SEARCH

検索詳細
Last Updated :2024/03/02

高松 泰

腫瘍・血液・感染症内科学
教授

研究者情報

■ 学位
  • 博士(医学), 九州大学
■ 研究キーワード
  • 血液内科学
  • 内科学一般
■ 研究分野
  • ライフサイエンス, 血液、腫瘍内科学, 血液内科学
  • ライフサイエンス, 内科学一般, 内科学一般

経歴

■ 学歴
  • 1987年
    九州大学, 医学部, 医学

研究活動情報

■ 論文
  • Comprehensive geriatric assessment as a useful tool in predicting adverse events in elderly patients with diffuse large B-cell lymphoma
    Toshihiro Tanaka; Rika Sakai; Ilseung Choi; Junichi Tsukada; Hidenori Sasaki; Yoshiko Naito; Fumiaki Kiyomi; Yasushi Takamatsu; Kazuo Tamura
    Scientific Reports, 2022年12月
  • Lymphoma during pregnancy in Japan: a multicenter retrospective cohort study.
    Onishi C; Nishikori M; Yakushijin K; Kurahashi S; Nakazawa H; Takamatsu Y; Hashimoto Y; Tatetsu H; Nawa Y; Yoshida M; Kobayashi T; Oyake T; Yano S; Oride A; Suzuki R
    Int J Hematol, 2022年03月, 査読有り, 通常論文
  • 特集/かゆみ診療に必要な最新の知識 かゆみと疾患 造血器腫瘍
    茂木愛; 髙松泰
    臨床と研究, 2022年03月, 査読無し, 通常論文
  • Epstein-Barr Virus-positive Intestinal Diffuse Large B-cell Lymphoma in a Japanese Patient with Celiac Disease: First Reported Case and a Literature Review.
    Ishibashi H; Imakiire S; Goto M; Nomaru R; Shibata M; Matsuoka H; Yasuda H; Yamashima T; Sakisaka H; Tanabe T; Matsuoka S; Kuno N; Abe K; Funakoshi S; Takamatsu Y; Hirai F; Takeshita M
    Intern Med, 2022年02月, 査読無し, 通常論文
  • Difference of compliance rates for the recommendations in Japanese Guideline on Febrile Neutropenia according to respondents' attributes: the second report on a questionnaire survey among hematology-oncology physicians and surgeons.
    Akiyama N; Okamura T; Yoshida M; Kimura S; Yano S; Yoshida I; Kusaba H; Takahashi K; Fujita H; Fukushima K; Iwasaki H; Tamura K; Saeki T; Takamatsu Y; Zenda S
    Support Care Cancer (Online ahead of print.), 2022年01月, 査読有り, 通常論文
  • Emerging resistance to beta-lactams in Pantoea ananatis isolated from an immunocompetent patient with bacteremia.
    Yoshimura M; Tokushige C; Maruyama JI; Kawano Y; Ishikura H; Matsunaga A; Takata T; Hiromatsu K; Yanagihara I; Togawa A; Takamatsu Y
    Diagn Microbiol Infect Dis (Online ahead of print.), 2022年01月, 査読有り, 通常論文
  • 多発性骨髄腫やその他の形質細胞腫瘍に合併する神経症状
    知念祥太郎; 髙松泰
    血液内科, 2021年12月, 査読無し, 通常論文
  • A questionnaire survey on evaluation for penetration and compliance of the Japanese Guideline on Febrile Neutropenia among hematology-oncology physicians and surgeons.
    Akiyama N; Okamura T; Yoshida M; Kimura S; Yano S; Yoshida I; Kusaba H; Takahashi K; Fujita H; Fukushima K; Iwasaki H; Tamura K; Saeki T; Takamatsu Y; Zenda S
    Support Care Cancer, 2021年11月, 査読有り, 通常論文
  • Large cell morphology, CMYC+ tumour cells, and PD-1+ tumour cell/intense PD-L1+ cell reactions are important prognostic factors in nodal peripheral T-cell lymphomas with T follicular helper markers.
    Mihashi Y; Kimura S; Iwasaki H; Oshiro Y; Takamatsu Y; Kawauchi S; Shimajiri S; Ishizuka K; Takeshita M
    Diagn Pathol, 2021年11月, 査読有り, 通常論文
  • A refractory human T-cell leukemia virus type 1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis patient with lymphoma-type adult T-cell leukemia/lymphoma: A case report and review of the literature.
    Tamaki K; Mera H; Takeshita S; Fujioka S; Goto M; Matsumoto T; Yamano Y; Takamatsu Y; Tsuboi Y
    Medicine (Baltimore), 2021年10月, 査読無し, 通常論文
  • Programmed cell death-ligand 1 (PD-L1)+ tumour cells and low-reacting programmed cell death 1 (PD1)+ tumour-infiltrating lymphocytes predict poor prognosis in Epstein-Barr virus+ diffuse large B-cell lymphoma.
    Kimura S; Oshiro Y; Iwasaki H; Kadowaki M; Mihashi Y; Sakata T; Kawauchi S; Wang Z; Takamatsu Y; Takeshita M
    Clin Exp Med (Online ahead of print.), 2021年09月, 査読有り, 通常論文
  • Clinical features and chromosomal/genetic aberration in adult acute lymphoblastic leukemia in Japan: results of Fukuoka Blood & Marrow Transplant Group Studies ALL MRD 2002 and 2008.
    Morishige S; Miyamoto T; Eto T; Uchida N; Kamimura T; Miyazaki Y; Ogawa R; Okumura H; Fujisaki T; Iwasaki H; Kawano N; Wake A; Ohta T; Takamatsu Y; Kurokawa T; Ito Y; Maeda T; Akashi K; Nagafuji K
    Int J Hematol, 2021年06月, 査読有り, 通常論文
  • Bortezomib enhances G-CSF-induced hematopoietic stem cell mobilization by decreasing CXCL12 levels and increasing vascular permeability.
    Matsumoto T; Takamatsu Y; Moriyama H; Terada K; Mori M; Ono K; Migita K; Hara S
    Exp Hematol, 2021年05月, 査読有り, 通常論文
  • がん化学療法を受ける患者に対する薬学実習生の着眼点の把握 ―テキストマイニング法を用いた解析―
    緒方憲太郎; 安高勇気; 知念祥太郎; 中島勇太; 佐々木秀法; 吉川千鶴子; 髙松 泰; 神村英利
    薬学教育, 2021年02月, 査読有り, 通常論文
  • MGUSの病態と診療方針
    知念祥太郎; 髙松 泰
    血液内科, 2021年02月, 査読無し, 通常論文
  • Randomised phase II study to optimise melphalan, prednisolone, and bortezomib in untreated multiple myeloma (JCOG1105).
    Maruyama D; Iida S; Ogawa G; Fukuhara N; Seo S; Miyazaki K; Yoshimitsu M; Kuroda J; Tsukamoto N; Tsujimura H; Hangaishi A; Yamauchi T; Utsumi T; Mizuno I; Takamatsu Y; Nagata Y; Minauchi K; Ohtsuka E; Hanamura I; Yoshida S; Yamasaki S; Suehiro Y; Kamiyama Y; Tsukasaki K; Nagai H
    Br J Haematol, 2021年, 査読有り, 通常論文
  • A randomized phase 2/3 study of R-CHOP vs CHOP combined with dose-dense rituximab for DLBCL: the JCOG0601 trial.
    Ohmachi K; Kinoshita T; Tobinai K; Ogawa G; Mizutani T; Yamauchi N; Fukuhara N; Uchida T; Yamamoto K; Miyazaki K; Tsukamoto N; Iida S; Utsumi T; Yoshida I; Imaizumi Y; Tokunaga T; Yoshida S; Masaki Y; Murayama T; Yakushijin Y; Suehiro Y; Nosaka K; Dobashi N; Kuroda J; Takamatsu Y; Maruyama D; Ando K; Ishizawa K; Ogura M; Yoshino T; Hotta T; Tsukasaki K; Nagai H; the Japan Clinical; Oncology Group
    Blood Adv, 2021年, 査読有り, 通常論文
  • Surveillance of the current situation regarding influenza vaccination according to medical oncologists in Japan.
    Maeda T; Sasaki H; Togawa A; Tanaka T; Arima H; Takata T; Takamatsu Y
    Cancer Sci, 2021年01月, 査読有り, 通常論文
  • Efficacy and safety of micafungin in empiric and D-index-guided early antifungal therapy for febrile neutropenia; A subgroup analysis of the CEDMIC trial.
    Kimura S; Kanda Y; Iino M; Fukuda T; Sakaida E; Oyake T; Yamaguchi H; Fujiwara SI; Jo Y; Okamoto A; Fujita H; Takamatsu Y; Saburi Y; Matsumura I; Yamanouchi J; Shiratori S; Gotoh M; Nakamura S; Tamura K; Japan Febrile Neutropenia; Study Group
    Int J Infect Dis, 2020年11月, 査読有り, 通常論文
  • 血液疾患
    茂木 愛; 髙松 泰
    臨床と研究, 2020年10月20日, 査読無し, 通常論文
  • R-CHOP-14 versus R-CHOP-14/CHASER for upfront autologous transplantation in diffuse large B-cell lymphoma: JCOG0908 study.
    Kagami Y; Yamamoto K; Shibata T; Tobinai K; Imaizumi Y; Uchida T; Shimada K; Minauchi K; Fukuhara N; Kobayashi H; Yamauch N; Tsujimura H; Hangaishi A; Tominaga R; Suehiro Y; Yoshida S; Inoue Y; Suzuki S; Tokuhira M; Kusumoto S; Kuroda J; Yakushijin Y; Takamatsu Y; Kubota Y; Nosaka K; Morishima S; Nakamura S; Ogura M; Maruyama D; Hotta T; Morishima Y; Tsukasaki K; Nagai H
    Cancer Sci, 2020年10月, 査読有り, 通常論文
  • 好中球減少の鑑別診断
    佐々木秀法; 髙松 泰
    内科, 2020年10月, 査読無し, 通常論文
  • 慢性リンパ性白血病の診断と治療
    髙松 泰
    Medical Practice, 2020年09月01日, 査読無し, 通常論文
  • Clinical and cytopathological characteristics of HTLV-1+ hodgkin lymphoma.
    Kobata K; Kimura S; Mihashi Y; Iwasaki H; Nonaka S; Matsumoto S; Takamatsu Y; Choi I; Kawauchi S; Ishitsuka K; Takeshita M
    Cancer Med, 2020年08月, 査読有り, 通常論文
  • Endoscopic and clinicopathological characteristics of colorectal T/NK cell lymphoma.
    Ishibashi H; Nimura S; Hirai F; Harada N; Iwasaki H; Kawauchi S; Oshiro Y; Matsuyama A; Nakamura S; Takamatsu Y; Yonemasu H; Shimokama T; Takeshita M
    Diagnostic Pathology, 2020年08月, 査読有り, 通常論文
  • 日本人多発性骨髄腫患者における大量メルファラン療法の有害事象と薬物曝露量の関係
    内山将伸; 松尾宏一; 髙松 泰; 宮崎元康; 柿本秀樹; 長郷あかね; 神村英利; 今給黎修
    医療薬学, 2020年07月, 査読有り, 通常論文
  • Development of risk factor‑based scoring system for detection of hypervirulent Klebsiella pneumoniae bloodstream infections.
    Togawa A; Yoshimura M; Tokushige C; Matsunaga A; Takata T; Takamatsu Y
    Gut Pathogens, 2020年, 査読有り, 通常論文
  • Efficacy of oral levofloxacin monotherapy against low-risk FN in patients with malignant lymphoma who received chemotherapy using the CHOP regimen
    Ai Mogi; Hidenori Sasaki; Yuta Nakashima; Shotaro Chinen; Masanao Ishizu; Toshihiro Tanaka; Tohru Takata; Yasushi Takamatsu
    Journal of Clinical and Experimental Hematopathology, 2020年
  • FF-10501 induces caspase-8-mediated apoptotic and endoplasmic reticulum stress-mediated necrotic cell death in hematological malignant cells.
    Matsumoto T; Jimi S; Migita K; Terada K; Mori M; Takamatsu Y; Suzumiya J; Hara S
    International journal of hematology, 2019年11月, 査読有り, 通常論文
  • Bortezomib-based strategy with autologous stem cell transplantation for newly diagnosed multiple myeloma: a phase II study by the Japan Study Group for Cell Therapy and Transplantation (JSCT-MM12).
    Sunami K; Matsumoto M; Fuchida SI; Omoto E; Takamatsu H; Adachi Y; Choi I; Fujishima N; Kiguchi T; Miyamoto T; Maeda A; Suzumiya J; Yamamura R; Nagafuji K; Nakazato T; Kuroda Y; Yujiri T; Takamatsu Y; Harada M; Akashi K
    International journal of clinical oncology, 2019年04月, 査読有り, 通常論文
  • Community-acquired Disseminated Exophiala dermatitidis Mycosis with Necrotizing Fasciitis in Chronic Graft-versus-host Disease.
    Eiichi Sato; Atsushi Togawa; Michio Masaki; Akihiko Shirahashi; Midori Kumagawa; Yasumasa Kawano; Hiroyasu Ishikura; Yuri Yamashiro; Satoshi Takagi; Hiromi To; Katsumi Kobata; Morishige Takeshita; Koji Kusaba; Eisaburo Sueoka; Kazuo Tamura; Yasushi Takamatsu; Tohru Takata
    Internal medicine (Tokyo, Japan), 2019年03月15日, 査読無し, 通常論文
  • Cytological tumour cell characteristics and reactive small lymphocytes influence patient prognosis in acute and lymphoma type adult T-cell leukaemia/lymphoma.
    Nonaka S; Matsumoto S; Kawauchi S; Iwasaki H; Takamatsu Y; Takeshita M
    Cytopathology, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • Association of immune thrombocytopenia and interstitial pneumonia.
    Kushima H; Kinoshita Y; Watanabe K; Takamatsu Y; Ishii H
    Internal Medicine, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • Prospective evaluation of minimal residual disease monitoring to predict prognosis of adult patients with Ph‐negative acute lymphoblastic leukemia.
    Nagafuji K; Miyamoto T; Eto T; Ogawa R; Okumura H; Takase K; Kawano N; Miyazaki Y; Fujisaki T; Wake A; Ohno Y; Kurokawa T; Kamimura T; Takamatsu Y; Yokota S; Akashi K
    Eur J Haematol, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • アグレッシブリンパ腫の国際予後指標(IPI)
    髙松 泰
    胃と腸, 2019年, 査読無し, 通常論文
  • 外来で診る高齢者の皮膚・軟部組織感染症
    戸川 温; 髙田 徹; 髙松 泰
    月刊 臨床と研究, 2019年, 査読無し, 通常論文
  • 血算
    正木充生; 髙松 泰
    月刊 臨床と研究, 2019年, 査読無し, 通常論文
  • 再発・抵抗性多発性骨髄腫に対するCASTOR試験とPOLLUX試験
    髙松 泰
    血液内科, 2019年, 査読無し, 通常論文
  • Severe Hemorrhagic Cystitis Caused by Cyclophosphamide and Capecitabine Therapy in Breast Cancer Patients: Two Case Reports and Literature Review
    Toshihiro Tanaka; Yuta Nakashima; Hidenori Sasaki; Michio Masaki; Ai Mogi; Kazuo Tamura; Yasushi Takamatsu
    Case Rep Oncol, 2019年01月, 査読有り, 通常論文
  • Adenoid cystic carcinoma with high-grade transformation forming spindle cell component of the submandibular gland.
    Miyazaki M; Aoki M; Koga K; Hamasaki M; Sugiyama Y; Midorikawa K; Hamatake D; Masaki M; Takamatsu Y; Iwasaki A; Sakata T; Nagao T; Nabeshima K
    Auris Nasus Larynx, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • Endoscopic and clinicopathological characteristics of gastrointestinal adult T-cell leukemia/lymphoma.
    Ishibashi H; Nimura S; Kayashima Y; Takamatsu Y; Iwasaki H; Harada N; Momosaki S; Takedatsu H; Sakisaka S; Takeshita M
    J Gastrointest Oncol, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • 経時的な液性変化に基づいたオキサリプラチン後発医薬品の選定
    福江悠香; 柿本秀樹; 西田恵美; 長郷あかね; 吉田陽一郎; 髙松 泰; 内山将伸; 宮崎元康; 松尾宏一; 今給黎修; 兼重 晋; 緒方憲太郎; 神村英利
    薬理と治療, 2019年, 査読無し, 通常論文
  • 抗がん薬曝露に対する医療従事者への意識調査
    内山 将伸; 松尾 宏一; 柿本 秀樹; 真島 宏太; 小田 真由美; 福田 まひる; 茂木 愛; 田中 俊裕; 髙松 泰; 山田 楊太; 宮崎 元康; 今給黎 修
    日本病院薬剤師会雑誌, 2019年, 査読有り, 通常論文
  • 福岡大学病院がん相談支援センター利用者の満足度調査-がん専門相談員に対する課題を見出す-
    永見知子; 田中俊裕; 吉田久美; 岩月まり子; 髙松泰
    福岡大学医学紀要, 2018年09月01日, 査読有り, 通常論文
  • MUGS、多発性骨髄腫の分類と診断
    髙松 泰
    日本臨床, 2018年07月01日, 査読無し, 通常論文
  • EBウイルス 悪性腫瘍(Burkittリンパ腫、上咽頭がん)
    茂木 愛; 髙松 泰
    月刊 臨床と研究, 2018年04月, 査読無し, 通常論文
  • Methotrexate髄腔内投与での副作用発現症例における併用薬の影響
    内山将伸; 上野美穂; 高松泰; 松尾宏一; 今給黎修; 神村英利
    薬学雑誌, 2018年01月, 査読有り, 通常論文
  • 【高齢がん患者のリスクアセスメン】 高齢者の造血器腫瘍治療のリスクアセスメント
    佐々木秀法; 髙松泰
    癌と化学療法, 2018年01月, 査読無し, 通常論文
  • 病気のはなし 慢性リンパ性白血病
    髙松 泰
    検査と技術, 2018年, 査読無し, 通常論文
  • Inter-observer variance and the need for standardization in the morphological classification of myelodysplastic syndrome.
    Sasada K; Yamamoto N; Masuda H; Tanaka Y; Ishihara A; Takamatsu Y; Yatomi Y; Katsuda W; Sato I; Matsui H
    Leuk Res., 2018年, 査読無し, 通常論文
  • Identification of Tumoricidal TCRs from Tumor-Infiltrating Lymphocytes by Single-Cell Analysis.
    Shitaoka K; Hamana H; Kishi H; Hayakawa Y; Kobayashi E; Sukegawa K; Piao X; Lyu F; Nagata T; Sugiyama D; Nishikawa H; Tanemura A; Katayama I; Murahashi M; Takamatsu Y; Tani K; Ozawa T; Muraguchi A
    Cancer Immunol Res, 2018年, 査読無し, 通常論文
  • 福岡大学病院がん相談支援センター利用者の満足度調査-がん専門相談員に対する課題を見出す-
    永見知子; 田中俊裕; 吉田久美; 岩月まり子; 髙松 泰
    福岡大学医学紀要, 2018年, 査読有り, 通常論文
  • EBウイルス 悪性腫瘍(Burkittリンパ腫、上咽頭がん)
    茂木 愛; 髙松 泰
    月刊 臨床と研究, 2018年, 査読無し, 通常論文
  • 【ガイドライン改訂にみるがん診療の変遷】 支持療法・その他に対するガイドライン 発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン
    髙松 泰
    腫瘍内科, 2018年, 査読無し, 通常論文
  • 原発性マクログロブリン血症における遺伝子異常とイブルチニブの臨床効果
    髙松 泰
    血液内科, 2018年, 査読無し, 通常論文
  • 十二指腸下行脚に狭窄を来したmonomorphic epitheliotropic intestinal T-cell lymphomaの1例
    石橋英樹; 二村 聡; 萱嶋善行; 久能宣昭; 竹田津英稔; 髙松 泰; 竹下盛重; 向坂彰太郎
    胃と腸, 2018年, 査読無し, 通常論文
  • Patient perceptions of symptoms and concerns during cancer chemotherapy: ‘affects my family’ is the most important
    H. Sasaki; K. Tamura; Y. Naito; K. Ogata; A. Mogi; T. Tanaka; Y. Ikari; M. Masaki; Y. Nakashima; Y. Takamatsu
    Int J Clin Oncol, 2017年08月, 査読無し, 通常論文
  • C-MYC and Its Main Ubiquitin Ligase, FBXW7, Influence Cell Proliferation and Prognosis in Adult T-cell Leukemia/Lymphoma
    Yasuhito Mihashi; Mikio Mizoguchi; Yasushi Takamatsu; Kenji Ishitsuka; Hiromi Iwasaki; Monji Koga; Kazunori Urabe; Seiya Momosaki; Toshifumi Sakata; Fumiaki Kiyomi; Morishige Takeshita
    AMERICAN JOURNAL OF SURGICAL PATHOLOGY, 2017年08月, 査読有り, 通常論文
  • A Modified Adenovirus Vector–Mediated Antibody Screening Method Identifies EphA2 as a Cancer Target1
    Toshihiro Tanaka; Hiromi Yamada; Masahide Kuroki; Shohta Kodama; Kazuo Tamura; Yasushi Takamatsu
    Translational Oncology, 2017年08月, 査読無し, 通常論文
  • Retrospective analysis of the efficacy and safety of eribulin therapy for metastatic breast cancer in daily practice.
    Toshihiro Tanaka; Miho Ueno; Yuta Nakashima; Shotaro Chinen; Eiichi Sato; Michio Masaki; Ai Mogi; Hidenori Sasaki; Kazuo Tamura; Yasushi Takamatsu
    Thorac Cancer., 2017年07月, 査読有り, 通常論文
  • ステロイド療法の効果的な使い方 血液疾患
    佐々木秀法; 髙松泰
    月刊 臨床と研究 別冊, 2017年07月, 査読無し, 通常論文
  • アルブミン懸濁型パクリタキセル注射剤による末梢神経障害増悪を長時間投与で回避できた1例
    内山将伸; 後藤敏孝; 上野美穂; 柿本秀樹; 真島宏太; 猪狩洋介; 高松泰; 緒方憲太郎; 神村英利
    癌と化学療法, 2017年06月01日, 査読有り, 通常論文
  • Dasatinib versus imatinib in Japanese patients with newly diagnosed chronic phase chronic myeloid leukemia: a subanalysis of the DASISION 5‑year final report.
    Nakamae H; Fujisawa S; Ogura M; Uchida; Onishi Y; Taniwaki M; Utsunomiya A; Matsue K; Takamatsu Y; Usuki K; Tanimoto M; Ishida Y; Ohashi K; Li L; Miyoshi M
    Int J Hematol, 2017年06月, 査読有り, 通常論文
  • 高齢造血器腫瘍患者の治療に対する考え方
    髙松泰
    がん看護 1+2増刊号 血液がん~最新治療と支持療法~, 2017年02月10日, 査読無し, 通常論文
  • EphA2-targeted cancer therapy obtained by antibody screening method
    Tanaka T; Yamada H; Nogami R; Kuroki M; Hamada H; Kodama S; Tamura K; Takamatsu Y
    Transl Oncol, 2017年, 査読有り, 通常論文
  • BK-UM in patients with recurrent ovarian cancer or peritoneal cancer: a first-in-human phase-I study
    Shingo Miyamoto; Fusanori Yotsumoto; Taeko Ueda; Tatsuya Fukami; Ayako Sanui; Kohei Miyata; Sung Ouk Nam; Satoshi Fukagawa; Takahiro Katsuta; Miyako Maehara; Haruhiko Kondo; Daisuke Miyahara; Kyoko Shirota; Toshiyuki Yoshizato; Masahide Kuroki; Hiroaki Nishikawa; Keijiro Saku; Yoshio Tsuboi; Kenji Ishitsuka; Yasushi Takamatsu; Kazuo Tamura; Akira Matsunaga; Toru Hachisuga; Shinsuke Nishino; Takashi Odawara; Kazuhiro Maeda; Sadao Manabe; Toyokazu Ishikawa; Yoshinobu Okuno; Minako Ohishi; Tomoya Hikita; Hiroto Mizushima; Ryo Iwamoto; Eisuke Mekada
    BMC CANCER, 2017年01月, 査読有り, 通常論文
  • Safety, Efficacy, and Pharmacokinetic Profiles of Intravenous Rigosertib in Japanese Patients with Recurrent/Relapsed or Refractory Myelodysplastic Syndromes: A Multicenter, Open-Label Phase I Clinical Study
    Michinori Ogura; Yukio Kobayashi; Shiro Kubonishi; Michihiro Hidaka; Toshiki Uchida; Yasushi Takamatsu
    BLOOD, 2016年12月, 査読有り, 通常論文
  • 高齢者への多剤投与ががん化学療法に影響を及ぼす因子に関する後方視的探索研究
    緒方 憲太郎; 田村 和夫; 清見 文明; 髙松 泰; 神村 英利
    Jpn J Cancer Chemother, 2016年12月01日, 査読有り, 通常論文
  • Survey on Information Sharing and Approaches to Cooperation between Hospitals and Community Pharmacies in the Care of Outpatients Receiving Chemotherapy
    Kubota C; Ogata K; Nishida E; Kakimoto H; Uchiyama M; Fukuda M; Oda M; Tanaka T; Tamura K; Takamatsu Y; Kamimura H
    Gan To Kagaku Ryoho, 2016年11月, 査読有り, 通常論文
  • Adenovirus-based antibody screening method and EphA2-targeted therapy.
    Tanaka T; Yamada H; Kuroki M; Kodama S; Tamura K; Takamatsu Y
    Annals of Oncology, 2016年10月, 査読有り, 通常論文
  • Objective evaluation of oxaliplatin-induced vascular pain secondary to peripheral vein administration
    Yoichiro Yoshida; Ai Mogi; Naoya Aisu; Teppei Yamada; Taisuke Matsuoka; Daibo Kojima; Toshiyuki Mera; Tomoko Koganemaru; Fumiaki Kiyomi; Keita Noda; Yasushi Takamatsu; Kazuo Tamura; Yuichi Yamashita; Suguru Hasegawa
    SPRINGERPLUS, 2016年10月, 査読無し, 通常論文
  • Objective evaluation of oxaliplatin‑induced vascular pain secondary to peripheral vein administration.
    Yoshida Y; Mogi A; Aisu N; Yamada T; Matsuoka T; Kojima D; Mera T; Koganemaru T; Kiyomi F; Noda K; Takamatsu Y; Tamura K; Yamashita Y; Hasegawa S
    Springer Plus, 2016年10月, 査読有り, 通常論文
  • Multiple lesions of gastrointestinal tract invasion by monomorphic epitheliotropic intestinal T-cell lymphoma, accompanied by duodenal and intestinal enteropathy-like lesions and microscopic lymphocytic proctocolitis: a case series
    Hideki Ishibashi; Satoshi Nimura; Yoshiyuki Kayashima; Yasushi Takamatsu; Kunihiko Aoyagi; Naohiko Harada; Masanori Kadowaki; Takihiko Kamio; Shotaro Sakisaka; Morishige Takeshita
    DIAGNOSTIC PATHOLOGY, 2016年07月, 査読無し, 通常論文
  • Inhibition of glucose transporter 1 induces apoptosis and sensitizes multiple myeloma cells to conventional chemotherapeutic agents
    Taichi Matsumoto; Shiro Jimi; Keisuke Migita; Yasushi Takamatsu; Shuuji Hara
    LEUKEMIA RESEARCH, 2016年02月, 査読有り, 通常論文
  • Retrospective Analysis of Treatment Ontcomes and Gereatirc Assessment in Elderly Malignant Lymphoma Patients.
    Naito Y; Sasaki H; Takamatsu Y; Fumiaki Kiyomi; Tamura K
    J Clin Exp Hematop, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • Inhibition of glucose transporter 1 induces apoptosis and sensitizes multiple myeloma cells to conventional chemotherapeutic agents.
    Matsumoto T; Jimi S; Migita K; Takamatsu Y; Hara S
    Leukemia Research, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • 高齢者への多剤投与ががん化学療法に影響を及ぼす因子に関する後方視的探索研究
    緒方憲太郎; 田村和夫; 清見文明; 髙松 泰; 神村英利
    癌と化学療法, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • 外来がん化学療法における病院・薬局間の情報共有に関する実態調査と連携に向けた取り組み
    久保田知佳; 緒方憲太郎; 西田恵美; 柿本秀樹; 内山将伸; 福田まひる; 小田真由美; 田中俊裕; 田村和夫; 髙松 泰; 神村英利
    癌と化学療法, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • Diagnosis and treatment of bone metastasis: comprehensive guideline of the Japanese Society of Medical Oncology, Japanese Orthopedic Association, Japanese Urological Association, and Japanese Society for Radiation Oncology.
    Shibata H; Kato S; Sekine I; Abe K; Araki N; Iguchi H; Izumi T; Inaba Y; Osaka I; Kato S; Kawai A; Kinuya S; Kodaira M; Kobayashi E; Kobayashi T; Sato J; Shinohara N; Takahashi S; Takamatsu Y; Takayama K; Takayama K; Tateishi U; Nagakura H; Hosaka M; Morioka H; Moriya T; Yuasa T; Yurikusa T; Yomiya K; Yoshida M
    ESMO Open, 2016年, 査読有り, 通常論文
  • がん化学療法におけるG-CSFの合理的な使用法
    髙松 泰
    血液内科, 2016年, 査読無し, 通常論文
  • 初期治療-移植非適応例
    髙松 泰
    日本臨床 多発性骨髄腫学-最新の治療と基礎研究, 2016年, 査読無し, 通常論文
  • MGUS、くすぶり型骨髄腫への対応
    髙松 泰
    臨床腫瘍プラクティス, 2016年, 査読無し, 通常論文
  • 多発性骨髄腫における改訂ISS
    髙松 泰
    血液内科, 2016年, 査読無し, 通常論文
  • 1.高齢者によくみられるがん薬物療法 5)悪性リンパ腫
    髙松 泰
    老年医学, 2016年, 査読無し, 通常論文
  • 白血病の治療 各論(化学療法と分子標的療法) 15.慢性リンパ性白血病、前リンパ性白血病
    佐々木秀法; 髙松 泰
    日本臨床 増刊号 白血病学(下), 2016年, 査読無し, 通常論文
  • オーダーメイド治療時代の新薬の位置づけと使い方 がん関連 造血器腫瘍
    茂木 愛; 髙松 泰
    臨床と研究, 2016年, 査読無し, 通常論文
  • Prognostic value of lymphocyte-to-monocyte ratio in patients with solid tumors: A systematic review and meta-analysis
    Tomohiro F. Nishijima; Hyman B. Muss; Shlomit S. Shachar; Kazuo Tamura; Yasushi Takamatsu
    CANCER TREATMENT REVIEWS, 2015年12月, 査読有り, 通常論文
  • Colitis mimicking graft-versus-host disease during treatment with the anti-CCR4 monoclonal antibody, mogamulizumab
    Kenji Ishitsuka; Mutsunori Murahashi; Hiroo Katsuya; Ai Mogi; Michio Masaki; Chisato Kawai; Toshitaka Goto; Masanao Ishizu; Yosuke Ikari; Yasushi Takamatsu; Hideki Ishibashi; Satoshi Nimura; Morishige Takeshita; Kazuo Tamura
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 2015年10月, 査読無し, 通常論文
  • HPLC・蛍光検出による簡便かつ迅速なボリコナゾール血中濃度測定法とその患者適用
    緒方 憲太郎; 永瀬 愛子; 松本 太一; 原 周司; 内山 将伸; 自見 至郎; 髙松 泰
    福岡大学医学紀要, 2015年09月, 査読有り, 通常論文
  • 5-Fluorouracil Chemotherapy for Dihydropyrimidine Dehydrogenase-deficient Patients: Potential of the Dose-escalation Method
    Yoichiro Yoshida; Kenichiro Ogura; Akira Hiratsuka; Naoya Aisu; Teppei Yamada; Daibo Kojima; Syu Tanimura; Kentaro Ogata; Shuuji Hara; Ai Mogi; Yasushi Takamatsu; Kazuo Tamura; Hideyuki Mishima; Yuichi Yamashita
    ANTICANCER RESEARCH, 2015年09月, 査読有り, 通常論文
  • A simple high-performance liquid chromatography for the determination of linezolid in human plasma and saliva
    Shuuji Hara; Masanobu Uchiyama; Masami Yoshinari; Taichi Matsumoto; Shiro Jimi; Atsushi Togawa; Tohru Takata; Yasushi Takamatsu
    BIOMEDICAL CHROMATOGRAPHY, 2015年09月, 査読有り, 通常論文
  • Phase I study of OPB-51602, an oral inhibitor of signal transducer and activator of transcription 3, in patients with relapsed/refractory hematological malignancies
    Michinori Ogura; Toshiki Uchida; Yasuhito Terui; Fumihiko Hayakawa; Yukio Kobayashi; Masafumi Taniwaki; Yasushi Takamatsu; Tomoki Naoe; Kensei Tobinai; Wataru Munakata; Takeshi Yamauchi; Akiko Kageyama; Miyuki Yuasa; Masaaki Motoyama; Takeshi Tsunoda; Kiyohiko Hatake
    CANCER SCIENCE, 2015年07月, 査読有り, 通常論文
  • P-50 当院におけるカンジダ血症に続発した眼内炎合併例についての検討
    吉村 芳修; 戸川 温; 高田 徹; 田村 和夫; 高松 泰
    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集, 2015年
  • Inhibition of glucose transporter 1 induces apoptosis and sensitizes multiple myeloma cells to conventional chemotherapeutic agents.
    Matsumoto T; Jimi S; Migita K; Takamatsu Y; Hara S
    Leuk Res., 2015年, 査読有り, 通常論文
  • HPLC・蛍光検出による簡便かつ迅速なボリコナゾール血中濃度測定法とその患者適用
    緒方 憲太郎; 永瀬 愛子; 松本 太一; 原 周司; 内山 将伸; 自見 至郎; 髙松 泰
    福岡大学医学紀要, 2015年, 査読有り, 通常論文
  • 日本におけるくすぶり型骨髄腫の後方視的研究 症候性骨髄腫へのリスク因子を中心に
    髙松 泰; 牟田 毅
    臨床血液, 2015年, 査読有り, 通常論文
  • 【多発性骨髄腫をめぐる最近の進歩と話題】 多発性骨髄腫治療におけるrisk-adapted approachは有用か?
    髙松 泰
    血液内科, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • 【2015年の白血病診療-一般外来での初発症状から長期フォローアップまで】 白血病の分類と治療と予後 慢性リンパ性白血病
    髙松 泰
    内科, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • 【リンパ腫学-最新の研究動向-】 リンパ腫の治療 高齢者リンパ腫
    茂木 愛; 髙松 泰
    日本臨床, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • 【かゆみは何のためにあるのか】 かゆみと疾患 血液疾患
    茂木 愛; 髙松 泰
    臨牀と研究, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • がん化学療法におけるG-CSFの合理的な使用法
    髙松 泰
    血液内科, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • 発熱性好中球減少症
    髙松 泰
    日本臨床増刊号 抗がん薬の副作用と支持療法, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • プロテアソーム阻害薬の末梢神経障害最小化
    髙松 泰
    日本臨床 多発性骨髄腫の病態と最新治療, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • 特集 がん薬物療法の副作用とその対策(補助・支持療法を含む) 殺細胞性抗悪性腫瘍薬の副作用対策の進歩
    髙松 泰
    腫瘍内科, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • 【腸管悪性リンパ腫】 症例 十二指腸下行脚に狭窄をきたしたII型腸管症関連T細胞性リンパ腫(enteropathy-associated T-cell lymphoma)の一例
    石橋 英樹; 竹下 盛重; 山田 梢; 二村 聡; 髙松 泰
    Intestine, 2015年, 査読無し, 通常論文
  • Safety and pharmacokinetic evaluation of repeated intravenous administration of palonosetron 0.75 mg in patients receiving highly or moderately emetogenic chemotherapy
    Yosuke Ikari; Kentaro Ogata; Yuta Nakashima; Eiichi Sato; Michio Masaki; Hiroo Katsuya; Toshitaka Goto; Toshihiro Tanaka; Kenji Ishitsuka; Yasushi Takamatsu; Shuuji Hara; Kazuo Tamura
    SUPPORTIVE CARE IN CANCER, 2014年07月, 査読有り, 通常論文
  • Efficacy and safety of dasatinib versus imatinib in Japanese patients with newly diagnosed chronic-phase chronic myeloid leukemia (CML-CP): Subset analysis of the DASISION trial with 2-year follow-up
    Shin Fujisawa; Hirohisa Nakamae; Michinori Ogura; Ken-ichi Ishizawa; Masafumi Taniwaki; Atae Utsunomiya; Kosei Matsue; Yasushi Takamatsu; Kensuke Usuki; Mitsune Tanimoto; Yoji Ishida; Hideki Akiyama; Shintaro Onishi
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 2014年02月, 査読有り, 通常論文
  • 慢性リンパ性白血病
    髙松 泰
    臨床腫瘍プラクティス, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • 発熱性好中球減少症の予防と対策
    髙松 泰
    血液内科, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • 単クローン性ガンマグロブリン血症(MGUS)とクローン性進展
    髙松 泰
    血液フロンティア, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Very Rare Case of Large Obstructive Myxofibrosarcoma of the Right Ventricle Assessed with Multi-diagnostic Imaging Techniques
    Yuhei Shiga; Shin-ichiro Miura; Hiroaki Nishikawa; Hidekazu Sugihara; Yuta Nakashima; Yasushi Takamatsu; Kiyokazu Koga; Shugo Koga; Yuji Katayama; Takahisa Yoshida; Hiroshi Iwasaki; Keijiro Saku
    INTERNAL MEDICINE, 2014年, 査読無し, 通常論文
  • Combination of high-dose melphalan and bortezomib as conditioning regimen for autologous peripheral blood stem cell transplantation in multiple myeloma
    Toshihiro Miyamoto; Goichi Yoshimoto; Tomohiko Kamimura; Tsuyoshi Muta; Shuichiro Takashima; Yoshikiyo Ito; Motoaki Shiratsuchi; Ilseung Choi; Koji Kato; Katsuto Takenaka; Hiromi Iwasaki; Yasushi Takamatsu; Takanori Teshima; Koichi Akashi
    International Journal of Hematology, 2013年09月, 査読有り, 通常論文
  • Bortezomib, doxorubicin and intermediate-dose dexamethasone (iPAD) therapy for relapsed or refractory multiple myeloma: A multicenter phase 2 study
    Yasushi Takamatsu; Kazutaka Sunami; Tsuyoshi Muta; Hiroaki Morimoto; Toshihiro Miyamoto; Masakazu Higuchi; Kimiharu Uozumi; Hiroyuki Hata; Kazuo Tamura
    International Journal of Hematology, 2013年08月, 査読有り, 通常論文
  • Autologous peripheral blood stem cell transplantation with granulocyte colony-stimulating factor combined conditioning regimen as a postremission therapy for acute myelogenous leukemia in first complete remission
    Tetsuya Eto; Ken Takase; Toshihiro Miyamoto; Yuju Ohno; Tomohiko Kamimura; Koji Nagafuji; Yasushi Takamatsu; Takanori Teshima; Hisashi Gondo; Shuichi Taniguchi; Koichi Akashi; Mine Harada
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 2013年08月, 査読有り, 通常論文
  • Simultaneous determination of cytosine arabinoside and its metabolite, uracil arabinoside, in human plasma using hydrophilic interaction liquid chromatography with UV detection
    Masanobu Uchiyama; Yasushi Takamatsu; Kentaro Ogata; Taichi Matsumoto; Shiro Jimi; Kazuo Tamura; Shuuji Hara
    BIOMEDICAL CHROMATOGRAPHY, 2013年07月, 査読有り, 通常論文
  • Monitoring of minimal residual disease (MRD) is useful to predict prognosis of adult patients with Ph-negative ALL: results of a prospective study (ALL MRD2002 Study)
    Koji Nagafuji; Toshihiro Miyamoto; Tetsuya Eto; Tomohiko Kamimura; Shuichi Taniguchi; Takashi Okamura; Eiichi Ohtsuka; Takashi Yoshida; Masakazu Higuchi; Goichi Yoshimoto; Tomoaki Fujisaki; Yasunobu Abe; Yasushi Takamatsu; Shouhei Yokota; Koichi Akashi; Mine Harada
    JOURNAL OF HEMATOLOGY & ONCOLOGY, 2013年02月, 査読有り, 通常論文
  • A study of the sialogogic effect of cevimeline gargle
    Chizuko Yoshikawa; Yasushi Takamatsu; Kentaro Ogata; Shuuji Hara; Kazuo Tamura
    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy, 2013年, 査読有り, 通常論文
  • Evaluation of the Feasibility and Efficacy of Autologous Stem Cell Transplantation in Elderly Patients with Multiple Myeloma
    Tsuyoshi Muta; Toshihiro Miyamoto; Tomoaki Fujisaki; Yuju Ohno; Tomohiko Kamimura; Koji Kato; Katsuto Takenaka; Hiromi Iwasaki; Tetsuya Eto; Yasushi Takamatsu; Takanori Teshima; Koichi Akashi
    INTERNAL MEDICINE, 2013年, 査読有り, 通常論文
  • 多発性骨髄腫患者の末梢血幹細胞採取に対するbortezomibを含む導入療法の影響
    牟田毅; 宮本敏浩; 藤﨑智明; 大野裕樹; 上村智彦; 平安山知子; 加藤光次; 竹中克斗; 岩崎浩己; 衛藤徹也; 髙松 泰; 豊嶋崇徳; 赤司浩一
    臨床血液, 2013年, 査読有り, 通常論文
  • セビメリン含嗽液の唾液分泌促進作用に関する研究.
    吉川千鶴子; 髙松 泰; 緒方憲太郎; 原周司; 田村和夫
    癌と化学療法, 2013年, 査読有り, 通常論文
  • MGUSの基礎と臨床
    髙松 泰
    臨床血液, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 発熱性好中球減少症
    髙松 泰
    臨床血液, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 発熱性好中球減少症診療ガイドラインの概要
    髙松 泰
    癌と化学療法, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 外来化療法を行う病院と院外薬局との薬薬連携
    髙松 泰; 緒方憲太郎
    外来癌化学療法, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 発熱性好中球減少症ガイドライン
    髙松 泰
    血液内科, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • CLLのRichter転化とその治療
    髙松 泰
    血液内科, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • Febrile neutropeniaの予防および外来治療-ASCOおよびJSMOのガイドライン
    髙松 泰
    腫瘍内科, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 抗CCR-4抗体薬(モガムリズマブ)/ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害薬(ボリノスタット)
    髙松 泰
    コンセンサス癌治療-分子標的薬の使用手引き, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 急性特発性骨髄線維症
    髙松 泰
    別冊日本臨床 血液症候群(第2版)Ⅲ, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 原発性マクログロブリン血症
    髙松 泰; 工並直子
    別冊日本臨床 血液症候群(第2版)Ⅲ, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 放射線による造血障害
    茂木愛; 髙松 泰
    別冊日本臨床 血液症候群(第2版)Ⅰ, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • Desmoplastic small round cell tumors in a young man
    Genryu Hirano; Makoto Irie; Yuta Nakashima; Satoshi Shakado; Tetsuro Sohda; Toshihiro Tanaka; Yasushi Takamatsu; Mikiko Aoki; Kazuo Tamura; Kazuki Nabeshima; Shotaro Sakisaka
    Internal Medicine, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • 急性骨髄性白血病の治療中に好中球減少性腸炎を発症した2 例
    内藤淑子; 佐藤栄一; 猪狩洋介; 中島勇太; 工並直子; 勝屋弘雄; 松岡信秀; 髙松 泰; 竹下盛重; 田村和夫
    福岡大学医学紀要, 2013年, 査読無し, 通常論文
  • Comparison of Autologous Hematopoietic Cell Transplantation and Chemotherapy as Postremission Treatment in Non-M3 Acute Myeloid Leukemia in First Complete Remission
    Kensuke Usuki; Saiko Kurosawa; Naoyuki Uchida; Kazuaki Yakushiji; Fusako Waki; Eijo Matsuishi; Kumiko Kagawa; Tatsuo Furukawa; Yoshinobu Maeda; Manabu Shimoyama; Hiroatsu Ago; Yujiro Yamano; Shingo Yano; Naohito Fujishima; Yasushi Takamatsu; Tetsuya Eto; Michihiro Hidaka; Hitoshi Matsuoka; Takahiro Fukuda
    CLINICAL LYMPHOMA MYELOMA & LEUKEMIA, 2012年12月, 査読有り, 通常論文
  • Neoadjuvant epirubicin/docetaxel (ET) concomitant chemotherapy for primary breast cancer with tumor diameter ≥3.1 cm: Results of the Kyushu ET Therapy Phase II Trial.
    Nishimura R; Rai Y; Matsuo F; Anan K; Hara S; Imamura S; Itoyanagi N; Kato M; Okido M; Kudaka M; Ishikawa E; Kamada Y; Watanabe R; Shirouzu M; Mitsuyama S; Takamatsu Y; Tamura K
    Anticancer Res, 2012年08月, 査読有り, 通常論文
  • Importance of inducible multidrug resistance 1 expression in HL-60 cells resistant to gemtuzumab ozogamicin
    Taichi Matsumoto; Shiro Jimi; Shuuji Hara; Yasushi Takamatsu; Junji Suzumiya; Kazuo Tamura
    LEUKEMIA & LYMPHOMA, 2012年07月, 査読有り, 通常論文
  • Prognosis of acute myeloid leukemia harboring monosomal karyotype in patients treated with or without allogeneic hematopoietic cell transplantation after achieving complete remission
    Masamitsu Yanada; Saiko Kurosawa; Takuhiro Yamaguchi; Takuya Yamashita; Yukiyoshi Moriuchi; Hiroatsu Ago; Jin Takeuchi; Hirohisa Nakamae; Jun Taguchi; Toru Sakura; Yasushi Takamatsu; Fusako Waki; Hiroki Yokoyama; Masato Watanabe; Nobuhiko Emi; Takahiro Fukuda
    HAEMATOLOGICA-THE HEMATOLOGY JOURNAL, 2012年06月, 査読有り, 通常論文
  • Simple and sensitive HPLC method for the fluorometric determination of methotrexate and its major metabolites in human plasma by post-column photochemical reaction
    Masanobu Uchiyama; Takanori Matsumoto; Taichi Matsumoto; Shiro Jimi; Yasushi Takamatsu; Kazuo Tamura; Shuuji Hara
    BIOMEDICAL CHROMATOGRAPHY, 2012年01月, 査読有り, 通常論文
  • HPLCによる簡便なミトタン血中濃度測定法の開発および適用.
    内山将伸; 原周司; 緒方憲太郎; 今村健; 髙松 泰; 田村和夫; 二神幸次郎
    医療薬学, 2012年, 査読有り, 通常論文
  • 骨髄腫に対する初回治療として新規薬剤を全例に用いる必要はない
    髙松 泰
    臨床血液, 2012年, 査読有り, 通常論文
  • 骨髄腫に対する治療ゴールの考え方
    髙松 泰
    Myeloma & Lymphoma, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • 過敏性反応
    勝屋弘雄; 髙松 泰
    腫瘍内科, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • 発熱性好中球減少症(FN)のガイドライン―JSMOガイドライン,IDSAガイドライン,エビデンスと実地臨床,外来化学療法での運用
    髙松 泰
    腫瘍内科, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • 多発性骨髄腫に対する臨床試験~PAD療法の有効性・安全性
    髙松 泰
    血液フロンティア, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • 発熱性好中球減少時の抗菌薬使用の実際-特にカルバペネム薬について
    髙松 泰
    血液フロンティア, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • 慢性リンパ性白血病に対するfludarabine+cyclophosphamide±rituximabの第Ⅲ相試験
    髙松 泰; 鈴宮淳司
    血液内科, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • トロンボポエチン受容体作動薬
    柴田隆夫; 髙松 泰
    臨床と研究, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • 腸管気腫症を腹部超音波検査で疑われた一例
    内藤淑子; 小山洋一; 柴田隆夫; 髙松 泰; 藤光律子; 田村和夫
    福岡大学医学紀要, 2012年, 査読無し, 通常論文
  • Role of autotransplantation in the treatment of acute promyelocytic leukemia patients in remission: Fukuoka BMT Group observations and a literature review
    T. Kamimura; T. Miyamoto; K. Nagafuji; A. Numata; H. Henzan; K. Takase; Y. Ito; Y. Ohno; T. Fujisaki; T. Eto; Y. Takamatsu; T. Teshima; H. Gondo; K. Akashi; S. Taniguchi; M. Harada
    BONE MARROW TRANSPLANTATION, 2011年06月, 査読有り, 通常論文
  • Heterozygous ITGA2B R995W mutation inducing constitutive activation of the αIIbβ3 receptor affects proplatelet formation and causes congenital macrothrombocytopenia.
    Kunishima S; Kashiwagi H; Otsu M; Takayama N; Eto K; Onodera M; Miyajima Y; Takamatsu Y; Suzumiya J; Matsubara K; Tomiyama Y; Saito H
    Blood, 2011年05月, 査読有り, 通常論文
  • ニロチニブ
    髙松 泰
    がん治療レクチャー-がん分子標的治療薬, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • Fluorescence in situ hybridization (FISH)の末梢血塗抹標本への応用
    生田幹博; 大神明子; 髙松 泰; 阿南建一; 三浦偉久男; 加藤純子; 石田寛美; 二田優子; 川島博信; 松永彰
    福岡医学雑誌, 2011年, 査読有り, 通常論文
  • 外来抗癌薬治療の実際-悪性リンパ腫の治療
    髙松 泰
    外来癌化学療法, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • ニロチニブ
    髙松 泰
    がん治療レクチャー-がん分子標的治療薬, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • 多発性骨髄腫における腎障害
    髙松 泰
    内科, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • 緩徐に進む血液悪性腫瘍の経過観察
    髙松 泰
    Medicina, 2011年, 査読無し, 通常論文
  • A simple and selective HPLC method for the simultaneous determination of paraquat and diquat in human urine
    D. Takase; T. Matsumoto; S. Jimi; K. Ogata; Y. Takamatsu; K. Tamura; S. Hara
    薬学集報, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
  • Hepatic toxicity and prognosis in hepatitis C virus-infected patients with diffuse large B-cell lymphoma treated with rituximab-containing chemotherapy regimens: a Japanese multicenter analysis
    Daisuke Ennishi; Yoshinobu Maeda; Nozomi Niitsu; Minoru Kojima; Koji Izutsu; Jun Takizawa; Shigeru Kusumoto; Masataka Okamoto; Masahiro Yokoyama; Yasushi Takamatsu; Kazutaka Sunami; Akira Miyata; Kayoko Murayama; Akira Sakai; Morio Matsumoto; Katsuji Shinagawa; Akinobu Takaki; Keitaro Matsuo; Tomohiro Kinoshita; Mitsune Tanimoto
    BLOOD, 2010年12月, 査読有り, 通常論文
  • A phase I study of bortezomib in combination with doxorubicin and intermediate-dose dexamethasone (iPAD therapy) for relapsed or refractory multiple myeloma
    Yasushi Takamatsu; Kazutaka Sunami; Hiroyuki Hata; Koji Nagafuji; Ilseung Choi; Masakazu Higuchi; Kimiharu Uozumi; Yasufumi Masaki; Kazuo Tamura
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 2010年10月, 査読有り, 通常論文
  • Population pharmacokinetic study of a test dose oral busulfan in Japanese adult patients undergoing hematopoietic stem cell transplantation
    Yasushi Takamatsu; Noriaki Sasaki; Kentaro Ogata; Eiji Yukawa; Shiro Jimi; Shuuji Hara; Kazuo Tamura
    CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 2010年05月, 査読有り, 通常論文
  • THP-COP regimen for the treatment of peripheral T-cell lymphoma and adult T-cell leukemia/lymphoma: a multicenter phase II study
    Yasushi Takamatsu; Junji Suzumiya; Atae Utsunomiya; Koichi Maeda; Hitoshi Matsuoka; Hitoshi Suzushima; Junichi Tsukada; Keisuke Shibata; Kazuo Tamura
    EUROPEAN JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 2010年05月, 査読有り, 通常論文
  • Paclitaxel as a first-line chemotherapy for Japanese women with advanced or recurrent breast cancer: a multi-institutional practice-based study by the Kyushu Breast Cancer Study Group (KBC-SG)
    Mikimasa Ishikawa; Yasushi Takamatsu; Shoshu Mitsuyama; Nobutaka Iwakuma; Keisei Anan; Shuyou Umeda; Kazuo Tamura
    BREAST CANCER, 2010年04月, 査読有り, 通常論文
  • Oral combination chemotherapy with capecitabine and cyclophosphamide in patients with metastatic breast cancer: a phase II study
    Maki Tanaka; Yasushi Takamatsu; Keisei Anan; Shinji Ohno; Reiki Nishimura; Yutaka Yamamoto; Norikazu Masuda; Shoshu Mitsuyama; Kazuo Tamura
    ANTI-CANCER DRUGS, 2010年04月, 査読有り, 通常論文
  • Am80 inhibits stromal cell-derived factor-1-induced chemotaxis in T-cell acute lymphoblastic leukemia cells
    Taichi Matsumoto; Shiro Jimi; Shuuji Hara; Yasushi Takamatsu; Junji Suzumiya; Kazuo Tamura
    LEUKEMIA & LYMPHOMA, 2010年03月, 査読有り, 通常論文
  • Disturbance of the Growth Hormone-Insulin-like Growth Factor-1 Axis Associated with Poor Performance Status in Patients with Solid Tumors
    Isamu Okamoto; Masaki Munakata; Masaki Miyazaki; Taroh Satoh; Takenori Takahata; Yasushi Takamatsu; Osamu Muto; Kazuhiko Koike; Kunihiko Ishitani; Taketo Mukaiyama; Yuh Sakata; Kazuhiko Nakagawa; Kazuo Tamura
    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2010年03月, 査読有り, 通常論文
  • S-1による薬剤性皮膚障害でのアレルギー反応の関与
    内山 将伸; 緒方 憲太郎; 真島 宏太; 高瀬 久光; 末田 尚之; 高松 泰; 川原 義弘; 二神 幸次郎
    医療薬学, 2010年02月
  • 前腕軟部組織に生じた節外性NK/T細胞リンパ腫.
    工並直子; 高松 泰; 藤田 愛; 勝屋弘雄; 佐々木秀法; 若松信一; 石塚賢治; 鍋島一樹; 田村和夫
    臨床血液, 2010年, 査読有り, 通常論文
  • Interferon-α and zidovudine for relapsed/refractory adult T cell leukemia/lymphoma : case reports of Japanese patients
    Kenji Ishitsuka; Hiroo Katsuya; Tomona Toyota; Masanao Ishizu; Naoko Kunami; Mana Fujita; Hidenori Sasaki; Yasushi Takamatsu; Masanobu Uchiyama; Haruo Fujikane; Kentaro Ogata; Shuuji Hara; Kazuo Tamura
    Int J Hematol, 2010年, 査読有り, 通常論文
  • 福岡大学肺移植プログラム初期5年間の年次統計
    白石武史; 平塚昌文; 樋口隆男; 柳沢純; 宮原聡; 今給黎尚幸; 中島裕康; 濱中和歌子; 萩尾康子; 濱武大輔; 大渕俊郎; 吉永康照; 岡陽一郎; 中村晶俊; 増本幸二; 白日髙歩; 岩崎昭憲; 山内靖; 星野誠一郎; 乗富智明; 山下裕一; 白石素公; 藤田昌樹; 渡辺憲太郎; 森重徳継; 田代忠; 佐光英人; 西川宏明; 朔啓二郎; 石塚賢治; 髙松 泰; 田村和夫; 重松研二; 比嘉和夫; 尾籠晃司; 西村良二; 鍋島一樹; 吉村ゆかり; 塩田悦仁; 植山美穂; 髙石真奈美
    福岡大学医学紀要, 2010年, 査読有り, 通常論文
  • リツキシマブを用いた慢性リンパ性白血病の治療
    髙松 泰; 鈴宮淳司
    血液・腫瘍科, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • 白血病治療における感染症対策
    髙松 泰
    内科, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • ボルテゾミブ;骨髄腫での成功とリンパ腫での期待
    髙松 泰
    Pharma Medica, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • ペグリポソーマル・ドキソルビシンによる骨髄腫治療
    髙松 泰
    血液フロンティア, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • 外来でリンパ節腫脹を見つけたら
    髙松 泰
    治療, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • 6. 濾胞性リンパ腫の層別化の動向とFLIPI、FLIPI2の活用
    髙松 泰; 鈴宮淳司
    血液・腫瘍科, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • 造血幹細胞移植後に発症したconstrictive bronchiolitis obliteransの1例.
    茂木 愛; 濱﨑 慎; 久良木隆繁; 樋口隆男; 白石武史; 高松 泰; 田村和夫; 鍋島一樹
    診断病理, 2009年, 査読無し, 通常論文
  • A patient with acute myeloid leukemia who developed fatal pneumonia caused by carbapenem-resistant Bacillus cereus.
    Katsuya H; Takata T; Ishikawa T; Sasaki H; Ishitsuka K; Takamatsu Y; Tamura K
    J Infect Chemother, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • 造血幹細胞移植後閉塞性細気管支炎に対する脳死肺移植 原疾患悪性リンパ腫の再発例
    平塚昌文; 白石武史; 樋口隆男; 柳沢 純; 岩崎昭憲; 久良木隆繁; 藤田昌樹; 渡辺憲太朗; 高松 泰; 田村和夫; 桝屋 愛; 鍋島一樹; 高石真奈美; 白日高歩
    移植, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Cladribine treatment in two-hour intravenous infusion for previously-treated low grade B-cell lymphoma: a pilot study.
    Takamatsu Y; Suzumiya J; Ogata K; Katayose K; Sasaki H; Ishitsuka K; Kimura N; Tamura K
    J Clin Exp Hematop, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Addition of rituximab to cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisolone therapy has a high risk of developing interstitial pneumonia in patients with non-Hodgkin lymphoma
    Hiroo Katsuya; Junji Suzumiya; Hidenori Sasaki; Kenji Ishitsuka; Takao Shibata; Yasushi Takamatsu; Kazuo Tamura
    LEUKEMIA & LYMPHOMA, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • Attenuated antibody reaction for the primary antigen but not for the recall antigen of influenza vaccination in patients with non-Hodgkin B-cell lymphoma after the administration of Rituximab-CHOP.
    Takata T; Suzumiya J; Ishikawa T; Takamatsu Y; Ikematsu H; Tamura K
    J Clin Exp Hematop, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • 外来がん化学療法を安全に実施するための調査
    内山将伸; 緒方憲太郎; 古賀亜矢子; 窪田愛; 吉田ミナ; 鈴宮淳司; 髙松 泰; 田村和夫; 二神幸次郎
    日本病院薬剤師会雑誌, 2009年, 査読有り, 通常論文
  • 悪性腫瘍治療における分子標的治療薬の使い方 白血病に用いられる分子標的治療薬
    髙松 泰
    臨床腫瘍プラクティス, 2009年, 査読無し, 通常論文
  • 肝脾T細胞リンパ腫
    髙松 泰; 鈴宮淳司
    血液・腫瘍科, 2009年, 査読無し, 通常論文
  • 特集 リツキシマブ導入後のB細胞腫瘍治療 リツキシマブを用いた慢性リンパ性白血病の治療
    髙松 泰; 鈴宮淳司
    血液・腫瘍科, 2009年, 査読無し, 通常論文
  • 免疫抑制・化学療法によるB型肝炎ウイルス再活性化とその対策
    早田哲郎; 西澤新也; 森原大輔; 横山圭二; 櫻井邦俊; 上田秀一; 坂本雅晴; 阿南章; 竹山康章; 入江真; 岩田郁; 釈迦堂敏; 佐々木秀法; 髙松 泰; 向坂彰太郎
    福岡大学医学紀要, 2009年, 査読無し, 通常論文
  • 傍腫瘍性辺縁系脳炎による突発性睡眠を発症した急性型成人T細胞白血病の1例
    勝屋 弘雄; 石塚 賢治; 佐々木 秀法; 若松 信一; 井上 展聡; 高松 泰; 鈴宮 淳司; 坪井 義夫; 田村 和夫
    日本内科学会雑誌, 2008年02月, 査読無し, 通常論文
  • The Pros and Cons when Generic Antineoplastic Agents are Introduced into Clinical Practice
    Kentaro Ogata; Yasushi Takamatsu; Atsushi Washiyama; Kojiro Futagami; Kazuo Tamura
    Med. Bull. Fukuoka Univ., 2008年, 査読有り, 通常論文
  • 抗がん薬の後発医薬品(ジェネリック医薬品)を採用する問題点とその対策
    緒方憲太朗; 髙松 泰; 鷲山敦司; 二神幸次郎; 田村和夫
    福岡大学医学紀要, 2008年, 査読有り, 通常論文
  • 九州地区での血液疾患に対する臨床研究および臨床教育のあゆみ
    髙松 泰; 鈴宮淳司; 田村和夫
    臨床血液, 2008年, 査読有り, 通常論文
  • 高齢者急性骨髄性白血病に対する治療-新たな化学療法の展望と当科における化学療法の試み
    髙松 泰
    血液フロンティア, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • 高齢者の治療の実際と成績-造血器腫瘍
    髙松 泰
    Medicina, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する6 vs. 8サイクルのCHOP-14療法、リツキシマブ併用の有無に関する第Ⅲ相試験(RICOVER-60)
    髙松 泰; 鈴宮淳司
    血液・腫瘍科, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • 悪性リンパ腫
    髙松 泰; 鈴宮淳司
    薬局増刊号『病気と薬パーフェクトガイド2008』, 2008年, 査読無し, 通常論文
  • Thrombocytopenia in association with splenomegaly during granulocyte-colony-stimulating factor treatment in mice is not caused by hypersplenism and is resolved spontaneously
    Yasushi Takamatsu; Shiro Jimi; Tomohito Sato; Shuuji Hara; Junji Suzumiya; Kazuo Tamura
    TRANSFUSION, 2007年01月, 査読有り, 通常論文
  • メシル酸イマチニブによる皮膚症状と肝機能障害を脱感作療法によって克服しえた慢性骨髄性白血病の1例.
    緒方憲太郎; 高松泰; 鈴宮淳司; 田村和夫; 藤金治雄; 内山将伸; 原周司; 二神幸次郎
    医療薬学, 2007年, 査読有り, 通常論文
  • クローン病を合併した残存小腸120cmの急性前骨髄球性白血病患者における経口トレチノイン(all-trans retinoic acid: ATRA)の体内動態.
    佐々木紀彰; 緒方憲太郎; 桝屋愛; 鈴木恵子; 高松泰; 鈴宮淳司; 田村和夫; 二神幸次郎; 原周司
    医療薬学, 2007年, 査読有り, 通常論文
  • Successful treatment with micafungin for a hepatic fungal infection in a patient with acute myeloid leukemia who had undergone allogeneic stem cell transplantation.
    Kumagawa M; Takamatsu Y; Takata T; Ishizu M; Shishime M; Suzumiya J; Tamura K
    Med Bull Fukuoka Univ, 2007年, 査読有り, 通常論文
  • 脳の悪性リンパ腫
    高松泰; 鈴宮淳司
    臨床腫瘍プラクティス, 2007年, 査読無し, 通常論文
  • Legionnaires' disease asssociated with meningitis and cerebellar ataxia
    Ishikawa T; Takata T; Tsuboi Y; Fujiki F; Takamatsu Y; Tamura K
    Nihon Naika Gakkai Zasshi, 2006年, 査読無し, 通常論文
  • 成人急性骨髄性およびリンパ性白血病の治療.
    高松泰; 熊川みどり; 鈴木恵子; 若松信一; 石津昌直; 白濱重敏; 白橋顕彦; 志々目光希子; 尾畑由美子; 桝屋愛; 一瀬一郎; 鈴宮淳司; 田村和夫
    福岡大学医学紀要, 2006年, 査読有り, 通常論文
  • 同種造血幹細胞移植前処置における経口ブスルファンの血中濃度測定.
    緒方憲太郎; 佐々木紀彰; 山内恵太; 熊川みどり; 高松泰; 鈴宮淳司; 田村和夫; 原周司; 二神幸次郎
    日本病院薬剤師会雑誌, 2006年, 査読有り, 通常論文
  • Retrospective analysis of cord blood transplantation on 62 adult patients with advanced hematological malignancies.
    Tamura K; Kawano F; Etoh T; Utsunomiya A; Imamura Y; Okamura S; Tsukada J; Uike N; Takamatsu Y
    Fukuoka Acta Med, 2006年, 査読有り, 通常論文
  • レジオネラ肺炎発症後に髄膜炎および小脳性運動失調を呈した1例.
    石川崇彦; 高田徹; 高松泰; 田村和夫; 坪井義夫; 藤木富士夫
    内科学会雑誌, 2006年, 査読有り, 通常論文
  • 成人T細胞白血病・リンパ腫
    高松泰; 鈴宮淳司
    内科, 2006年, 査読無し, 通常論文
  • 慢性リンパ性白血病
    高松泰; 鈴宮淳司
    内科, 2006年, 査読無し, 通常論文
  • Retrospective analysis of cord blood transplantation on 62 adult patients with advanced hematological malignancies
    Tamura K; Kawano F; Etoh T; Utsunomiya A; Imamura Y; Okamura S; Tsukada J; Uike N; Takamatsu Y; members of Kyushu Hematology Organization for Treatment; K-HOT; Study Group
    Fukuoka Acta Medica, 2006年, 査読有り, 通常論文
  • An evaluation of busulfan pharmacokinetics in patients undergoing hematopoietic stem cell transplantation
    Y Takamatsu; K Ogata; K Yamauchi; S Hara; T Kamimura; S Hayashi; J Suzumiya; K Tamura
    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 2005年07月, 査読有り, 通常論文
  • Conditioning with targeted peripheral blood stem cells busulfan for autologous transplantation for acute myelogenous leukemia in an XYY male
    E Sada; H Henzan; R Ohtani; K Takase; T Miyamoto; T Fukuda; K Nagafuji; K Yamauchi; Y Takamatsu; S Inaba; M Harada
    AMERICAN JOURNAL OF HEMATOLOGY, 2005年01月, 査読有り, 通常論文
  • 両側慢性硬膜下血腫部位に著明な髄外造血を認めた骨髄線維症.
    志々目光希子; 鈴宮淳司; 高松泰; 田村和夫
    臨床血液, 2005年, 査読有り, 通常論文
  • 悪性リンパ腫の多様性-骨原発悪性リンパ腫2例.
    若松信一; 田村和夫; 尾畑由美子; 桝屋愛; 高松泰; 一瀬一郎; 鈴宮淳司
    福岡大学医学紀要, 2005年, 査読有り, 通常論文
  • 高齢者の急性リンパ性白血病
    高松泰; 鈴宮淳司
    血液フロンティア, 2005年, 査読無し, 通常論文
  • 細胞治療の前処置療法
    高松泰
    細胞医療 (医薬ジャーナル社, 高上洋一編), 2005年, 査読無し, 通常論文
  • Bone marrow necrosis in a patient with acute promyelocytic leukemia during re-induction therapy with arsenic trioxide
    K Ishitsuka; A Shirahashi; Y Iwao; M Shishime; Y Takamatsu; Y Takatsuka; A Utsunomiya; J Suzumiya; S Hara; K Tamura
    EUROPEAN JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 2004年04月, 査読有り, 通常論文
  • Fluid retention during Thalidomide therapy for refractory multiple myelomas.
    Kumagawa M; Suzumiya J; Takamatsu Y; Shishime M; Shirahashi A; Kawano T; Tamura K
    J Clin Exp Hematopathol, 2004年, 査読有り, 通常論文
  • 難治性血液疾患に対する同種造血幹細胞移植.
    高松泰; 熊川みどり; 鈴木恵子; 若松信一; 石津昌直; 白濱重敏; 河野友美; 白橋顕彦; 志々目光希子; 丹生恵子; 鈴宮淳司; 田村和夫
    福岡大学医学紀要, 2004年, 査読有り, 通常論文
  • Differential chemokine, chemokine receptor, cytokine and cytokine receptor expression in pulmonary adenocarcinoma: Diffuse down-regulation is associated with immune evasion and brain metastasis
    K Ohshima; M Hamasaki; Y Makimoto; S Yoneda; A Fujii; Y Takamatsu; M Nakashima; T Watanabe; K Kawahara; M Kikuchi; T Shirakusa
    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY, 2003年10月, 査読有り, 通常論文
  • Granulocyte colony-stimulating factor induces the release in the bone marrow of proteases that cleave c-KIT receptor (CD117) from the surface of hematopoietic progenitor cells
    JP Levesque; J Hendy; IG Winkler; Y Takamatsu; PJ Simmons
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 2003年02月, 査読有り, 通常論文
  • Disruption of the CXCR4/CXCL12 chemotactic interaction during hematopoietic stem cell mobilization induced by GCSF or cyclophosphamide
    JP Levesque; J Hendy; Y Takamatsu; PJ Simmons; LJ Bendall
    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 2003年01月, 査読有り, 通常論文
  • 大量Ara-C療法を契機に徐脈が出現したacute myeloid leukemia with inv(16)(p13q22).
    熊川みどり; 鈴木恵子; 長野光之; 高松泰; 鈴宮淳司; 田村和夫
    臨床血液, 2003年, 査読有り, 通常論文
  • 中枢神経原発悪性リンパ腫
    高松泰; 田村和夫
    Front Wave in Hematology, 2003年, 査読無し, 通常論文
  • 多発性骨髄腫
    高松泰; 田村和夫
    今月の治療, 2003年, 査読無し, 通常論文
  • Mobilization by either cyclophosphamide or granulocyte colony-stimulating factor transforms the bone marrow into a highly proteolytic environment
    JP Levesque; J Hendy; Y Takamatsu; B Williams; IG Winkler; PJ Simmons
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 2002年05月, 査読有り, 通常論文
  • AIDS治療中に発症し、血清免疫学的診断が有効であった赤痢アメーバ性肝膿瘍の一例.
    白濱重敏; 若松信一; 一瀬一郎; 高田徹; 高松泰; 鈴宮淳司; 田村和夫; 眞栄城兼清; 安波洋一; 中村ふくみ; 名和行文
    福岡大学医学紀要, 2002年, 査読有り, 通常論文
  • 造血幹細胞移植
    高松泰; 田村和夫
    ほすぴたる, 2002年, 査読無し, 通常論文
  • 多発性骨髄腫の治療
    高松泰
    臨床と研究, 2002年, 査読無し, 通常論文
  • Vascular cell adhesion molecule-1 (CD 106) is cleaved by neutrophil proteases in the bone marrow following hematopoietic progenitor cell mobilization by granulocyte colony-stimulating factor
    JP Levesque; Y Takamatsu; SK Nilsson; DN Haylock; PJ Simmons
    BLOOD, 2001年09月, 査読有り, 通常論文
  • Intravenous cyclosporine and tacrolimus caused anaphylaxis but oral cyclosporine capsules were tolerated in an allogeneic bone marrow transplant recipient
    Y Takamatsu; M Ishizu; Ichinose, I; K Ogata; M Onoue; M Kumagawa; J Suzumiya; K Tamura
    BONE MARROW TRANSPLANTATION, 2001年08月, 査読有り, 通常論文
  • Clinicopathological findings of systemic Epstein-Barr virus-positive T-lymphoproliferative diseases in younger and older adults.
    Wang Z; Kimura S; Iwasaki H; Takase K; Oshiro Y; Gamachi A; Makihara K; Ogata M; Daa T; Momosaki S; Takamatsu Y; Takeshita M
    Diagn Pathol, 2001年04月, 査読有り, 通常論文
  • Multiple autoimmune haemopoietic disorders and insidious clonal proliferation of large granular lymphocytes
    K Akashi; T Shibuya; S Taniguchi; S Hayashi; H Iwasaki; T Teshima; Y Takamatsu; H Gondo; T Okamura; M Harada; Y Niho
    BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 1999年12月, 査読有り, 通常論文
  • Osteoclast-mediated bone resorption is stimulated during short term administration of granulocyte colony-stimulating factor but is not responsible for hemopoietic progenitor cell mobilization.
    Y Takamatsu; PJ Simmons; RJ Moore; HA Morris; LB To; JP Levesque
    BLOOD, 1998年11月, 査読有り, 通常論文
  • Dual control by divalent cations and mitogenic cytokines of α4β1 and α5β1 integrin avidity expressed by human hemopoetic cells
    Takamatsu Y; Simmons PJ; Levesque JP
    Cell Adhes Commun, 1998年, 査読有り, 通常論文
  • Remission induction by granulocyte colony-stimulating factor in hypoplastic acute myelogenous leukemia complicated by infection - A case report and review of the literature
    Y Takamatsu; T Miyamoto; H Iwasaki; S Makino; K Tamura
    ACTA HAEMATOLOGICA, 1998年, 査読有り, 通常論文
  • Autologous peripheral blood stem cell transplantation for acute myelogenous leukemia
    H Gondo; M Harada; T Miyamoto; K Takenaka; K Tanimoto; S Mizuno; T Fujisaki; K Nagafuji; S Hayashi; T Eto; S Taniguchi; K Akashi; N Harada; K Yamasaki; T Shibuya; E Matsuishi; Y Ohno; S Makino; Y Takamatsu; M Murakawa; T Teshima; Y Hirota; T Okamura; N Kinukawa; S Inaba; Y Niho
    BONE MARROW TRANSPLANTATION, 1997年11月, 査読有り, 通常論文
  • Granulocyte colony-stimulating factor-combined marrow-ablative chemotherapy and autologous blood cell transplantation for the treatment of patients with acute myelogenous leukemia in first remission
    M Harada; K Akashi; S Hayashi; T Eto; Y Takamatsu; T Teshima; Y Hirota; S Taniguchi; K Nagafuji; S Mizuno; H Gondo; Y Niho
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 1997年10月, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Collection and transplantation of autologous peripheral blood stem cells in adults
    Miyamoto T; Inaba S; Harada M; Makino S; Teshima T; Takamatsu Y; Eto T; Nagafuji K; Mizuno S; Gondo H; Niho Y
    Jpn J Apheresis, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Allogeneic peripheral blood stem cell transfusion from human leukocyte antigen mismatched sibling for the treatment of engraftment failure after bone marrow transplantation for severe aplastic anemia
    Y Takamatsu; S Makino; K Tamura
    JOURNAL OF CLINICAL APHERESIS, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Xanthogranulomatouspyelonephritis
    Muta T; Takamatsu Y; Morita S; Kikuchi I; Tamura K
    Intern Med, 1997年, 査読有り, 通常論文
  • Immunophenotyping of peripheral blood mononuclear cells collected by cytotoxic and cytotoxic/G-CSF mobilization
    A Kubota; K Nagafuji; M Harada; T Otsuka; N Harada; T Eto; Y Takamatsu; T Fukuda; K Shimoda; S Inaba; S Okamura; Y Niho
    CLINICAL AND LABORATORY HAEMATOLOGY, 1996年09月, 査読有り, 通常論文
  • Granulocyte colony-stimulating factor-induced mobilization of peripheral blood stem cells for autologous and allogeneic transplantation
    M Harada; T Teshima; T Fujisaki; S Mizuno; T Miyamoto; Y Takamatsu; A Kubota; Y Ohno; M Kuroiwa; K Takenaka; T Eto; K Akashi; H Gondo; T Okamura; S Inaba; Y Niho
    CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY, 1996年, 査読有り, 通常論文
  • Chronic neutrophilic leukemia with dysplastic features mimicking myelodysplastic syndromes
    Y Takamatsu; S Kondo; M Inoue; K Tamura
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 1996年01月, 査読有り, 通常論文
  • 成人急性白血病に対する末梢血幹細胞移植.
    水野晋一; 豊嶋嵩徳; 仁保喜之; 権藤久司; 岡村孝; 大塚輝久; 浅野嘉延; 牧野茂義; 谷口修一; 赤司浩一; 村川昌弘; 高松泰; 福田隆弘; 大野裕樹; 岩崎浩己; 黒岩三佳; 金地泰典; 竹中克斗; 谷本一樹; 重松宏和
    臨床血液, 1996年, 査読有り, 通常論文
  • EFFECTS OF BESTATIN(R) ON HEMATOPOIESIS IN LONG-TERM HUMAN BONE-MARROW CULTURES
    T FUJISAKI; T OTSUKA; Y TAKAMATSU; T ETO; M HARADA; Y NIHO
    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY, 1995年, 査読有り, 通常論文
  • RELATIONSHIP OF INFUSED CFU-GM AND CFU-MK MOBILIZED BY CHEMOTHERAPY WITH OR WITHOUT G-CSF TO PLATELET RECOVERY AFTER AUTOLOGOUS BLOOD STEM-CELL TRANSPLANTATION
    Y TAKAMATSU; M HARADA; T TESHIMA; S MAKINO; S INABA; K AKASHI; T SHIBUYA; Y NIHO
    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY, 1995年01月, 査読有り, 通常論文
  • ALLOGENEIC SKIN-GRAFTING FOR EXTENSIVE SKIN CHRONIC GRAFT-VERSUS-HOST DISEASE
    S KONDO; K TAMURA; S MAKINO; Y TAKAMATSU
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 1994年08月, 査読有り, 通常論文
  • PREDOMINANCE OF MYELOID ANTIGENS IN CD34-POSITIVE PERIPHERAL-BLOOD STEM-CELLS OVER THOSE IN BONE-MARROW AFTER ADMINISTRATION OF GRANULOCYTE-COLONY-STIMULATING FACTOR
    T FUKUDA; S OKAMURA; Y TAKAMATSU; S INABA; M HARADA; Y NIHO; K SHIMODA
    EUROPEAN JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 1994年04月, 査読有り, 通常論文
  • SUCCESSFUL 2ND AUTOLOGOUS BLOOD STEM-CELL TRANSPLANTATION AFTER G-CSF-COMBINED CONDITIONING FOR THE TREATMENT OF HIGH-RISK ACUTE MYELOGENOUS LEUKEMIA
    Y TAKAMATSU; T TESHIMA; K AKASHI; S INABA; M HARADA; Y NIHO
    BONE MARROW TRANSPLANTATION, 1994年03月, 査読有り, 通常論文
  • EFFECTS OF MACROPHAGE-COLONY-STIMULATING FACTOR (M-CSF) ON THE MOBILIZATION OF PERIPHERAL-BLOOD STEM-CELLS
    T ETO; Y TAKAMATSU; M HARADA; N HARADA; K AKASHI; T TESHIMA; S INABA; T OKAMURA; Y NIHO
    BONE MARROW TRANSPLANTATION, 1994年02月, 査読有り, 通常論文
  • 胸水貯留で発症したCD7陽性急性骨髄性白血病の一例
    大江賢治; 岡村孝; 有馬文統; 嘉村巧; 高松泰; 村川昌弘; 岡村精一; 原田実根; 仁保喜之
    臨床血液, 1994年, 査読有り, 通常論文
  • CYTOMEGALOVIRUS (CMV) ANTIGENEMIA FOR RAPID DIAGNOSIS AND MONITORING OF CMV-ASSOCIATED DISEASE AFTER BONE-MARROW TRANSPLANTATION
    H GONDO; T MINEMATSU; M HARADA; K AKASHI; S HAYASHI; S TANIGUCHI; K YAMASAKI; T SHIBUYA; Y TAKAMATSU; T TESHIMA; T ETO; K NAGAFUJI; S MIZUNO; K HOSODA; R MORI; Y MINAMISHIMA; Y NIHO
    BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 1994年01月, 査読有り, 通常論文
  • EVALUATION OF LEUKEMIC CONTAMINATION IN PERIPHERAL-BLOOD STEM-CELL HARVESTS BY REVERSE-TRANSCRIPTASE POLYMERASE CHAIN-REACTION
    K NAGAFUJI; M HARADA; Y TAKAMATSU; T ETO; T TESHIMA; T KAMURA; T OKAMURA; S HAYASHI; K AKASHI; M MURAKAWA; Y NIHO
    BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 1993年11月, 査読有り, 通常論文
  • CYCLOSPORINE COMBINED WITH METHYLPREDNISOLONE OR METHOTREXATE IN PROPHYLAXIS OF MODERATE TO SEVERE ACUTE GRAFT-VERSUS-HOST DISEASE
    H GONDO; M HARADA; S TANIGUCHI; K AKASHI; S HAYASHI; T TESHIMA; Y TAKAMATSU; T ETO; K NAGAFUJI; K YAMASAKI; T SHIBUYA; Y NIHO
    BONE MARROW TRANSPLANTATION, 1993年11月, 査読有り, 通常論文
  • HEMATOPOIETIC PROGENITOR CELLS FROM PATIENTS WITH ADULT T-CELL LEUKEMIA-LYMPHOMA ARE NOT INFECTED WITH HUMAN T-CELL LEUKEMIA-VIRUS TYPE-1
    K NAGAFUJI; M HARADA; T TESHIMA; T ETO; Y TAKAMATSU; T OKAMURA; M MURAKAWA; K AKASHI; Y NIHO
    BLOOD, 1993年11月, 査読有り, 通常論文
  • GRANULOCYTE-COLONY-STIMULATING FACTOR (G-CSF)-INDUCED MOBILIZATION OF CIRCULATING HEMATOPOIETIC STEM-CELLS
    T TESHIMA; M HARADA; Y TAKAMATSU; K MAKINO; S INABA; K AKASHI; S KONDO; T TANAKA; E ISHII; Y NIHO
    BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 1993年08月, 査読有り, 通常論文
  • KINETICS OF CIRCULATING HEMATOPOIETIC PROGENITORS DURING CHEMOTHERAPY-INDUCED MOBILIZATION WITH OR WITHOUT GRANULOCYTE-COLONY-STIMULATING FACTOR
    KY LIU; K AKASHI; M HARADA; Y TAKAMATSU; Y NIHO
    BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 1993年05月, 査読有り, 通常論文
  • 同種骨髄移植後に合併した胸部異常陰影の鑑別診断におけるサイトメガロウイルス抗原検索の有用性
    権藤久司; 原田実根; 峰松俊夫; 赤司浩一; 林真; 谷口修一; 山崎和夫; 渋谷恒文; 高松泰; 衛藤徹也; 長藤宏司; 水野晋一; 南嶋洋一; 仁保喜之
    臨床血液, 1993年, 査読有り, 通常論文
  • 骨髄壊死のmagnetic resonan ceimaging像
    高崎智子; 大塚輝久; 権藤久司; 嘉村巧; 野本摩利; 甲斐田真弓; 下田和哉; 高松泰; 豊嶋嵩徳; 中村稔; 岡村孝; 岡村精一; 原田実根; 仁保喜之
    臨床血液, 1993年, 査読有り, 通常論文
  • 自己末梢血幹細胞移植術による治療を行った成人神経節芽細胞腫
    樋口雅則; 豊嶋嵩徳; 岡田薫; 大塚毅; 原田実根; 仁保喜之; 高松泰; 近藤誠司; 稲葉頌一
    日本癌治療学会誌, 1993年, 査読無し, 通常論文
  • CYTOKINE PRODUCTION BY PERIPHERAL-BLOOD MONOCYTES AND T-CELLS DURING HEMATOPOIETIC RECOVERY AFTER INTENSIVE CHEMOTHERAPY
    Y TAKAMATSU; K AKASHI; M HARADA; T TESHIMA; S INABA; K SHIMODA; T ETO; T SHIBUYA; S OKAMURA; Y NIHO
    BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 1993年01月, 査読有り, 通常論文
  • 自己末梢血幹細胞移植
    高松泰; 原田実根
    検査と技術, 1993年, 査読無し, 通常論文
  • BIOLOGICAL CHARACTERISTICS OF CD7 POSITIVE ACUTE MYELOGENOUS LEUKEMIA
    T ETO; K AKASHI; M HARADA; T SHIBUYA; Y TAKAMATSU; T TESHIMA; Y NIHO
    BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 1992年11月, 査読有り, 通常論文
  • CYTOTOXIC DRUG AND CYTOTOXIC DRUG G-CSF MOBILIZATION OF PERIPHERAL-BLOOD STEM-CELLS AND THEIR USE FOR AUTOGRAFTING
    T TESHIMA; M HARADA; Y TAKAMATSU; K MAKINO; S TANIGUCHI; S INABA; S KONDO; T TANAKA; K AKASHI; MINAMISHIMA, I; E ISHII; J NISHIMURA; Y NIHO
    BONE MARROW TRANSPLANTATION, 1992年09月, 査読有り, 通常論文
  • THE USE OF RECOMBINANT GRANULOCYTE-COLONY-STIMULATING FACTOR FOR GRANULOCYTE HARVEST
    S INABA; Y TAKAMATSU; A YAMAMOTO; K SHIMODA; T FUKUDA; S OHGA; K HAMAGUCHI; K UEDA
    TRANSFUSION, 1992年09月, 査読有り, 通常論文
  • INTERSTITIAL 9Q-DELETION IN T-LYMPHOID MYELOID BIPHENOTYPIC LEUKEMIA
    K AKASHI; T SHIBUYA; M HARADA; A OOGAMI; T TESHIMA; Y TAKAMATSU; M KIKUCHI; Y NIHO
    BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY, 1992年02月, 査読有り, 通常論文
  • Cryopreservation, cytokine mobilization, and autotransplantation of peripheral blood stem cells
    Harada M; Taniguchi S; Teshima T; Makino S; Takamatsu Y; Akashi K; Gondo H; Etoh T; Kondo S; Shibuya T; Niho Y
    Prog Clin Biol Res, 1992年, 査読無し, 通常論文
  • 亜急性劇症肝炎の意識障害の改善、延命に持続血液濾過と血漿交換との併用が有効であった一例
    小川隆一; 岸川俊介; 工藤二郎; 稲葉頌一; 高松泰; 平田泰彦; 吉松博信; 石橋大海; 谷山卓郎; 財津昭憲; 時山国大; 仁保喜之
    福岡医学雑誌, 1992年, 査読有り, 通常論文
  • Folinic acid does not mobilize hemopoietic progenitors following repeated consolidation chemotherapy for acute leukemia
    Takanori Teshima; Mine Harada; Yasushi Takamatsu; Shoichi Inaba; Seiji Kondo; Koichi Akashi; Takashi Okamura; Yoshiyuki Niho
    Journal of Clinical Apheresis, 1992年, 査読有り, 通常論文
  • 自己末梢血幹細胞移植-成人例における検討.
    谷口修一; 原田実根; 牧野茂義; 赤司浩一; 豊嶋嵩徳; 高松泰; 近藤誠司; 田中毅; 村川昌弘; 権藤久司; 山崎和夫; 岡村孝; 渋谷恒文; 仁保喜之; 稲葉頌一
    臨床血液, 1992年, 査読有り, 通常論文
  • 新しい治療薬とその使いかた
    高松泰; 仁保喜之
    Medical Practice, 1992年, 査読無し, 通常論文
  • EFFECTS OF INTERLEUKIN-4 AND INTERLEUKIN-6 ON THE PROLIFERATION OF CD34+ AND CD34- BLASTS FROM ACUTE MYELOGENOUS LEUKEMIA
    K AKASHI; M HARADA; T SHIBUYA; T ETO; Y TAKAMATSU; T TESHIMA; Y NIHO
    BLOOD, 1991年07月, 査読有り, 通常論文
  • INTERLEUKIN-4 SUPPRESSES THE SPONTANEOUS GROWTH OF CHRONIC MYELOMONOCYTIC LEUKEMIA-CELLS
    K AKASHI; T SHIBUYA; M HARADA; Y TAKAMATSU; N UIKE; T ETO; Y NIHO
    JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION, 1991年07月, 査読有り, 通常論文
  • ROLE OF INTERLEUKIN-4 IN THE NEGATIVE REGULATION OF PROLIFERATION OF CHRONIC MYELOMONOCYTIC LEUKEMIA-CELLS
    M HARADA; K AKASHI; T SHIBUYA; Y TAKAMATSU; Y NIHO
    ANNALS OF THE NEW YORK ACADEMY OF SCIENCES, 1991年06月, 査読有り, 通常論文
  • TREATMENT OF DISSEMINATED HERPES-ZOSTER IN 6 SEVERELY IMMUNOCOMPROMISED PATIENTS - ACYCLOVIR AND VIDARABINE
    S NAGAFUCHI; K MORIYAMA; Y TAKAMATSU; S HAYASHI; Y NIHO; A TAKENAKA; H MINAGAWA; R MORI
    JAPANESE JOURNAL OF MEDICINE, 1989年01月, 査読有り, 通常論文
■ MISC
  • 未治療多発性骨髄腫に対する自家造血幹細胞移植の第2相試験(JSCT-MM14)
    角南一貴; 角南一貴; 長藤宏司; 長藤宏司; 上村智彦; 上村智彦; 宮本敏浩; 宮本敏浩; 松本守生; 松本守生; 小川亮介; 小川亮介; 村田了一; 村田了一; 瀧澤淳; 瀧澤淳; 松村到; 松村到; 大本英次郎; 大本英次郎; 半田寛; 半田寛; 湯尻俊昭; 湯尻俊昭; 富永亮; 富永亮; 高松博幸; 高松博幸; 日高道弘; 日高道弘; 杉田純一; 杉田純一; 藤島直仁; 藤島直仁; 淵田真一; 淵田真一; 高松泰; 高松泰; 原田実根; 原田実根; 赤司浩一; 赤司浩一
    日本血液学会学術集会抄録(Web), 2020年
  • A SIMPLE AND RAPID HPLC METHOD FOR THE DETERMINATION OF MITOTANE IN HUMAN PLASMA AND A CASE OF ADRENAL CANCER
    Masanobu Uchiyama; Shuuji Hara; Kentaro Ogata; Yasushi Takamatsu; Kojiro Futagami; Kazuo Tamura
    ANNALS OF ONCOLOGY, 2014年10月, 査読無し, 通常論文
  • FEBRILE NEUTROPENIA(FN)AND D-INDEX
    Michinobu Yoshimura; Yosuke Ikari; Hiroo Katsuya; Atsushi Togawa; Toshitaka Goto; Toshihiro Tanaka; Kenji Ishitsuka; Tohru Takata; Yasushi Takamatsu; Kazuo Tamura
    ANNALS OF ONCOLOGY, 2014年10月, 査読無し, 通常論文
  • A HIGHLY SENSITIVE DETERMINATION OF LENALIDOMIDE IN HUMAN PLASMA BY LIQUID CHROMATOGRAPHY WITH FLUORESCENCE DETECTION
    Shuuji Hara; Aiko Nagase; Kentaro Ogata; Masanobu Uchiyama; Taichi Matsumoto; Shiro Jimi; Yasushi Takamatsu; Kazuo Tamura
    ANNALS OF ONCOLOGY, 2014年10月, 査読無し, 通常論文
  • POLYPHARMACY IN ELDERLY CANCER PATIENTS
    Kentaro Ogata; Hiroo Katsuya; Akihiko Shirahashi; Yousuke Ikari; Michio Masaki; Toshitaka Goto; Toshihiro Tanaka; Kenji Ishitsuka; Yasushi Takamatsu; Kazuo Tamura
    ANNALS OF ONCOLOGY, 2014年10月, 査読無し, 通常論文
  • 27-P4AM-107 外来化学療法室における薬学的介入事例の評価(がん薬物療法(服薬指導・情報提供),一般演題(ポスター),新時代を拓く医療薬学フロンティア)
    柿本 秀樹; 西田 恵美; 久保田 知佳; 上田 裕; 内山 将伸; 川原 義弘; 福田 まひる; 小田 真由美; 茂木 愛; 田中 俊裕; 高松 泰; 田村 和夫; 緒方 憲太郎; 二神 幸次郎
    日本医療薬学会年会講演要旨集, 2014年08月25日
  • 第34回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2014年03月, 査読無し, 通常論文
  • GERIATRIC ASSESSMENT FOR THE ELDERLY PATIENTS WITH DIFFUSE LARGE B CELL LYMPHOMA (DLBCL) AND TREATMENT OUTCOMES
    Y. Takamatsu; Y. Naito; E. Sato; Y. Ikari; H. Katsuya; T. Goto; A. Shirahashi; T. Tanaka; K. Ishitsuka; K. Tamura
    ANNALS OF ONCOLOGY, 2013年11月, 査読無し, 通常論文
  • 第33回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2013年05月, 査読無し, 通常論文
  • 第32回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2013年04月, 査読無し, 通常論文
  • P1-171 高度あるいは中等度催吐性抗悪性腫瘍薬投与症例を対象としたパロノセトロン静脈内反復投与における薬物動態の検討(がん薬物療法(制吐支持療法),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!)
    緒方 憲太郎; 猪狩 洋介; 原 周司; 石津 昌直; 高松 泰; 田村 和夫; 二神 幸次郎
    日本医療薬学会年会講演要旨集, 2012年10月10日
  • 第31回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2012年09月, 査読無し, 通常論文
  • 第30回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2012年04月, 査読無し, 通常論文
  • 第29回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2011年10月, 査読無し, 通常論文
  • P-1159 外来がん化学療法における病院 : 調剤薬局間の連携に向けての実態調査(一般演題 ポスター発表,薬薬連携,Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
    久保田 知佳; 西田 恵美; 森 みなみ; 柿本 秀樹; 岡崎 美和; 上田 裕; 福田 まひる; 小田 真由美; 田中 俊裕; 高松 泰; 田村 和夫; 緒方 憲太郎; 二神 幸次郎
    日本医療薬学会年会講演要旨集, 2011年09月09日
  • 第28回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2011年03月, 査読無し, 通常論文
  • OUTCOME FROM THERAPY OF CANCER OF UNKNOWN PRIMARY SITE
    Michio Masaki; Hiroo Katsuya; Koutarou Tsutsumi; Yousuke Ikari; Mana Fujita; Toshiki Maeda; Masanao Ishizu; Hidenori Sasaki; Toshihiro Tanaka; Kenji Ishitsuka; Yasushi Takamatsu; Kazuo Tamura
    ANNALS OF ONCOLOGY, 2010年11月, 査読無し, 通常論文
  • 第27回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2010年09月, 査読無し, 通常論文
  • 第26回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2010年04月, 査読無し, 通常論文
  • 再発・進行性の多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ,ドキソルビシン,デキサメタゾン併用療法(iPAd療法)の臨床第I相研究
    角南一貴; 高松泰; 森康雄; 村上彩子; 畑裕之; 越智豪; CHOI Ilseung; 青木健一; 中村大輔; 三木美由貴; 田村和夫
    日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集, 2010年, 査読無し, 通常論文
  • 第25回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2009年10月, 査読無し, 通常論文
  • P1-353 福岡大学病院における慢性骨髄性白血病の治療評価(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(その他),医療薬学の創る未来 科学と臨床の融合)
    緒方 憲太郎; 高松 泰; 内山 将伸; 田村 和夫; 二神 幸次郎
    日本医療薬学会年会講演要旨集, 2009年09月15日
  • 第24回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2009年04月, 査読無し, 通常論文
  • Individual dose adjustment of oral busulfan using a test dose in hematopoietic stem cell transplantation
    Yasushi Takamatsu; Noriaki Sasaki; Tetsuya Eto; Koji Nagafuji; Yasunobu Abe; Ilseung Choi; Kentaro Ogata; Shuuji Hara; Junji Suzumiya; Kazuo Tamura
    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY, 2007年10月, 査読無し, 通常論文
  • Therapeutic potential of arsenic trioxide with or without interferon-alpha for Relapsed/Refractory adult T cell leukemia/lymphoma
    Kenji Ishitsuka; Junji Suzumiya; Mikiko Aoki; Akihiko Shirahashi; Shizuru Masuyama; Ai Masuya; Yumiko Obata; Keiko Suzuki; Yasushi Takamatsu; Yasuhiro Iwao; Miki Onoue; Kentaro Ogata; Shuuji Hara; Kazuo Tamura
    AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES, 2007年04月, 査読無し, 通常論文
  • 第22回九州白血病スライドカンファレンス報告
    高松泰
    臨床と研究, 2007年, 査読無し, 通常論文
  • 第23回九州白血病スライドカンファレンス報告
    髙松 泰
    臨床と研究, 2007年, 査読無し, 通常論文
  • 30P1-098 同種造血幹細胞移植前処置における経口ブスルファン血中濃度測定(医薬品適正使用,医療薬学の扉は開かれた)
    緒方 憲太郎; 佐々木 紀彰; 湯川 栄二; 高松 泰; 鈴宮 淳司; 田村 和夫; 原 周司; 二神 幸次郎
    日本医療薬学会年会講演要旨集, 2006年09月01日
  • 第20回九州白血病スライドカンファレンス報告
    高松泰
    臨床と研究, 2006年, 査読無し, 通常論文
  • 第21回九州白血病スライドカンファレンス報告
    高松泰
    臨床と研究, 2006年, 査読無し, 通常論文
  • P-494 造血幹細胞移植における経口ブスルファン血中濃度測定(3.医薬品適正使用5,医療薬学の未来へ翔(はばた)く-薬剤師の薬剤業務・教育・研究への能動的関わり-)
    緒方 憲太郎; 佐々木 紀彰; 山内 惠太; 内山 将伸; 高松 泰; 鈴宮 淳司; 田村 和夫; 湯川 栄二; 原 周司; 小野 信文
    日本医療薬学会年会講演要旨集, 2005年09月01日
  • P-19 造血幹細胞移植における口腔ケアの一考察(1.薬物療法(基礎と臨床),"薬剤師がつくる薬物治療"-薬・薬・学の連携-)
    緒方 憲太郎; 山内 恵太; 松田 美佳; 原 周司; 鈴木 恵子; 高松 泰; 鈴宮 淳司; 田村 和夫; 小野 信文
    日本医療薬学会年会講演要旨集, 2004年09月01日
■ 書籍等出版物
  • 専門医のための血液病学(編集 鈴木隆浩、竹中克斗、池添隆之)
    髙松 泰, その他, Ⅵ治療総論 1抗がん剤 1)抗がん剤総論
    医学書院, 2022年03月15日
  • 悪性リンパ腫治療マニュアル 改訂第5版(飛内賢正、木下朝博、塚崎邦弘 監修・永井宏和、山口素子、丸山大 編)
    髙松 泰, その他, 第Ⅰ章 治療の前に7.リンパ腫診療・研究とインフォームド・コンセント/セカンドオピニオン
    南江堂, 2020年11月30日
  • 多発性骨髄腫の治療方針 第5版(日本骨髄腫学会 編)
    髙松 泰, その他, Ⅲ診断基準と病期分類 1診断基準
    文光堂, 2020年09月26日
  • 造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版補訂版 (日本血液学会 編)
    髙松 泰, その他, 5. 慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫(CLL/SLL)
    金原出版, 2020年05月25日
  • 今日の治療指針2019(福井次矢、高木誠、小室一成 総編集)
    髙松 泰, その他, 10.血液疾患 顆粒球減少症(無顆粒球症)
    医学書院, 2019年
  • 高齢者のがん薬物療法ガイドライン(日本臨床腫瘍学会/日本癌治療学会 編)
    髙松 泰, その他, CQ2 高齢者びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の治療方針の判断に高齢者機能評価は有用か?CQ3 80才以上の高齢者びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対してアントラサイクリン系剤を含む薬物療法は推奨されるか?
    南江堂, 2019年
  • EBM 血液疾患の治療 2019-2020 (金倉譲、木崎昌弘、鈴木律朗、神田善伸 編)
    髙松 泰, 共著, くすぶり型多発性骨髄腫に対する治療
    中外医学社, 2018年10月15日
  • EBM 血液疾患の治療 2019-2020(金倉譲、木崎昌弘、鈴木律朗、神田善伸編集)
    髙松 泰, 共著, くすぶり型多発性骨髄腫に対する治療
    中外医学社, 2018年10月15日, 査読無し
    9784498225145
  • 造血器腫瘍診療ガイドライン2018年版 (一般社団法人日本血液学会 編)
    髙松 泰, その他, Ⅰ白血病 5慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫
    金原出版, 2018年07月20日
  • 造血器腫瘍診療ガイドライン2018年版(一般社団法人日本血液学会編)
    髙松 泰, その他, Ⅰ白血病 5慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫
    金原出版, 2018年07月20日, 査読無し
  • エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2018 (大津敦総 監修)
    茂木 愛; 髙松 泰, 共著, 化学療法の副作用に対する薬物による支持療法
    メディカルレビュー社, 2018年06月10日
  • エビデンスに基づいた癌化学療法ハンドブック2018(大津敦総監修)
    茂木 愛; 髙松 泰, 共著, 化学療法の副作用に対する薬物による支持療法
    メディカルレビュー社, 2018年06月10日, 査読無し
    9784779220807
  • 日常診療に活かす診療ガイドライン UP-TO-DATE 2018→2019 (門脇孝、小室一成、宮地良樹 監修)
    髙松 泰, その他, 3.発熱性好中球減少症
    メディカルトレビュ-社, 2018年01月31日, 査読無し
  • 血液疾患 最新の治療 2017-2019
    内山将伸; 髙松泰, 共著, 4 抗がん薬
    南江堂, 2017年02月25日, 査読無し
  • 今日の治療指針2016 (山口徹、北原光夫 監修)
    髙松 泰, その他, 慢性リンパ性白血病
    医学書院, 2016年
  • 多発性骨髄腫診療PROGRESS (赤司浩一 監修)
    髙松 泰, その他, UP-TO-DATE多発性骨髄腫のいまを知る1.多発性骨髄腫の病態と臨床症状
    メディカルレビュー社, 2016年
  • 白血病・リンパ腫 薬物療法ハンドブック (松村 到 編)
    髙松 泰, その他, Ⅲ章 白血病・リンパ腫の補助療法 1 G-CSF6 制吐薬
    南江堂, 2016年
  • 今日の治療指針2016(山口徹、北原光夫監修)
    髙松 泰, その他, 慢性リンパ性白血病
    医学書院, 2016年, 査読無し
  • 多発性骨髄腫の診療指針 第4版(日本骨髄腫学会 編)
    髙松 泰, その他, 4. Ⅲ.診断基準と病期分類1.診断基準
    文光堂, 2016年, 査読無し
  • 多発性骨髄腫診療PROGRESS(赤司浩一監修)
    髙松 泰, その他, UP-TO-DATE多発性骨髄腫のいまを知る1.多発性骨髄腫の病態と臨床症状
    メディカルレビュー社, 2016年, 査読無し
  • 白血病・リンパ腫 薬物療法ハンドブック(松村 到編)
    髙松 泰, その他, Ⅲ章 白血病・リンパ腫の補助療法 1 G-CSF 6 制吐薬
    南江堂, 2016年, 査読無し
  • 発熱性好中球減少症の予防と対策 (田村和夫 編)
    高松泰; 田村和夫, 共著, 序章 発熱性好中球減少症について
    医薬ジャーナル社, 2009年
  • 発熱性好中球減少症の予防と対策(田村和夫編)
    高松泰; 田村和夫, 共著, 序章 発熱性好中球減少症について
    医薬ジャーナル社, 2009年, 査読無し
■ 講演・口頭発表等
  • 悪性リンパ腫患者を対象とした発熱性好中球減少症(FN)に関する意識調査
    髙松 泰
    緩和・支持・心のケア合同学術大会2020(Web開催), 2020年08月09日, 通常論文
  • 膵頭部癌加療中に高度浮腫を来した1例
    小野周子; 正木充生; 知念祥太郎; 中島勇太; 佐藤栄一; 工並直子; 茂木愛; 佐々木秀法; 田中俊裕; 髙松泰
    第322回日本内科学会九州地方会, 2018年08月18日, 通常論文
  • 化学療法薬剤師外来の開設に向けたアンケート調査と開設後の業務展開
    柿本秀樹; 内山将伸; 川田哲史; 真島宏太; 角 康隆; 上野美穂; 五十嵐保陽; 西田恵美; 福田まひる; 小田真由美; 茂木 愛; 髙松 泰; 兼重 晋; 緒方憲太郎; 神村 英利
    第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年07月19日, 通常論文
  • 高齢者悪性リンパ腫に対する高齢者機能評価(GA)を用いた治療の検討
    佐々木秀法; 知念祥太郎; 中島勇太; 佐藤栄一; 正木充生; 諸鹿柚衣; 茂木 愛; 田中俊裕; 田村和夫; 髙松 泰
    第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年07月19日, 通常論文
  • 75歳以上の高齢悪性リンパ腫患者に対するCHOP療法の臨床的検討
    茂木 愛; 中島勇太; 工並直子; 尾畑由美子; 戸川 温; 佐々木秀法; 田中俊裕; 田村 和夫; 髙田 徹; 髙松 泰
    第16回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2018年07月19日, 通常論文
  • 透析患者における急性骨髄性白血病の治療の検討
    猪狩 洋介; 勝屋 弘雄; 伊藤 建二; 緒方 憲太郎; 石塚 賢治; 田村 和夫; 松 泰; 安部 泰弘; 笹冨 佳江; 内山将伸
    第12回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2014年07月19日, 通常論文
  • GLUT1選択的阻害薬STF-31の高リスク多発性骨髄腫に対する治療薬としての可能性
    松本 太一; 自見 至郎; 高松 泰; 田村 和夫; 原 周司
    第39回日本骨髄腫学会学術集会, 2014年05月17日, 通常論文
  • 膵神経内分泌腫瘍再発時に持続する下痢を呈した1例
    工藤仁隆; 猪狩洋介; 勝屋弘雄; 白橋顕彦; 田中俊裕; 石塚賢治; 高松 泰; 田村和夫; 佐々木隆光; 山下裕一
    日本内科学会 第299回九州地方会, 2012年11月25日, 通常論文
  • 高度あるいは中等度催吐性抗悪性腫瘍薬投与症例を対象としたパロノセトロン静脈内反復投与における薬物動態の検討
    緒方 憲太郎; 猪狩 洋介; 原 周司; 石津 昌直; 二神 幸次郎; 髙松 泰
    第22回日本医療薬学会年会, 2012年10月27日, 通常論文
  • 病院におけるがん治療連携を目指したパイロット試験への保険薬局としての取り組み
    加藤 正久; 金子 絵里奈; 草場 健司; 井上 智博; 加留部 信介; 吉川 学; 福岡 英樹; 緒方 憲太郎; 髙松 泰; 瀬尾 隆
    第22回日本医療薬学会年会, 2012年10月27日, 通常論文
  • Safety and Pharmacokinetic Evaluation of Palonosetron 0.75mg iv Repeated Dose In Patients Receiving High or Moderate Emetic Risk Chemotherapy.
    Yosuke Ikari; Yuta Nakashima; Eiichi Sato; Michio Masaki; Hiroo Katsuya; Akihiko Shirahashi; Toshihiro Tanaka; Kentaro Ogata; Kenji Ishitsuka; Yasushi Takamatsu; Shuji Hara; Kazuo Tamura
    第37回欧州医学腫瘍学会議, 2012年09月27日, 通常論文
  • 高度あるいは中等度催吐性抗悪性腫瘍薬投与症例を対象としたパロノセトロン静脈内反復投与における薬物動態および安全性の検討
    猪狩 洋介; 中島 勇太; 佐藤 栄一; 勝屋 弘雄; 後藤 敏孝; 石津 昌直; 田中 俊裕; 緒方 憲太郎; 石塚 賢治髙松; 田村 和夫
    第10回日本臨床腫瘍学会, 2012年07月26日, 通常論文
  • がん薬物療法実施例に対するB型肝炎ウイルス(HBV)スクリーニングと抗ウイルス薬予防投与についての検討
    佐藤 栄一; 中島 勇太; 猪狩 洋介; 勝屋 弘雄; 後藤 敏孝; 石津 昌直; 田中 俊裕; 緒方 憲太郎; 石塚 賢治; 高松 泰; 田村 和夫
    第10回日本臨床腫瘍学会年会, 2012年07月26日, 通常論文
■ 所属学協会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本造血細胞移植学会
  • 日本移植学会
  • 日本臨床血液学会
  • 日本血液学会
  • 日本内科学会
■ 共同研究・競争的資金等の研究課題
  • がん化学療法における口腔粘膜炎予防のセルフマネジメントプログラムの開発と検証
    基盤研究(C)
    福岡大学
    2019年04月01日 - 2023年03月31日
  • T/NK細胞リンパ腫におけるC-MYCとユビキチンリガーゼFBXW7の検討
    基盤研究(C)
    福岡大学
    2017年04月01日 - 2021年03月31日
  • がん化学療法における口腔粘膜炎予防のための介入プログラムの開発と検証
    基盤研究(C)
    福岡大学
    2015年04月01日 - 2020年03月31日
  • 高齢者の化学療法-新しい全身状態の評価基準および薬物動態に基づく治療戦略
    基盤研究(C)
    福岡大学
    2011年04月28日 - 2015年03月31日
  • 造血幹細胞の確実で安全な採取法の開発-移植療法・再生医療の普及を目指して
    基盤研究(C)
    福岡大学
    2003年 - 2004年