫学会, 通常論文
  • Comprehensive sequence analysis of HLA-DQA1 and -DQB1 alleles and characterization of DRB1-QAP-DQA1-DQB1 haplotypes.
    Yasunaga S; Kimura A; Sasazuki T
    12th International histocompatibility workshop and conference, 1996年06月09日, 通常論文
  • SLE患者におけるFas遺伝子異常ならびに遺伝子多型の解析.
    堀内孝彦; 西坂浩明; 安永晋一郎; 吉澤滋; 樋口雅則; 池田景; 小島武士; 長沢浩平; 仁保喜之
    第40回日本リウマチ学会総会, 1996年05月23日, 日本リウマチ学会, 通常論文
  • 高度の房室ブロックを伴ったSLEの2症例.
    木下聡子; 守田俊一; 安永晋一郎; 吉澤滋; 堀内孝彦; 浅野嘉延; 仁保喜之
    第40回日本リウマチ学会総会, 1996年05月23日, 日本リウマチ学会, 通常論文
  • Recurrent Focal Myositis の一例.
    古森恭子; 安永晋一郎; 堀内孝彦; 中島衡; 吉澤滋; 仁保喜之
    第40回日本リウマチ学会総会, 1996年05月23日, 日本リウマチ学会, 通常論文
  • 皮膚筋炎様の皮疹を伴った治療抵抗性間質性肺炎の一例.
    古森恭子; 広瀬留美; 安永晋一郎; 堀内孝彦; 吉澤滋; 中島衡; 浅野嘉延; 仁保喜之
    第11回九州リウマチ学会, 1996年03月16日, 九州リウマチ学会, 通常論文
  • 治療前にクリプトコッカス肺炎を合併したウェゲナー肉芽腫症の一例.
    重松秀明; 国吉政美; 安永晋一郎; 堀内孝彦; 吉澤滋; 中島衡; 浅野嘉延; 仁保喜之
    第11回九州リウマチ学会, 1996年03月16日, 九州リウマチ学会, 通常論文
  • HLA−DQA1遺伝子第1エクソンにおける多型性の解析.
    安永晋一郎; 木村彰方; 笹月健彦
    第25回日本免疫学会総会, 1995年11月28日, 日本免疫学会, 通常論文
  • インスリン依存性糖尿病の疾患感受性に対するHLA−DRおよびDQの役割. ワークショップ:HLA typingの進歩と疾患.
    安永晋一郎; 木村彰方; 笹月健彦
    第23回日本臨床免疫学会総会, 1995年09月20日, 日本臨床免疫学会, 通常論文
  • DQA1*0302の第1エクソンにおける多型性によるスプリット.
    安永晋一郎; 木村彰方; 笹月健彦
    日本人類遺伝学会第40回大会, 1995年09月20日, 日本人類遺伝学会, 通常論文
  • 胃癌発症とHLA遺伝子型との相関解析.
    大森真理子; 安永晋一郎; 笹月健彦; 杉町圭蔵
    日本人類遺伝学会第40回大会, 1995年09月20日, 日本人類遺伝学会, 通常論文
  • DR10に連鎖する新たなDQA1対立遺伝子.
    安永晋一郎; 木村彰方; 笹月健彦
    第4回日本組織適合性学会大会, 1995年07月13日, 日本組織適合性学会, 通常論文
  • 胃癌患者におけるHLA−DNAタイピング.
    大森真理子; 安永晋一郎; 笹月健彦; 杉町圭蔵
    第4回日本組織適合性学会大会, 1995年07月13日, 日本組織適合性学会, 通常論文
  • 炎症性腸疾患とHLA class II allele.
    吉武佐枝子; 安永晋一郎; 笹月健彦; 木村彰方; 岡田光男; 八尾恒良
    第4回日本組織適合性学会大会, 1995年07月13日, 日本組織適合性学会, 通常論文
  • 非血縁者間骨髄移植におけるHLA−DNAタイピングの意義.
    木村彰方; 伊達是志; 安永晋一郎; 笹月健彦; 徳永勝士; 赤座達也; 十字猛夫; 坂巻建夫; 柏原英彦; 松原亨一; 吉田孝人; 成瀬妙子; 猪子英俊; 加藤俊一; 省骨髄移植調査研
    第4回日本組織適合性学会大会, 1995年07月13日, 日本組織適合性学会, 通常論文
  • インスリン依存性糖尿病の疾患感受性・抵抗性とHLAクラスII 遺伝子群の多型性.
    安永晋一郎; 木村彰方; 笹月健彦
    第24回日本免疫学会総会, 1994年11月29日, 日本免疫学会, 通常論文
  • HLA−DQA1およびDQB1遺伝子の遺伝的多型性.
    安永晋一郎; 木村彰方; 笹月健彦
    日本人類遺伝学会第39回大会, 1994年10月18日, 日本人類遺伝学会, 通常論文
  • HLA−DQ遺伝子座の多型性とインスリン依存性糖尿病.
    安永晋一郎; 木村彰方; 笹月健彦
    第3回日本組織適合性学会大会, 1994年07月20日, 日本組織適合性学会, 通常論文
  • Dysproteinemia を伴った T-Cell-Rich B-Cell Lymphoma の一例.
    安永晋一郎; 身吉剛; 瀧井昌英; 大久保英雄; 大島孝一; 菊池昌弘
    第34回日本臨床血液学会総会, 1992年11月05日, 日本臨床血液学会, 通常論文
  • 若年発症の直腸粘膜脱症候群の一例.
    安永晋一郎; 赤星玄也; 奈須俊史; 吉田浩樹; 蓑田智憲; 福本哲四郎; 浜中保三
    第52回日本消化器内視鏡学会九州支部例会, 1991年12月06日, 日本消化器内視鏡学会九州支部, 通常論文
  • 腹部大動脈閉塞性病変を呈した Lupus anticoagulant 陽性全身性エリテマトーデスの一例.
    安永晋一郎; 多田芳史; 佐藤浩信; 真弓武仁; 大塚毅; 長沢浩平; 仁保喜之
    第211回日本内科学会九州地方会, 1990年11月25日, 日本内科学会九州支部, 通常論文
■ 所属学協会
  • 日本放射線影響学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本組織適合性学会
  • 日本免疫学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本内科学会
  • 日本癌学会
  • 日本血液学会
  • 日本生化学会
  • 日本分子生物学会
■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • HDL機能を強化・改善する食事パターン・食品・栄養素の同定
    基盤研究(C)
    福岡大学
    2022年04月01日 - 2025年03月31日
  • 腫瘍関連抗原と免疫チェックポイント分子CTLA4を同時標的化する光免疫療法の確立
    基盤研究(C)
    福岡大学
    2020年04月01日 - 2023年03月31日
  • 造血幹細胞の増殖・分化制御におけるZFATとGemininの分子的クロストーク
    基盤研究(C)
    福岡大学
    2019年04月01日 - 2023年03月31日
  • 新規動脈硬化診断指標:LC-MS/MSイソプロスタン分析法の臨床的意義の確立
    基盤研究(C)
    2017年04月01日 - 2020年03月31日
  • 造血システムの低線量率被ばくに対する防護法の開発
    基盤研究(C)
    2017年04月01日 - 2020年03月31日
  • 超音波感受性物質内封ナノリポソームを用いた非侵襲的がん超音波力学療法の実用化研究
    基盤研究(C)
    2016年04月01日 - 2019年03月31日
  • がんとその周辺微小環境を包括的に制御する高効率光免疫療法の確立
    基盤研究(C)
    2016年04月01日 - 2019年03月31日
  • 低線量率放射線被ばくによる造血幹細胞障害とその分子基盤の解析
    基盤研究(B)
    2016年04月01日 - 2019年03月31日
  • Gemininの可視化による増殖心筋細胞の新たな同定法の開発と心筋再生
    挑戦的萌芽研究
    2015年04月01日 - 2018年03月31日
  • 造血幹細胞の自己複製と分化の制御機構の解明とその再生医療への応用のため基盤研究
    基盤研究(C)
    2014年04月01日 - 2017年03月31日
  • Geminin発現量を標的とした白血病幹細胞制御法の開発への基盤研究
    新学術領域研究
    2013年04月01日 - 2015年03月31日
  • Gemininによる心筋細胞を維持する分子機構の解析
    挑戦萌芽研究
    2013年04月01日 - 2015年03月31日
  • Gemininタンパク質制御を介した造血幹細胞の活性制御機構の解析
    基盤研究(C)
    2011年04月01日 - 2014年03月31日
  • Geminin発現制御による白血病幹細胞の活性制御機構の解析
    新学術領域研究(研究領域提案型)
    2011年04月01日 - 2013年03月31日
  • 心臓幹細胞の新たな同定法の開発と機能解析
    挑戦萌芽研究
    2011年04月01日 - 2013年03月31日
  • iPS細胞を用いた造血幹細胞の誘導法の開発とその分子基盤の解析
    基盤研究(B)
    2010年04月01日 - 2013年03月31日
  • ポリコーム複合体1による造血幹細胞の活性制御機構の解析
    基盤研究(C)
    2009年04月01日 - 2012年03月31日
  • Gemininのユビキチン化による造血幹細胞の活性制御機構の解析
    基盤研究(C)
    広島大学
    2008年04月01日 - 2011年03月31日
  • 造血幹細胞の活性を支持するGemininの分子制御機構の解析
    特定領域研究
    2008年04月01日 - 2010年03月31日
  • Gemininを用いて造血幹細胞を増幅するための理論基盤の確立
    萌芽研究
    2008年04月01日 - 2009年03月31日
  • がん幹細胞の活性制御におけるDNA複製ライセンス化の役割
    特定領域研究
    2006年04月01日 - 2008年03月31日
  • ポリコーム複合体によるDNA複製ライセンス化制御の造血幹細胞における役割
    特定領域研究
    2005年04月01日 - 2007年03月31日
  • ES細胞より造血幹細胞をex vivoで誘導する試み
    萌芽研究
    2005年04月01日 - 2006年03月31日
  • ポリコーム遺伝子群による成体幹細胞の制御機構の解析と増幅法の開発
    基盤研究(B)
    広島大学
    2004年04月01日 - 2006年03月31日
  • ポリコーム遺伝子群による造血幹細胞の自己複製制御機構の研究
    特定領域研究
    2003年04月01日 - 2005年03月31日
  • ポリコーム遺伝子群を用いた造血幹細胞増幅の試み
    萌芽研究
    2003年04月01日 - 2004年03月31日
  • ダイオキシン受容体(AhR)の発現誘導とアレルギー病態との関連性の解析
    若手研究(B)
    2002年04月01日 - 2004年03月30日