SEARCH

検索詳細
Last Updated :2024/03/03

四元 房典

産科婦人科学
教授

研究者情報

■ 学位
  • 医学博士, 福岡大学
  • Doctor of Medical Science, Fukuoka University
■ 研究キーワード
  • ヘパリン様結合性上皮性増殖因子
■ 研究分野
  • ライフサイエンス, 分子生物学, 分子生物学

経歴

■ 学歴
  • 2005年04月 ー 2008年09月
    福岡大学, 医学研究科, 生殖・性器生化学
  • 1997年04月 ー 2003年03月
    九州大学, 医学部, 医学科

研究活動情報

■ 論文
  • MiR-4535 and MiR-1915-5p in Amniotic Fluid as Predictive Biomarkers for Chorioamnionitis
    漆山 大知; 深川 怜史; 平川 豊文; 吉川 賢一; 井槌 大介; 宮田 康平; 倉員 正光; 四元 房典; 廣松 賢治; 太田 栄治; 廣瀬 伸一; 安永 晋一郎; 宮本 新吾
    Future Science OA, 2021年, 査読有り, 通常論文
  • 脂肪組織由来幹細胞を活用した再生医療による着床改善
    四元 房典; 宮本 新吾
    産科と婦人科, 2020年, 査読有り, 通常論文
  • Clinical Features of Recurrence in Patients Without Residual Tumour in Endometrial Cancer
    宮本 新吾; 四元 房典; 宮原 大輔; 平川 豊文; 吉川 賢一; 重川 浩一郎; 宮田 康平; 伊東 智宏; 倉員 正光
    Anticancer Research, 2019年07月, 査読有り, 通常論文
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術と開腹子宮筋腫核出術とが及ぼす周産期予後の検討
    宮本 新吾; 倉員 正光; 伊東 智宏; 井槌 大介; 四元 房典; 宮原 大輔
    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌, 2019年, 査読無し, 通常論文
  • がん性腹膜炎の新規治療
    四元 房典; 宮本 新吾
    日本臨床増刊号, 2018年, 査読無し, 通常論文
  • Association of Serum HB-EGF Value and Response to Chemotherapy in Patients with Recurrent Ovarian Cancer
    宮本 新吾; 井槌 大介; 深川 怜史; 四元 房典; 吉川 賢一; 清島 千尋; 南 星旭; 宮田 康平; 伊東 智宏; 倉員 正光; 荒木 陵多; 讃井 絢子; 宮原 大輔; 村田 将春
    Anticancer Res, 2018年, 査読有り, 通常論文
  • Clinical Significance of Preterm Fetal Cardiotocography in Severe Fetal Acidemia
    宮本 新吾; 荒木 陵多; 清島 千尋; 四元 房典; 村田 将春
    Med Bull Fukuoka Univ, 2018年, 査読有り, 通常論文
  • Microbiome profile of the amniotic fluid as a predictive biomarker of perinatal outcome
    宮本 新吾; 荒木 陵多; 清島 千尋; 倉員 正光; 讃井 絢子; 四元 房典; 村田 将春
    Scientific Report, 2017年09月22日, 査読有り, 通常論文
  • Serum Heparin-binding Epidermal Growth Factor-like Growth Factor (HB-EGF) as a Biomarker for Primary Ovarian Cancer
    Kohei Miyata; Fusanori Yotsumoto; Satoshi Fukagawa; Chihiro Kiyoshima; Nam Sung Ouk; Daichi Urushiyama; Tomohiro Ito; Takahiro Katsuda; Masamitsu Kurakazu; Ryota Araki; Ayako Sanui; Daisuke Miyahara; Masaharu Murata; Kyoko Shirota; Hiroshi Yagi; Tadao Takono; Kiyoko Kato; Nobuo Yaegashi; Kohei Akazawa; Masahide Kuroki; ShiN'Ichiro Yasunaga; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2017年07月, 査読有り, 通常論文
  • Antitumour Effects of Intravenous Administration of BK-UM, a Novel Inhibitor of HB-EGF, in Ovarian Cancer Therapy
    Satoshi Fukagawa; Fusanori Yotsumoto; Takashi Odawara; Sadao Manabe; Toyokazu Ishikawa; Shin'Ichiro Yasunaga; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2017年07月, 査読有り, 通常論文
  • HB-EGF Is a Promising Therapeutic Target for Lung Cancer with Secondary Mutation of EGFR(T790M)
    Fusanori Yotsumoto; Satoshi Fukagawa; Kohei Miyata; Sung Ouk Nam; Takahiro Katsuda; Daisuke Miyahara; Takashi Odawara; Sadao Manabe; Toyokazu Ishikawa; Shin'ichiro Yasunaga; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2017年07月, 査読有り, 通常論文
  • MicroRNA-135a-3p as a promising biomarker and nucleic acid therapeutic agent for ovarian cancer
    Satoshi Fukagawa; Kohei Miyata; Fusanori Yotsumoto; Chihiro Kiyoshima; Sung Ouk Nam; Haruchika Anan; Takahiro Katsuda; Daisuke Miyahara; Masaharu Murata; Hiroshi Yagi; Kyoko Shirota; Shin'ichiro Yasunaga; Kiyoko Kato; Shingo Miyamoto
    CANCER SCIENCE, 2017年05月, 査読有り, 通常論文
  • BK-UM in patients with recurrent ovarian cancer or peritoneal cancer: a first-in-human phase-I study
    宮本 新吾; 四元 房典; 讃井 絢子
    BMC Cancer, 2017年01月31日, 査読有り, 通常論文
  • 腹膜播種性転移のがん微小環境と分子メカニズム
    四元 房典; 宮本 新吾
    先端医療シリーズ48 臨床医のための最新産科婦人科, 2017年, 査読無し, 通常論文
  • Anti-tumor Effect of Intravenous Administration of CRM197 for Triple-negative Breast Cancer Therapy
    Sung Ouk Nam; Fusanori Yotsumoto; Kohei Miyata; Satoshi Fukagawa; Takashi Odawara; Sadao Manabe; Toyokazu Ishikawa; Masahide Kuroki; ShiN'Ichiro Yasunaga; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2016年07月, 査読有り, 通常論文
  • Contribution of transcription factor, SP1, to the promotion of HB-EGF expression in defense mechanism against the treatment of irinotecan in ovarian clear cell carcinoma
    Kohei Miyata; Fusanori Yotsumoto; Sung Ouk Nam; Takashi Odawara; Sadao Manabe; Toyokazu Ishikawa; Hiroaki Itamochi; Junzo Kigawa; Shuji Takada; Hiroshi Asahara; Masahide Kuroki; Shingo Miyamoto
    CANCER MEDICINE, 2014年10月, 査読有り, 通常論文
  • Pre-clinical Study of BK-UM, a Novel Inhibitor of HB-EGF, for Ovarian Cancer Therapy
    Sung Ouk Nam; Fusanori Yotsumoto; Kohei Miyata; Yuki Suzaki; Hiroshi Yagi; Takashi Odawara; Sadao Manabe; Toyokazu Ishikawa; Masahide Kuroki; Eisuke Mekada; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2014年08月, 査読有り, 通常論文
  • Possible Therapeutic Targets Among the Molecules Involved in the Warburg Effect in Tumor Cells
    Sung Ouk Nam; Fusanori Yotsumoto; Kohei Miyata; Naoto Shirasu; Shingo Miyamoto; Masahide Kuroki
    ANTICANCER RESEARCH, 2013年07月, 査読有り, 通常論文
  • Molecular Hierarchy of Heparin-Binding EGF-like Growth Factor-Regulated Angiogenesis in Triple-Negative Breast Cancer
    Fusanori Yotsumoto; Eriko Tokunaga; Eiji Oki; Yoshihiko Maehara; Hiromi Yamada; Kyoko Nakajima; Sung Ouk Nam; Kohei Miyata; Midori Koyanagi; Keiko Doi; Senji Shirasawa; Masahide Kuroki; Shingo Miyamoto
    MOLECULAR CANCER RESEARCH, 2013年05月, 査読有り, 通常論文
  • HB-EGFを標的とした卵巣癌治療薬の創薬.
    宮田康平; 南 星旭; 四元房典; 黒木政秀; 宮本新吾
    Research, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 卵巣がんの腹膜播種に対する新たなアプローチ.
    宮田 康平; 四元 房典; 南 星旭; 黒木 政秀; 宮本 新吾
    産婦人科の実際, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • Clinical significance of amphiregulin and epidermal growth factor in colostrum
    Takeshi Nojiri; Toshiyuki Yoshizato; Tatsuya Fukami; Hirotsugu Obama; Hiroshi Yagi; Fusanori Yotsumoto; Shingo Miyamoto
    ARCHIVES OF GYNECOLOGY AND OBSTETRICS, 2012年09月, 査読有り, 通常論文
  • Biological Response Modifiers Used in Cancer Biotherapy
    Masahide Kuroki; Shingo Miyamoto; Takashi Morisaki; Fusanori Yotsumoto; Naoto Shirasu; Yoshie Taniguchi; Gen-Ichiro Soma
    ANTICANCER RESEARCH, 2012年06月, 査読有り, 通常論文
  • Regulatory Mechanisms of the HB-EGF Autocrine Loop in Inflammation, Homeostasis, Development and Cancer
    Kohei Miyata; Fusanori Yotsumoto; Sung Ouk Nam; Masahide Kuroki; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2012年06月, 査読有り, 通常論文
  • Regulatory Mechanisms of the HB-EGF Autocrine Loop in Inflammation, Homeostasis, Development and Cancer
    Kohei Miyata; Fusanori Yotsumoto; Sung Ouk Nam; Masahide Kuroki; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2012年06月, 査読有り, 通常論文
  • Targeting Bcl-2 family proteins in adult T-cell leukemia/lymphoma: In vitro and in vivo effects of the novel Bcl-2 family inhibitor ABT-737
    Kenji Ishitsuka; Naoko Kunami; Hiroo Katsuya; Rumiko Nogami; Chie Ishikawa; Fusanori Yotsumoto; Hiroe Tanji; Naoki Mori; Morishige Takeshita; Shingo Miyamoto; Kazuo Tamura
    CANCER LETTERS, 2012年04月, 査読有り, 通常論文
  • Soluble heparin-binding EGF-like growth factor (HB-EGF) detected by newly developed immuno-PCR method is a clear-cut serological biomarker for ovarian cancer.
    Kasai N; Kobayashi K; Shioya S; Yoshikawa Y; Yotsumoto F; Miyamoto S; Mekada E; Enokizono J
    Am J Transl Res., 2012年, 査読有り, 通常論文
  • HB-EGFを標的とした卵巣癌治療法の開発.
    南 星旭; 四元房典; 黒木政秀; 宮本新吾
    産婦人科の実際, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • 婦人科がん-最新の研究動向- Ⅳ.卵巣がん 卵巣癌の生物学.
    四元房典; 黒木政秀; 宮本新吾
    日本臨床, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • A Novel Anti-Human HB-EGF Monoclonal Antibody with Multiple Antitumor Mechanisms against Ovarian Cancer Cells
    Shingo Miyamoto; Ryo Iwamoto; Akiko Furuya; Kumiko Takahashi; Yuka Sasaki; Hiroshi Ando; Fusanori Yotsumoto; Tomoko Yoneda; Miki Hamaoka; Hiroshi Yagi; Takuya Murakami; Sayaka Hori; Kenya Shitara; Eisuke Mekada
    CLINICAL CANCER RESEARCH, 2011年11月, 査読有り, 通常論文
  • Amphiregulinを標的とした膵癌治療.
    四元房典; 深見達弥; 八木裕史; 船越顕博; 吉里俊幸; 黒木政秀; 宮本新吾
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • A possible clinical adaptation of CRM197 in combination with conventional chemotherapeutic agents for ovarian cancer.
    Tsujioka H; Fukami T; Yotsumoto F; Ueda T; Hikita S; Takahashi Y; Kondo H; Kuroki Ma; Miyamoto S
    Anticancer Res., 2011年, 査読有り, 通常論文
  • Anti-tumor effects of CRM197, a specific inhibitor for HB-EGF, in T-cell acute lymphoblastic leukemia.
    Kunami N; Yotsumoto F; Ishitsuka K; Fukami T; Odawara T; Manabe S; Ishikawa T; Tamura K; Kuroki Ma; Miyamoto S
    Anticancer Res., 2011年, 査読有り, 通常論文
  • Assessment of HB-EGF levels in peritoneal fluid and serum of ovarian cancer patients using ELISA.
    Hikita S; Yotsumoto F; Fumaki T; Horiuchi S; Sanui A; Miyata K; Nam S; Tsujioka H; Ueda T; Shirota K; Yoshizato T; Maeda K; Ishikawa T; Okuno Y; Kuroki Ma; Mekada E; Miyamoto S
    Anticancer Res., 2011年, 査読有り, 通常論文
  • Proteolytic activation of heparin-binding EGF-like growth factor by membrane-type matrix metalloproteinase-1 in ovarian carcinoma cells
    Naohiko Koshikawa; Hiroto Mizushima; Tomoko Minegishi; Fuyuki Eguchi; Fusanori Yotsumoto; Kazuki Nabeshima; Shingo Miyamoto; Eisuke Mekada; Motoharu Seiki
    CANCER SCIENCE, 2011年01月, 査読有り, 通常論文
  • Targeting the heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor in ovarian cancer therapy.
    Tsujioka H; Yotsumoto F; Hikita S; Ueda T; Kuroki Ma; Miyamoto S
    Curr. Opin. Obstet. Gynecol., 2011年, 査読有り, 通常論文
  • Apoptosis as a Possible Candidate Mechanism for Removal of Tamoxifen-related Endometrial Cells with KRAS Mutations
    Hiroshi Tsujioka; Toru Hachisuga; Shoko Hikita; Taeko Ueda; Fusanori Yotsumoto; Kyoko Shirota; Toshiyuki Yoshizato; Tatsuhiko Kawarabayashi; Masahide Kuroki; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2010年08月, 査読有り, 通常論文
  • Emerging Strategies for ErbB Ligand-based Targeted Therapy for Cancer
    Hiroshi Tsujioka; Fusanori Yotsumoto; Kyoko Shirota; Shinji Horiuchi; Toshiyuki Yoshizato; Masahide Kuroki; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2010年08月, 査読有り, 通常論文
  • 卵巣癌におけるHB-EGF特異的抑制剤CRM197とPaclitaxelによる相乗的抗腫瘍効果.
    讃井絢子; 八木裕史; 四元房典; 深見達弥; 辻岡 寛; 堀内新司; 黒木政秀; 宮本新吾
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • HB-EGF orchestrates the complex signals involved in triple-negative and trastuzumab-resistant breast cancer.
    Yotsumoto F; Oki E; Tokunaga E; Maehara Y; Kuroki Ma; Miyamoto S
    Int. J. Cancer, 2010年, 査読有り, 通常論文
  • HB-EGF inhibition in combination with various anticancer agents enhances its antitumor effects in gastric cancer.
    Sanui A; Yotsumoto F; Tsujioka H; Fukami T; Horiuchi S; Shirota K; Yoshizato T; Kawarabayashi T; Kuroki Ma; Miyamoto S
    Anticancer Res., 2010年, 査読有り, 通常論文
  • Amphiregulin regulates the activation of ERK and Akt through EGFR and HER3 signals involved in the progression of pancreatic cancer.
    Yotsumoto F; Fukami T; Yagi H; Funakosi A; Yoshizato T; Kuroki Ma; Miyamoto S
    Cancer Sci., 2010年, 査読有り, 通常論文
  • Efficacy of Ligand-based Targeting for the EGF System in Cancer
    Fusanori Yotsumoto; Ayako Sanui; Tatsuya Fukami; Kyoko Shirota; Shinji Horiuchi; Hiroshi Tsujioka; Toshiyuki Yoshizato; Masahide Kuroki; Shingo Miyamoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2009年11月, 査読有り, 通常論文
  • Amphiregulin regulates the production of human chorionic gonadotropin in trophoblasts
    Tatsuya Fukami; Toshiyuki Yoshizato; Shingo Miyamoto; Hiroshi Yagi; Fusanori Yotsumoto; Kazuki Nabeshima; Toru Hachisuga; Masahide Kuroki; Tatsuhiko Kawarabayashi
    LIFE SCIENCES, 2009年06月, 査読有り, 通常論文
  • Amphiregulin is much more abundantly expressed than transforming growth factor-alpha and epidermal growth factor in human follicular fluid obtained from patients undergoing in vitro fertilization-embryo transfer
    Yoshihito Inoue; Shingo Miyamoto; Tatsuya Fukami; Kyoko Shirota; Fusanori Yotsumoto; Tatsuhiko Kawarabayashi
    FERTILITY AND STERILITY, 2009年04月, 査読有り, 通常論文
  • Potential for Molecularly Targeted Therapy against Epidermal Growth Factor Receptor Ligands
    Shingo Miyamoto; Tatsuya Fukami; Hiroshi Yagi; Masahide Kuroki; Fusanori Yotsumoto
    ANTICANCER RESEARCH, 2009年03月, 査読有り, 通常論文
  • Synergistic anti-tumor effect of paclitaxel with CRM197, an inhibitor of HB-EGF, in ovarian cancer.
    Yagi H; Yotsumoto F; Sonoda K; Kuroki Ma; Mekada E; Miyamoto S
    Int. J. Cancer, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • HB-EGFとAmphiregulinを標的とした癌治療.
    四元房典; 八木裕史; 鈴木 諭; 沖 英次; 辻岡 寛; 蜂須賀徹; 園田顕三; 瓦林達比古; 黒木政秀; 目加田英輔; 宮本新吾
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 2009年, 査読無し, 通常論文
  • 卵巣癌におけるHB-EGFによる腹膜播種機構
    四元 房典; 宮本 新吾
    Molecular Cancer Therapeutics, 2008年, 査読有り, 通常論文
  • HB-EGFとAmphiregulinによる癌標的治療
    四元 房典; 瓦林 達比古; 辻岡 寛; 宮本 新吾
    Biochemical and Biophysical Research Communications, 2008年01月, 査読有り, 通常論文
  • 細胞増殖因子HB-EGFを分子標的とした卵巣癌治療薬の開発.
    四元房典; 宮本新吾; 目加田英輔
    Bio Clinica, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • Heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor as a new target molecule for cancer therapy.
    Miyamoto S; Yagi H; Yotsumoto F; Kawarabayashi T; Mekada E
    Adv. Exp. Med. Biol., 2008年, 査読有り, 通常論文
  • Clinical significance of RCAS1 as a biomarker of ovarian cancer
    Kenzo Sonoda; Shingo Miyamoto; Fusanori Yotsumoto; Hiroshi Yagi; Manabu Nakashima; Takeshi Watanabe; Hitoo Nakano
    ONCOLOGY REPORTS, 2007年03月, 査読有り, 通常論文
  • HB-EGFを標的とした癌標的治療
    四元 房典; 宮本 新吾
    細胞, 2007年, 査読無し, 通常論文
  • New approach to cancer therapy: heparin binding-epidermal growth factor-like growth factor as a novel targeting molecule.
    Miyamoto S; Yagi H; Yotsumoto F; Horiuchi S; Yoshizato T; Kawarabayashi T; Kuroki Ma; Mekada E
    Anticancer Res., 2007年, 査読有り, 通常論文
■ MISC
  • HB-EGFを標的とした卵巣癌治療薬の創薬.
    宮田康平; 南 星旭; 四元房典; 黒木政秀; 宮本新吾
    Research, 2013年, 査読無し, 通常論文
■ 書籍等出版物
  • モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2017年版
    安永 晋一郎; 黒木 政秀; 黒木 求; 瀬川 波子; 衣笠 哲史; 芝口 浩智; 白須 直人; 四元 房典, 編者(編著者), 編著
    福岡大学医学部生化学講座, 2017年03月31日, 査読無し
    9784990942601
  • モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2016年版
    安永 晋一郎; 黒木 政秀; 黒木 求; 瀬川 波子; 衣笠 哲史; 芝口 浩智; 白須 直人; 四元 房典, 編者(編著者), 編著
    福岡大学医学部生化学講座, 2016年03月31日, 査読無し
    9784990314699
  • モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学 ー生体物質の代謝と異常ー 2015年版
    安永 晋一郎; 黒木 政秀; 黒木 求; 瀬川 波子; 衣笠 哲史; 芝口 浩智; 白須 直人; 四元 房典, 共著, 編著
    福岡大学医学部生化学講座, 2015年03月31日, 査読無し
    9784990314682
  • モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学―生体物質の代謝と異常― 2014年版
    黒木 政秀; 黒木 求; 瀬川 波子; 芝口 浩智; 白須 直人; 四元 房典, 編者(編著者)
    福岡大学医学部生化学教室, 2014年, 査読無し
    9784990314675
  • モデル・コア・カリキュラム対応 医用生化学―生体物質の代謝と異常― 2013年版
    黒木政秀; 瀬川波子; 芝口浩智; 四元房典; 白須直人, 編者(編著者)
    福岡大学医学部生化学教室, 2013年, 査読無し
    9784990314668
  • コアカリキュラム対応 医用生化学―生体物質の代謝と異常― 2012年版.
    黒木政秀; 瀬川波子; 芝口浩智; 四元房典; 白須直人, 共編者(共編著者)
    福岡大学医学部生化学教室, 2012年, 査読無し
  • コアカリキュラム対応 人体機能学Ⅲ(生化学)―生体物質の代謝と異常― 2011年版.
    黒木政秀; 瀬川波子; 芝口浩智; 四元房典; 白須直人, 共編者(共編著者)
    福岡大学医学部生化学教室, 2011年, 査読無し
  • コアカリキュラム対応 人体機能学Ⅲ(生化学)―生体物質の代謝と異常― 2010年版.
    黒木政秀; 瀬川波子; 芝口浩智; 四元房典; 白須直人, 共編者(共編著者)
    福岡大学医学部生化学教室, 2010年, 査読無し
  • コアカリキュラム対応 人体機能学Ⅲ(生化学)―生体物質の代謝と異常― 2009年版.
    黒木政秀; 芝口浩智; 四元房典; 白須直人; 瀬川波子, 共編者(共編著者)
    福岡大学医学部生化学教室, 2009年, 査読無し
  • Fusion therapy of cellular and humoral immunity for cancer using antibodies or their genes against carcinoembryonic antigen.
    Kuroki Ma; Wang L; Huo Q; Shibaguchi H; Yanagisawa J; Fukami T; Yotsumoto F; Tanaka T; Miyamoto S, 共著, 233-245
    Research Signpost, 2008年, 査読無し
■ 講演・口頭発表等
  • シンポジウム 子宮内膜症・子宮筋腫・子宮腺筋症
    四元房典
    第35回日本女性医学学会学術集会, 2020年11月21日, 通常論文
  • 癌治療標的分子RCAS1の発現制御分子の同定
    第19回日本婦人科がん分子標的研究会, 2020年11月14日, 通常論文
  • Phase I study on treatment for infertility patients with implantaion failure using autologous adipose tissue derived regenerative cells
    Yotsumoto F
    第72回日本産科婦人科学会学術講演会, 2020年04月23日, 通常論文
  • MRI画像を用いた成熟嚢胞奇形腫及び内膜症性嚢胞由来の卵巣悪性腫瘍の術前予測の検討
    四元房典
    第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会, 2019年07月04日, 通常論文
  • 成熟囊胞奇形腫及び内膜症性囊胞由来の卵巣悪性腫瘍の MRI 画像診断による術前 予測の検討
    四元房典
    第71回日本産科婦人科学会学術講演会, 2019年04月11日, 通常論文
  • 難治性不妊に対する脂肪組織由来再生細胞を利用した細胞治療
    四元房典
    第17回日本再生医療学会総会, 2019年03月21日, 通常論文
  • 更年期症状の薬物療法と代替療法
    四元房典
    第268回福岡県病院薬剤師会筑豊支部学術講演会, 2019年02月20日, 通常論文
  • 子宮体癌治療の変遷
    四元房典
    平成30年度第2回子宮がん検診講習会, 2019年01月31日, 通常論文
  • 菲薄化子宮内膜による難治性不妊に対する脂肪組織由来再生細胞を利用した治療
    四元房典; 城田京子; 伊東裕子; 宮本新吾
    第69回日本産科婦人科学会学術講演会, 2018年04月13日, 通常論文
  • 着床不全症例に対する脂肪組織由来再生細胞を利用した細胞医療
    四元房典
    日本生殖再生医学会第12回学術集会, 2017年03月19日, 通常論文
  • 胎児染色体異常の予測診断におけるNTと羊膜絨毛膜分離の組み合わせの有用性
    四元房典; 吉里俊幸; 荒木陵多; 讃井絢子; 宮本新吾
    第68回日本産科婦人科学会学術講演会, 2016年04月21日, 通常論文
  • CD36を標的としたがん治療の創薬開発
    四元房典
    第2回 新潟産婦人科シンポジウム, 2015年08月29日, 通常論文
  • 卵巣癌における予後予測および薬剤感受性に関わるmicroRNA
    四元房典; 深川怜史; 宮田 康平; 南 星旭; 安永晋一郎; 黒木政秀; 宮本新吾
    第14回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会, 2015年07月17日, 通常論文
  • HB-EGF特異的抑制剤CRM197腹腔内投与の抗腫瘍効果の検討.
    南 星旭; 四元房典; 宮田康平; 黒木政秀; 宮本新吾
    第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月, 通常論文
  • 卵巣癌における血中HB-EGF濃度と予後の相関.
    宮田康平; 四元房典; 南 星旭; 勝田隆博; 前原 都; 宮原大輔; 近藤晴彦; 八木裕史; 小林裕明; 徳永英樹; 高野忠夫; 大槻健郎; 加藤聖子; 八重樫伸夫; 黒木政秀; 宮本新吾
    第17回バイオ治療法研究会学術集会, 2013年12月, 通常論文
  • 上皮系増殖因子 amphiregulinによる結腸癌腫瘍形成における糖代謝の制御.
    南 星旭; 四元房典; 宮田康平; 黒木政秀; 宮本新吾
    第33回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2013年10月, 通常論文
  • 卵巣がんにおける予後予測マーカーとしての血中 heparin binding epidermal growth factor-like growth factor の意義.
    宮田康平; 四元房典; 南 星旭; 植田多恵子; 勝田隆博; 前原 都; 宮原大輔; 近藤晴彦; 八木裕史; 小林裕明; 高野忠夫; 大槻健郎; 加藤聖子; 八重樫伸夫; 黒木政秀; 宮本新吾
    第33回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2013年10月, 通常論文
  • Study on serum HB-EGF as a prognostic biomarker in ovarian cancer patients.
    Miyata, K; Yotsumoto, F; Nam, S. O; Yagi, H; Kobayashi, H; Suzuki, F; Takano, T; Kato, K; Yaegashi, N; Kuroki, Ma; Miyamoto, S
    第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常論文
  • Amphiregulin regulates aerobic glycolysis in tumorigenesis of colorectal cancer.
    Nam, S. O; Yotsumoto, F; Miyata, K; Kuroki, Ma; Miyamoto, S
    第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 通常論文
  • micro RNA arrayを用いたHB-EGF標的治療反応性の血中マーカーの検索.
    宮田 康平; 南 星旭; 四元 房典; 黒木 政秀; 目加田英輔; 宮本 新吾
    第12回日本婦人科がん分子標的研究会, 2013年07月, 通常論文
  • 大腸癌の分子標的治療法をめざしたAmphiregulinが関与する遺伝子群の解析.
    南 星旭; 四元房典; 宮田康平; 黒木政秀; 宮本新吾
    第16回バイオ治療法研究会学術集会, 2012年12月08日, 通常論文
  • Enhanced expression of HB-EGF through OxLDL-CD36 pathway in ovarian cancer.
    Yotsumoto, F; Nam, S. O; Miyata, K; Yamada, H; Kuroki, Ma; Miyamoto, S
    第71回日本癌学会学術総会, 2012年09月19日, 通常論文
  • 卵巣癌標的分子HB-EGFの脂質代謝異常関連遺伝子による発現制御機構.
    四元房典; 南 星旭; 黒木政秀; 宮本新吾
    第16回日本がん分子標的治療学会学術集会, 2012年06月27日, 通常論文
  • 卵巣明細胞腺癌の塩酸イリノテカン療法抵抗性におけるHB-EGFの発現機構.
    宮田康平; 四元房典; 南 星旭; 板持広明; 紀川純三; 黒木政秀; 宮本新吾
    第15回バイオ治療法研究会学術集会, 2011年12月03日, 通常論文
  • Regulation of HB-EGF expression by a transcriptional mechanism contributes to chemoresistance of ovarian clear cell carcinoma.
    Miyata K; Yotsumoto F; Nam S. O; Itamochi H; Kigawa J; Kuroki Ma; Miyamoto S
    The 39th Meeting of the International Society of Oncology and BioMarkers (ISOBM), 2011年10月15日, 通常論文
  • HB-EGF regulates angiogenesis-related molecules in mammary tumorigenesis.
    Nam S. O; Yotsumoto F; Miyata K; Tokunaga E; Akiyoshi, S; Oki E; Maehara Y; Kuroki Ma; Miyamoto S
    The 39th Meeting of the International Society of Oncology and BioMarkers (ISOBM), 2011年10月15日, 通常論文
  • Hierarchy of angiogenesis-related molecules involved in tumorigenesis of breast cancer.
    Nam S. O; Yotsumoto F; Miyata K; Tokunaga E; Akiyoshi S; Oki E; Maehara Y; Kuroki Ma; Miyamoto S
    第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常論文
  • Transcriptional regulation in HB-EGF expression contributes to chemoresistance of ovarian clear cell carcinoma.
    Miyata K; Yotsumoto F; Nam S. O; Itamochi H; Kigawa J; Kuroki Ma; Miyamoto S
    第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月03日, 通常論文
  • Possible applications of antibodies or their genes against tumor-associated antigens in cancer diagnosis and therapy.
    Kuroki Ma; Yotsumoto F; Choijamts B; Miyamoto S
    HSUM International Conference on Medical Molecular Biology, 2011 “From Genomic Research to Cancer Therapy”, 2011年07月08日, 通常論文
  • ジフテリア毒素変異体(CRM197)を用いた卵巣癌標的治療.
    疋田祥子; 四元房典; 辻岡 寛; 讃井絢子; 植田多恵子; 城田京子; 堀内新司; 吉里俊幸; 前田一洋; 石川豊数; 奥野良信; 黒木政秀; 宮本新吾
    第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月11日, 通常論文
  • 卵巣癌標的治療薬ジフテリア毒素変異体(CRM197)の多剤併用療法への応用.
    植田多恵子; 辻岡 寛; 深見達弥; 四元房典; 疋田祥子; 高橋庸子; 園田顕三; 小田原隆; 真鍋貞夫; 石川豊数; 黒木政秀; 宮本新吾
    第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月11日, 通常論文
  • T細胞性急性リンパ性白血病におけるジフテリア毒素変異体(CRM197)を用いた標的治療.
    工並直子; 石塚賢治; 四元房典; 深見達弥; 讃井絢子; 小田原隆; 真鍋貞夫; 石川豊数; 田村和夫; 黒木政秀; 宮本新吾
    第14回バイオ治療法研究会学術集会, 2010年12月11日, 通常論文
  • Targeting Bcl-2 family proteins in adult T-cell leukemia/lymphoma.
    Kunami, N; Ishitsuka, K; Yotsumoto, F; Ishikawa, C; Katsuya, H; Sawada, S; Miyamoto, S; Kuroki, Ma; Tamura, K
    第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常論文
  • Development of molecularly targeted against HB-EGF for proteins with ovarian cancer.
    Miyamoto, S; Yotsumoto, F; Kuroki, Ma
    第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常論文
  • Identification of genes regulating of HB-EGF as a target for breast cancer therapy.
    Yotsumoto, F; Kuroki, Ma; Miyamoto, S
    第69回日本癌学会学術総会, 2010年09月22日, 通常論文
  • Amphireguilinを標的とした膵癌治療.
    四元房典; 深見達弥; 八木裕史; 船越顕博; 吉里俊幸; 黒木政秀; 宮本新吾
    第30回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2010年09月21日, 通常論文
  • Targeting Bcl-2 family proteins in adult T-cell leukemia/lymphoma: in vitro and in vivo effects of a novel Bcl-2 family inhibitor, ABT-737.
    Kunami, N; Ishitsuka, K; Yotsumoto, F; Ishikawa, C; Katsuya, H; Sawada, S; Taniji, H; Takeshita, M; Mori, N; Miyamoto, S; Kuroki, Ma; Tamura, K
    101st Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR), 2010年04月17日, 通常論文
  • ヒト悪性腫瘍の治療における標的分子としてのHB-EGFとamphiregulinの妥当性.
    四元房典
    第2回福岡県医学会総会, 2010年01月31日, 通常論文
  • 胃癌細胞株における特異的抑制剤CRM197及びPaclitaxelとの相乗的抗腫瘍効果.
    讃井絢子; 辻岡 寛; 四元房典; 深見達弥; 堀内新司; 黒木政秀; 宮本新吾
    第13回バイオ治療法研究会学術集会, 2009年12月05日, 通常論文
  • HB-EGF as a target molecule for triple negative breast cancer therapy.
    Yotsumoto, F; Oki, E; Tokunaga, E; Maehara, Y; Sanui, A; Fukami, T; Kuroki; Ma. Mizushima, H; Mekada, E; Miyamoto, S
    第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常論文
  • In vitro synergistic antitumor effect of combination of an antibody against amphiregulin and oxaliplatin in colon cancer.
    Horiuchi, S; Fukami, T; Tsujioka, H; Yagi, H; Yotusmoto, F; Sanui, A; Kunami, N; Kuroki, Ma; Miyamoto, S
    第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常論文
  • Anti-tumor effect of CRM197, a specific inhibitor for HB-EGF, in T lymphoblastic leukemia.
    Kunami, N; Fukami, T; Yotsumoto, F; Sanui, A; Ishitsuka, K; Tamura, K; Kuroki, Ma; Miyamoto, S
    第68回日本癌学会学術総会, 2009年10月01日, 通常論文
  • 卵巣癌におけるHB-EGF 特異的抑制剤CRM197 とPaclitaxel による相乗的抗腫蕩効果.
    讃井絢子; 八木裕史; 四元房典; 深見達弥; 辻岡 寛; 堀内新司; 黒木政秀; 宮本新吾
    第29回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2009年09月30日, 通常論文
  • Heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor as a target molecule for triple negative breast cancer therapy.
    Yotsumoto, F; Oki, E; Tokunaga, E; Maehara, Y; Sanui, A; Fukami, T; Kuroki, Ma; Mizushima, H; Mekada, E; Miyamoto, S
    37th Meeting of the International Society of Oncology and BioMarkers (ISOBM), 2009年09月27日, 通常論文
  • In vitro synergistic anti-tumor effect of combination of an antibody against amphiregulin and the anticancer agent oxaliplatin in colon cancer.
    Horiuchi, S; Fukami, T; Tsujioka, H; Yagi, H; Yotsumoto, F; Sanui, A; Kunami, N; Kuroki, Ma; Miyamoto, S
    37th Meeting of the International Society of Oncology and BioMarkers (ISOBM), 2009年09月27日, 通常論文
  • 卵巣癌標的分子HB-EGFのトリプルネガティブ乳癌(TNBC) における標的分子としての妥当性の検討.
    四元房典; 沖 英次; 徳永えり子; 前原喜彦; 黒木政秀; 水島寛人; 目加田英輔; 宮本新吾
    第8回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会, 2009年07月30日, 通常論文
  • 卵巣癌におけるパクリタキセルとHB-EGF特異的抑制剤CRM197による相乗的抗腫瘍効果.
    讃井絢子; 深見達弥; 四元房典; 宮本新吾
    第1回福岡県医学会総会, 2009年01月25日, 通常論文
  • Heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor (HB) 特異的抑制剤 CRM197 (CRM) を用いた乳癌標的治療.
    四元房典; 沖 英次; 徳永えり子; 前原喜彦; 黒木政秀; 水島寛人; 目加田英輔; 宮本新吾
    第12回バイオ治療法研究会学術集会, 2008年12月06日, 通常論文
  • The validation of CRM197, a specific inhibitor for HB-EGF, for molecularly targeted in breast cancer patients.
    Yotsumoto, F; Oki, E; Tokunaga, E; Maehara, Y; Kuroki, Ma; Mizushima, H; Mekada, E; Miyamoto, S
    第67回日本癌学会学術総会, 2008年10月28日, 通常論文
  • The validation of molecularly targeted therapy against amphiregulin in pancreatic cancer.
    Fukami, T; Yagi, H; Yotsumoto, F; Funakoshi, A; Kuroki, Ma; Mekada, E; Miyamoto, S
    第67回日本癌学会学術総会, 2008年10月28日, 通常論文
  • HB-EGFとAmphiregulinを標的とした癌治療.
    四元房典; 八木裕史; 鈴木 諭; 沖 英次; 辻岡 寛; 蜂須賀徹; 園田顕三; 瓦林達比古; 黒木政秀; 目加田英輔; 宮本新吾
    第28回日本分子腫瘍マーカー研究会, 2008年10月27日, 通常論文
  • Phase I sutdy of BK-UK (CRM197) in patients with ovarian cancer.
    Miyamoto, S; Yotsumoto, F; Fukami, T; Sanui, A; Kuroki, Ma; Mekada, E
    36th Meeting of the International Society of Oncology and BiolMarkers (ISOBM), 2008年10月05日, 通常論文
  • Efficacy of cross-reacting material 197 (CRM197), a specific inhibitor for heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor (HB), in breast cancer patients.
    Yotsumoto, F; Oki, E; Tokunaga, E; Maehara, Y; Kuroki, Ma; Mizushima, H; Mekada, E. and; Miyamoto, S
    36th Meeting of the International Society of Oncology and BiolMarkers (ISOBM), 2008年10月05日, 通常論文
  • The inhibition of amphireguilin blocks AKT as well as ERK activations in pancreatic cancer.
    Fukami, T; Yagi, H; Yotsumoto, F; Funakoshi, A; Kuroki; Ma. Mekada; Miyamoto, S
    36th Meeting of the International Society of Oncology and BioMarkers (ISOBM), 2008年10月05日, 通常論文
  • Synergistic anti-tumor effects in combination of Gemcitabine with inhibitors for amphiregulin.
    Fukami, T; Yagi, H; Yotsumoto, F; Funakoshi, A; Kuroki, Ma; Mekada, E; Miyamoto, S
    99th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR), 2008年04月12日, 通常論文
  • Heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor (HB) regulates mammary tumorigenesis through EGFR as well as Her2 signal.
    Yotsumoto, F; Yagi, H; Fukami, T; Kuroki, Ma; Mizushima, H; Mekada, E; Miyamoto, S
    99th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research (AACR), 2008年04月12日, 通常論文
  • ヒト膵臓癌標的分子amphiregulinの妥当性とamphiregulin抑制剤の治療への応用の可能性.
    深見達弥; 八木裕史; 四元房典; 船越顕博; 黒木政秀; 目加田英輔; 宮本新吾
    第11回バイオ治療法研究会学術集会, 2007年12月01日, 通常論文
  • Synergistic anti-tumor effects of CRM197 and paclitaxel in patients with advanced gastric cancer.
    Miyamoto, S; Yagi, H; Yotsumoto, F; Fukami, T; Kuroki, Ma; Mekada, E
    第66回日本癌学会学術総会, 2007年10月03日, 通常論文
  • Amphiregulin enchances drug-resistance for pancreatic and colon cancers.
    Fukami, T; Yagi, H; Yotsumoto, F; Oki, E; Kuroki, Ma; Mekada, E; Miyamoto, S
    第66回日本癌学会学術総会, 2007年10月03日, 通常論文
  • HB-EGF or amphiregulin is a promising target for human cancer therapy.
    Yotsumoto., F; Yagi. H; Sonoda, K; Tsujioka, H; Hachisuga, T; Kawarabayashi, T; Oki, E; Kuroki, Ma; Mekada, E; Miyamoto, S
    第66回日本癌学会学術総会, 2007年10月03日, 通常論文
  • Heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor (HB) とamphiregulin (AR)を標的とした癌治療.
    四元房典; 八木裕史; 園田顕三; 辻岡筧; 蜂須賀徹; 瓦林達比古; 沖 英次; 黒木政秀; 目加田英輔; 宮本新吾
    第6回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会, 2007年07月21日, 通常論文
  • 卵巣癌腹膜におけるHeparin binding epidermal growth factor-like growth factor (HB)の役割.
    八木裕史; 四元房典; 深見達弥; 瓦林達比古; 目加田英輔; 宮本新吾
    第6回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会, 2007年07月21日, 通常論文
  • 卵巣癌におけるHB-EGFとタキソールとの関連.
    深見達弥; 八木裕史; 四元房典; 瓦林達比古; 目加田英輔; 宮本新吾
    第6回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会, 2007年07月21日, 通常論文
  • HB-EGF(HB)を標的とした卵巣癌治療の医師主導型治験.
    宮本新吾; 八木裕史; 四元房典; 深見達弥; 吉里俊幸; 堀内新司; 瓦林達比古; 目加田英輔
    第6回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会, 2007年07月21日, 通常論文
■ 所属学協会
  • 日本癌学会
  • 日本産科婦人科学会
■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • HB-EGF発現を制御する転写因子の同定と癌の診断及び治療への応用
    2010年 - 2011年
  • HB-EGF発現制御機構に関する研究
    2009年 - 2011年
  • 癌標的分子HB-EGFの発現制御機構に関する分子の探索
    2009年